スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こねこのチョコレート

2013-02-14

こねこのチョコレート  B・K・ウィルソン/作 小林いづみ/訳 大社玲子/絵
こねこのチョコレートこねこのチョコレート
B.K. ウィルソン 大社 玲子

こぐま社 2004-11
売り上げランキング : 24799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
4才の女の子ジェニーには、3才の弟クリストファーがいます。
クリストファーのお誕生日の前に、ジェニーとお母さんは、買い物に行きました。
お母さんは、ヘリコプターのおもちゃを買い、ジェニーは、自分が持っている100円で、こねこのチョコレートを買うことにしました。
箱には、毛糸玉で遊んでいるこねこの絵が描いてあり、中には8つのチョコレートが入っていました。
その猫の絵は、ジェニーのうちで買っている黒ねこが小さかったころの姿によく似ていました。
うちに帰ると、お母さんはヘリコプターを食器棚の中に、ジェニーは、自分の部屋のたんすにチョコレートを隠しました。

その晩、ジェニーは、たんすの中のチョコレートが気になって眠れません。
「はこの中には、八ひきも こねこが いるのよ。あたしが ひとつくらい たべたって、クリストファーは、気にしないとおもうな」

さて、ジェニーはどうするのでしょう・・・?

<はじめて読んだ7才3ヶ月のヒメの反応>
チョコレートが苦手なヒメは、「そんなに食べたいの?なんでだろう?」と。ジェニーが結局全部たべてしまって、ちょっと気持ちわるいなと思いながら眠りについたという場面に、「え~!!」と声をあげていました。

<おすすめポイント>
弟にプレゼントするはずのチョコレートを、ひとつだけ、ひとつだけ・・といっているうちに、とうとう全部食べてしまうという物語のおもしろさ。
夜ベッドの中で、こねこのチョコレートのことを思って、自分と葛藤していく場面。また、暗闇でこっそり食べるときのジェニーの満足げな表情の挿絵がなんともいえずいいのです。
(大社玲子さんの絵、大好き!ちなみに、ひとつ前の記事の「なぞなぞのすきな女の子」の挿絵も、大社さんです。)

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
久しぶりに読もうとすると、「これね~、女の子が食べたいのを我慢できなくて、結局弟が泣いちゃうんだよね」と結論を言うもんだから、あまり好きではないのかと思っていたら、
この本のラストシーン、
「かしこい ティブルが、ちゃんと うまく やってくれたじゃないの」
と、ネコのティブルが赤ちゃんを産んだという結末に、「ネコが赤ちゃん産んでよかったね。もしこれがなかったら、このお話は、ホッとできないんだよね。」なんて言っています。

<まつりかの感想>
4才となれば、自分と他者の区別がはっきりしてきて、相手の立場からも考えることができ、感情をコントロールする力もついてくる頃。
ジェニーは、弟を喜ばせたいという気持ちでプレゼントを買うという点では、相手を思いやる気持ちがありました。
ところが、こねこのチョコレートが気になって眠れないという場面でも、少し食べてもクリストファーは気にしないと思う、という都合のいい解釈のもと、自分の気持ちを抑えることができずに食べてしまいます。そして、翌朝には、おばあちゃんから指摘され、そこで自分がしてしまったことを悔やんで泣くのです。

この物語には、4才児の等身大の姿が描かれていると思います。
「快」と「不快」の情緒が分化し尽くすころの年齢だけに、小さいながらも一丁前の人間として感情を揺さぶります。ですから、ジェニーと近い年齢の子は同化、共感しながら読み、ヒメのような小学生になると、幼い子の行動を客観して、笑いながら、つっこみながら読んでいくと思います。

ところで、今年のバレンタインも、ヒメは友チョコを配る!といいますので・・
一緒に材料を買いに行きはしましたが、「一人で作る!」というので、全部おまかせ。
チョコを溶かして型に流して、アラザンなどでトッピングするという簡単なものですけどね。
台所でもくもくと一人で作って、きれいにラッピングをしていました。
なかなか器用な手つきでね。よかった、私に似ないで


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 なぞなぞのすきな女の子

2013-02-12

なぞなぞのすきな女の子  松岡享子/作 大社玲子/絵
なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)
松岡 享子 大社 玲子

学習研究社 1973-02-10
売り上げランキング : 75063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
なぞなぞのすきな女の子は、毎日おかあさん相手になぞなぞをしていました。
とうとうある日おかあさんから、もうくたびれたので表へいって誰か別の人を探してやりなさい、と言われました。
なぞなぞ遊びをしてくれる相手を探しに森へ出かけると、オオカミに出会いました
オオカミは、おひるに食べる子どもを、探していたところでした。

女の子は、舌なめずりをしているオオカミに向かってなぞなぞを出します。
しっぽ ふとくて、口 ぱっくり。
しろい は ぎざぎざ とがってて、
まっかな したべろ ぺろりと たらし、
耳も くろけりゃ、 手も くろい。--なーんだ?


オオカミは答えが出せません。
女の子はオオカミに、難しい問題を考えるときには、頭に手をあてて目をつぶればいいのだといいました。
オオカミがいわれたとおりにすると、その隙に女の子はその場を逃げ出してうちに帰りました。

女の子は、森でオオカミに会ったことをおかあさんにいいます。
いっぽうオオカミは、頭に手をあて目をつぶったままの姿勢。
うさぎに声をかけられたので、女の子が出したなぞなぞのことを教えてあげると・・・・・

<はじめて読んだ6才3ヶ月のヒメの反応>
オオカミが登場する場面には終始息をのみながら聞いていました。
オオカミが考えた、答えが「女の子」というなぞなぞ、
「しろくて、やわらかくて、おいしいもの なあに?」
に、ヒメは「怖いこというねえ」と言いながらも、面白がっていました。

<おすすめポイント>
登場人物は、女の子と、そのおかあさん、オオカミ、ウサギの4人ですが、一場面に、登場するのは、二人だけ。
女の子+おかあさん女の子+オオカミ女の子+おかあさんオオカミ+ウサギ女の子+オオカミ、という場面展開です。

作者の松岡享子さんは、当時、指人形を手作りして文庫でお話をしておられたそうです。ある日、知人からいただいた、茶色のウール地でオオカミを作り、古いラクダ色のシャツで女の子とおかあさんを作りました。では、この3人を使ったお話を・・・というので、こちらのお話ができたのだそうです。

ですからお話のほとんどは、会話文です。一見おっとりしていそうだけど理髪な女の子の冴えた知恵で、まぬけなオオカミをもってやっつける内容が小気味いいです。

表表紙の見返しには、8つのなぞなぞ。裏表紙側の見返しには、その答えも書かれています。(けっこう難問)

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
「久しぶりに読んでみよ」と本棚から取り出し、一人で読んでいました。「この女の子、少しぽっちゃりしてて、おいしそうにみえる」だって。

<まつりかの感想>
絵本から幼年童話へ、そして、児童書への移行は難しいんだなあというのを実感しています。
読み聞かせから、一人読みの読書へということも。
ヒメは、本をそこに置いていたら手に取るという、本への抵抗はまったくないけれど、学校の図書室で借りてくる本は、場面がゲームのごとくかわっていくような展開の物語だったり。
ですから、今もヒメのための読み物も数冊借りてきて机にそっと置いておくことにしています。

脇明子さんの『読む力は生きる力』には、こんなことがかかれています。

映像メディア相手に育った子どもたちは、イメージを作る仕事は全部映像がやってくれますから、自前のイメージを作ることができません。そのために、絵本なら楽しめても、絵がなくなると立ち往生してしまうのです。そうなると、本を手にとる場合でも、なるべく絵が多いものを選びがちで、絵を手がかりに物語の世界に入り込んで楽しむのではなく、絵を次々に見て、せいぜいその説明として文字を読むだけになります。


 この「なぞなぞのすきな女の子」は、文章量はあっても、各ページに挿絵もあり、絵に頼って物語を楽しむことができます。もちろん、書き込みすぎてあるような絵ではなくあくまでも挿絵であり、物語の力で牽引していってくれるという点では、絵本から物語へという移行にいい本だといわれていることに納得です。
 大人が、挿絵に頼らずとも本が読めるのは、実体験の経験値があるからこそです。とはいえ、大人でも、読み進めていくエンジンが始動するための、最初の数ページには、時間がかかってしまいます。
そういう意味でも、子どもが絵にたよることなく、物語だけで想像をはたらかせるためには、最初に背中をおしてあげる力が必要なのかなという気もしています。

そうそう、今年、この「なぞなぞのすきな女の子」から40年のときを経て、「じゃんけんのすきな女の子」が出版されました。じゃんけんのすきな女の子 (キッズ文学館)
じゃんけんのすきな女の子 (キッズ文学館)
なにを決めるにもじゃんけんをする女の子のおはなし。なんと「なぞなぞのすきな女の子」の主人公とは、姉妹なんですって。お姉さんは、なぞなぞ好きで、妹はじゃんけん好きなんだなあ。おかあさんも、にぎやかな子どもたちの相手が大変だあ。こちらのお話には、お父さんも登場しています。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 としょかんライオン

2012-10-15

としょかんライオン  ミシェル・ヌードセン/作 ケビン・ホークス/絵 福本友美子/訳
としょかんライオン (海外秀作絵本 17)としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
ミシェル・ヌードセン ケビン・ホークス

岩崎書店 2007-04-20
売り上げランキング : 34389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
あるひ、としょかんに ライオンが はいってきました。
かしだしカウンターのよこをとおり、ずんずんあるいていきます。


あわてた図書館員のマクビーさんは、メリウェザー館長へ報告をしにいきます。
館長は、そのライオンが図書館のきまりを守っているなら、そのままでいいといいます。
しずかにできる、おぎょうぎのいいライオンなら図書館に来てもいいのです。

ライオンは、3時からはじまるお話の時間を楽しみにしています。
はじまるまでの時間、館長のお手伝いをしたり、子どもたちを背中にのせて高いところに手が届くようにしてあげたりしました。
「としょかんは ライオンがいなければやっていけないよね」と言われるくらいに、利用者にもかわいがられるようになりました。
ところが、図書館員のマクビーさんは、おもしろくありません。

ある日、館長がライオンに、一冊の本を貸出しカウンターに運んでもらおうと、棚のうえにあるその本をとろうと踏み台に乗ったところで倒れて動けなくなってしまいました。
ライオンは、マクビーさんを呼びに行きます。マクビーさんに気づいてもらうために、大声で叫びました。でも、それは、図書館のきまりを破ったことになったのです・・・・・

<はじめて読んだ5才0ヶ月のヒメの反応>
メリウェザー館長の規律に対する厳しさと、やさしさを感じるところが好きなようです。メリウェザー館長が、ライオンを走って出迎えに行くところに、体を揺らしながら「わくわくする」と言っていました。

<おすすめポイント>
図書館にライオンがやってくるというありえない展開に対し、静かにするという決まりが守れるのならライオンが図書館に来てもOKといわれるのです。
館長やマクビーさんの心理描写、真面目でやさしいライオンの姿が、とても魅力的に描かれています。
やさしいタッチの絵ながら、はっきりした構図と大型絵本で遠目が効くため、読み聞かせ会でもおすすめです。

<現在9才3ヶ月のヒメの反応>
久しぶりに「としょかんライオン読みたい」と持ってきました。読み終えて、「図書館にライオンがいたらいいかもね。背中にもたれて絵本を読んでみたい」と言っていました。
裏の見返しの絵には、図書館の門に2頭のライオンの像が描かれています。それを見て、「そうか、わかった!ライオンは、この銅像があるから入っていいって思ったんだ」と言っています。

<まつりかの感想>
ライオンが大声で吠えてしまったのは、館長が倒れたことを、マクビーさんに気づいてもらうため。だけど、ライオンは、約束を破ってしまったと図書館を去ってしまいます。何日も姿を現さないライオンを探すマクビーさん。そして、雨の日に図書館の入り口のガラスの扉を見つめるライオンをマクビーさんがみつけます。なんとかしてあげたい!という気持ちがぐっと入り込む場面なのではないかと思います。
そして、ライオンの気持ちを認めてあげるマクビーさんに、読み手も理解してもらえた喜びを持てるのです。

たまには、ちゃんとしたわけがあって、きまりをまもれないことだって あるんです。
いくら としょかんのきまりでもね。

この言葉で物語は結ばれています。
きまりを守ることは大切、だけど、理由があって守れないこともあるんだっていうことを理解できるには、子どもの社会経験値によるのかもしれません。

たとえば・・・・
5時にはうちに帰ってくるように!と約束しているのに、5時半に帰ってきた。なぜなら、友達がボールをなくしてしまい一緒に探していたから・・・
そんなとき、「約束は5時だったでしょ」というか、「遅かったね。それでボールは見つかったの?」というか。
最近、コーチングのお話を聞く機会があったので、この絵本を読みながら、そんなことも感じてしまいました。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
10月号を配布しています!
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 かずあそび ウラパン・オコサ

2012-09-17

かずあそび ウラパン・オコサ  谷川晃一/作
かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)
谷川 晃一

童心社 1999-02
売り上げランキング : 211320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
1と2だけで かずあそびしよう
1は ウラパン
2は オコサ
さるが1ぴきで ウラパン
バナナが 2ほんで オコサだよ


<はじめて読んだ6才10ヶ月のヒメの反応>
小学1年になって、数もしっかり理解でいるようになっていたから、こういう遊び絵本が楽しくてしかたがないようす。自慢げに「オコサオコサウラパン」などなど、声をはりあげていました。

<おすすめポイント>
絵がはっきりしていて遠目がきくし、対話ができる本として、読み聞かせにもおすすめ。最初に1(ウラパン)か、2(オコサ)のみで数えられるものが描かれ、数がふえたら、オコサを先に数えて、ウラパンを数えるというルールを説明して、徐々にステップアップ。「ウラ、いや、オコサ」なんていいながら、言い間違えないように、大人もつい必死になってしまう楽しい絵本。

<現在9才1ヶ月のヒメの反応>
わーっ、うごかないで かぞえられないよー
という場面では目をあちこちに配りながら必死で数えていますが、「オコサオコサオコサオコサ・・・もう、オコサばっかり何回いえばいいんだ」と一人つっこみをいれながら読んでいました。

<まつりかの感想>
小学校の読み聞かせで、導入として使うことが多いです。
2,3年生が一番盛り上がるかな?(あくまでも個人的見解・・・高学年は、はずかしいのか声が小さめだったかなあ。)
挿絵も、アボリジニアートを思わせるようなタッチで、おしゃれです。
「鉛筆ウラパンとって~」「じゃがいも、オコサとって~」と、日常で使って遊べます


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
9月号を配布中!
新企画、「かんたん短歌」がはじまりました。
いつも以上に、華やかな誌面になっています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 さとるのじてんしゃ

2012-05-02

さとるのじてんしゃ    大石真/作  北田卓史/絵
satoru
<どんな本?>
じてんしゃが ほしいな・・・って、さとるは おもいました。
どうしても じてんしゃが ほしいな。


自転車を持っていない、さとるは、みんなと一緒にざりがにつりに行けませんでした。
なんだか自分だけ仲間外れにされたみたいでした。
これまでにも、なにか欲しいものをお母さんにねだるときには、長く説明しなければなりませんでした。
お母さんの機嫌がよさそうなある日、自転車が欲しいと言ってみたのですが・・

<初めて読んだ5才0ヶ月のヒメの反応>
近所のお友達からのおさがりの自転車をもらったこの頃。
当時、高台に住んでいたので、急な坂道が多かったのですが、自転車に乗るときは平坦な道を選んで走っていました。
それでも、公道を走るのは危険がいっぱいで、ひやひやすることもしばしばでした。
この本の主人公さとるは、小学生だけど、お母さんとの約束で、車が通る道は走らないことになっていました。ところが、内緒で公道を走り、運転が未熟なため、自動車にひかれそうになってしまう場面に、身を縮ませながら聞いていました。

<おすすめポイント>
どうしても欲しい自転車を親にねだる、ようやく買ってもらったもののうまく乗れない悔しさ、親との約束を破っても自分の力を試したくなること、事故にあったことで親から罰をうけて傷心するところなど、さとるに共感しながら、読み進められます。
さとるの親は、心配するだけでなく、もっと子どもに関わってやればいいのに。なぜおじさんが自転車の乗り方を教えるの??・・と思うところもありますが。
1973年初版のロングセラー。

<現在8才9ヶ月のヒメの反応>
「今こそ、この本を読まなきゃね」と言って、本棚から取り出し読んでいました。

<まつりかの感想>
「今こそ・・」の、意味は・・
ついに、新車がやってきたからです。
14インチと18インチの自転車を過去にもっていましたが、2台ともおさがり。
相当古かったこともあり、他に譲ることもなく廃車に。
この約2年の間、ヒメは自転車に乗ることなく過ごしていました。
どうせ買うなら、子ども用の26インチがいいなあ。それなら、中学生まで乗れるだろうしという理由で買い渋っている私と、自動車が危ないから自転車は反対!と言う夫。
2人して、「もうちょっと大きくなったらね」でずっとごまかしていました。
2012050512050000.jpg
ところが、小学3年にもなると、ひとりで自転車で出かけている子も多く、
ヒメは、さとるさながらの、ねだりっぷり。
あの手この手で、夫と私にプレゼンテーションしてきました。

ヒメの話を聞くうちに、今この時期に経験させておかなきゃならないことってあるんじゃないかと思うように。それに身長が130センチを超えたことだし、しばらくは、マンションの敷地内を走行すること、一人では公道を走らないこと、を約束に、とうとう購入することになりました。(7月の誕生日プレゼントの前倒しね~)

どうせなら子ども用の26インチ自転車を、といっていた私でしたが、やはり大きすぎて、危なっかしいので、結局24インチを購入するにいたりました。

さとるのお母さんのように、危ないからといって外を走らせないというのではいつまでも上達しないわけで。
ルールを教えて、ひやり!とする場所は一緒に確認・・。
ちょっと遅いデビューになってしまったけれど、子どもが安全に楽しく乗れるように導いていければいいなと思います。

5歳に購入し時々読んでいたこの本ですが、ヒメの心にジャストな時期は8歳でした。一人読みをしながら「今まさにこの本ね!」と言えたこと。こんなふうに、子どもの成長が、本に追いついたのを実感できる、まさに今のヒメにとって親友になれた一冊かもしれません。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
5月号を配布開始しました
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。