スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1月にヒメが読んだ本(10歳6カ月)

2014-02-08

未明から降り出した雪は、あれよあれよと降り積もり。
マンションの子どもたちが作った、雪だるまや、ミニかまくらがたくさん並んでいます。
みなさんのところはいかがですか?

ヒメが読んだ本たちをメモ
『せかい一おいしいスープ』(マーシャ・ブラウン/作・絵 こみやゆう/訳 岩波書店)
『白いりゅう黒いりゅう』(賈芝/編 孫剣冰/編 君島久子/訳 赤羽末吉/絵 岩波書店)
『ロシアの昔話』(内田莉莎子/編・訳 タチヤーナ・マブリナ/画 福音館書店)
『子どもに語るグリムの昔話』(グリム/〔著〕 グリム/〔著〕 佐々梨代子/訳 こぐま社)
『犬になった王子~チベットの民話』(君島久子/文 後藤仁/絵 岩波書店)
『だんろのまえで』(鈴木まもる/作・絵 教育画劇)
『このよでいちばんはやいのは』(ロバート・フローマン/原作 天野祐吉/翻案 あべ弘士/絵 福音館書店)
『子どもに語るアンデルセンのお話』(アンデルセン/〔著〕 松岡享子/編 こぐま社)
『きいてるかいオルタ』(中川洋典/作・絵 童心社)
『おうさまのおひっこし』(牡丹靖佳/作 福音館書店)
『おばあちゃんのえほうまき』(野村たかあき/作・絵 佼成出版社)

なかでもお気に入りだった本たち・・
せかいいち おいしいスープ (大型絵本)犬になった王子――チベットの民話だんろのまえで子どもに語るアンデルセンのお話子どもに語るグリムの昔話〈1〉
スポンサーサイト

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

 11月・12月にヒメが読んだ本(10歳4か月・5か月)

2014-01-11

2014年がはじまりました。
更新する!といいながら、もう10日もたってしまいましたが。
さて、しばらくぶりにヒメが読んだ本たちを2か月まとめてメモ

『気持ちの本』(森田ゆり/作 童話館出版)
『ロボママ』(エミリー・スミス/作 もりうちすみこ/訳 村山鉢子/絵 文研出版)
『にゃーご』(宮西達也/作・絵 鈴木出版)
『だいじょうぶ3組』(乙武洋匡/著 講談社)
『月のしずくの子どもたち』(ローラ・クラウス・メルメッド/文 ジム・ラマルシェ/絵 灰島かり/訳 BL出版)
『おおきなかぼちゃ』(エリカ・シルバーマン/作 S.D.シンドラー/絵 おびかゆうこ/訳 主婦の友社)
『きょうはソンミのうちでキムチをつけるひ!』(チェインソン/文 パンジョンファ/絵 ピョンキジャ/訳 セーラー出版)
『みずいろのマフラー』(くすのきしげのり/ぶん 松成真理子/え 童心社)
『ライジング父サン』(くすのきしげのり/作 松成真理子/絵 フレーベル館)
『ときめきのへや』(セルジオ・ルッツィア/作 福本友美子/訳 講談社)
『二分間の冒険』(岡田淳/著 偕成社)
『くりぃむパン』(濱野京子/作 黒須高嶺/絵 くもん出版)
『まちのじどうしゃレース』(たしろちさと/さく ほるぷ出版)
『じゅっぴきでござる』(エクトル・シエラ/作 高畠純/絵 佼成出版社)
『しろうさぎとりんごの木』(石井睦美/さく 酒井駒子/え 文溪堂)
『ゆきがふる』(蜂飼耳/ぶん 牧野千穂/え ブロンズ新社)
『サンタさんのトナカイ』(ジャン・ブレット/作・絵 さいごうようこ/訳 徳間書店)
『クリスマス人形のねがい』(ルーマー・ゴッデン/文 バーバラ・クーニー/絵 掛川恭子/訳 岩波書店)
『きょうというひ』(荒井良二/作 BL出版)
『サンタさんのいたずらっこリスト』(ローレンス・デイヴィッド/作 デルフィーヌ・デュラン/絵 石津ちひろ/訳 小学館)
『ばばばあちゃんのクリスマスかざり』(さとうわきこ/作 福音館書店)
『サンタさんからきたてがみ』(たんのゆきこ/さく 垂石眞子/え 福音館書店)
『クリスマスのちいさなおくりもの』(アリスン・アトリー/作 上條由美子/訳 山内ふじ江/絵 福音館書店)
『クリスマスのりんご-クリスマスをめぐる九つのお話-』(ルース・ソーヤー/ほか文 アリソン・アトリー/ほか文 上條由美子/編・訳 たかおゆうこ/絵 福音館書店)
『ハリーのクリスマス』(メアリー・チャルマーズ/さく おびかゆうこ/やく 福音館書店)
『とんがとぴんがのプレゼント』(西内ミナミ/さく スズキコージ/え 福音館書店)
『いちばんちいさなクリスマスプレゼント』(ピーター・レイノルズ/ぶん・え なかがわちひろ/やく 主婦の友社)
『エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする』(エリナー・ファージョン/作 シャーロット・ヴォーク/絵 石井桃子/訳 岩波書店)
『ミルクこぼしちゃだめよ!』(スティーヴン・デイヴィーズ/文 クリストファー・コー/絵 福本友美子/訳 ほるぷ出版)
『ぼくのお姉さん』(丘修三/作 かみやしん/絵 偕成社)
『それいけズッコケ三人組』(那須正幹/作 前川かずお/絵 ポプラ社)
『ぼくの小さな村ぼくの大すきな人たち』(ジャミル・シェイクリー/作 アンドレ・ソリー/絵 野坂悦子/訳 くもん出版)
『賢者のおくりもの』(オー・ヘンリー/文 リスベート・ツヴェルガー/画 矢川澄子/訳 冨山房)

なかでもお気に入りだった本たち・・
だいじょうぶ3組二分間の冒険 (偕成社文庫)くりぃむパンしろうさぎとりんごの木クリスマスのりんご クリスマスをめぐる九つのお話 (世界傑作童話シリーズ)ハリーのクリスマス (世界傑作絵本シリーズ)エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする (大型絵本)ぼくのお姉さん (偕成社の創作)ぼくの小さな村ぼくの大すきな人たち (くもんの海外児童文学)
ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

tag : 読み聞かせ

 10月にヒメが読んだ本(10歳3か月)

2013-11-09

秋はイベントづくし!
なんだか日々があわただしいです。
絵本の活動以外にも、イベント企画や、事業企画などで、仲間とともにがんばっています。

だけど、絵本のお話しをさせてもらっているときは、やっぱり私もテンションが上がります。
幼い子を育てているママたちと、絵本を介してお話しできるのって嬉しいなあ。

ヒメがこの1カ月の間、よくやっていたのは、泥団子づくり。
そして、ひょんなことから合奏のピアノ伴奏をすることになり、しかも、一生に一度だろう!くらいの大舞台で弾かせていただくことになったため、やらざるを得なくなったピアノの練習。
でも、よく頑張った!!

そんな10歳3カ月にヒメが読んだ本たちをメモ

『菜の子先生はどこへ行く?-学校ふしぎ案内・花ふぶきの三学期-』『菜の子先生の校外パトロール-学校ふしぎ案内・番外編スペシャル-』 (富安陽子/作 YUJI/画 福音館書店)
『おさかないちば』 (加藤休ミ/作 講談社)
『金曜日がおわらない』(アニー・ドルトン/作 岡本浜江/訳 風川恭子/絵 文研出版)
『どろだんご』(たなかよしゆき/ぶん のさかゆうさく/え 福音館書店)
『光れ!泥だんご-普通の土でのつくりかた-』(加用文男/監修 講談社)

なかでもお気に入りだった本たち・・
菜の子先生はどこへ行く?―学校ふしぎ案内 花ふぶきの三学期 (福音館創作童話シリーズ)どろだんご (幼児絵本シリーズ)
ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

 9月にヒメが読んだ本(10歳2か月)

2013-10-17

またまた、滞ってしまった更新・・・
ごぶさたしています。

なにかとバタバタしている日々でした。
ヒメとの時間も年々少なくなってきています。
その貴重な時間の大半を、ガミガミ叱っている私。
はあ~自己嫌悪。
9月に我が家の生活が大きく変化する出来事がありまして。
ますます母子の絆を、がっつり深める一方で、事が起きると2人が侃々諤々、どうにも止まらないストレスのぶつかり合いで不穏な日が続くことも。
ご飯をたくさん食べて、学校に行って、友達と遊んでること・・・それを当たり前に思わず、元気でいてくれることをありがたいと思わなければ、とは思うのですが。

では、月齢誕生日をずいぶん過ぎましたが、10歳2か月に、ヒメが読んだ本たちをメモ

『ネバーギブアップ!』 (くすのきしげのり/作 山本孝/絵 小学館)
『ひとりひとりのやさしさ』 (ジャクリーン・ウッドソン/文 E.B.ルイス/絵 さくまゆみこ/訳 BL出版)
『そばかすイェシ』(ミリヤム・プレスラー/作 斎藤尚子/訳 山西ゲンイチ/絵 徳間書店)
『もっとそばかすイェシ』(ミリヤム・プレスラー/作 斎藤尚子/訳 山西ゲンイチ/絵 徳間書店)
『ぺちゃんこスタンレー』(ジェフ・ブラウン/文 トミー・ウンゲラー/絵 さくまゆみこ/訳 あすなろ書房)
『いやっ!』 (トレーシー・コーデュロイ/作 ティム・ワーンズ/絵 三辺律子/訳 ブロンズ新社)
『どんぐりむらのぱんやさん』(なかやみわ/さく 学研教育出版)
『オムレツ屋へようこそ』 (西村友里/作 鈴木びんこ/絵 国土社)
『きんいろあらし』(カズコ・G・ストーン/作 福音館書店)
『わたしのいちばんあのこの1ばん』(アリソン・ウォルチ/作 パトリス・バートン/絵 薫くみこ/訳 ポプラ社)
『ぐるんぐるんつむじかぜ』(アーノルド・ローベル/さく ふしみみさを/やく)
『ももんちゃんし~』(とよたかずひこ/さく・え 童心社)
『おもいだしてくださいあのこどもたちを』(チャナ・バイヤーズ・アベルス/構成・文 おびただす/訳 汐文社)


なかでもお気に入りだった本たち・・
ネバーギブアップ! (創作児童読物)そばかすイェシもっと!そばかすイェシぺちゃんこスタンレーオムレツ屋へようこそ!ぐるんぐるんつむじかぜおもいだしてくださいあのこどもたちを

ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

 8月にヒメが読んだ本(10歳1か月)

2013-09-17

ブログを1か月以上更新しなかったら・・・
そうか~
画面上部に広告が出てしまうのかあ。
なんて、しみじみしてしまいました。

ごぶさたしています。
猛暑続きだった夏を終え、すっかり季節は秋になりました。

ヒメの月齢誕生日ごとに、〇才〇か月に読んだ本・・なんて記録がてらご紹介していましたけど、
10才をこえた安堵感?わたしの怠慢?で、すっかりそんなことも忘れてしまっていましたが。
遅ればせながらでも記録しておこうと思います。

というわけで、
10才1か月に、ヒメが読んだ本たちをメモ

『まさ夢いちじく』 (クリス・ヴァン・オールズバーグ/作  村上春樹/訳  河出書房新社)
『1はゴリラ』 (アンソニー・ブラウン/作  さくまゆみこ/訳  岩波書店)
『りんごの木のうえのおばあさん』(ミラ・ローベ/作  塩谷 太郎/訳 岩波書店)
『盆まねき』(さとうわきこ/さく・え 福音館書店)
『メロディ だいすきなわたしのピアノ』(くすのきしげのり/作 森谷明子/絵 ヤマハミュージックメディア)
『でっかいでっかいモヤモヤ袋』 (ヴァージニア・アイアンサイド/作 フランク・ロジャース/絵 左近リベカ 草炎社)
『星どろぼう』(アンドレア・ディノト/作 アーノルド・ローベル/絵  やぎたよしこ/訳 ほるぷ出版)
『教室の祭り』 (草野たき/作 北見葉胡/絵 岩崎書店)
『よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ』(シェリー・ダスキー・リンカー/文  トム・リヒテンヘルド/絵 福本友美子/訳 ひさかたチャイルド)
『子どもたちの遺言』(田淵 章三/写真 谷川俊太郎/詩  佼成出版社)
『まちんと』(松谷みよ子/作  司修/作 偕成社)
『おばけ桃が行く』『ガラスの大エレベーター』『アッホ夫婦』『ダニーは世界チャンピオン』(ロアルド・ダール/作 クエンティンブレイク/絵 柳瀬 尚紀/訳)
『』


なかでもお気に入りだった本たち・・
まさ夢いちじく (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)でっかいでっかいモヤモヤ袋 (そうえんしゃ・世界のえほん)教室の祭り (わくわく読み物コレクション)子どもたちの遺言おばけ桃が行く (ロアルド・ダールコレクション 1)ガラスの大エレベーター (ロアルド・ダールコレクション 5)ダニーは世界チャンピオン (ロアルド・ダールコレクション 6)

ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

tag : 読み聞かせ

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。