スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「進める荒井良二のいろいろ展」

2009-03-30

少し前のことになりますが・・・
19日(木)に、世田谷文学館で行われている企画展
「進める荒井良二のいろいろ展」に行ってきました。

荒井良二ワールドいっぱい。
過去から現在、未来に通じる自身の想いと活動の幅の広さを、断片的ではあるけれどトータルでみてもらいたいという思いが伝わってくる内容でした。
雑誌『Hanako』や、『Olive』のカットを、かつて手掛けておられたというのは知っていましたが、実物をみるのは初めて。当時から、荒井氏独特のカラフルな色づかいと、瀟洒なデザインが見られ、女性ターゲットの雑誌に起用されたというのに納得です。
絵本でも、多くの大人の女性に人気がある理由がよくわかります。

会場には、『えほんのこども』『ルフランルフラン』『きょうというひ』『たいようオルガン』の原画をはじめ、旅先でスケッチしたノートや、自身のアトリエに置いてある私物もろもろ、壁一面の油絵や、会場上方角に設置された飾り棚、「ポストに投函する練習をしています」と謎のメッセージがあちこちに書き込まれた手作りのポスト(ここで10分くらいヒメは遊んでいました)、小屋の中から壁に映し出される映像を眺めるという「ひとり展望小屋」などなど・・
他にも、2005年にアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞したときの、スウェーデンでの授賞式の映像が会場に流れていて、自作の曲をギターで弾き語りをして喜びを伝えるという多才さも披露されていました。

会場入り口には「ようこそぼくの展覧会へ」というタイトルで書かれた、ご本人筆跡によるメッセージがありました。
印象的な言葉を引用させていただくと・・037_convert_20090331011330.jpg
「子どもを子ども扱いしすぎた絵や絵本はぼくにはとうてい無理で、だいいち、その子どもたちに失礼だろ?と思っているからだ。」
「ぼくは絵本を描いたり作ったりするプロにはなりたくない。シロウト目線の人でいたい。きっと。ずっと。」
「絵本も描いている荒井良二を見てもらう展示内容で、イラストレーションや個展作品、これから荒井良二はどんなものを見せてくれるんだろ?的な作品群で構成されている」

ご本人は、荒井良二=絵本作家と呼ばれることに、少しもどかしさがあるのでしょうか。
とはいえ、絵本で名誉ある賞をたくさん受賞なさっておられるために、やはり肩書は絵本作家であることに間違いはないと思います。

実は私は、今まで荒井氏の作品に魅力は感じるものの、子どもにはどうなのかな?という疑問がありました。
おととしNHKで放送された「プロフェッショナル」で、荒井氏が『えほんのこども』を作り出す様子を見て、その後出版され、書店で平積みされているこの本を手に取り、何度も立ち読みをしていたけれど、あまりピンとくるものがなくて。
ところがこの展覧会に行ったことで、かなり私の印象も変化しました。
それは、上記のメッセージを読んで彼の想いを納得した上で、作品を見たからかもしれません。
書きたいものを書けばいい、想像したことを自由に表現すればいい・・・それがとてもよく伝わってきて。一ページの中に、たくさんのものが描きこんであるのは、あふれんばかりの想いを詰め込んでいるっていうことなのでしょう。平面に描く2次元の世界だけど、そこを飛び出ていきそうなくらいの想いが絵に描かれています。それは、見るものの創造性に訴えかけ、真っ向から勝負されているような気さえしてきます。

今までいろんな原画展にヒメと一緒に出かけていますが、エリック・カール展と同じくらい、作品に対しての反応がよかったと思います。
「自分にもできそう、やってみたい」と感じさせるものに、関心を寄せたのでしょうか。
ヒメは、原画を見ながら、「なんでこんな鉛筆の線がぐちゃぐちゃになったままなの?下書きをなんで消さないのかな?」とか、「これなんか下手だね。わたしの方がうまくかけるよ」とか、「これはすごいかわいい。今度まねして描いてみよう」などと。(失礼なことを
この日購入した『えほんのこども』
えほんのこども (講談社の創作絵本)えほんのこども (講談社の創作絵本)
荒井 良二

講談社 2008-11-26
売り上げランキング : 62806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カバー表紙の電車が手に持っている赤い絵本の絵がありますが、カバーを取ると、この赤い絵本が実際の表紙と裏表紙になっています。まるで絵本のこどもが生まれてきて、こちらに語りかけてくれるかのように。
えほんのこども エホン ゴトン 
えほんのこども エホン ゴトン
えほんでんしゃ はしりまーす

ヒメはこのフレーズがお気に入り。そして、ページの隅々まで見て絵を楽しんでいます。
「これはね、指に絵具をつけてぐいぐいって描いていたよ・・」など、会場で流れていた「プロフェッショナル」の映像を覚えていて、工程を見て、原画を見て、製本されたものを見た時にそれが一つにつながって、一ページ一ページをとても大切に感じているのかもしれません。

内容は・・小さな絵本が世界に散らばって・・、海の子どもに、山の子どもに、お話を届けます。
これからも子どもにいろんなお話を届けていくから、楽しみに待っていてねといっているかのように、キラキラとした黄色の美しいページで終わります。
奥付などの情報もすべて自筆で、印刷文字は全くありません。立案から装丁までトータルで氏の意見が反映された、渾身の一作。
ブログパーツ
スポンサーサイト

 締切間近~「第6期 絵本講師・養成講座」

2009-03-22

過去に何度かお知らせしていますが、
私が所属していますNPO法人「絵本で子育て」センター主催の
絵本講師・養成講座、次年度募集の締め切りが今月末となりました。
全国3会場(芦屋・福岡・東京)で開催予定。
芦屋会場は3月15日をもってすでに締切らせてもらっていますが、
福岡と東京会場は、3月31日に受講申込書必着となっています。

この講座は、
子育てをするにあたり、いかに絵本の読み聞かせが必要かを学び、それを語り伝えることができる人材」を育成するための講座です。受講者はここで、絵本と子育てに関する知識を深め、実際に自分で絵本講座や講演を開くための実践的なノウハウ(考え方・技術)を学ぶことになります。
(講座案内パンフレットより引用)

【募集要項】
対象:絵本で子育てをする活動の普及、読書推進に興味のある方
    2009年4月1日に年齢が満18歳以上の方
受講期間:≪福岡≫5/2(土), 7/11(土),9/12(土),11/14(土),1/23(土),3/13(土)
       ≪東京≫5/16(土),7/25(土),9/26(土),11/28(土),1/30(土),3/20(土)
受講費用:68000円(税込)
申込方法:所定の受講申込書に必要事項を記入の上「絵本で子育て」センター事務局までご郵送ください。申込書は、HPから印刷していただけます「絵本で子育て」センターHP

3月21日は、東京会場の第5期修了式でした。
みなさん晴れやかなお顔で修了書を受け取り、この一年間で学び合う仲間ができ、親交を深められている様子。
ここで学んだことを、これから地域に還元していってくださることと思います。
絵本ブログをやっていると、読み聞かせをするのは当たり前のような気がしますけれど、面倒くさいから、時間がないから、どうせ興味をもってくれないから・・ということで、読み聞かせはNGというママ・パパも多いのが現実。
でも、そんなママやパパにお話させてもらうことで、「じゃあ、帰りに絵本を買って帰ろうかな」「今日から読んでみようかな」って言ってもらえることも。
絵本を読んでよかったな~っていうのは、ヒメより私が一番感じていること。
絵本のおかげで、子育ては随分楽になっている気がしますから。
だから、ぜひママやパパ自身の声で子どもに読み聞かせてもらいたい、たかが絵本されど絵本。
絵本をよんでもらった記憶、その陽だまりのようなぬくもりは、子どもの成長過程で幾度かぶつかる困難なときにきっと大きな力になってくれると信じています。

さて、第5期養成講座の最終回は、修了式のあとに梅田俊作先生の講演でした。
残念ながら、私は途中で帰らねばならなかったため、お話をうかがうことができませんでしたが、今年はご夫婦でお見えになられました。
テキストは奥様の佳子さんが、絵は俊作さんがおかきになっておられる夫婦共作も多いのですが、
その中から、以下の本の販売がありました。
あめあめあれれ (きらきらえほん)あめあめあれれ (きらきらえほん)
梅田 俊作

童心社 2003-05
売り上げランキング : 902615

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
漁火 海の学校漁火 海の学校
梅田 俊作

ポプラ社 2006-03
売り上げランキング : 970127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

画像がないのですが・・他には、
よーいどんけついっとうしょう
わたしがこぶただったころ
ふれふれなんだあめこんなあめ
がまんだがまんだうんちっち

ラヴ・ユー・フォーエバーラヴ・ユー・フォーエバー
乃木 りか

岩崎書店 1997-09-30
売り上げランキング : 16244

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑いわずとしれたこの本は、訳者が乃木りかさん、絵が梅田俊作さんです。

というわけで、絵本講師に関心のある方はぜひ一度HPをのぞいてみてくださいね
NPO法人「絵本で子育て」センター 
0797-38-7516 holp@holpforum.com

tag : 絵本講師

 絵本のイベントいろいろ

2009-03-17

これから開催される、絵本に関連したイベントを書き連ねてみたいと思います。
自分の、記録のためにも・・・

アンパンマンとやなせたかし展
3月19日(木)~3月29日(日)
日本橋三越新館7階ギャラリー
詳しくはコチラ

出版文化産業振興財団(JPIC)「子どもの本まつりinとうきょう」
3月20日(金・祝)~22日(日)
ゲートシティ大崎 
詳細はコチラ

まどさん100歳展~ぼくがボクでよかったな~
3月28日(土)~5月6日(水)
銀座教文館9階 ウェンライトホール
詳細はコチラ
わたしは、まどさんと同郷なんです。地元の動物園前にある石碑に刻まれた「ぞうさん」の詩や、図書館に常設してある、まどさんコーナーなどには、実家に帰ると必ず立ち寄ります。しかも現在お住いの市も同じで(沿線は違いますが)。勝手に、御縁を感じていて・・だから、この展覧会を去年から首を長くして待っています。

絵本の魔術師エリック・カール展4月3日(金)~5月6日(水)
そごう美術館(そごう横浜店)
詳しくはコチラ

動物の奇才・薮内正幸の世界展
4月4日(土)~5月24日(日)
武蔵野市立吉祥寺美術館 企画展示室(伊勢丹新館7階)
詳細はコチラ

トーベ・ヤンソンの原画と立体模型を公開 ムーミン展
4月29日(水・祝)~5月18日(月) 
大丸東京店
詳しくはコチラ

それから、絵本と直接関係はないですが、
舟越桂新作版画展
4月18日(土)~4月26日(日)
Bunkamura Gallery 
詳しくはコチラ
代官山のヒルサイドテラスで行われているヒルサイドセミナーで、
すえもりブックス代表、末盛千枝子さんのお話をうかがいました。
この回のテーマは「勇気と好奇心~絵本の主人公と語る」
そこで、たびたび登場した末盛さんの弟である、舟越桂氏のお名前。
以来、とても気になる存在になっているのですが、新作の版画展があるそうです。

そうそう、まどみちおさんとすえもりブックスといえば、
美智子皇后が英訳された詩集絵本『THE ANIMALS どうぶつたち』(すえもりブックス)は、装丁の美しさもあり、大好きです。
どうぶつたちどうぶつたち
まど みちお

すえもりブックス 1992-09
売り上げランキング : 81284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログパーツ

 ハグタイム

2009-03-10

ハグタイム  パトリック・マクドネル/作  覚和歌子/訳
ハグタイムハグタイム
Patrick McDonnell 覚 和歌子

あすなろ書房 2008-09
売り上げランキング : 21314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
むかし ジュールという こねこがいました
ジュールは せかいをまるごと だきしめたいと おもっていました
「それで せかいが よくなるわけ?」ドージイがたずねました。
ジュールのこころは あいでいっぱい
ちからづよく うん、とうなずいたので ドージイは ジュールにセーターをきせました
たびに おくりだしてやるために


ジュールは、ハグしそこねなることがないように「ハグめいぼ」を作りました。
蝶や公園にいる小鳥たちもハグし、翌朝には船にのって海をわたり、その間にクジラにもハグして・・
アフリカ大陸に着き、地面にキスして・・ゾウ、カバ、バオバブの木・・
次にインド、そしてとうとう北極までやってきて・・そこでジュールは、一人ぼっちだということに気が付きます。
その時声をかけられた白熊に「ハグいたしましょうか」と言われ、うれしくなるのです。

せかいは とてつもなく 大きいね
だけど とっても小さいよね
さあ こんどは ぼくたちが だきしめるばん
それが ぼくたちみんなに できること
きみの いちばんちかくにいるひとから はじめよう
ハグタイム!


<おすすめポイント>
ジュールは、ドージイという女の子と一緒に住んでいる子猫。
表紙にあるように大きなハートをギュッと抱きしめているジュールの姿と、裏表紙のハートの中に地球が書かれている絵が、この物語の結論なのでしょう。
ジュールの一途な思い溢れる行動を、一つ一つ丁寧な言葉によって、抱きしめることも抱きしめられることもうれしいっていうことを、しんみりと感じられます。
ただ、最後のくだり「さあ こんどはぼくたちがだきしめるばん それがぼくたちみんなにできること・・・・・」が、ジュールの言葉でもドージィの言葉でもなく、作者からのメッセージになっています。絵とも連動していなくて、誰の誰に向けての言葉なのかということに、幼い子どもに読み聞かせると少し戸惑いを感じるかもしれません。

<現在5才7ヶ月のヒメの反応>
最初は、ジュールとドージイの関係性がよく理解できなかったようで、一人で旅に出ていくのを見送るドージイのことをひどい!と思っていたみたいだけど、最後にドージィのところに戻ってくる場面にほっとしています。ただ、この場面につけられている言葉が、絵と合っていないので(上記・・「おすすめポイント」にも書いたように)、ヒメは??読後が落ち着かない様子。

<まつりかの感想>
パトリック・マクドネルといえば『おくりものはナンニモナイ』
おくりものはナンニモナイおくりものはナンニモナイ
Patrick McDonnell 谷川 俊太郎

あすなろ書房 2005-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初めてこの本を手にしたのは何年か前のクリスマス。贈りものには、物そのものでなく、そこに込められる心が大切なんだということに気づかされた本。この主人公である、アールとムーチが、この『ハグタイム』にも、ジュールの親友として登場しています。

ジュールがハグの旅に出て求めていたものは、愛。たくさんのものを抱きしめることで満たされると思っていた愛は、ふと一人になったときに出会った白熊に「ハグ、いたしましょうか」と言われて気づく。抱きしめられることがこんなに嬉しいっていうことに。
そこで、ジュールはまっしぐらにドージィのもとに帰り、抱きしめ、抱きしめられる。

ヒメは毎朝「ねえ、抱っこ~」と言って起き上がります。
5才にもなっていい加減「おはよう!」とさわやかに目覚めてくれないものかと不満な私。
でも、できるだけその抱っこに応えてあげようと思っています。
なぜなら、よくよく考えると、この朝の抱っこ以外、ヒメを抱っこすることって一日のうちでほとんどないし、抱っこってしてあげているだけでなく、自分も抱きしめられてるっていうこと。
近い将来、「抱っこ~」なんて甘えてもこなくなるんだろうなって思うと・・・

甘えるのはカッコ悪いってかんじる年頃の子どもに読んであげて、そっとハグしてあげるのもいいかもしれません。

訳者の覚和歌子さんは、「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」の作詞のほか、平原綾香さんやSMAPなどにも詩を提供している作詞家であり、詩人です。
先日、ある子ども塾主催で、覚さんと作曲家の丸尾めぐみさんを招いて「親子で作詞してみよう」というイベントが開催され、ヒメと作詞に挑戦してきました。
「これがわたしのすきなもの」というタイトルで、曲も先についています。
曲にのせて詩をつけていくのですが・・・・
どの子も、自分の好きなものをつらつら並べ、親がそれを並び変えたり言葉をもじったりして、最後はピアノ演奏に合わせて各親子が歌うという。
子どもの口から出てくる言葉をのせていくだけで歌になるんだという面白い体験をしました。

そこで、覚さんは、ご自身の詩集からいくつかの詩を朗読してくださいました。
詩を読んでもらうっていうこと、耳からきく言葉を頭で想像することがとても心地よかったです。
その詩集はこちら
海のような大人になる―覚和歌子詩集 (詩の風景)海のような大人になる―覚和歌子詩集 (詩の風景)
覚 和歌子

理論社 2007-04
売り上げランキング : 21102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここには、「崖の上のポニョ」の挿入歌「海のおかあさん」の原案となった「さかな」という詩も含まれています。
詩って、書いていないなあ。
小学生のころ、そっとノートにしたためていたんだけど。
あれってどこにいったのだろう?・・・

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 くっついた

2009-03-06

くっついた   三浦太郎/作
くっついたくっついた
三浦 太郎

こぐま社 2005-08
売り上げランキング : 2083

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
きんぎょさんと きんぎょさんが 
くっついた
あひるさんと あひるさんが
くっついた
ぞうさんと ぞうさんが
くっついた
・・・・・・

そして最後は、わたしもくっつく。さて、誰と?

<初めて読んだ3才2ヶ月のヒメの反応>
当時、新しい赤ちゃん絵本の定番に!と、評判になっていました。
すぐに覚えて、まだ文字も読めなかったけれど、ページをめくって楽しんでいました。
読んでいる途中で私がそばから離れると、「だめ!、最後までお母さんがいなきゃ」といって、一緒にくっついたをさせられました。

<おすすめポイント>
シンプルな画面に、ふたつの物体が・・ページをめくると、ちょうど折り目のところでぴたっとくっつく。
「○○と○○が   くっついた」の繰り返しが楽しい。表紙のように、「おかあさん」と「こども」が、くっつくまでは予想できるのですが、「おとうさんも くっついた」のラストの、嬉しい意外性も。
読みながら本と同じように親子で触れあいを楽しめる、赤ちゃん絵本。

<現在5才7ヶ月のヒメの反応>
「読んであげるね」といって私に読み聞かせてくれます。それでも、昔と同じように「くっついた」のところで、いちいち体を寄せてきて・・絵本タイムには、夫は不在が多いので「おとうさんはいないけどね~」でオチがついて終わります。

<まつりかの感想>
0才~2才とママにむけての読み聞かせのときには、よくこの本を持って出かけます。
先日も、ふれあい遊びを楽しめる絵本ということで紹介しました。
我が家がこの本と出会ったときは、ヒメは3歳でしたから、絵本の絵を見て文章を耳できいて、くっついたの意味も承知の上で、実際にくっつき遊びをするのを楽しめましたが、0歳児には???
この本を読み聞かせで使うときには、子どもの反応以上に、ママたちの反応を見るのが楽しみなんです。
わが子を抱っこしながら、1オクターブくらい高い声で「くっついた」って言いながらスキンシップをとっているママ、恥ずかしそうに控え目に子どもとほっぺをくっつけるママ、子どもを抱っこしていながらも黙って絵本に目をむけているママ・・・
本当に様々です。ママのタイプによって、やっぱり子どものこの本に対する反応も全然違うなって感じます。
赤ちゃんに絵本を読むときは、耳にはたらきかけるだけでなく体全体を使って、赤ちゃんの五感に訴えるような楽しみ方ができればいいんでしょうね。

ヒメも最近は、お友達の前では私に体を寄せてくることがほとんどなくなりました。
人前で甘えるのは恥ずかしい、赤ちゃんみたい・・・っていう意識なのでしょうか?それ以上にお友達と関わっていることが楽しくて、私の膝に座る暇もないのかもしれませんが。
だからこそ、寝る前の読み聞かせは、自然に体をくっつけられる貴重な時間になっています。

作者の三浦太郎氏は、この本が日本でのデビュー作。(その前に、スイスとイタリアとで2冊の絵本を出版されています。)
0歳のお嬢さんに何気なく「くっついた」と言いながら、ほっぺをくっつけたところ、それに反応して笑ったのがきっかけで、この本が作られたそうです。実体験を通して作られているだけに、赤ちゃんとどう関わっていけばいいかというヒントになる絵本といえると思います。

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
02 ≪│2009/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。