スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 かわ

2008-08-29

かわ    加古里子/作・絵 
 4-8340-0067-2.jpg

<どんな絵本?>
たかい やまに つもった ゆきが とけて ながれます。
やまに ふった あめも ながれます。
みんな あつまってきて、ちいさい ながれを つくります。

山間の谷をくだり、平野を流れ、やがて海に流れ出していく。
川の一生を、俯瞰して描いた科学絵本。

<初めて読んだ4才10ヶ月のヒメの反応>
「きっとあまり好きではないだろうな」と勝手な思い込みで読みすすめたところ、予想に反して、食い入るように見つめて指でなぞって・・絵を探して・・最終場面の真っ青な海が描かれているページでは、「えっ?川って海になるの?」と、驚いていました。
  
<おすすめポイント>
 東京大学工学部を卒業、工学博士でもある加古氏が、「こどものとも」編集者だった松居直氏に出会ったのをきっかけに絵本作家となり、この作品も、松居氏が加古氏を見込んで、直接依頼し完成したとのこと。
 上流から下流へと流れる川と、周囲の風景、動植物、人間の生活を同時に描くことで、川の移り行きを表現しています。
 横長の版型をうまく利用し、左から右へとページを運ぶ、連続性のある絵が魅力。
 加古氏ならではの、細かい絵による絵探しの楽しみは、低年齢からも十分対応してくれます。
 表表紙、裏表紙を広げると、一枚の地図になっています。等高線や地図記号がわかる小学校中学年頃には周辺流域の様子を、表紙からも楽しめると思います。

<現在5才1ヶ月のヒメの反応>
 夏休み、田舎で川遊びをしたヒメ。そしてこちらに戻ってきてから、川原でバーベキューをした多摩川。それぞれの川は、流れも石の大きさも全く違うということを、この絵本で再認識したみたいです。
 
<まつりかの感想>
 水道の蛇口をひねれば出てくる水。これはもともと川の水なのだということや、水で電気を起こしたり、川が材木を運搬する役目をしていることや、川が曲がりくねったところに沼ができること、川で洗濯したり馬を洗ったりと人間の生活にとっての川ということなど、ヒメはこの絵本で「川」について初めて知ることがたくさんあったようです。
 川を断片的にとらえた、説明口調のものではなく、川が人とどう関わっているのかということに視点をおいてあるため、文章も絵も穏やかで、科学=難しい、ややこしい・・という抵抗が全くなく読み進めることができます。  
 157_convert_20080830023538.jpg
 銀座教文館にて、夏休み期間中(7月26日~8月24日)に「原画展 かこさとしの世界」が開催されていまして、最終日、駆け込みで、・・ヒメと出かけてきました。(その様子は、次回記事にしたいと思います。)
 どれも馴染みのある11作品の原画の展示に加え、科学絵本を大型パネルにしたり、ちょっとした実験ができる遊びのコーナーもありました。そこには、加古さんへの寄せ書きのスケッチブックが置いてあり、自由にメッセージや絵を描くことができますし、加古作品を自由にとって読めるスペースもありました。
 そこに、『かわ』の全ページを、蒔絵のように、一枚に連ねたものがありました。この絵本を読んだ時に思う、「全ての絵をつなげて見てみたい」というのが見事に叶ったわけですが、こうやってみると、川の一生を、とてもドラマティックに感じられましたよ。
スポンサーサイト

 山脇百合子絵本原画展

2008-08-22

20日間もの長い間、帰省しておりましたが・・ようやく我が家に戻ってきました。

戻ってきて早々、浦和に行く用事があり、それならば是非に行っておかねばならないものが!!というわけでコチラ
DSCF2954.jpg
ぐりとぐらとなかまたち 山脇百合子絵本原画展
23タイトル、320点の原画や資料が展示されています。
『ぐりとぐら』シリーズの原画はすべて見られますし、その他、『そらいろのたね』『あひるのバーバちゃん』『もりのへなそうる』『いやいやえん』『どこでおひるねしようかな』『おひさまおねがいチチンプイ』などなど、もりだくさん。
細やかな筆使いや、水彩絵の具のみずみずしい色づかい、インクの滲みを消した修正液の跡もじっくりみることができますよ。
それになんといっても、未使用原画が見られる!
『ぐりとぐら』で、卵の殻を車にしますけど、おそらくこの前段階の絵でしょうか、ぐりとぐらが、殻をかぶっている絵があるんですよ。しかも、この卵の殻には、薄くクリーム色が塗られています。絵本だと真白になっているんですけれど。

展示作品も、5才のヒメ目線でも十分見ることができる高さに並べられ、中学生以下無料というのも気が効いています。

絵本がゆっくりみられるスペースもあり、親が原画を見ている間、子どもたちが絵本を読んでいるという光景も多くみられました。
また、ぐりとぐらのかるたの展示は、とてもユニーク。読み札がプラスチックの箱に入っていて、壁には絵札が、あいうえお順に並べてあります。箱から一枚ひいて、絵札を探す・・・ヒメは、3回チャレンジ。「め」と「く」と「や」をひいて、一生懸命探していました。

このほか、展覧会関連イベントとして、さいたま市立図書館の職員による絵本の読み聞かせも会期中毎週水曜と金曜にあるようですし、会場の外のギャラリーの部屋には、粘土を使ってのワークショップが無料で楽しめるスペースがあり小学生たちでにぎわっていました。

DSCF2950.jpgしかし、私たちには40分しか滞在可能時間がないため、原画をみるのが精いっぱいだったのです。
工作大好きなヒメが、「粘土やりたいよ~」と半泣きになっているのを振り切って、ロビーにある記念写真コーナーで写真を撮ろうと、ぐりとぐらの帽子をかぶらせたものの、ワークショップに参加できないことへの不満のため、相当むくれた顔で写っています。
帽子も、青と赤とそれぞれ大小置いてありましたから、きっと大人もかぶって写真をとっていいのよね~。でも「写真撮ってくれますか」と誰かに頼む勇気が出なかったわ。今になって後悔。だって、ぐりとぐらは、童心に戻らせてくれる愛らしいキャラですものね。

会期2008年7月5日(土)~8月31日(日)
会場うらわ美術館  さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3F
問合せ先:TEL 048-827-3215 http://www.uam.urawa.saitama.jp/news.htm
休館日:月曜日
入館料:一般500円(400円)、大高生300円(240円)、中学生以下は無料
※( )内は20名様以上の団体料金

過去に記事にした、「ぐりとぐら」や、山脇百合子さんにかかわるものをあげてみますね。よろしければぜひ、ご覧くださいませ。
こどものとも絵本の世界展(2006年5月)
『そらいろのたね』(2006年5月)
『ぐりとぐら』(2006年6月)
絵本のキャラをハンドメイド(2006年10月)→ぐりとぐらの人形を作っています
『あひるのバーバちゃん』(2007年5月)

 関西入りしてます

2008-08-18

先週土曜日から、夫の実家におります。
はい、今度は神戸です。

ヒメが生まれて一歳半までは、神戸に住んでいました。
DSCF2947.jpg
「甲南山手」という駅です。
ところが、夫の実家とこの駅とは少々遠いため、なかなか立ち寄ることもなかったのですが、
今回、数年ぶりに降り立ちました。
ヒメの赤ちゃん時代の友達とも、一年に一回会っているのですが、いつも三ノ宮か元町で会うため、地元の駅周辺で会うと、ますます当時の思い出がよみがえって話しも一段と盛り上がります。
それにしても、みんな大きくなっていたなあ。。。
残念ながら、ヒメは義父母に預けて出てきたので、お友達には私一人で会ったんですが、
やはりヒメにも会わせてやればよかったかなあ。
4年ぶりに訪れたこの駅。ベビーカーに乗せてよく利用したものです。たった一年ちょっとしかいなかったけど、思い出いっぱいの駅。
なんだか感慨深くなって、思わず。当時はエレベーターもなかったんですが、とても綺麗な駅になっていました。相変わらずこじんまりした駅でしたけど。

「甲南山手」を大阪方面に一駅いけば「芦屋」。
ここには、所属していますNPO法人「絵本で子育て」センターの事務局があります。
私が神戸に住んでいたときには、存在こそ知ってはいたけれど、ヒメが小さすぎて養成講座を受講できなかったのです。
来年こそは受講しよう!と思った矢先に、東京転勤。
縁がなかったんだなあとあきらめていたところに、東京でも養成講座が開講されることを知り、今現在に至るわけです。

年2回も関西入りしながらも、今回はじめて事務局を訪れました。
昔よく通っていた道。ここに事務局があったなんて。
もし、今も神戸にいたら、事務局までは自転車でチリリン♪の距離だったんだなあって。

理事長、代表、塩田さん。いつもありがとうございます。
この事務所から温かい励ましを送ってくださっていたんですね。これからもよろしくお願いします。
そして・・来月また東京でお会いできるのを楽しみにしていますね!

今、芦屋・東京・福岡の3会場で、第5期絵本講師・養成講座を行っています。
第6期の募集もあると思いますので、またこのブログ上でもご案内させていただきます。
絵本講師や、絵本講座についてお知りになりたい方は、こちらをクリックlink01.gif
してみてくださいね~

 ヒメのお花体験

2008-08-13

相変わらず、実家におります。
私は、この街で高校生まで過ごしましたが、大学も就職も戻ってくることはありませんでした。
そのまま結婚し、気がつけば、外に出てからの人生の方が長くなってしまいました。

つまり、地元の友人とはすっかり疎遠になっているのです。
数人の仲の良い友達には、子供がまだいなかったり、かたやもう中学生になっていたりと、ヒメと遊んでくれる子がいない。

海・プール・川・公園・・せめて子供の声のする場所へと出かけてはいるんですけどね。
人口も少ないわりに、どこに行っても知人に偶然出会うということもなく、
かわいそうなことに、ヒメはこの2週間の間、ず~っと身内以外とかかわらずに過ごしています。

私の妹は、地元でプリザーブドフラワーの教室を開いています。
オーダーメイドでブーケを作ったり、ネットショップも開いています。
不器用な姉とは大違いで、昔から細やかな作業を得意としている彼女。

それならば、私が苦手とする領域は、妹にお願いしちゃいましょう。
てなわけで、ヒメは妹宅にお邪魔して、プリザーブドフラワー製作の体験をすることに。

DSCF2844.jpg麻をハート型にしたリースに、ポンポンダリアのプリザーブドフラワーに、小花とイチゴの模造やキラキラの星型を準備してもらい、ヒメはそれを、ちょいちょいと並べ・・・
ヒメの指示に従って、わたしがグルーガンを使って接着。
妹がリボンを結んでくれて・・
こうして、出来上がった作品はこちらなかなか、上手でしょ~。
もっとよーく見てもいいよ!って方は、妹のブログ記事(prier diary)をご覧くださいませ
こちらには、ヒメの3歳のときの作品もアップされています。


また、そんなお花とかかわりのある妹を連れだし、山口県柳井市というところにある「やまぐちフラワーランド」に行ってみました。こちらでは、押し花体験ができました。
コースターや、ランチョンマット、ストラップなどが作れるのですが、ヒメはコースターとストラップ作りに挑戦。BLOG2914.jpg

20種類近くある押し花から、自分の好きなものを選んで作っていくのですが、ヒメはリカチャンパンジーをメインに置いて、周りを小花であしらっていました。
迷うことなく花を選び、配置して、10分足らずで完成させたヒメに対し、私も妹も一枚のコースターを仕上げるのに20分近くかかってしまいました。

「うまく仕上げたい」という欲がないのでしょう、発想も豊かでのびのびした作品をつくるのが子ども。
このしなやかさを、いつまでも持ち続けてほしいなと思いました。
「6歳になったら、また作るからね!」と妹に宣言していたヒメですが、さてどんな作風に変化するのか楽しみです。それまでブログが続いていればぜひアップしたいと思いますが。

では、ここでちょいと柳井市のご紹介を。
柳井市は白壁の町として有名なんです。(柳井商工観光課ホームページをごらんください)
室町時代からの町わりが残っており、江戸の商家の家並みが約200メートル続いています。
毎年8月13日に「金魚ちょうちん祭り」というのが行われ、軒先には金魚がつるされているんです。
DSCF2897.jpg地元では夏の風物詩。とはいえ、私もはじめてこの町なみを訪れたのですが、とても落ち着く素敵なところでしたよ。
残念ながら13日のお祭りにはいけませんが、大きな「金魚ねぶた」の練り歩きが圧巻なのだそう。ぜひ来年帰省の折には参加してみたいなと思っているところです。

みなさまもぜひ一度、「おいでませ山口へ」

 はしれ!チビ電

2008-08-06

はしれ!チビ電      もろはしせいこう/作
はしれ!チビ電 (絵本・ちいさななかまたち)はしれ!チビ電 (絵本・ちいさななかまたち)
もろはし せいこう

童心社 1997-05
売り上げランキング : 270003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
夏休み後半、ユウキとサトシとカズは、公園でごろごろしていた。
そこにユウキの弟モトキが、ゴミ捨て場から台車を拾ってきた。
「それで でんしゃを つくろうよ。ダンボールばこ つかってさ。」
「いいね、やろう やろう」

台車に段ボールをガムテープでつけていると、ダイちゃんと、タクヤ、マイちゃんもやってきた。
パンタグラフや、バンパー、懐中電灯をはめこむ穴、窓、ドアを作り、色を塗って・・・。
「このでんしゃに なまえつけようぜ」
「ちいさいでんしゃだから チビ電がいいよ」
「いいね それ」

ようやく完成したところに、おやつのスイカを持ってきた、ユウキのお母さんから、サトシが夏休み明けには転校することを聞いたみんなは、言葉につまった。
「ぼくも てんこう したくないけど、しょうがないよ」と、サトシはうつむいた。
スイカを食べて少し元気がでたみんなは、このチビ電でガードをくぐって遊ぼうと考える。
車体をひっぱる人、押す人、中に乗る人。
みんなの注目の的。
そして、ガードにつくと、
「どきどきするよな」「じゃ いくぞ」「それー」ガタガタガタガタ・・ゴオオオオン・・・ガラガラガラ・・・
ガードの下り坂を一気に下る。みんな、日が暮れるまで町中を走り回った。
「なあ、サトシ、てんこうしても おれたちのことわすれるなよ」
「うん」
「あーいつまでも、こうして ずーっと ずーっと あそんでいたいよなー」

ユウキの家につくと、お父さんがカメラで写真をとってくれた。

<初めて読んだ3才10ヶ月のヒメの反応>
ガードをチビ電で下る場面にさしかかると、体を揺すりながら興奮が伝わってきます。ガラガラ・・・という音とともに走り抜けている絵に、「すごい、おもしろそう!」と満面の笑みで、聞いています。
  
<おすすめポイント>
考えられた構図と、臨場感のある絵、子供たちの生き生きとした表情と、会話が物語を最後までぐいぐいひっぱっていきます。廃材が、子供たちのアイデアと工夫により、楽しい遊びになっていく過程は、読むものをわくわくさせ、またそれを見守る大人たちの姿が絵にしっかり描きこまれているところも、物語に温かみが伝わっています。
 
<現在5才0ヶ月のヒメの反応>
最初に読んだ時と同じく、ガード坂を下る場面には、相変わらず手に汗握る興奮があるようで、ページをめくる前からにやにやしています。
チビ電制作作業に、子供たちの言葉がゴシック体で小さく書かれているところをじっくり読んでほしいといい、「この子が、これを考えたのか~」「この子は何にもしないでふざけてるね~」など、絵を隅々まで見て楽しんでいます。

<まつりかの感想>
 このお話は、公園でゴロゴロしているユウキとカズとサトシの場面から始まります。
「ねえ、 ユウキくん なにかして あそぼうよ」と、また サトシがいった。
「うーん・・」ぼくもカズも きのないへんじ。

 サトシは、この時転校することを明かしていません。ただ、もうすぐお別れすることになる友達と何かして遊びたいと思っていたのでしょう。モトキが偶然拾ってきた台車を使って、チビ電を作り、町中を走り回るという、楽しい思い出ができたわけです。
 「おれたちのこと わすれるなよ」「うん」 
と、夕暮れをバックにチビ電を走らせる子どもたちの姿には、サトシと他のみんなの距離がぐっと縮まり、絆が強くなっている様子があらわれています。
 きっと大人になっても、記憶に残っているんだろうなという、かけがえのない思い出になったに違いありません。
  
 この本には、子供たち自らが考え、それを温かく見守る大人がいます。「こうしたら、ああしたら」という指示をするのではなく、子供の意思に任せているのです。
 一人っ子で5歳のヒメに、私はどうしても、手をとり足をとり。じっくり眺めて待ってあげるということが苦手ないのですぅぅぅ。
 だからこそ、ヒメは、この本がとてもお気に入りなのかもしれません。大人の手を借りずに友達同士で楽しんでいる世界、いつか自分もやってみたいなという憧れの世界がここにはあるから。
 
 絵に出てくる、車のナンバーは「長岡」。気になって調べてみますと、作者は新潟県長岡市柏町にある千蔵院の副住職さんなのだそうです。本業は、絵描きですが、お寺のこども祭りのイベントとしてはじめた、超大型紙芝居の制作を主になさっていて、絵本はこれが処女作にあたるそうです。ここに出てくる「あさひまちガード」「南町公園」「柏町」なども実際にあるそうで。長岡市民のみなさんには、たまらない一冊でしょうね。  

 帰省中です~暑中お見舞い申し上げます。

2008-08-03

暑中お見舞いもうしあげます

8月1日から、帰省しています。
私の実家は、山口県です。

残念ながら、町は、年々寂れているようで、商店街もシャッター街となり、国道沿いの大型店も閉鎖されているところも目立ちます。
一家に一台、いや、一人一台という車社会なのに、ガソリンは都会と同じく185円。
競争があまりないためか、日用品の価格もそれほど値引きされておらず、物価も高め。
地方での生活は、けして楽ではありません。

というわけで、一年ぶりの実家暮らしです。

両親も、ヒメの成長に目を細めて喜んでいます。
「大きくなったね」「そんなこともできるようになったの?すごいねえ。」
と、口を開けばこればっかり。
そりゃそうか。
だって、一年会ってないんですものね。

BLOG2818.jpgBLOG2819.jpg
ヒメは、昔から父ととっても仲良し。紙飛行機を作って、二人でどちらがよく飛ぶか競争。
庭では、一緒にセミ捕り。セミの抜け殻も、庭木にたくさんぶら下がっています。

母とは、じゃぶじゃぶ川遊び&魚捕りBLOG2820.jpg

BLOG2821.jpgBLOG2822.jpg
妹夫婦のうちでは、バーベキュー&花火大会観賞。
妹の家のお庭に座ると、目の前の空に大輪の花火が打ちあがります。
昔実家にいた今年13歳になるワンコも、今は、妹夫婦のうちにお引越しし。
こちらとも、一年ぶりに対面です。
でも、ヒメに対してはやきもちを妬いて、時々「ワン!」と威嚇してきますが。

16日まではわたしの実家に、その後主人の実家の神戸に移動します。
そういうわけで、しばらくは、実家のPCからお届けするブログとなります。

みなさまも、お体をご自愛くださいませ。
そして、楽しい夏休みをお過ごしくださいね
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
07 ≪│2008/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。