スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あかちゃんのゆりかご

2010-10-24

あかちゃんのゆりかご  レベッカ・ボンド/作  さくまゆみこ/訳
あかちゃんのゆりかご (世界の絵本)あかちゃんのゆりかご (世界の絵本)
レベッカ ボンド Rebecca Bond

偕成社 2002-01
売り上げランキング : 96806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
あかちゃんが うまれてくると わかったとき、
かぞくはみんなでおおよろこびしました。


あかちゃんのために、おとうさんはゆりかごを何日もかけて作り、できあがったゆりかごに入って揺れながら眠りました。
翌朝、おじいちゃんは、そのゆりかごに白いペンキを塗り、動物の絵を描き、ゆりかごに入って揺れながら眠りました。
おばあちゃんは、ベッドカバーを作りました。はぎれを縫い合わせてできあがったカバーをかけて、ゆりかごに入って揺れながら眠りました。
おにいちゃんがゆりかごを見て、モビールを作ってあげようと思います。赤ちゃんと早く遊びたいなと思いながら工作をし、できあがったモビールをゆりかごにつけると、ゆりかごに入り揺れながら眠りました。
お母さんはゆりかごを眺め、窓のそばに持って行き、
「もうこれで、いつあかちゃんがうまれてきても、だいじょうぶ」と。
そして、とうとうあかちゃんが生まれ、泣いている赤ちゃんをゆりかごに入れると、みんなに見守られながらあかちゃんはすやすや眠りました。

<はじめて読んだ5才4ヶ月のヒメの反応>
何度も読んで!とリピートする本でした。ゆりかごに手を加えていく家族の様子を、ドア越しにのぞいているお母さんや、お父さんがピアノを弾いているのや、飼い犬が必ずゆりかごのそばに居るのを見つけて「ほら、ここにもいるよ」と絵探しを面白がっていました。

<おすすめポイント>
赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしながら、1人1人がそれぞれに思いを重ね、作り上げていくゆりかごに、家族のあたたかさがこめられています。
ゆりかごを置いてある部屋は同じなのに、場面によって、違う角度から描かれているのも面白い。
あかちゃんは すっかりあんしんして、すやすやと ねむりました。という最後の一行に描かれている絵は、天井から見下ろしている構図。ゆりかご作りの過程をそばで見ていた黒い犬が、赤ちゃんの寝ているゆりかごの足元で丸まっていて、窓のむこうには、雪が降っている。幸せにつつまれた静寂を感じながら本を閉じると、裏表紙にはおにいちゃんが赤ちゃんを抱っこしていて黒い犬が寄り添っている絵があり、読後に温かな余韻を感じます。

<現在7才3ヶ月のヒメの反応>
赤ちゃんがうまれてくるとわかって、家族が喜んでいる場面がお気に入り。よく見ると、お母さんがおじいさんと腕を組み、おばあさんが野菜を横抱きにして赤ちゃんをあやすようにしてい飛び跳ねています。
家族一人一人が作業を終えるたびに、ゆりかごに入り、あかちゃんみたいにすやすや眠るというのも、絵をみながら「ああいいゆりかごだなあって思ってるんだろうね。大人が乗っても壊れないのがすごい」と言って面白がっています。

<まつりかの感想>
ヒメが生まれるときも、家族がみな温かな気持ちで待ち焦がれていたのだということを、思い出させてくれる絵本です。「あなたは大切なかけがえのない存在なんだよ」ということを、読み聞かせることで真摯につたえられる絵本の力も感じています。
このお話のゆりかごのように、家族の思いを形に残せるというのも素敵です。我が家はなにもなかったなあ~と、いまさらながらに残念。

この絵本は、マタニティの方にもおすすめです。実は、マタニティ向けの絵本を、と探していたときに手にしたのがきっかけ。
というのも、私は、4年前にママ友とつくったグループで、市民館と協働で市民学級を開いていて、去年と今年は、第一子を妊娠中のプレママ&プレパパ対象にしています。
ちなみに、最初の2年は、乳幼児を子育て中のママ向けに、絵本の話が中心でした。(最初の年のみ、学級について記載。過去ログはブログ左の「カテゴリー」欄にある「ぶっくぱる」をクリック)。
今年度のテーマは、「自分らしい出産や育児を考えよう」。その学級が、いよいよ来週から始まります。
赤ちゃんとの生活を楽しみにしながらも不安もある妊娠期。
しかし、生まれてくる赤ちゃんにとっては、この絵本のように家族に温かく迎えてもらうことがなによりの幸せ。今は、子育てならず、「孤育て」なんていわれ、産前産後の鬱も多いといわれています。子育てを前向きにスタートできるように、地域に生き生きと子育てをしているママが増え、子どもの虐待などがなくなる社会になればとの願いをこめて。市民の微々たる力ですが問題提起し、学級を運営していきます。
こんな土壇場になってまだ悩むこと多々あり・・・。毎週土曜開催で11月半ばに終了。無事に終わったときに、また報告させていただきます。
ブログパーツ 
スポンサーサイト

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 「よい夫」って??

2010-10-16

11月22日は「いい夫婦の日」なんですよね。
先日、車の中でFMを聴いていたら、「よい夫全国統一模試実施中」なんていうではありませんか。
ちょっと気になったので、HPを見てみました。
プラチナが輝きを失わないという意味から、永遠の感謝の気持ちを刻んでプラチナジュエリーを贈ろうという「サンクスデイプラチナ」というキャンペーンが行われているようで、そこのHPのスペシャルコンテンツとして、この検定があるというわけで。

しかし、こんなのがあるよ~って夫に言いだすのも勇気がいる。
「で、何が言いたい?」って突っ込まれそうな気がするし。

だから、仕方なく私が夫の立場になってやってみましたが、なかなか面白い。
問題の中にもプラチナを贈ろうっていうコンセプト満載で・・・。あわよくば、本当にプレゼントしてもらえるか?でも、そのおかねはどこから出るのか?家計から?嬉しいけど、生活への不安も・・。

よい夫全国統一模試」のほかに、「よい夫検定」「よい夫ドリル」なんていうのもあります。
よかったら、ご主人にやってもらってみてください。
私も機会をみてやってもらおう。

 不惑の年~プチ同窓会~

2010-10-12

こちらのブログで、日常のことをアップすることはほとんどなかったのですが、今日はちょっと気分のいいことがあったので、趣向をかえて。

京都にある某女子大を卒業後、就職、結婚、転勤などで、流れ流れ、ただ今神奈川県にとどまっております。
年に一度、その女子大時代の友人が娘ちゃんの小学校の秋休みにからめて、東京に遊びに来てくれます。
そして、今年もその時期が。今日は、嬉しい召集がかかりました。
一回生のときのクラスメイトで関東在住者5人と、関西から来てくれた友人&娘ちゃんとで、渋谷に集結。
渋谷のど真ん中のオーガニックレストランで、関西弁を炸裂させての爆笑3時間。

2度目の成人式を迎えたおばちゃんパワー。怖いもの知らず

人生も折り返し地点か?なんて話も出ながらも、気持ちだけははじめて出会った18歳のときのまま?
20年近くたっても薄れぬ昔のネタを持ち出したり、同級生の「あの人は今?」情報を交換しあったり、自分たちの子どもや家族の話をしてみたり。

そして、「40は不惑なんやで~」という言葉を発した友人。孔子様のお言葉だね。
子曰、吾十有五而志於学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而従心所欲、不踰矩
そう、40になって迷うことがなく確信がもてるようになった気がする。心機一転再スタートできそう・・なんていう友人の言葉に耳を傾けて、非常に有意義な時間を過ごせました。

いろんな意味で刺激を受けて、久しぶりにすがすがしい気分になれたような。
親元を離れて一人で暮らしていく覚悟をした不安と期待でいっぱいだったあの時期にタイムスリップ。
みんなそれぞれにいろんな人生を歩んでいるけれど、初々しかったあの頃、そう、バブルの終わりかけのあの頃。時代はずいぶん変わってしまったし、これからも順風満帆な人生ではないかもしれないけれど、あの時代の友人と今もこうやって会えることに感謝感謝

はて、私にもあと数か月で40の扉を開くときがやってくる。
これまでは、足りないなにかを求めて生きてきたけれど、今あることを磨いて生きていくのもいいかな。
『ぼくを探しに』 シルヴァスタイン/作 倉橋由美子/訳
は、「足りないかけら」を求めて探していく話。  
新装 ぼくを探しに新装 ぼくを探しに
シェル・シルヴァスタイン Shel Silverstein

講談社 1979-04-12
売り上げランキング : 119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そして、続編の『ビッグ・オーとの出会い』 シルヴァスタイン/作 倉橋由美子/訳は、かけらが自力で転がろうと立ち上がり、丸くなって転がっていく。2冊を読み比べてみると、今のわたしの心境には続編のほうがしっくりくるのかな。「40にして惑わず」・・・昔の40は、今の50?それ以上?なんてことも考えられる。まだまだ私には、迷いがたくさんあるけれど、自分のかけらを転がしながら、いろんな出会いをして自分を高めていけたらいいな。
続ぼくを探しに  ビッグ・オーとの出会い続ぼくを探しに  ビッグ・オーとの出会い
シェル・シルヴァスタイン 倉橋 由美子

講談社 1982-07-01
売り上げランキング : 313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログパーツ 

 ぼくだけのこと

2010-10-08

ぼくだけのこと  森絵都/文 スギヤマカナヨ/絵
ぼくだけのことぼくだけのこと
森 絵都 スギヤマ カナヨ

理論社 2003-06
売り上げランキング : 121204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
きょうだいでぼくだけがえくぼができる。家族で、ぼくだけが蚊にさされる、なかよしのお友達の中でぼくだけ逆立ち歩きができる。

あさ、まちのむこうから たいようが のぼって、
よる、まちのむこうに しずんでいく。
ぼくは めを あけて、
あさごはんを たべて、はを みがいて、
いろいろして、
ゆうごはんを たべて、
はを みがいて、めを とじて、ねる。
そのあいだに、きょうも みつけよう。
ぼくだけの こと。

<はじめて読んだ3才6ヶ月のヒメの反応>
ヒメがこのころにプレゼントでいただいた本です。主人公のぼくと同じことがないかを探していました。ヒメには、えくぼがない、でも蚊にはよくさされる、さかだちはできない、芸能人のサインもない・・・「朝礼で倒れる」の意味がよくわからなかったりと難しかったけれど、細かく描かれた絵を見て楽しんでいました。

<おすすめポイント>
が、家族の中で、クラスの中で・・と、自分だけのことを紹介していく。蚊に刺されやすかったり、逆立ちで歩けたり、貧血で倒れたり・・うれしいぼくだけのこと、悲しいぼくだけのこと・・。幼い読み手にも、「こんなことなら、私も自分だけのことをみつけられそう」と思わせてくれる。自分を見つめ、ちょっと自分を好きになれそうな、自分探しをしてみようというメッセージが、ほどよい加減で投げかけています。
世界にはいろんな国の人がいる・・というページに描かれた細かい絵を、じっくり止まってみると面白い。
話し手が替わるので、それを絵に吹き出しをつけていることでわかりやすくしてあるのだけれど、今どの立場で語られているのかというのを理解するのに、ある程度の子どもの年齢と、理解力があってこそ楽しめるかも。

<現在7才3ヶ月のヒメの反応>
自分とは何か?みんなの中でわたしの立場は?というものを考えるようになれたのでしょう、この本の面白さがわかってきたようです。家族の中で、友達の中で、クラスの中で、学校の中で、近所の中で・・どんどん枠が広がる中で主人公の「ようた」がぼくだけのことを見つけていけているのを感心しているよう。
そして、世界中を探せば似たような子がいるかも?というページでは、「(ヒメと)似たような子はどこの国にいるかなあ?」と想像して楽しんでいます。

<まつりかの感想>
わたしだけのことって、どんなものがあるのかしら?と、私自身考えてみました。
自分自身のswot分析ってところでしょうか。しかし、弱点ばかりが目について、「自分だけ●●できない」「●●が足りない」ということばかりが浮かぶのです。
その点、ヒメは違う。全てがポジティブ。自身にあふれている。
大きな声で、わたしはこれがすごい!こんなことができる!と言える。なんの遠慮もた謙遜もなしに・・
小学校高学年になればなるほど、「自分のことをだめだと思う」と自尊感情が低い子どもの率が高くなっていくそうです。
子どもが、自尊心を持てるようになるためには、身近な信頼できる人が、ありのままを受け入れて、励ましてやることなのでしょうね。

今日は終業式でした。(2学期制なので・・)
今は「通知表」って言葉を使わないんですかね。事前にあった懇談会では担任から評価についてこんなお達しがありました。
「十分達成している・おおむね達成している・努力が必要であると3項目がそれぞれの科目にありますが、どの子にもおおむね達成しているのところに○を入れています。ですから、うちの子はテストで100点取っているのに、どうして中ぐらいの評価なのかというのではなく、みんながそうであるということをご理解ください。」とのこと。
実際に全ての項目において「おおむね達成している」に○をつけられていましたが。
これを見たヒメは、自分ではがんばったと思っていたのでしょうか、中程度の評価を下されたと思い、「くやしい!次はがんばる!」なんて言っていましたけど。
日々の生活を意欲的にとらえているのは素敵なこと。そのなかから、「わたしだけのこと」を見つけて自分を好きでいてほしいものです。
ブログパーツ 

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 9月にヒメと読んだ本(7才2か月)

2010-10-04

7才2か月のヒメと読んだ本を記します。
私の読み聞かせ現場に持っていく絵本の下読みにつき合わせることが多いのです。
赤ちゃん、乳児向け絵本が多いので、本人は読みたくないのに付き合わされている感もあるような・・ごめんよ~。
とくに今月は読み聞かせの場で、乗り物絵本特集をしていたのですが、ヒメが小さいときにもあまり手にしなかったようなジャンルだけに、私はかなり新鮮に読めました。

『まかせとけ』   (三浦太郎/作)
『おたすけこびと』 (なかがわちひろ/文 コヨセジュンジ/絵)
『のろまなローラー』(小出正吾/文 山本忠敬/絵)
『せんろはつづく』 (竹下文子/文 鈴木まもる/絵)
『しゅっぱつしんこう』(山本忠敬/作)
『でんしゃはうたう』 (三宮真由子/文 みねおみつ/絵)
『マドレンカ』    (ピーター・シス/作 松田素子/訳)
『石はしっている』  (ローマ・ガンズ/作 神鳥統夫/訳)
『ハグしてぎゅ!』  (ナンシー・カールソン/作 なかがわちひろ/訳)
『こうえんで~4つのお話』(アンソニー・ブラウン/作 久山太市/訳)
『のはらうたわっはっは』     (くどうなおことのはらみんな)
『ぜったいわけてあげないからね』(かとうまふみ/作)
『つきよのぼうけん』 (エインゲルダ・アーディゾーニ/作 なかがわちひろ/訳)
『ぼうし』      (瀬川康雄/作)
『うみのおふろやさん』(とよたかずひこ/作)
『こちょこちょももんちゃん』(とよたかずひこ/作)
『いやいやえん』  (中川 李枝子/文 大村百合子/絵)
『せかいのひとびと』 (ピーター・スピア/作 松川真弓/訳)
『さよならエルマおばあさん』(大塚敦子/文・写真)
『エルマーとりゅう』 (ルーススタイル・ガネット/作 わたなべしげお/訳)
『旅するベッド』   (ジョン・バーニンガム/作 長田弘/訳)
『おしいれのぼうけん』(田畑精一/文 古田足日/絵)
『はちうえはぼくにまかせて』(ジーン・ジオン/文 もりひさし/訳)
『としょかんライオン』(ミシェル・ヌードセン/作 福本友美子/訳)
『おじさんのかさ』  (佐野洋子/作)
『ともだち』     (谷川俊太郎/文 和田誠/絵)
『はじめてであうすうがく1』(安野光雅/作)
 
中でも気に入って繰り返し読んだのは、
『こうえんで~4つのお話』
こうえんで…4つのお話 (児童図書館・絵本の部屋)こうえんで…4つのお話 (児童図書館・絵本の部屋)
アンソニー ブラウン Anthony Browne

評論社 2001-06
売り上げランキング : 155624

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そして、数年越しでヒメの中でのお気に入り『いやいやえん』
いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)
中川 李枝子 子どもの本研究会

福音館書店 1962-12-25
売り上げランキング : 5186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『エルマーのぼうけん』を昔読んだときには面白みを感じられなかったのか、そのまま本棚にしまわれたままでしたが、なにがあったのか急に読みたくなったらしく、「・・ぼうけん」を読んだあと、それに続く『エルマーとりゅう』を読んでいます。
エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ)
ルース・スタイルス・ガネット ルース・クリスマン・ガネット

福音館書店 1964-08-15
売り上げランキング : 12655

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログパーツ 

 先行世代が伝え損なった家族の姿

2010-10-02

 NPO法人「絵本で子育て」センター主催の、「絵本講師・養成講座」の第7期が芦屋と東京の2会場で開催されています。先日、東京会場でも第3編が終わり、いよいよ今期も折り返し。
2か月に一度ここに来ることで、リセットして、また頑張っていけるような気がしています。

 今年4月に「絵本のちから・絵本の可能性」という当センター藤井勇市代表の講演をまとめた本が出版されていますので、遅ればせながらご紹介を。
『先行世代が伝え損なった家族の姿』 藤井勇市/著
高度経済成長期に農村社会から産業社会に移行していった時代に、家族だけでなく、地域共同体が崩壊し始め、便利さを得た反面、喪失したものが数多くあるといいます。
子どもを社会化させるべく、時間・空間・仲間という3つの「間」に加え、手間=手塩をかけて育てるということが失われ、そこに情報化社会が容赦なく流れ込み、子どもたちの育ちに歪みがでてきたのではないかということです。
先行世代に育てられた私のような今の親は、これから育っていく子どもたちの土壌はもっと荒れている中にあるんだよということに目を向けなさいよ、ということなのでしょう。
現代の事情を憂いて非難しているわけではなく、先行世代が無知なままに子育て支援の手を緩めたり、放棄したりしていることに不満を持ち、今の親たちの世代に教えてこなかった責任を自ら問いかける度量をもたねばならないという考えのもとに書かれています。
絵本とのかかわり方も、親子だけでなく図書ボランティアの姿勢についても問題を提起されていて、読みながら「ううっ!」と刺さる部分もありながらも、いやはや、ごもっとも、と言わざるを得ないことが多くて。(図書ボランティアをやりながら感じているモヤモヤはこれだったんだな~って思うことが明確になりスッキリ!)
読んでみたいなあと思われたかたは、コチラにご連絡を
NPO法人「絵本で子育て」センター
〒659-0067 芦屋市茶屋之町2-21-405
TEL0797-38-7516 FAX0797-38-7939

毎日新聞にも紹介されました関連インターネット記事

絵本講師・養成講座を修了して5年。
今、私は地域の支援センターにスタッフとして関わっています。
自分の子どもだけでなく、地域の子どもにも目を向けよう、ともに育ちあうっていうことを考えたいなと思っています。
親元が遠い、一人っ子でいとこもいないヒメ・・・そういう環境だからこそ余計に地域で子育てをしていくことに賛成したい気もちが生まれます。
絵本を読んであげようよ、テレビに子守をさせないほうがいいよ・・・こんなの余計なお世話かもしれないけど、昔はおせっかいおじさんおばさんがいっぱいいたもの。おしつけるわけではないけれど、そんなおせっかいを言う人も必要じゃないかと思っています。
とはいえ、核となる家庭は・・・?死語となった「企業戦士」はまだ我が家に居りますからねえ・・・夫も夫なりに私やヒメとのコミュニケーションをとる時間を生み出す努力をしながら、我が家なりの家族の姿を模索しています。ブログパーツ 


プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2010/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。