スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 いたずらきかんしゃちゅうちゅう

2007-08-22

いたずらきかんしゃちゅうちゅう  バージニア・リーバートン/文・絵 村岡花子/訳
いたずらきかんしゃちゅうちゅういたずらきかんしゃちゅうちゅう
バージニア・リー・バートン むらおか はなこ

福音館書店 1961-08
売り上げランキング : 60387

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
あるところに、ちいさな きかんしゃが ありました。
なまえは ちゅうちゅうと いいました。

 機関士のジム、機関助士のオーリー、車掌のアーチボールドの3人が、ちゅうちゅうの世話をしています。
 客車や貨車をひっぱって、ちゅうちゅうは日々、小さな町から大きな町の駅を往復しています。
 ある日、ちゅうちゅうは、自分ひとりで早く走ってみようと思いました。そうしたら、きっとみんなが自分のことを眺めて、自分だけを眺めてくれるだろうと・・そして、ジムたちが休んでいる間に、ちゅうちゅうは一人で走り出してしまいました。
「みんな しごとを やめて わたしをごらん!しごとをやめて わたしのこえを おきき!」

ところが、ちゅうちゅうのことを町の人たちは、いたずら機関車だといって怒ってしまいます。いきおいよく走り出したちゅうちゅうも、途中の跳ね橋を越える時に、炭水車を川に落としてしまい、しだいに動かなくなり、暗い森に続く、何年も使われていない古い線路の上で停まり、夜を迎えてしまいました。
 ジムたちは、最新式の汽車を停めて乗り込み、ちゅうちゅうを必死に追いかけます。ようやく助けられたちゅうちゅうは、うちにかえる途中こういいます。
「わたしは、もう にげだしたり しません。にげても、あまり おもしろいことは ないんですもの。・・・・・・」
<初めて読んだ2才10ヶ月のヒメの反応>
全く興味をもたず、途中で飽きてしまって最後まで読めませんでした。「これおもしろくない」と一言。
   
<おすすめポイント>
 絵は、見返しにちゅうちゅうの走る風景の全体図がカラーで描かれていますが、本文ページは全てコンテで描かれたモノクロ。機関車のスピード感や蒸気などがダイナミックに描かれています。
 日常から逃げ出して冒険したくなる衝動や、実行してみるもののうまくいかず寂しさを感じてしまう様子、そして最後のちゅうちゅうのセリフには、いろんな感じかたができるでしょう。
 蛇行した線路にみたてて文字が配列されているなど、絵とのバランスを考えられた文章の配置も面白い。 原題は『choo choo』 

<現在4才1ヶ月のヒメの反応>
 購入してから一年ちかくもの間、2,3回しか出番がなく、しかも最後まで読まれることが一度もなかったこの本ですが、この夏休みにSLに乗車したことをきっかけに、大好きな一冊になりました。
 ちゅうちゅうが助けられたときに言う「ぷうっ」というセリフと、ちゅうちゅうの情けなさそうでかつ安堵の表情がお気に入りです。
 
<まつりかの感想>
わたしの故郷山口県には、SLが走っています。3月から11月の土日と、8月のお盆前後には毎日運行しています。(詳しくはSLやまぐち号ホームページをご覧ください)
 わたしはSLに乗るのは生まれてはじめて。もちろんヒメも。そういうわけで、新山口→長門峡間の往復をしてきました。
 新山口駅(旧小郡駅)では、鉄道マニアの方々と、子連れの家族でいっぱい。客車は、展望客車・明治風・大正風・昭和風・欧風の5車両。全席指定ですが、乗客はどの車両も自由に見学できます。
 20070822235445.jpg20070822235426.jpg山を登る直前の駅(仁保駅)では、これからの難所に備えて石炭を補充のためしばらく停車しています。暑い中作業される方には尊敬してしまいます。そして、蒸気を激しく出す機関車は圧巻で、ここは絶好の撮影スポットになっているよう。
 SLやまぐち号はC571号機という車両で、昭和12年に製造され、今年70周年になります。常磐線や東北本線、信越本線で活躍したあと、昭和54年に山口線でSL復活運転し現在に至っています。「じいじがまだ生まれる前から走っているんだって」というと、ヒメも驚いていました。(よろしければこのときの旅行記は、コチラの記事をご覧ください(身内のブログです。よろしくお願いします。(^^ゞ)20070822235344.jpg20070823000235.jpg
そんなこんなで、ヒメはすっかり機関車に夢中。記念にと買った、チョロQと、模型を床にはいつくばって動かしながら、遊んでいます。
 C571号機は「貴婦人」の愛称で親しまれている機関車。ちゅうちゅうも「わたし」と女性人称で語られています。客車を離して、ひとり線路に停まっている「貴婦人」は、ちゅうちゅうのように「わたしをみて!」と言っているかのように、美しくかわいらしい機関車でした。
 
 この本は、乗り物に興味をもつ男の子に支持される本だと思います。興味のないヒメには、この本への取っ掛かりを作ってあげるには、最高のSL体験になりました。

 ちゅうちゅうの最後のセリフ「わたしは、もう にげだしたり しません。にげても、あまり おもしろいことは ないんですもの。・・・・・・」を読むと、ヒメは「もう逃げないんだって」とポツリ。一人で冒険することの期待などをあまり感じられない性格のヒメは、ちゅうちゅうがいつもお世話をしてくれる人の元に戻って、日常の中に幸せに気づいた様子に安堵しているのかもしれません。
 私は、この結末に「もっと冒険してみないと面白いかどうかはわからないんじゃないか」との感想をもちましたが。ヒメが今後どのようにこの結末を感じ取っていくのか、長く読み続けていきたい一冊です。
スポンサーサイト

 残暑お見舞いもうしあげます。

2007-08-17

わたしの実家を発ち、今主人の実家に来ております。

今朝、2階に上がろうと階段を上りながら咳をしたところ、
ぐぎっ!
いたたた
へなへな

ぎっくり腰になってしまいました
まさか、咳をしただけでぎっくり腰になろうとは・・
友人と会う予定をキャンセルして、一日寝たきりになりました。
なんとか椅子に座れるようになったので、パソコンに向かっていますが、年ですね。はい。

60目前の私の母は、毎晩「ビリーズブートキャンプ」をやっていました。応用プログラムにも、問題なくついていっていてびっくり。

先ほど、ぎっくり腰の報告をすると、
「どうぞお大事に。家に帰ったら、ビリーで鍛えてください」と余裕のコメントをいただきました。
了解です。母上。
戴いたDVDと、ビリーバンドで鍛えたいと思います

絵本ブログの更新は・・・・戻ってからということで。
みなさんのところにも遊びにいけなくてごめんなさい。
残暑厳しいですが、みなさんくれぐれも体調に気をつけてくださいね。

 まあちゃんのながいかみ

2007-08-12

まあちゃんのながいかみ   高楼方子/作
まあちゃんのながいかみまあちゃんのながいかみ
高楼 方子

福音館書店 1995-08
売り上げランキング : 57190

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
はあちゃんと みいちゃんは かみのながいのがじまんです。
でも、まあちゃんのかみは みじかい おかっぱです。

背中が隠れるくらいまで髪を伸ばしたいという、はあちゃんとみいちゃん。
まあちゃんは、それを聞いて、自分はもっと伸ばすんだと。
「もっと、ずっとずっとずっとずっと、ずうーっとよ!そのながいことったらね」
橋の上からおさげをたらして魚が釣れる。
牧場の柵の外から、おさげのロープで牛の角にひっかけて引っ張れる。
体を髪でぐるぐる巻きつければ布団になって外に寝れる。
右のおさげと左のおさげを、ぴんと張って木に結べば、家じゅうの洗濯物が干せて、その間に本を10冊読めて、お母さんに「ありがとう」と言われる。

洗うのも髪をとかすのも大変じゃないか、と言われたまあちゃんは・・・・
そんなに長かったら、普段は邪魔じゃないか、と言われたまあちゃんは・・

まあちゃんの話を聞いて、はあちゃんもみいちゃんもうっとり。
「それって たしかに とってもいい。」
まあちゃんのかみ はやく のびるといいね。


<初めて読んだ3才6ヶ月のヒメの反応>
私の読み方が悪かったのか、内容を理解しきれず話のおもしろさよりも、絵とまあちゃんの言葉使いを楽しんでいました。最後のページで3人がお茶をしている絵を見ながら「これがまあちゃん?」と指さすのが違っていたので、拍子ぬけした私は、「違うでしょ、まあちゃんはおかっぱだからこの子」と語気を強めて言ってしまいました(イカンイカン。「だってまあちゃんは髪を伸ばしてたでしょ」というヒメは、これがまあちゃんの空想話だということが一度に理解できなかったようです。
 まあちゃんが読んでいる本が『どろんこハリー』であることに気付いて喜んでいます。
   
<おすすめポイント>
 「まあちゃん」というおませな女の子が繰り広げるユーモラスな想像のお話。少女たちの、少し背伸びした会話や、つっこまれてもつっこまれても、次々アイデアを出していき、最後には友達を大きくうなずかせるまあちゃんの発想力と、説得力が楽しい。
 空想の場面はカラーで、少女たちが現実に会話をしている場面は、モノクロで描かれています。やわらかな色彩と、のびやかな線、細かいところまで楽しめる絵です。
 
<現在4才1ヶ月のヒメの反応>
 「あんたたち」「おっもしろいもんよ」などの、まあちゃんの使う言葉を真似して爆笑しています。どの空想も気に入っていますが、とくに川で髪をゆすぐところと、パーマをかけた髪を森にするというのがお気に入りです。最近は数を数えるのが好きなので、「本を10冊」「妹が10人」などの文章があると、ちゃんとあるかどうか確認して数えています。
 
<まつりかの感想>
入園を機に、背中まであった髪をばっさりボブにしたヒメですが、だいぶ伸びてきたのでまた切ろうかと思っていたところ、「だめ!伸ばすんだから」と言われてしまいました。
 髪を指にからめてみたり、ゴムで纏めようとしていたり(できませんが)、ピンをこれでもかとさして「ほらかわいいでしょ」と言ってみたり、「今日はこことここをこのゴムで結んで」と指示してきたり、お友達の「○○ちゃんみたいにしてほしい」など・・・ヒメも髪型を気にするおしゃまな女の子になってきました。

「もし○○ならどうする?」ということに、自分の中でイメージを膨らませ、それを口にして周りの反応を楽しむ様子も、今のヒメにぴったり。本人も、主人公のまあちゃんの空想力・発想力に共感するところも多いようで、この本を好んで読んでいます。

 3人の少女たちがそれぞれに飲み物をもってきて、オープンテラスでお茶をしながら会話を楽しんでいるという設定も面白い。「髪」という女の子ならではの話題、他愛もない話がどんどん膨らんでいく様子も、「女」ならではの行動に思わず笑えます。
 まあちゃんが、椅子の上に立ち上がったり、大きな身振り手振りで話したり、最後のシーンで、まあちゃんだけがコースターに空のグラスをのせていないところなどにも、彼女の性格があらわされています。きっとクラスでもリーダー的存在なんだろうな、人気者なんだろうな、でも大雑把な性格で負けず嫌いなんだろうな・・・なんてことも伺えます。
 そして、私はこう思う・・まあちゃんは、きっと髪は伸ばさないんだろうなあと  

 めっきらもっきらどおんどおん

2007-08-08

めっきらもっきらどおんどん  長谷川摂子/作 ふりやなな/画
めっきらもっきらどおんどんめっきらもっきらどおんどん
長谷川 摂子 ふりや なな

福音館書店 1990-04
売り上げランキング : 3519

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
 かんたは遊ぶ友達を探していた。遠くの神社まで来たのに誰もいない。しゃくだからめちゃくちゃな歌を大声で歌った
 ちんぷく まんぷく
 あっぺらこの きんぴらこ
 じょんがら ぴこたこ
 めっきらもっきら どおんどん

すると、奇妙な声が大木の根元の穴の奥から聞こえてきた。頭を入れると、その瞬間穴に吸い込まれて・・夜の山に。
遠くから丸太に乗って飛んできた3人のばけもの。
もんもんびゃっこ・しっかかもっかか・おたからまんちん
3人とも、かんたと遊びたくて仕方がない。
じゃんけんをして、勝った順に遊ぶ。そして、今度は4人一緒に遊ぶ。おなかがすくと、おもちのなる木を見つけて食べる。おなかがいっぱいになって眠った3人のお化けたちの横で、かんたは次第に心細くなってきた。我慢ができずに
「お・か・あ・・・・」
3人のお化けは、その先を言ってはならないと慌てて口をおさえにかかったけど間に合わず
「おかあさーん」と、かんたの声とともに日の光が差し込み、気がつくと、かんたは元の場所に立っていた。
「かんちゃーん、ごはんよー」と、お母さんの声。
あれから何度も神社に行ったけど、あの声は聞こえない。歌も忘れてしまって思い出せない。
-きみなら おもいだせるかな?

<初めて読んだ3才11ヶ月のヒメの反応>
「これ読もうか」と差し出すと、ヒメは表紙をみてすぐに「嫌だ!」というくらいこのおどろおどろしい雰囲気の絵を嫌がっていました。 3人の化け物が見開きいっぱいに登場する場面に本気で驚いていました。
   
<おすすめポイント>長谷川摂子氏と降矢なな氏のコンビ作品
降矢氏の迫力のある絵が、ストーリーのおもしろさをより引き立て、ぐいぐいと最後まで読み進めさせてくれます。闇を深い藍色で描いているところも印象的。
「めっきらもっきらどおんどん」という不思議な歌をうたうと、穴にすいこまれて異空間に。そこで出会うユニークな化け物たちと、少年「かんた」が存分に遊びながらもふと家を恋しく思うところなど、『かいじゅうたちのいるところ』にも似ています。
 「行って帰る」の典型的な形の、冒険ファンタジー
 
<現在4才0ヶ月のヒメの反応>
 相変わらず苦手な一冊。そのわりにはふとしたときに「ちんぷくまんぷく・・」と口ずさみ、「ねえ『じょんがら』って何?」と答えにくい質問をしてきます。
 絵本の最後にある、「めっきらもっきらどおんどん」のフレーズを「きみは思い出せるかな?」という言葉に「覚えてるよ~」といって調子よく歌っています。
 私が「これを歌えたら、もんもんびゃっこたちに会えるかもね」と言うと、「嫌だ。じゃあもう歌わない」と・・

<まつりかの感想>
ヒメにはいくつか苦手な絵本があります。鬼や狼、お化けが出てくるものはとくに。しかし、この本に登場する化け物たちはとても滑稽で、お話もおさまりのいい安心して聞ける内容なのに。
 また、ヒメは主人公が一人暮らしだったり、一人きりで旅に出たりという設定のものを読むときには「この子のお母さんはどこ?お父さんは?」と尋ねてくるくらい、不安でたまらないようなのです。
  だから、この絵本のように、突然見知らぬ世界に吸い込まれてしまうなんていうお話は、ヒメにとってはドキドキどころではなく、ありえない世界なのでしょう。
 ヒメはこういう絵本を読むときは必ず私に体を寄せてきたり、ひざの上で聞きたがります。ワクワクしながら読めるようになるには、しばらくヒメの心の成長を待たねばならないかもしれません。

 ただ、ある意味ヒメ自身にとっても印象的な本であることには間違いありません。「怖いもの見たさ」から、読むのが嫌だというわりには、「ちんぷくまんぷく・・」と口ずさんでいるし。
 現実に戻った「かんた」が部屋で歌を思い出している場面には、ビー玉ふろしきなわとびが描かれています。これらは3人の化け物と一緒に遊んだ物。それを見つけたヒメは「あっ、持って帰っている!」と笑っていました。

 これは夏の日の話。何だか妖気を感じる場所というのが私の小さいころにもありました。この本を読むとその場所を思い出します。蒸し暑さと妖気・・ぜひ夏によんでもらいたい一冊です。
 

 徒然に・・・「おいでませ。山口へ」

2007-08-05

前回に続いて、徒然記を・・
200708051102000.jpg
私とヒメは、実家に帰ってきました。
夏に帰省するのは二年ぶり。
わたしの実家は、山口県です。
高校生まで過ごしたこの町。
気づけば、私の人生、この町を出てからの方が長くなっています。

昔は、この町の繁華街も夏休みになればたくさんの人でにぎわっていたのに。郊外に大型ショッピングセンターができて、駅前の繁華街や商店街はさびれ、開かずのシャッター街も多く見受けられます。
都会に出て行ったまま戻ってこない人も多いのです。
働く場所や、戻ってきたくなる魅力が少なくなりつつあるのでしょうか。
実家に戻ってくるたびに、都市と地方との格差の大きさを、痛感するのです。

実は・・過日の参院選で、歴史的大敗をきしてしまった自民党総裁安倍晋三氏のお膝元は、この山口県。
伊藤博文以来、歴代8人の総理大臣を輩出していることが、県民の誇りだったりするんです。
安倍さんがんばれ
県民愛からどうしてもこう思ってしまいます。
世論はそうもいかないのかもしれませんが。

200708051129000.jpg10日ばかりここで過ごす予定です。
今住んでいる神奈川県では感じられない、山の色、海の香り、セミの鳴き声、土のにおい・・田舎ならではの自然のいろいろを感じられればいいな。(早速ヒメは、庭の木に止まっているセミに夢中になっています)



 徒然に・・「子どもと本を読む時間」

2007-08-01

久しぶりに絵本を離れて・・・ちょいと、ぼやかせてください。
最近ブログの更新が滞りがち。
なぜなぜ??
やらなければならない用事も多いし、暑さにやられてなんとなーくしんどくて、やる気がおこらないし。

でもね、一番の理由は・・・
絵本を読む量が減ってきているからなんです。

4 月からヒメが幼稚園に行くようになり、昼間の時間がない上に、寝る前の絵本タイムには、それまで4,5冊は読んでいたのに、毎日相当疲れているのか、1冊読み終わるか読み終わらないかで、眠りにつくことしばしば。
 そういえば昔いわれたことがあったなあ「幼稚園に入ると絵本を読む時間がなくなるよ」それをまさに実感しているところです。

夏休みに入って2週目に突入しました。
そして、あっというまに8月に入りました。
あと一ヶ月。
今週末から、私とヒメは、実家に帰省します。
今まで読めなかった分、ゆったりとした中で、絵本を読む時間が持てればいいな~と思っているところ。

 ヒメは幼稚園で先生に読んでもらったという、
『999ひきのきょうだい』『あらまっ!』『どうぞのいす』「これすっごいおもしろいんだよ。お母さんも読んだらいいよ」と紹介してくれます
 幼稚園で読んでもらっている本を、以外にも覚えているもんなんだと感心しています。(うちの幼稚園では、どんな絵本を読んだかの報告もないので、子どもの記憶だけが頼りなんです)
999ひきのきょうだい999ひきのきょうだい
木村 研 村上 康成

チャイルド本社 2005-05
売り上げランキング : 738353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あらまっ!あらまっ!
ケイト ラム Kate Lum Adrian Johnson

小学館 2004-05
売り上げランキング : 19786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
どうぞのいす (大きな大きな絵本)どうぞのいす (大きな大きな絵本)
香山 美子

チャイルド本社 2005-06
売り上げランキング : 329466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 子どもが出会う絵本やお話には、必ず声がついてきます。
それが親の声だったり、先生の声だったり・・その耳からの記憶と、読んでもらっているときの情景や、抱っこされながら読んでもらう感覚など、そこには、一人で黙読するのとは大きな違いがあります。
 ヒメが上の3冊を私に「おもしろいよ」と教えてくれたのも、それを読んでくれた先生の声や、一緒に聞いているクラスのお友達の反応など、読み聞かせてもらっている空間そのものを楽しいと感じられたからなんでしょう。
 
 たとえば、しばらく時間が経って1冊の絵本を手にしたときに、「これ見たことあるな」という記憶だけでなく、そこによみがえる声や匂いや温かさや情景がその絵本から湧き出るように感じられるという体験を、ヒメも私も共有できたらいいなと思っています。

 なかなか更新もできませんが、ぼちぼちいきたいと思っていますのでよろしくお願いします。




プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
07 ≪│2007/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。