スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 めのまどあけろ

2006-07-31

めのまどあけろ 谷川俊太郎/文 長新太/絵
002926340000_s.jpg


<どんな絵本?>
表紙には・・・布団で眠っている子。
1ページ目・・片目をあけ口をぽかーんとあけた子の絵
めの まど あけろ
おひさま まってるぞ

みみの まど あけろ
だれかが うたってる

はなの まど あけろ
おみおつけ いいにおい

くちの まど あけて
お は よ う


目覚めて、服を着替えて、顔を洗って、遊んで、食べて、お風呂に入って、眠りにつく・・
一日の出来事を詩にした絵本。

<初めて読んだ2才3ヶ月のヒメの反応>お気に入りのフレーズは、最初の「めのまどあけろ・・」と「いっぽんあしかかし」。特に口癖のように使っていたのは、「せっけんさんがすうべったすべっておでこをぶっつけた。私の洗顔石鹸を見ると、必ずこのフレーズを言っていました。

<おすすめポイント>一日の生活を詩にのせた言葉あそびの本。起きることを、「めのまどあけろ・・」、着替えを表現するところでは、「いちばんぼたんとうりゃんせ・・・」とボタンかけの様子をあらわし、顔を洗うことを「ほっぺたのはらに あめがふる・・」と。これらの表現力、言葉の選びかたなど、「さすが谷川俊太郎」です。
 さらに、長新太氏の絵がとてもユニーク。詩に使われているる言葉を忠実に、かつ言葉のリズムを乱さない絵となっています。

<現在3才0ヶ月のヒメの反応>各ページごとにおきにいりのフレーズがあり、その言葉を自分で言いたがります。「あなからかおだすもぐらもち」「にょろにょろあるくのへびですね」「いっぽんあしかかし あたまにからす」「たらこ かずのこ さかなのこ」・・などなど。1人遊びをしているときも、独り言でこれらのフレーズをつぶやいていることも。
 表紙には布団で寝ている子の絵。裏表紙には、その子の足が布団からはみ出している絵があります。つまり表紙と裏表紙を縦に回転させることで一つのつながった絵になっています。ヒメは、「ほら、この子の足が出てるよ」と、本を回転させて楽しんでいます。

<まつりかの感想>
 赤ちゃん絵本としても紹介されることの多いこの絵本。ヒメがまだ0歳代に一度図書館で手にとるも、ピンとこなくて。
 2才になってもう一度読んでみると、このリズムのよさがたまらない。読めば読むほど、口にすればするほど味わいのある文。そして、イメージを膨らませる絵。
 「かんかんおこりむし おなかのなかから でておいで のはらでさかだち しておいで」おなかの中の怒り虫は、私の中のイライラの怒り虫のことかな?この文章を読んでいると、怒りやイライラは馬鹿馬鹿しく思え、自然に怒り虫も消えていきそうな気分にさせてくれます。
 また、ヒメがかんしゃくをおこしたときに、このフレーズを語りかけると、ふてくされている表情もほころび、私もニヤニヤ。
 この絵本を声にだして読むことで、忙しい子育てに潤いを与え、ゆったりとした気分にさせてくれる気がします。 赤ちゃん絵本に選ばれているのももしかしたらそういう理由もあるのかもしれません。とくに、ストレスが溜まりやすい、乳児期の育児。読み手の気持ちを楽にさせてくれるという意味でも、この詩のリズムは癒しになってくれそうです。
 また、一日の生活を追った詩ですから、年齢とともに違った楽しみ方がきる本だと思います。
スポンサーサイト

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

 せんたくかあちゃん

2006-07-28

せんたくかあちゃん さとうわきこ/作・絵
せんたくかあちゃんせんたくかあちゃん
さとう わきこ

福音館書店 1982-08
売り上げランキング : 12489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
せんたくの だいの だいの だいすきな かあちゃんが いました。
内中の衣類を洗い、洗うものがなくなると子供達に洗うものを探しに行かせます。それを知った、猫も犬も鳥も、下駄や靴や傘たちはみんな大慌てで逃げるけど、せんたくかあちゃんは容赦なくたらいにみんな放り込んであっという間に洗ってしまう。
 庭や森の木々に物干しロープをめぐらせて、洗ったものをつるします。
 ちょうどそのとき空が急に暗くなり、雷さまが落ちてきて、物干しの縄にひっかかってもがいています。「へそをとりにきた」という、薄汚れた雷様を見るやいなや、たらいに放り込んでゴシゴシ。洗い終わった雷さまの顔は目鼻が消えてなくなっています。
 子供達はクレヨンで顔を描き、キュートに変身した雷さまは空に帰っていきます。
 翌日、たらいを持ち出し洗濯しているかあちゃんの元に、薄汚れた雷様が空から降ってきます。
 「せんたくしてくれえ、 あらってくれえ」
 「かきなおしてくれえ、 いいおとこにしてくれえ」
かあちゃんは、はりきってガッツポーズをしながら
 「よしきた まかしときい」

<初めて読んだ2才3ヶ月のヒメの反応>物干しロープにつるされた珍しいものを探すのが大好き。ねずみやフライパンやソーセージが干されているのを見つけて笑い、子供達までもが洗濯バサミでとめられて干してあるのをみて「なんで?」と心配気です。

<おすすめポイント>威勢のいい江戸弁を使う、かあちゃんのキャラクター、会話の小気味よいリズム。物干しロープにあらゆる品々がつるされている見開きいっぱいの絵や、翌日空から一斉に落ちてきた雷たちが描かれた場面では、絵さがしの楽しみがあります。

<現在3才0ヶ月のヒメの反応>私が洗濯をはじめると「せんたくかあちゃんになるの?」と。 せんたくかあちゃんの気風のいいセリフもお気に入り。
 突然の夕立が続いていたこともあり、雷さまがおへそをとりにくるというのを信じて、雷鳴をきくとおへそをかくして怖がっているヒメ。この本でせんたくかあちゃんが雷さまより強いことを知り、「雷洗おうか?」といって彼女なりにせめてもの抵抗をしているみたい・・

<まつりかの感想>
 先日ひさびさに快晴の一日があったものの、またどんよりしたお天気。関東地方はまだ梅雨明けしていません。今年は長い梅雨です。ですから我が家でも、雨の本を読むことが多いのです。
 「せんたくかあちゃん」と同じ作者の「あめふり」004842060000.jpgを、同時に読んでいました。
 雨ばかり続いてうっとうしいので、ばばばあちゃんが空に文句をいうのですが、ますます多くの雨を降らす雷たちに腹をたて、かまどで薪をボンボンたいて、そこに唐辛子をいれて辛い煙を空にむけて放つという話。空からちぎれた雲と雷がおちてきて、おかげで快晴。ちぎれた雲をあらってふわふわにしてつなぎあわせる作業をする雷。大変そうだけど、ばばばあちゃんはお天気が長く続いたほうがいいので手伝いません。やっと雲を修繕して雷たちは空に戻っていくのですが、最後のページには「せんたくかあちゃん」のかあちゃんがさりげなく登場しています。 

 どちらの本も、読み終わったときに爽快。強烈キャラのたくましさが印象的で、雷さまをタジタジにさせるユーモラスなストーリーは、日常に雷雨を体験したときにも、この2強キャラのおばちゃんたちを思い出して雷を楽しむこともできそうな愉快な本です。
 

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

 小学生は読書好き!?

2006-07-24

7月22日、日本経済新聞に
「小学生は読書好き!?」という見出しの記事がありました。

以下、記事内容を引用しますと・・

◆全国の公共図書館の貸し出し冊数が、1955年の調査開始以来、2004年度は過去最高になったことが、文部科学省の調査で分かった。

◆小学生一人当たりの貸出冊数は、18.7冊/年でこちらも過去最高を更新。
前回2001年度の調査に比べ、1.6冊増えたということ。

◆図書館で一度でも本を借りたことのある「登録者数」は、2001年度を312万人上回る3097万人となり、初めて3000万人を突破。
うち、小学生は同年度より44000人あまり多い、413万人。

全国の図書館数は2919館と、3年間で215館増え、図書館の整備も進んだ。


こどもの読書離れが指摘される中で、貸し出しが伸びていることについて、文部科学省の見解は以下のとおり。
朝の読書活動や、図書館司書が学校に出向いて読み聞かせをするなど、子どもを読書に向かわせる活動が少しずつ実を結んでいるのでは(調査企画課)

また、図書館関係者の声は、
※景気低迷で購入が減って貸し出しが増えたことに加え、「ハリーポッター」などの話題作の影響ではと。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 夏休みに入り、図書館や書店で小学生を多くみかけるようになりました。中でも、親と同伴で本選びをする姿をよく見ます。
 つまり、小学校低学年の子どもたちが多いのかな~いうのが私の感想。高学年になると、親と出かけず友達と遊ぶことが多くなるからでしょうか。友達同士で本選びをしている姿はあまり見かけないんですよね。とくに男の子・・・

 私はブログをはじめてから、絵本や児童書に関心をもっている多くの方とお知り合いになることができました。
 みなさんご自身のお子さんの年齢は様々ですが、小学生のママブログのなかには、読み聞かせボランティアをされているという方の記事を拝見することもあります。

 新聞記事を読んで、現代の小学生の読書実態はいかがなものか興味がわきました。
 もし小学生のお子さんをお持ちのママや、学校や図書館で読み聞かせの活動をされている方がいらっしゃいましたら教えてください。
 
 例えば・・・

 朝の読書運動って実際に行われているのですか?
 読み聞かせの会っていうのは、放課後に行われているんでしょうか?月何回くらい?
 学校の図書室と公共図書館どちらをよく利用していますか?また学校の図書室には司書の方がいらっしゃるのでしょうか?
 小学校での読書運動は盛んだとおもいますか?効果はあると思いますか?

などなど、なんでもいいので教えてくださいね。

 

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

 かばくん

2006-07-22

かばくん   岸田衿子/作 中谷千代子/画
000890970000.jpg

<どんな絵本?>
どうぶつえんに あさが きた
いちばん はやおきは だーれ
いちばん ねぼすけは だーれ

カメを連れた少年が動物園を訪れます。
ねぼすけのカバに「おきてくれ」とよびかけ、水中にいたカバの親子はのっそりと陸にあがってきます。
日曜日の動物園には、子ども達がいっぱい。
昼・・キャベツととうもろこしをもらって食べるカバ。
そして満腹になって眠る。
夕方・・カメを連れた少年は、カバたちにさよならをいって帰る。
そして、動物園には夜がきた。
おやすみ かばくん
 ちびの かばくん


<初めて読んだ1才4ヶ月のヒメの反応>生まれてはじめて動物園に行った頃に、本屋で手にし購入。実際動物園のかばくんは寝ていて姿を現してくれませんでした。
口を大きく開けて、キャベツを丸ごとぱくっと食べる場面が大好きで、「おいちい?」と言っていました。

<おすすめポイント>リズミカルな物語詩は、暗誦できるほど耳に残ります。
ダイナミックな構図と、キャンバス地の布感が残った油絵で描かれた、カバの絵は迫力たっぷり。
 普段めったにみられないカバの行動が描かれていることや、カメとの対比でカバの大きさを表しているところも楽しい。
 詩の世界にぴったりの、詩情あふれる絵がつけられています。

<現在3才0ヶ月のヒメの反応>ヒメが今まで動物園に行ったのは6回。そのうち、カバのいる動物園は3箇所。うち、おきているカバを見れたのは未だかつてないのです。
 先月おとずれた上野動物園でも、かばくんは水に潜っていました。
かろうじて、水面に黒い大きな背中がのぞいていていましたが、大きなハエが止まっていた
「おきてくれ かばくん」ヒメは、絵本のフレーズで、何度も声をかけていましたけど。

きょうは なんようび?
と読むと、すかさず「きょうはにちようび」と言いたがり、カバの子が親にぴったり寄り添っているのを気に入り、カバの親子が檻の外の子ども達を下から見上げる場面の、
スカートはいてる はんずぼんはいてる げたのこも いる
「下駄って靴?」といいながら、下駄をはいている子を探すのが好きです。

<まつりかの感想>
 欧米各国で翻訳出版されているこの本。とくにフランスではジャポニズムの絵本として話題になり、中谷氏の描く、線や色使いが非常に高い評価を得たということ。
1962年初版だけに、「下駄を履いた子」が絵に登場したりと時代を感じさせますが、カバの生態をこの絵本で知ったといっても過言ではないくらい。
 ヒメは、私がページをめくり、最初の一行を読むと、そのあとの文をそらでいえるくらいにこの絵本はお気に入り。この本がいかに、絵と文が一致しているかの証拠だと思います。
 のんびりしたカバをあらわす詩は、読みながらあくせくせずにのんびりいこうかっていう気持ちにさせてくれ、私にとっても癒しの本です。

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

 サラダでげんき

2006-07-18

サラダでげんき 角野栄子/作 長新太/絵
サラダでげんきサラダでげんき
角野 栄子

福音館書店 2005-03
売り上げランキング : 142872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
りっちゃんのお母さんは病気です。なにかいいことしてあげたいなと思ったりっちゃんは、おいしいサラダを作って元気にさせてあげたいと思いました。
きゅうり、きゃべつ、とまとを切って大きなお皿にのせていると・・・
のらねこがやってきて、「かつおぶしをいれるといいですよ。」
次に隣の犬がやってきて、「ハムサラダがいちばんさ」
窓にすずめがやってきて、「とうもろこしいれなきゃげんきになれない」
次は蟻、「おさとうをちょっぴり」
おまわりさんを乗せた馬がやってきて「サラダにはにんじん」
ついには北極海の白熊から電報が届きます。「サラダニハ ウミノコブ イレロ」
これでできた!と思ってお母さんを呼ぼうとしたら、アフリカ象が飛行機に乗ってやってきて・・・・

 
<初めて読んだ2才6ヶ月のヒメの反応>当時読んでいた絵本のなかでかなり長文。
でもヒメはこれが大好きで「りっちゃん読んで」と何度も読みせがみました。
白熊からの電報の内容を暗記していました。
サラダのおかげで元気になったりっちゃんのお母さんの姿を見て「あ~よかった」とホッとしていました。

<おすすめポイント>魔女の宅急便の作者である角野栄子氏が文を、それに長新太氏が挿絵を描いています。
お母さんに元気になってもらうためにサラダ作りをしようと考えた女の子の優しさ。次々にあらわれる動物たちの登場の仕方やアドバイス内容もユニーク。ついには、ゾウが飛行機にのってアフリカからやってきて、ドレッシングを作ってかき混ぜてくれるなんていうナンセンスさが、長さんの絵と見事にマッチしていて笑えます。

<現在3才0ヶ月のヒメの反応>「サラダでげんき」と題名をちゃんと覚え、ページをめくりながら自分で読んでいます。「やっぱりサラダには、かつおぶしだぜい!」などと、妙に息のいい台詞回しを創作して読んでいます
以前は大好きだった、アフリカゾウが飛行機に乗ってやってくる場面で「象の目が怖い」といい、隠すように慌ててページをめくっています。

<まつりかの感想>
 物語の内容や文体の軽快さも面白いのですが、この本も長さんの絵がより楽しさを倍増させてくれていると思います。
 私の注目は2つ。
 一つは絵の構図。りっちゃんのお家を見開き2ページに描いています。左ページに描いてある台所の窓で、りっちゃんのサラダ作りは行われるため、動きは左ページに集中します。
 ところが、アフリカゾウは玄関のドアをあけて頭から入るものの、大きすぎてお家に入らない様子を、右ページに描かれた玄関のドアに巨大なお尻、左ページの窓にスプーンをもって鼻でサラダをかき混ぜている姿を描いています。一軒のうちを固定させた構図は、動きにとぼしいようですが、ぞうの大きさや迫力、そして象を乗せてきた飛行機などこのページでクライマックスを迎える様子が伝わってきます。

 もう一つは、ポリバケツ。表紙の絵では、りっちゃんが玄関前にポリバケツを出しています。その後、次々現れる動物たちとのやりとりの間、ポリバケツは同じ位置にあります。そして象がうちに来たときには見事にバケツは象にひっくり返されているのですが・・その後またポリバケツは玄関前に元通りに置かれています。
 「象は自分で倒したポリバケツを元通りにしたのか???」もしそうならとても律儀な象。

 小学校の国語の教科書にも載っているそうです。でもきっと、絵本で読んだほうがおもしろいだろうなあ。
 

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

 やさいのおなか

2006-07-15

やさいのおなか きうちかつ/作
やさいのおなかやさいのおなか
きうち かつ

福音館書店 1997-01
売り上げランキング : 42616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>野菜の断面が白黒でかかれています。
これなあに?
ページをめくると、カラーの断面図と正解の野菜が。
ねぎ、れんこん、ピーマン、たけのこ、さつまいも、トマト、キャベツ、きゅうり、たまねぎ、にんじん、かぼちゃ・・・最後にすべての野菜が勢ぞろい。
ふしぎなかたち やさいのおなか
 
<初めて読んだ2才5ヶ月のヒメの反応>「れんこん」と「キャベツ」だけは白黒の状態でもわかっていました。しかし、これが野菜の断面図なんだということをあまり楽しめていませんでした。

<おすすめポイント>これなあに?という野菜あてクイズに使えます。ただのクイズでなく、野菜の断面図を白黒でまるで版画のように描くことで、日常よく目にする野菜を違う角度からとらえているところがポイント。想像力をかきたてられ、正解を知ったときに思わず「へえ~」と感心するものもあり、大人も楽しめます。
白黒の断面図の絵のまわりを四角く縁取られているのですが、その色は正解の野菜の色を表し、さりげなくヒントとなっているところにも注目。

<現在3才0ヶ月のヒメの反応>白黒の断面図ですべての野菜を正解することができるようになった今、逆に私に「これなあに?」と質問してきます。わざと間違えると、嬉しそうに「残念!これはトマトで~す」など自慢げに教えてくれます。
ねぎの断面図を「ホットケーキ」といったり、キャベツの芯の部分が「蟹にみえる」といってみたり、玉ねぎの輪切りの断面は「ブタの鼻の穴」と言ったり・・・野菜から離れて、もっと違うものに見える発見を楽しんでいます。

<まつりかの感想>
 なじみのある野菜をこんな風にクローズアップしてみたことがないので、「ねぎ」や「きゅうり」「さつまいも」の白黒断面図を最初見たときはまったく分かりませんでした。きゅうりなんて家紋のように見えますしね。
 この本をきっかけに、私も野菜を切るときにしげしげと断面を見つめるようになりました。ヒメも絵本と比べながら「一緒だね」といって楽しんでいます。
 切り方によって断面図が変わることも見せるととても興味深くみていますし。
 断面のことを「おなか」と表現したところがいいですね。この本にでてこない野菜や果物でも包丁で切るときに「さあ、じゃがいものおなかはどうかな?」なんていいながら楽しめますし。 この絵本は、台所での新たな遊びの提案をしてくれ、子どもが野菜そのものに興味を持つことに貢献している本だと思います。
 

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

 南の島の台風in久米島

2006-07-12

我が家のヒメは先日3才になりました。それを記念して誕生日前日から久米島にはいりました。
JTAの期間便で羽田⇔久米島の直行便が一日一便出ています。
夕方4時半に久米島に到着。
空港をおりると青い空と、熱帯の木々が出迎えてくれます。

3泊4日の旅。
全日快晴に恵まれ、海で、プールで存分に遊んだのですが、4日目の朝。台風3号の影響で海は荒れています。
それでも日差しはでているし、風もそれほど吹いていないので欠航ってことはないだろうなあ~~と呑気に構え、荷物をまとめて空港に向かうと、その場で「すみません、午後は全便欠航が決定しました」と。その瞬間、もう一泊・・宿探ししなければ・・・
どのホテルも民宿も空きはあるのですが、頭をよぎるのは「お金」のこと。一泊追加と食費で、約2万円。
それまでは娘の誕生日旅行だし、せっかく来たんだからと外食し、おいしい料理をたらふく食べていたのですが、台風の中、ホテル街唯一のコンビニに向かい、カップラーメンを買う始末。

我が家は娘にカップめんを食べさせたことがなかったのですが、今回「カップラーメン」のジャンクな味を相当気に入ってしまいました。

8日深夜から9日午前にかけて、久米島は暴風域に入り、凄まじい風が窓にふきつける音で夜ほとんど寝られませんでした。
最大瞬間風速40メートル。
同じく寝られない主人と一緒に、深夜怖いものみたさに外に出てみると、一瞬にして足元を奪われ吹き飛ばされそうになりました。
200607090943000.jpg


自然の猛威を体感し、ぜひこれをブログに書きたい!と携帯で写真をとったまではいいのですが・・・
「わたしったらモブログ設定してないわ」

ホテルのロビーに自由に使うことのできるパソコンが一台おいてあるのですが、台風で外にも出れずやることもないお客さんが、一台のパソコンに群がっているので、1人で独占して長時間使用することもできず、いただいていたコメントにお返事をするのがやっと・・・

結局9日の夕方にようやく久米島を脱することができ、那覇経由で羽田に戻ったのが22時半。
うちに着いたのが深夜12時すぎ。
このままワールドカップの決勝戦でも見ておこうかと思ったのですが、さすがに疲れて寝てしまいました。

というわけで、長らく更新していなかった理由を書き留めた次第でございます。

久米島・・のんびりするにはおすすめです。
ショッピングや観光がしたいって方には、那覇ステイも必要かもしれませんけれどね。

 長新太展ナノヨ

2006-07-03

ちひろ美術館・東京にて開催中の
「ありがとう!チョーさん 長新太展ナノヨ」に行ってきました。

没後一年にあたり、約100点の原画の展示、漫画の初版本など、絵本作家以外に漫画家、グラフィック活動などの視点から人間としての長さんを回顧する企画展となっていました。

『おしゃべりなたまごやき』『ころころにゃーん』『ぼくのくれよん』『キャベツくん』『くもの日記ちょう』『はるですよ、ふくろうおばさん』『ゴムあたまポンたろう』『あわてんぼライオン』『ないた』・・・などの原画がありました。

娘のヒメは『ぼくのくれよん』の原画に大興奮
私も、実際にクレヨンで描かれた原画を凝視し、ぞうの皮膚一つにしても何色も重ね塗りしてグレーの色合いを出している細やかさに感動しました。

最も印象深いのは『おしゃべりなたまごやき』の1959年初版の原画と、1972年に大幅改訂された新版の原画。
現在売られている改訂新版とはあまりに違う旧版の絵のタッチや色合いに驚きます。
03-0035.jpg(旧版)4-8340-0378-7.jpg(改訂新版)
旧版のほうでは輪郭がはっきり書かれ、線も鋭角的ですが、改訂新版は全体的に丸みをおびていて、絵本の中の王様は大きく書かれ存在感をましていました。文章も改訂にあたり随分長くなっているようです。

もともと長氏は漫画家としてスタートしています。後に、堀内誠一氏の勧めで絵本を描くようになり、『おしゃべりなたまごやき』は自身2作目とのこと。こうしてみるとまだ絵本作家として始めたばかりに出された旧版の方は、漫画風なタッチだったといえるかもしれません。

1994年に出された『絵本画家の日記(2)』の原画も展示されていました。
絵本画家の日記〈2〉絵本画家の日記〈2〉
長 新太

BL出版 2003-07
売り上げランキング : 11187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『○月○日
 今日は、酒に酔った編集者にからまれてしまった。以下のごとし。

「チョーさんは、編集者は絵がわからないバカなヤツと思ってる
 でしょ?ええ、ソーデスヨ、ソーデスヨ。
 ゲージツなんて、どうでもいいやい!

 そんな絵本は売れないんだから。

 カワユーイ、アマーイなめたくなるような絵が一番いいのだ!
 そういったセンセイがたの絵本が売れて、もうかっているから、
 チョーさんみたいな人の絵本もわが社から出せるのよ。
 ありがたいと思いなさい。コラッ。
 こちらにいるセンセイ(女の人)は売れる絵を描くセンセイです。
 チョーさん、最敬礼しなさい!」』


床にあたまをつけている人の挿絵に、自筆の↑文章。
ナンセンス絵本の王様といわれ、ユーモア溢れる、自由な発想の作品を世に送り出した長さんですが、本音の部分では、絵本業界に物申す気持ちや、現代の絵本ブームに対する様々な心境をかかえていらしたのかなと推測します。

「えほんのまいにち」の新歌さんの記事にもありましたが、晩年は喉頭がんの闘病生活に苦しまれた長さん。『くもの日記ちょう』は病と向きあいながら描いた絵本で、これまでの派手な色使いと違い、水色と白を基調とした淡い配色で物静かで寂しさが漂ってきました。

「長新太」という言葉を寝言でいってしまうくらい、娘の絵本生活にはかかせない存在。過去の記事(寝言で・・チョウシンタ)をお読みください

未読の作品は多数あり、固執した考えの持ち主である私には、長新太さんワールドを存分に楽しんでいるとはいえないのですが、この回顧展に足を運び、彼の人間像に少しでも触れることができたことで、今後の読み聞かせになにか良い変化があればと自ら期待しています。






theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
06 ≪│2006/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。