スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 第11期 「絵本講師・養成講座」受講生募集中です

2014-02-04

2014年度「絵本講師・養成講座」受講生募集のお知らせ
 毎年、全国各地からたくさんの方が受講されている、この講座。
 ついに11年目なんですね~!!
 私が受講したとき、ヒメは1歳でした。 現在、10歳。 
 今もまだ絵本で子育てしています。

 でもね、今のヒメは「かわいい」ときばかりじゃない。
 「中間反抗期」っていうんですって、小学中学年のころのしきりに言い返したり口答えしたりする時期を。
 大切な一人娘ですから、手出し口出しが過ぎる私に、「うるさい!」と激昂してくるんです。
 親子喧嘩というより、姉妹喧嘩のようだともいわれ、母親ならもっとどっしり構えて、軽くうけながせばいいんでしょうが、情けないことに、とことんまで追いつめてしまうほど、余裕がなくなる私

 そんな波乱な子育てではありますが、こんな未熟な私に、絵本が支えになってくれていることも事実。
 ヒメと絵本を楽しむことを知らなかったら、きっと条件付きでの愛情、評価の子育てしかできなかったんじゃないかなとさえ思います。
 
 「絵本講師・養成講座」をきっかけに、絵本で子育ての楽しみを知り、子育ての本質を知ることができ(実行が伴っていませんが)、絵本そのものが私の心の支えになり、そして絵本を介してつながった仲間や、子育てママとの出会いがよろこびになっています。
 
 養成講座を受講してくださる方って、たぶん優等生の方が多いんでしょうけどね。(毎年みなさんを拝見して思います。)
 でもね、わたしのような未熟者の方にこそ、受講していただく意義があるような気もしています。(あくまでも個人の意見です
 次回、開講式に登壇してくださるのは、99歳のジャーナリストむのたけじ氏です。
 いまこそ、むの先生の言葉を聞きたい、聞いておいたほうがいい・・そんな気がします。
 「絵本講師・養成講座」は、絵本のことだけを学ぶ場ではないのです。
 この殺伐とした社会がもたらす歪みがどんどん広がっていき、見えないものは見ないようにしていこうとする世の中に気付きをもたらしてくれる場だと思っています。
 そこに、むのたけじ氏のお話を伺えるというのは、大変貴重で贅沢なことでもあります。
 私は今年度拝聴しました。(そのときの記事は「むのたけじ氏講演 第2編」です。)
 今、日本が向かっていく方向はこれでいいのか?ちゃんと考えるんだよ、ということを教えてくださったように思います。
   
 絵本に関する講座や資格はたくさんありますね。わたしも機会があれば、いろんな勉強をしてみたいと思っています。ほかのものがどういうものかよくわかりませんが、この「絵本講師・養成講座」は、読み方のノウハウなどを学ぶものではありません。
 もっともっと、本質のところに食い込んでくれるような感じ。決して小手先のことを学ぶものではないということだけはお知らせしておいたほうがいいかな~と思っています。

 そんなわけで、まずはこちらをご覧ください。
 優先枠募集を終えて、今月から一般募集を開始しているそうです。
 日程や講座内容など詳細は、講座パンフレットにてご確認を。コチラ
 11期生として、受講されることをご検討くだされはうれしいです

ブログパーツ  
スポンサーサイト

theme : 行事・イベント
genre : 育児

tag : 絵本講師 絵本講座 読み聞かせ

 むのたけじ氏講演 第10期「絵本講師・養成講座」第2編

2013-07-30

 第10期「絵本講師・養成講座」東京会場の第2編が、7月27日(土)に行われました。
 むのたけじ先生は、御年98才。
「あと1年あまりで100歳になる、爺です。一期一会という言葉があるけれど、あなたたちと縁あって出会えた、今日、精一杯お話させてもらいます。」そう切り出された、むのたけじ氏はおよそ2時間もの間、太く力強い声で、時おり机を手で叩き、主張される迫力あるお姿に、胸が熱くなりました。
 東京外国語学校をご卒業され、報知新聞社を経て、朝日新聞社に入社。戦争中、朝日新聞の記者として従軍し、日本は負けるという事実を知りながら国民に伝えることが出来ずに敗戦の日を迎えたことに反省し、責任をとる形で退社され、その後うまれ故郷の秋田県で、週間新聞『たいまつ』を創刊。

 70年近いジャーナリストとしての人生の中で、講演活動も行っておられますが、近年、保育士の勉強会などに招かれる機会があるそうです。そして、今回は、「絵本で子育て」。どういうことなのだろうか?と、ご自身でも思うとのことですが、「これも今の世の中のめぐりあわせかもしれない」ともおっしゃられました。
 これまでは、「死ぬ時こそが一生のてっぺん」とあらゆる場面で発言なさっていたそうです。高齢化社会の日本、敬老だ、年寄りは大事に・・とはいうものの、実際は老醜・老愚・老痴などという、老人を卑下する言葉も多い。しかし、「老いた醜さがあるのなら、老いることで身に付く美しさもあるはずだ。年をとることには意味がある。」
 このように、人生の後半の部分に目を向けておられた氏ですが、保育分野からのお声がかかるようになったことなどをきっかけに学び、「乳幼児期は人間の生命の根幹となる時期である」ということに気づいたのだとおっしゃられました。そして、ご自身の子育てにおいても、子どもに対して、一人の人間として接していなかったのではないかという反省があるのだとも。
 その乳幼児期において、絵本の存在を語るうえで、人類のはじまりにまでさかのぼることができるのではないかとおっしゃいます。洞窟に描かれた壁画や、歌。二足歩行で歩き始めた人類の祖先が、相互伝達のためのツールとして用いたのは、絵と歌であろう。そう思うと、絵本を幼い子どもの遊び道具としてみるのではなく、もっと深く考える必要があるのではないか。
 「人類の命脈を守る、命の土台として守るための絵本。文化の本流である絵本。人間が人間らしく生きていけるために必要な絵本」このように語ってくださいました。
 
 今の若い子たちのことや、地球の今後についても言及されました。「これから必要なことは、平々凡々な人間が自分の知識をもって動き出すこと。自分をもっと大事にすること。自分はかけがえのない存在であり、自分を大切にできる人は、人を大切にすることにつながっていく。」平和と民主主義を唱えつづける、むの氏の言葉。世論と違っていたとしても、己をたいせつにし、己を信じていたからこその行動をとってこられたジャーナリスト精神は、この念なのかと思いました。

 数多くの著書の中で、私は「詩集たいまつⅥ」を手にしました。「わたしからのラブレターです。」とまえがきに書いてあります。このラブレターは1、2度読んだくらいで理解できるものではなさそうです。人生を重ねていくうえで、ことあるごとに手にとって読み返すことで、少しずつ理解できてくると思われます。
詞集たいまつ〈6〉

 「絵本講師・養成講座」も今年で10年。それを記念し、むの氏に講壇をお願いしたというのを事務局(NPO法人「絵本で子育て」センター)から昨年聞いておりましたが、私は氏のことを全く存じあげておりませんでした。それが、昨年秋に「完全版」として出版された『いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ』(朝日新聞社・編)の執筆者の中に、「むのたけじ」の名前をみつけたのです。完全版 いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ
むの氏の言葉を引用抜粋しますと・・

「私は最近小、中学生のみなさんと話し合ってみて、みなさんに共通する特徴があることに気がつきました。話す相手の年齢や社会的地位、お金持ちか貧乏かなどに関係なく、対等の立場で向き合う。考え方がしっかりしていて、不確かなものはあてにしない。友達を大切にする。相手の気持ちを思いやる。もちろん友達の命の尊さを知っています。そんなすてきな素質をそなえたみなさんの姿を知ったとき、これまでの日本人の歴史の中で最高に素晴らしい世代だとわかりました。」


 詳しくはぜひ本を手にしていただいて・・わたしのつたない言葉では到底真意がお伝えできないでしょうから。
この本で初めて出会い、その後テレビ朝日の報道ステーションで拝見し、そして、今回、直接お話をお聞きすることができて。冒頭に先生がおっしゃったように、「一期一会」の言葉をありがたく噛みしめた一日でした。

ブログパーツ

theme : 行事・イベント
genre : 育児

tag : 読み聞かせ 絵本講師 絵本講座

 本日、ラジオ出演!(・・わたしが・・・3度目)

2013-06-07

6月7日(金)、本日ラジオの生電話出演をさせていただきました。
以前からお世話になっている、FM茶笛(チャッピー)さん。
埼玉県西部地域・東京都多摩西部地域のホットな情報をお届けしているコミュニティFM局です。
インターネットのサイマルラジオでも聴けます。
コチラから入り、「FMチャッピー(埼玉県)」の「listen」をクリック

こちらの局で、12時~14時57分までオンエアーされている、
くらっしい という番組内で、13時20分からの「えほんだいすき」のコーナーは、NPO法人「絵本で子育て」センター絵本講師が担当をさせていただいていますが、今年4月から、毎月2回(第1、第3金曜日)に増えたのです。ありがとうございます♪
というわけで、これで3度目となる今日は、科学絵本についてお話をしました。
とりあげた一冊は、
『ダンゴムシみつけたよ』(皆越ようせい/写真・文)
ダンゴムシみつけたよ (ふしぎいっぱい写真絵本)
ダンゴムシみつけたよ (ふしぎいっぱい写真絵本)
自然、科学に関心をもつようになる4、5歳のころに、図鑑もいいけど、絵本として出会わせてあげるのもいいんじゃないかなというお話。子どもの興味や好奇心をかきたてるようなストーリーで語られる絵本は、大人をも魅了します。
実際、わたしはこの絵本で、ダンゴムシを飼育するところまでいきました
そのころの様子は、過去ログにて

パーソナリティの藤井さんも、虫は平気だそうで、この絵本にも抵抗がないようにおっしゃっておられました。
「ダンゴムシのおすとめすは、どこで見分けるかわかりますか?」と質問をさせてもらうと・・
「そこまではちょっと~」とのこと。
この絵本に書いてある、見分け方をお伝えすると
「ということは、表紙のダンゴムシは、メスなんですね」と。
さすがですよね~。私もそれに気づいてもらえたらラッキーだなあと思っていたことを、ちゃんとおっしゃってくださったことに、感激しました。

「えほんだいすき」のコーナー、次回は6月21日(金)、そして7月5日(金)、19日(金)と続きます。
よかったら、聞いてみてくださいね。

ブログパーツ

tag : 読み聞かせ 絵本講師

 第10期「絵本講師・養成講座」開講式

2013-05-26

5月25日(土)、「絵本講師・養成講座」東京会場の開講式がありました。
今回の開講式は、例年になくうれしい!
長年やっている、ママカフェサロンDE絵本の常連さんがお二人、受講してくださったからです。
お二人とも、まだ小さいお子さんがいるのに、決心してくださってありがたいです。
いつも、子連れなのに、とっても身軽なのが不思議!とおっしゃっていました。


午前の開講式では、祝辞を述べさせていただきました。
直前まで口が渇くし、胃袋がしこるし、着席したら足がつってきて・・(>_<)
一人でジタバタしていましたが、なんとか終えて一安心。

午後は、福音館書店相談役の松居直氏による記念講演が行われました。
松居先生には、毎年ご講演をしていただいていますが、
今年の先生からは鬼気迫るものを感じたのは私だけでしょうか。
「子どもには、生きることの力を言葉と人間の動きを通して伝えてほしい」ということを、
さまざまなエピソードとともに、伝えてくださいました。

お話をうかがうたびに、初心に返らせていただけていますが、
自分の子育てを振り返るときに、言葉をないがしろにしていることに反省させられ、
それでも改善できない自分に落ち込むことも。
しかし、もしこのようなお話を聞くことがなければ、わたしはもっともっと言葉も心も乱れているのだろうと思うと、先生のお話を拝聴できることに感謝しなければなりません。

先生の講演をぜひ聞いてみたい!、でも機会がなくて・・という方に朗報です
このたび、「絵本講師・養成講座」開講10周年を記念して、松居直先生の講演録が本になりました
ぜひぜひお手にして何度も読み返していただけたらと思っています。

松居直講演録『こども えほん おとな』 (NPO法人「絵本で子育て」センター出版)
松居直講演録 こども・えほん・おとな (「絵本で子育て」叢書)松居直講演録 こども・えほん・おとな (「絵本で子育て」叢書)
松居 直

NPO法人「絵本で子育て」センター 2013-04-20
売り上げランキング : 107598

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログパーツ

theme : 行事・イベント
genre : 育児

 第9期「絵本講師・養成講座」第6編&10期生募集

2013-03-25

3月23日(土)、「絵本講師・養成講座」の第6編、閉講式がありました。
一年間の学びを修了された受講者のみなさまに、修了証が手渡されました。

飯田橋からのお堀の桜は満開でしたし、すごく華やかな雰囲気に包まれました。

午後は、記念講演として、絵本作家の梅田俊作先生、佳子先生にご講壇いただきました。
佳子先生は、福島の中通りのご出身。
そのこともあり、報道では伝わらない福島の現状を目の当りにされるんだそうです。
昨秋、刈り取られることのなかった赤く熟れた実をめいっぱいつけた柿の木は、先生の目の奥に残像となっているのだそう。
立ち入ることができない地域、出荷できない作物。
そして風評、いわれもない差別、いじめ・・・
そういうものにつながっている現状に、きちんとむきあわねばならないということをおっしゃっていました。

先生の最新刊『うわさごと』(梅田俊作/作・絵)
うわさごと
うわさごと
うわさから生まれる差別について書かれている本です。
この本に何度か出てくる「ジンピンゲレツ」という言葉。
あえてカタカナ表記になっています。
そしてもうひとつ、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の言葉も随所に現れます。
いじめられている子を支える言葉になっているのでしょうか。
巻末には、「雨ニモマケズ」の全文が掲載されています。

日本全体がジンピンゲレツになっていないか?
景気が回復したとうかれている昨今、原発の問題も、まるでなにもなかったかのようにしてはいないか?
次の世代を粗末にしてはいないか?
・・先生はこのように投げかけてくださいました。

「人生の締め切りが近づいてくるといろいろ考えるんだよ」と、先生。
「あなたたちもいつまでも若いわけじゃないよ」とも。

佳子先生は、この本を全文読み聞かせてくださいました。
吟味された言葉を語っていただくだけで、すうっと胸にしみわたる。
あなたはどう考えますか?と問題提起されたような感じです。

未来に負の遺産を残さないために・・とはいえ、私が子どもに何を伝えていけるのだろう。自信がありません。
自分がこんなつまらない人間だからこそ、本に力を借りて、その中に子どもが人生の道標を見出してくれたらと願っています。
2013032511550000.jpg
ところで、養成講座では、ご講壇いただいた先生の著書を購入することもでき、サインをしてくださる方もいらっしゃいます。
中でも、梅田先生は、似顔絵も描いてくださるんですよ。奥様の佳子さんが、「○○さんへ」という文字を入れてくださいます。
今回わたしは、上記の『うわさごと』を購入し、似顔絵はヒメでお願いしました。
携帯の待ち受け画面に設定しているヒメの写真をごらんいただいて。
描きながら「なかなか妖艶な顔だねえ。いい男と出会えるよ~」と言ってくださいました
あら、母は楽しみに待ってるわ~。

最後に告知です。
現在、絵本講師・養成講座の10期の募集中ですが、いよいよ3月末の締切が迫ってきました。
関心のある方、ぜひ一度HPを覗いてみてください。コチラ10期募集要項


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 行事・イベント
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。