スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 いただきまあす

2013-04-24

いただきまあす  わたなべしげお/文  おおともやすお/絵
いただきまあす (くまくんの絵本)いただきまあす (くまくんの絵本)
わたなべ しげお おおとも やすお

福音館書店 1980-06-01
売り上げランキング : 132354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
くまくんは、これからお食事。
ひとりで椅子にのぼって、食卓につきます。

すーぷを のもうっと。
あら あら!

ぱんを たべようっと。
あいたっ!


フォークや、スプーンを使うのだけど、なかなかうまく食べられない。

とうすれば いいのかな?

<はじめて読んだ1才4ヶ月のヒメの反応>
このころから、ようやく自分で食べようという意志が出てきて、食べる量も増えてきたと記録してあります。
それまでは、自分でスプーンを持っているにもかかわらず、私が口に運ぶのを待っているような子でした。
もっとワイルドに手づかみ食べをしてほしいという欲もあり、私がこの絵本に出会わせてやりたかったのです。
(本人がどんな反応だったかの記録は書いていなかった・・)

<おすすめポイント>
なんでも自分でやりたがる、だけど、うまくいかない・・・、そんなイヤイヤ期の子どもの姿?は、共感をよぶと思います。
くまくんは、スプーンやフォークを上手に使って食べてみたい。
だけど、うまくいかない。そこで、「どうすれば いいのかな?」と考えます。
そこから、場面は急展開。食卓にある食べ物を、一つのお皿に全部まとめて、ぐちゃぐちゃ・・それを、手で食べていくのです。
場面ごとの短い文章は、絵が物語る余地を十分に残していて、イメージすることを喜びにしてくれるような本です。

<現在9才8ヶ月のヒメの反応>
自我が芽生える1才児から、2才のイヤイヤ期のお子さんが集まる場でよく読んでいる本。
今回も、机の上に置いていたこの絵本を、ヒメは自分で読んで「かわいいねえ!」と言っています。

<まつりかの感想>
ちゃんとスプーンを持って、口に運んで、手でつかまないで、こぼさないで!。
子どもが小さいときは、子どものやりたい!という意欲を重んじることなく、汚されたくなくて、こちらのペースで食事をさせることを続けていました。
コップ飲みについて、1才5か月のころの日記には、「自分でコップを持ちたがって、かんしゃくを起こす。」と。
私はこの時、ヒメにやらせてあげたのかなあ?
それとも、「こぼれるからやめて!」といって、私が飲ませたり、ストローをさしたりしたのかなあ?

今になって思うこと・・・子どもには失敗体験をさせてやったほうがいいってこと。
失敗させまいと先回りして手を出してしまう、とくにうちは一人っ子だから、目が行き届いてしまうというのもあるのでしょうが。

この絵本のくまくんの姿を見て、当時は「なんてしつけに悪い絵本だろう」って思っていましたが、それは大人の考え。
子どもは、絵本の主人公を見て、心をスカッとさせているかもしれないですね。
やってはいけないこと、親にダメでしょ!といわれることを、堂々としちゃっているくまくんを見て、心を開放して読んでいるんじゃないかなあ。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ 
スポンサーサイト

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : おひさまからのてがみ 絵本講師 読み聞かせ

 こりゃまてまて

2013-02-25

こりゃまてまて  中脇初枝/文  酒井駒子/絵 
こりゃ まてまて (0・1・2・えほん)こりゃ まてまて (0・1・2・えほん)
中脇 初枝 酒井 駒子

福音館書店 2008-05-15
売り上げランキング : 89324

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
こりゃ まてまて
ひら ひら ひら
こりゃ まてまて
しゅる しゅる しゅる


とことこと、まだ走ることは危なっかしいくらいの子が、
目に留まったものを追いかけていきます。
こりゃ まてまて・・・と。

<はじめて読んだ3才0ヶ月のヒメの反応>
「こりゃ まてまて」のフレーズを、すぐに気に入っていましたが、「りゃ」がいいにくいようで、「こら まてまて」のようにしか言えていなかった

<おすすめポイント>
幼い子が、ちょうや、とかげや、鳩を追いかけています。
言葉をはっきりと話せる年齢ではないように見えますが、「こりゃまてまて」の心理で夢中で追いかけているのだろうということが伝わります。
背景をほとんど書き込まず、色味も無彩色が中心で、シックな絵ですが、子どもと生き物の動きや、構図によって、物語られていると思いました。
性別がどちらとも判断がつかないような、顔だち、服装も、おそらく計算ずくなのでしょうね。
「うちの子にそっくり!」と思い入れを持って読むこともできるかも。
タイトル表示も含め、本文の文字の配置も、動きをもたせてあり、足元のおぼつかない子の歩き方を表しているかのようにも思えます。

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
「この子は女の子だよね?」「いや、男の子かな」「どっちにも見えるな」とぶつぶつ言いながらページをめくっていました。知り合いの3才の女の子は、もっと小さい頃からお父さんに肩車をしてもらうのが大好き。かたぐるまという言葉を上手に言えなくて、「かたま」と言っていたのが、はっきり言えるようになった今も、「かたま」といえば、お父さんが肩車をしてくれる、その子の姿を、ヒメはこの本から思い出すようで、「●●ちゃんみたい」と言っています。

<まつりかの感想>
小さい子どもって、自分の体よりも大きな犬やねこにも、平気で近寄っていったりします。
動くものを見ると、つい追いかけたくなるのでしょうか。
触れよう、捕まえようとしても、生き物はすばやく、子どもの思い通りになんていきません。
お散歩しても、目にとまるものに興味を示すので、なかなか前に進まないという悩みもあったなあと。
でもその頃って、子どもに合わせてゆっくり周りを見ながら歩いているので、空の様子や、草木の様子、新しい建物や、看板や、そういうものに気づきやすかったかな。

今は、目的のために、行動しているだけになってしまってますから。
早く歩いてほしいなあ、用事が終わらないんだけどなあと、ヒメの歩みの遅さに、イライラしていたころ、実はわたしの心に豊かさを与えてくれていたことに、後になって気づくのでした。二度と戻らないあの時期を懐かしく思いながら、この本を読んでいます。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ 

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 おしくら・まんじゅう

2013-02-09

おしくら・まんじゅう かがくいひろし/作
おしくら・まんじゅうおしくら・まんじゅう
かがくい ひろし

ブロンズ新社 2009-04
売り上げランキング : 1618

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
そーれ
おしくら まん じゅう
おされて ぎゅー 
おされて ぎゅー
ぎゅー ぎゅー ぎゅー
おされて~


表紙にある紅白まんじゅうが、おしくらまんじゅうをしますよ。
でも2人でやるわけではなくて・・・間にお友達をはさんで、ぎゅーぎゅーぎゅー。

<はじめて読んだ8才7ヶ月のヒメの反応>
読み聞かせ会用に借りてきたものを、置いていたら「なにこれ」といって一人読み。
「読んでもらったほうが楽しそうだから、読んで~」と。うん、よくわかっているな。

<おすすめポイント>
かがくいひろしさんの絵本は、テンポのいい言い回しと、かわいくて、ユーモラスな絵が特徴。
集団読みに適したものが多いと思います。
ページをめくるタイミングや間合いを感じながら読むと、とても気持ちよく、読み進めるにつれて読み手との一体感の高まりが感じられる本です。

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
「あ、ひさしぶり」といってまたおもしろがって読んでいました。
おされて ひゅー おされて ひゅー ひゅー ひゅー ひゅー♪鼻歌をうたっています。

<まつりかの感想>
おしくらまんじゅうって昔はよくやりましたけど・・。
今の子どもはやらないのかな。
休み時間、寒い季節でも容赦なく校庭に出かければならなかったので、
円を描いてその中にみんなで入って背中合わせに腕を組み、
♪おしくらまんじゅう おされて なくな♪
と、押し合いへし合いしているうちに体が温まる。
誰かが円から出てしまうか、倒れこんでしまうかで決着するというだけの遊びだけど、
楽しかったなあ。大人になってからではやれない遊びです。

先日、この本を読み聞かせしたときにいてくれた1、2、3才児。
3才児は展開をじっとながめて結末のおもしろさに笑うという反応。2才児は、お母さんのお膝にすわってお尻を上下させて自らリズムを刻み、1才児はお母さんに抱っこで体をゆらしてもらっていました。
ある、1才2か月の女の子が、会がおわった後、わたしにむかってこの本を差し出してきました。
「読む?」と聞くと、体を左右にゆらして待っています。
読み始めると、他の1才児もやってきて、ふたりで体を揺らして聞いてくれていました。
今度は自分のお母さんのところに絵本を持っていき、お母さんの声に合わせて揺れています。

この子は「これ気に入った!」という本に出会えたんだなあと思いました。
そして、「読んで~」というサインに「はいはい」って応えてあげられる、その時間が持てるママたちがうらやましく感じられる一日でした。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 だっこして

2013-02-01

だっこして   にしまきかやこ/作
だっこして (にしまきかやこ あかちゃんの本)だっこして (にしまきかやこ あかちゃんの本)
西巻 茅子

こぐま社 1995-05
売り上げランキング : 324219

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
だっこして と カンガルーの あかちゃん
はい だっこ 
よし よし と
カンガルーの かあさん


ひよこのぼうやも、くまのこちゃんも、「だっこして」。
うさぎのぴょんたは、ななこちゃんに「だっこして」。
ななこちゃんは・・?

<はじめて読んだ1才8ヶ月のヒメの反応>
この本は、ヒメを抱っこしながら読んでいました。「はいだっこ」というセリフがとても気持ち良くて、ヒメも「だっこして」よりは、「はいだっこ」の言葉を真似して言っていました。

<おすすめポイント>
「だっこして」、「はいだっこ」の繰り返し。
カンガルーは、おかあさんのおなかの中に、ひよこは、めんどりのおなかの下に、くまのこは、お父さんのたかいたかい。そしt、えうさぎのぴょんたは・・・あら、名前がついている?どうして?と思ったら、ぬいぐるみのよう。ぴょんたは、ななこちゃんに抱かれて、さらにななこちゃんは、おかあさんに抱っこされる。
うさぎのぴょんたの登場で、流れに変化が生じているところが、赤ちゃんの注意をひきよせます。

<現在9才6ヶ月のヒメの反応>
「かわいい本だね」といった後に、「ねえ、わたしもだっこしてよ」と強い口調で。(おお怖っ!)

<まつりかの感想>
現在ヒメの体重は・・おっと、乙女心を傷つけるかしら。でも言っちゃおう、28キロです。
この28キロが、なにかと「だっこして」とやってくる。
というか、「ちょっと、だっこしてよ」と、命令口調でやってくる。
そして抱き上げたら、お尻のところで持ち上げてほしいのだというので、私の腕もぷるぷる震えながら、「勘弁して!」と叫んでいます。
抱っこしてほしがるときは、彼女が疲れているときや、イライラしているとき。
自分の心を落ち着かせようとしているのでしょうか。
わたしも、面倒だなあ、重いしなあと思うのだけど、抱っこしていると、なんとなくこちらも落ち着いてくるのが不思議です。
なにより、どうしてイライラしたのか、どんないやなことがあったのかを、抱っこの時間で話してくれるのはありがたいなあと思っています。

この本のように、「だっこして」「はいだっこ」と言ってあげられているのって意外と短い期間なのかもしれませんね。
そのうち、「抱っこさせて」「いやだ」と言われちゃうかもしれないし。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 ごろんごゆきだるま

2013-01-14

ごろんごゆきだるま  たむらしげる
ごろんご ゆきだるま (0.1.2えほん)ごろんご ゆきだるま (0.1.2えほん)
たむら しげる

福音館書店 2007-10-25
売り上げランキング : 69509

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
ふわ ふわ ふわり
ごろ ごろ ごろんご
どすん どこん どたん


雪がふって、雪玉がころがって、雪だるまになって・・・おめめをつけたら・・・

<はじめて読んだ2才7ヶ月のヒメの反応>
雪がふったときに読んでみました。雪だるまに目がつき、口がつき・・そこまではよかったんだけど、手足が出て立ち上がった様子に私が驚愕。ヒメは「たっちしてる」と喜んでいました。

<おすすめポイント>

この絵本は全編にわたって布が使われています。布を染めたことでできたシワもそのまま生かして、自然な立体感が出ています。表紙の、雪だるまの下を見てください。少しだけ影が映るように撮影したことで、布の感触がさりげなく伝わるような工夫がされています。作者が一針ずつ丁寧に作り上げた、手作りの絵本。

(福音館書店のホームページより)
擬態語がリズミカルにくりかえされ、ページをめくるごとになにができるかわかっていく感じも小さい子に展開がわかりやすいと思います。
犬がやってきたのを見て、遊びたいなと思って、雪だるまがたちあがるというのは、興味のあることには飛びついて行く幼い子の心理に訴えるのではないでしょうか。

<現在9才6ヶ月のヒメの反応>
今朝からずっと降り続いている雪に、明日の読み聞かせはこの本を!と思って、本を取り出した私。ヒメがそれをみてぱらぱらと読み始め・・無言。そのあと、「ちょっとびっくりした」だって。

<まつりかの感想>
2013011411370000.jpg2013-01-14 15.21.15 (640x480)
こんな大雪はひさしぶり!。夜の間に降って朝に積雪を見るということが多いですが、今回は、降り始めから積もっていく様子をずっと見ることができました。朝10時ごろから、ヒメと二人でマンションの下に繰り出しました。雪だるまを2体作って・・しかし吹雪く中、わたしも雪だるまになってしまうんじゃないかって思うくらい。でも楽しかった!
そして、午後。わたしはうとうと昼寝を。その間に、ヒメは夫を誘い、またまた雪だるまつくりに出かけたようで。
帰ってきたときに「すごいの作ったんだよ!」といって、大興奮でした。
ヒメの背の高さほどの雪だるまを作ったんですって


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。