スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 もうねんね

2012-11-22

もうねんね   松谷みよ子/文 瀬川康男/絵
もうねんね (松谷みよ子あかちゃんの本)もうねんね (松谷みよ子あかちゃんの本)
松谷 みよ子 瀬川 康男

童心社 1968-01-15
売り上げランキング : 3449

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
ねむたいよう おやすみなさい ワン
いぬもねんね ひとりでねんね

ねむたいよう おやすみなさい ニャーン
ねこもねんね まあるくなって ねんね


<はじめて読んだ7ヶ月のヒメの反応>
午睡の前には、必ずといっていいほど読んでいた本。1才すぎまで、ずいぶんお世話になりました。
言葉を発するようになったころからは、「ワン」や「ニャーン」の箇所でタイミングよく声に出していました。

<おすすめポイント>
ねむたいよう おやすみなさい
という言葉のあとに、犬なら「ワン」ねこなら「ニャーン」と、カタカナ表記でゴシック体、緑色で書かれています。眠そうな感じで読むよう意識できるようにかな?
動物もモモちゃんも、いかにも眠そうに、トロトロした表情で描かれていて、やさしい語りとともに、自然と眠りに誘い込まれるようです。

<現在9才4ヶ月のヒメの反応>
読み聞かせ会で使うために机の上に置いていました。
ヒメに読んでみようかなと思って、夜にお布団の中で読んでみると、「眠たくなる本だねえ」と言っていました。
松谷みよ子さんの本だというのをいうと、「このモモちゃんって、あのモモちゃん?」と、つながったよう。そう、『ちいさいモモちゃん』などのモモちゃん。

<まつりかの感想>
表紙の犬が、ぺったりと地面についているのをみただけで、「ふわ~」っと眠気をさそうような、絵本。
松谷みよ子さんと、瀬川康男さんのコンビで、童心社から出版されてる赤ちゃん絵本は、どんなにお世話になったことか。いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
なんと『いないいないばあ』は、発行部数が271刷、508万5500部にのぼったそうです。
1984年に100万部を突破したあと、9年をかけて200万部、さらに9年で300万部。
ところが、400万部には、5年で達成。そして、500万部達成にもわずか5年。
少子化のはずが、これほどまでに売れているとは。
誕生祝いの贈り物としての需要もあるのでしょうか?、ブックスタートに使用する自治体が多いからでしょうか?

ちなみに、うちのヒメさんは、この『いないいないばあ』(童心社)が苦手でした。
なんでも、ネコの目と、キツネの表情が怖いそうで。
でも、『もうねんね』は大好きでした。ヒメは、犬派だしね。こちらの絵には抵抗なく、そして文章も心地よく聞いてくれていました。
トーハンの『ミリオンブック2011年版』ですと、『もうねんね』の発行部数は122万部だそうですよ。

親が子どもと添い寝できるのは、子どもの長い人生から考えるとそう多くはないと思うのです。
ああ、子どもが寝たらあれもこれもしたい!早く寝て~なんて、思うこともあるでしょうが、それらを放棄して子どもと一緒に眠りにつくことも、至福の時だと思えたらいいですよね。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
ついに11月号を配布開始!
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 ぴょーん

2012-08-05

ぴょーん  まつおかたつひで/作
ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))
まつおか たつひで

ポプラ社 2000-06-01
売り上げランキング : 14272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
かえるが・・・ ぴょーん
ばったが・・・ ぴょーん


ぴょーんと飛ぶのは何?

おやこで・・・ ぴょーん
わたしも・・・ ぴょーん


<はじめて読んだ0才7ヶ月のヒメの反応>
赤ちゃんにおすすめの絵本のリスト、というのに載っていたことで図書館で借りて読みました。
「一度読んだだけではわからない」「この本は人に読んでもらうと面白そう」という読書コメントが残っていました。
<おすすめポイント>
ぴょーんと飛ぶ感じを、縦開きにすることで迫力のある絵本に。
おだやかな表情の虫や動物が、「ぴょーん」のめくりとともに、滑稽な表情に変わるところがおもしろい。
途中の「かたつむりが・・・」に、変化を持たせているところで、笑いをもたせて、最後まで一気にひっぱっていきます。

<現在9才0ヶ月のヒメの反応>
自分でささ~っとめくって目を通して「短い!赤ちゃんってこんなの喜ぶの?」と。
そんなふうに言っていたけれど、私が赤ちゃんとママたちに読み聞かせをしているのを見ると「かたつむりが・・、のところにみんな笑ってたね~」と言っていました。
やはり自分で読むより、読んでもらったほうが面白いのか?

<まつりかの感想>
読み聞かせをするときには、一方的に聞いてもらうだけになりがちです。
その場にいる人との距離が近くできればいいなと思うのと、なによりママと子どもとが触れ合って楽しめるようにということを意識しているので、この本はよく読ませていただいています。
ママに赤ちゃんを抱っこしてもらって「ぴょーん」と持ち上げると、赤ちゃんもキャッキャッと笑ってくれる。
そして、ママも「重たい~」といいながらも、笑顔で参加してくださいます。

我が家ではヒメが立って歩けるようになったころによくこの本を読んでいました。
一緒にぴょーんと体を伸ばしたり、「かたつむりが・・・だめか」といって、こけてみたり。
いろいろと読み方に工夫のできる遊びの絵本ではないかと思います。

うわーっ (はじめてのぼうけん)近年出版された『うわーっ』は、怖いものをみて驚く動物たちの姿が。こちらは、3歳くらいになれば内容のおもしろさを理解できるかなと思いました。最初に読んだとき、ちょっとびっくり!してしまった


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
7月号を配布中!
梅雨明けして、おひさまが顔を出す日が増えてきました。
おひさまからのてがみ」メンバーも、SUN SUN 太陽さんパワーで、8月号を編集中!
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ

 こちょこちょ

2012-05-30

こちょこちょ  福知伸夫/作
こちょこちょ (0.1.2.えほん)こちょこちょ (0.1.2.えほん)
福知伸夫

福音館書店 2011-05-15
売り上げランキング : 285105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
ねこさん こちょこちょ
かえるさん こちょこちょ
にわとりさん こちょこちょ


<はじめて読んだ0才9ヶ月のヒメの反応>
「こちょこちょ」と遊びながら読んでいたので、ゲラゲラ笑っていました。しばらく読み続けているうちに、絵本を読むだけでも笑うように。

<おすすめポイント>
生き物の絵、その次のページでは、その生き物が「こちょこちょ」されたことで、笑って乱れている姿が。
その滑稽な表情が楽しく、繰り返しの展開も期待を裏切りません。
ねこや、かえるや、にわとりを、くすぐったらこんなふうになるのかしら?と、イメージで描かれた絵が、現実だとしたらなんて楽しいだろう思わせてくれます。見開きに大きく描かれた色彩豊かな木版画は迫力満点です。

<現在8才10ヶ月のヒメの反応>
「この本好きだったよね~」というと、どれどれ?といわんばかりに読み始め・・「これで終わり?赤ちゃんってこんなことで笑うんだねえ。でも絵がおもしろい。たしかに、好きだったかも。」だって

<まつりかの感想>
2003年生まれのヒメが、読んでいたころは、「こどものとも0,1,2」でしたが、去年5月に「0,1,2えほん」シリーズとして登場。
表紙の赤ちゃんは、こちょこちょされている状態ですが、裏表紙には、口をとがらせて小生意気な表情をみせています。読み終えて裏表紙を見せたら、またもう一度表紙を見せて、こちょこちょ!と読むと、おさまりがいい気がします。

ヒメは、小さい頃、「もったい!(もう一回)」と言って、何度もこちょこちょを要求しては、ゲラゲラ笑っている子でした。
今は、ヒメをくすぐるなんてことは、朝起こすときに時々するくらい。
なかなか起きないヒメに、朝から怒るのもこちらも気分が悪いので、くすぐり攻撃をかけるのですが・・・「やめてよ!」とお怒りモードで、お目ざめになることも多々あるうちのヒメさまです。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
6月号の配布を開始しました
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 いいおかお

2012-04-17

いいおかお   松谷みよ子/文  瀬川康男/絵
いいおかお (松谷みよ子あかちゃんの本)いいおかお (松谷みよ子あかちゃんの本)
松谷 みよ子 瀬川 康男

童心社 1967-04-15
売り上げランキング : 3490

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
ふうちゃんが ひとりで いいおかおを していました
そこへ いいおかお みせてって ねこが きました にゃー


ねこも、ふうちゃんといいおかおをしていると、
犬がきて、ぞうが来て、みんなで、いいおかお。
すると、おかあさんがやってきて、いいおかおだね、と言ってビスケットをくれました。

ああ おいしい おいしい おいしいは どーこ

<はじめて読んだ1才2ヶ月のヒメの反応>
「にゃー」「わん」などの言葉が出てくると、後を追うように真似して発していました。
読みおわると必ず「ヒメちゃんのいいおかおは?」と聞いていたのですが、その都度、にこりとしてくれていたのを思い出します。

<おすすめポイント>
「いいおかお」っていう言葉のマジックのようなものを感じます。
かわいいね~とか、ご機嫌だね~というのとまた違って、「いいおかおだね」っていわれると、なんだか素直に受け入れてしまうような。
最初は、ふうちゃん一人がいいおかおをしていたのに、次々動物がやってきて、いいおかおが伝染していく。
かたられる言葉は繰り返しで、安心して次の場面を予測できます。
最後にビスケットを食べている「おいしい」の顔は、それまでのページにある「いいおかお」とはまた違った表情で描かれています。
挿絵は、典具描法とご自身がいっておられるように、典具帳という薄い和紙の上に描く手法で、にじみが出ているのが特徴です。

<現在8才7ヶ月のヒメの反応>
いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
『いないいないばあ』も、このお二人のコンビの作品ですが、登場する動物の表情が苦手でした。
「ばあ」のときに、目がぎょろりとしているのが怖かったようです。
もちろん、お話し自体は大好きでしたが、「ばあ」の場面になると、身を縮こまらせてページがめくられるのを待っているくらいにドキッとするよう。

この絵本も、表紙のねこちゃんの顔が苦手でした。
読み進めるうちに、目を閉じていいおかおで笑っている場面にくると平気で、にこにこしていたのだけど。
最近も、この本を机の上に置いていたら、「わたし、昔このねこの顔が怖かった」とポツリ。
今は?と聞くと、「今もちょっと怖い」ですって。

<まつりかの感想>
声に出して読めば読むほど、味わいがあるなあと感じます。
やさしい言葉と、安心できる絵に、読みながら、心おだやかになれます。
最近は、読み聞かせで、この本を使うことが多いです。
赤ちゃん絵本としておすすめだからという理由はもちろんですが、読んでいてとても気持ちがいいという、わたしの気分での選書。
笑顔で居続けることの難しさを感じることが多いからかしら。
昨日も、おとといも、この本を読んできましたが、その場にいた、2カ月から3歳までのベビー&キッズは、耳をすませて聞いてくれました。
ママたちもお子さんをお膝にのせて、絵本を指さしながら「にゃん」とか「わん」といってくれて。
その場にいたママにも、登場人物たちの「いいおかお」が連鎖して、それが、子どもにも伝わって、みんなで「いいおかお」で終われる本です。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
3月号を配布しております。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 がちゃがちゃどんどん

2011-10-11

がちゃがちゃどんどん   元永定正/作
がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ)がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ)
元永 定正

福音館書店 1990-04-10
売り上げランキング : 21344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
耳に聞こえる音を、絵に描いたらどうなる?
がちゃがちゃ
どんどん  
かーん  
ざー 
ごー 
ぴーいっ
ぷすん

<はじめて読んだ8ヶ月のヒメの反応>
この本を読むときは、他の本を読むときと違って、ヒメは明らかに私の口元を注視していたのを覚えています。
私が、書かれている言葉(音)に合わせて、絵本をたたいたり、ひっかいたり、つまむようにしながら読んでいたので、次第にヒメも私の真似をして本をバンバン叩いていました。

<おすすめポイント>
絵を見ただけで、その音がイメージできます。
「がちゃがちゃ」は、いかにも色々な色味のギザギザが「がちゃがちゃ」しているし、「どん どん」は、オレンジの丸の片方が地面に、もう片方は空中に浮いていて交互に音を出すんだろうなと予測させる。
お家の中にある、擬音を探してみたり、絵になっているものと似た形状のもので音遊びをしてみたり、感覚の言葉を豊富に獲得させてくれます。

<現在8才3ヶ月のヒメの反応>
「読むって感じじゃないなあ」なんて言っています。ラストの「ぷすん」がお気に入り。

<まつりかの感想>
作者の元永定正氏が、10月3日 午後9時42分、前立腺がんのためお亡くなりになられたそうです。
赤ちゃんとママ向けに、読み聞かせをする機会が多いため、音や色などで表現した感覚絵本の代表として元永氏の作品は頻繁に読んでいました。
もちろんヒメにも、知らず知らずに元永作品を手にしてきました。
読むたびに「何がいいたいのかわからんなあ」という私の気持ちをよそに、ヒメが食い入るように見ていたり、声を発する姿を見ながら、かつては私も子どもだったはずが、こういう面白さをすっかり忘れていることに気づいたり、子どもの好きな世界に近付ける喜びを感じられたものです。
このブログでは、以前に『もこもこもこ』と『ころころころ』を取り上げています。
『きたきたうずまき』『カニツンツン』『もけらもけら』は、ヒメも楽しんだので、追々このブログに書けたらいいな~と思っています。

10月8日付の日本経済新聞の36面に、元永定正氏の「き、みどりあか き、みどりあか」というタイトルの絵と、元永氏を追悼する記事が掲載されていました。
日本経済新聞が紙面に掲載する予定で依頼していたものが、10月4日に郵便で届いたのだそうです。
お亡くなりになられたのは、3日なので、まさに最後の作品かと思われます。

墨をにじませたと見られる画面の上部に、数体のカラフルなクラゲのようなモチーフが漂っている。


長方形の下にクラゲのように足がついたものが、黄、緑、赤、黄、緑、赤と規則的に次第に形を縮小させて並んでいます。
この記事によると、生前「もともと絵本に興味はなかった」と氏は話されていたそうですが、作品が多くの子どもの心をつかみ、以降、本人も喜んで描くようになったのだそう。

いつもメモ帳を持ち歩き、思いついた形を描いては、段ボールに放り込んでいたそうで、何万枚もたまったメモを時々取り出して眺めると、形が頭の中で成長を始め、虫とも宇宙人とも知れぬ姿に変容する。


88歳にしてなおこの自由な心を持っておられたことに感服し、素敵な作品を残していただいたことに感謝し、ご冥福をお祈りいたします。
きたきた うずまき (0・1・2・えほん)もけら もけら (日本傑作絵本シリーズ)カニ ツンツン (こどものとも傑作集)いろ いきてる! (こどものとも絵本)ココロのヒカリ (みるみる絵本)
ブログパーツ 


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
10月号、只今配布中です。
お届け希望の方は下記までメールくださいね。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。