スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ものぐさトミー

2011-06-22

ものぐさトミー  ペーン・デュボア/文・絵  松岡享子/訳  
ものぐさトミー (岩波の子どもの本)ものぐさトミー (岩波の子どもの本)
ウィリアム・ペーン デュボア

岩波書店 1977-06-24
売り上げランキング : 142960

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
トミー・ナマケンボは、電気仕掛けで動く家に住んでいます。
朝起きると、ベッドは自動的に天井まで持ち上がり、ぐっと傾いて、トミーを下に落とすと、寝巻から抜けて、風呂桶の中へ。
風呂桶には、電気水かきまわし機がついていて、なにもしなくても体を洗ってくれて、終わると下の乾燥室へ。
ベルトで体を支えながら、かわくまでじっと立っていると、やがて、電気歯磨き機が作動し、歯磨きをしてくれて、電気ぐしと電気ブラシが、髪の毛をとかしてくれます。
次に、自動着替え装置に行くと、下へ下へと滑り落ちながら、パンツ、ズボン、くつした、靴の中へ順々にはまりこんでいき、移動台にのって、食堂まで横滑り。行く途中に上半身に上着が落ちてくる仕掛けに。
食堂では、電気食事機が、音楽を流し、ごはんを食べさせてくれます。
食べ終わると、自動で口をふいてくれます。その頃には、トミーはぐったり。
午後は、体を支えていたベルトからはい出して、ぞっとするほど長い階段を昇り、日が沈んで夜になることには、ベッドに辿り着くのです。

ところが、ある夜、嵐で電柱が倒れ、トミーの家は停電してしまいます。
トミーは、四日四晩眠り続け、5日目の朝、おなかがすいて目が覚めます。
しかし、体をゆすっても作動しないベッドをなんとかするのもくたびれるので、さらに二日眠ります。
その間に、トミーの家にも、電気がまた流れるようになりました。
ベッドは傾き、風呂桶にとびこむけれど、7日前からの水だったから氷のように冷たい水。
あわてて風呂桶から飛び出すと、おけが傾き、頭から乾燥室へまっさかさま。
自動歯磨き機は、トミーの足の裏をこすり、くすぐったくてたまらない。
まっさかさまの状態で服を着て、食堂まで。
足の裏には、7日分の食べ物が一気におちてくる。
やがて、電気がとまり、トミーは床一面に積もった朝ごはんのまっただ中で、しばらく身動きせず。
そして、大きな声でこういいます。
「いったいどうしてまた、こんなめちゃくちゃなことになっちゃったんだろう?」
「よし、いまからすっかりこころをいれかえて、ぼくのくらしにあたらしいページをひらくんだ。
さもないと、ほんとに もう おしまいだ。」


<はじめて読んだ5才9ヶ月のヒメの反応>
電気ブラシが足の指をわけてごしごし・・・「ああ、もうおしまいだ」「このままさかさになって、わらいじにするのか。」の、トミーの言葉にヒメも抱腹絶倒。
しかし、足の裏いっぱいに、たまごやベーコンがのっている絵のあたりから、トミーを気の毒に思うのか、ラストの言葉には、あまり反応をしめさず。

<おすすめポイント>
前半は、機械に頼りきりの、あきれるくらい怠惰な生活っぷりを丁寧に描写されています。
停電の7日間を境に、転機をもたらすトミーの生活。
前半の説明が丁寧な分、すべてに予測がつき、そのとおりに展開するドタバタぶりを楽しめます。
トミーの主観が文章にほとんど表れていない分、絵で物語られているけれど、かといって書き込まれすぎず品が良く、読み手の空想の余地をもたせてくれています。
原題は『Lazy Tomy Pumpkinhead』
pumpkinheadって、「のろま、うすのろ、ばかもの」っていう意味らしいですね。

<現在7才11ヶ月のヒメの反応>
午前中はオール自動機械で身支度につかい、午後は、階段をひたすら昇り続けて一日が終わる。
「自分でやれば、こんな長い階段をあがって一日を無駄に過ごすこともないのにね。」と表紙の絵を見ながら「ものぐさだね~」と言っています。(「ものぐさ」っていう言葉を、ヒメは、この本で知りました。)

<まつりかの感想>
この本のラストの言葉、
「よし、いまからすっかりこころをいれかえて、ぼくのくらしにあたらしいページをひらくんだ。
さもないと、ほんとに もう おしまいだ。」
まさに、「ものぐさ」な私にとっては、耳の痛い言葉であり、過去にもなんどとなく決心したのに、同じことを繰り返してしまう学習のなさはなんなのか?

この本のトミーは、ちゃんと心をいれかえたのかな?
電気仕掛けで自動的に動く家・・、1966年にかかれたこの本ですが、それから40年以上が過ぎて、さすがに非効率さからこれを実現されることはないものの、私たちの生活には、ありとあらゆる電気の機械が生活を助けてくれています。

さて、今年は、夏の電気需要の高まりによる大型停電を免れるために、節電を心がけようといわれています。
トミーほどではないけれど、我が家の家にもいろんな電化製品が。
もしかして、なくてもいいんじゃない?
人間を「ものぐさ」にさせてる電気製品ってあるんじゃない?
というわけで、
電気カミソリ、電動歯ブラシ、食器洗浄機、布団乾燥機、マッサージ器、ゲーム機。
他にもあるかしら?
もちろん、人それぞれの価値観。
我が家にはなくても不便を感じないけれど、ある人には、欠かせないものだったりしますから。
エアコン、扇風機、テレビ、パソコン、冷蔵庫、炊飯器、洗濯機、電子レンジ、掃除機・・生活にかせないものになっているので私は困ってしまいます。
さて、どこまで節電できるものか、電気のありがたさに気づかされる夏になりそうです。

ってこんなことを考えていたらふと思った。
トミーは、長い階段を上がっていかなくても、家にエスカレーターをつけていればよかったんじゃないかと。
まあ心をいれかえる決心をしたトミーにとっては、必要のないものかもしれませんが。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 ブログ開設!「おひさまからの手紙」

2011-06-17

震災から3カ月が過ぎました。
なかなか復興が進まない被災地の様子が、画面からも伝わってくる日々です。

わたしの住む地域でも、市内小学校の放射線量測定が行われています。
時間の経過とともに日常が戻っていますが、生活そのもの、生き方そのものを問われているということを感じずにはいられません。

さて、以前も記事にしましたがコチラ
この東日本大震災のあとから、被災をされた子供たちに向けて、
『おひさまからの手紙』という壁新聞を作り、被災地に送るという活動をしています。

5月、6月と2回発行しまして、現在少しずつですが、被災地にある児童館や、その他施設に郵送させていただいています。

そして、只今第3号目にむけて、編集作業をしてくれているところです。

次号を予告しますが・・
大物ゲストから、被災地のお子さんに向けてのメッセージをいただいておりますよ。
グローバルですよ。お楽しみにしていてください(ヒント・・・

といっても、この手作り新聞は、
被災されたおこさんの目に届くところ、手にとっていただけるところを限定としての郵送になります。

自費でやっておりますので、一か所に大量にというわけにはいきませんが、
郵送代を含め、こちらでできる範囲のことでやらせていただきますので、
ご要望がございましたら、連絡をください。

同時に、被災地の子どもたちにとどけるルートがあります、というような情報も、教えてくださればと思います。

このたび、「おひさまからの手紙」の、ブログを開設いたしました
ただいま、メンバーのバトンリレー中です。

どんな人たちなんだろう?
興味のある方、よかったら、覗きにきて、コメントをお寄せくださればと思います。

アタシタチ・・・けっして怪しいものではございませんので

ブログ 『おひさまからの手紙』
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ 

 しーっ!ぼうやがおひるねしているの

2011-06-15

しーっ!ぼうやがおひるねしているの   ミンフォン・ホ/作   ホリー・ミード/絵  安井清子/作
しーっ!ぼうやがおひるねしているのしーっ!ぼうやがおひるねしているの
ミンフォン ホ ホリー ミード

偕成社 1998-12
売り上げランキング : 789065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
うつらうつらしている、男の子を、ハンモックに入れて、お昼ねさせようとしているお母さん。
そこに小さな蚊の鳴き声が。

蚊さん、蚊さん、なかないで
あかちゃんが すぐそばで ねているでしょう?
蚊さん、蚊さん、しずかにしてね
ぼうやが おひるねしているの


すると、ヤモリの声が。ヤモリにも静かにしてねと言い聞かせ、
次に聞こえた猫の鳴き声にも、軒下までおいかけて言って、静かにするよう言い聞かせる。

だけど、よく絵をみると、男の子はハンモックから抜け出して歩き回って遊んでいる。

それとも知らず、お母さんは、あちこちで鳴き声を発する動物たちのところへ行っては、こう言う。
しずかにしてね ぼうやが おひるねしているの

そうこうしている間に、あたりはすっかり暗くなり、
なんの音もしなくなって、おかあさんも窓辺で眠ります。

たったひとり ぱっちり まあるく 目をあけて おきているのは だあれ?

<はじめて読んだ7才3ヶ月のヒメの反応>
男の子の動きと、おかあさんの必死さに大笑い。
「こんなハンモックに寝てみたいなあ。これ、どこの国?今もこんな格好しているの?」

<おすすめポイント>
タイの農村の動物や家の様子が描かれています。家のまわりに、ぶたや、あひる、さるに、ぞうまで登場。
子どもを静かな環境で寝かしつけようと、神経質になっている母親の姿がユーモラス。
母親がくたびれて眠ってしまったのに対し、子どもはぱっちり目をさましているというオチに思わず苦笑してしまいます。

トッケートッケーは、やもりの鳴き声。
オプオップ、オプオップは、かえるの鳴き声。
ウーット、ウーットは、ぶたの鳴き声。
そんな鳴き声からも、日本との違いを知ることができます。

動物がいろんなところに隠れているのを探してみるのも面白いです。
原題は『Hush!』

<現在7才11ヶ月のヒメの反応>
「おかあさんは疲れきってるのに、男の子は夜中も遊んでるっておもしろい」と。
男の子のいたずらな顔がお気に入りだそうです。

<まつりかの感想>
ヒメが赤ちゃんの頃の寝かしつける私って、まさにこの本のとおり。
そ~っと布団に寝かせたら、息を殺してキッチンへ。
ほっと一息珈琲でも飲もうとお湯をわかして・・なんてしているその音さえも、そ~っとそ~っと。
そんなときに、電話のベルが鳴ろうものなら「まずい」と、あわてて受話器を持って移動したりして。

今思うと、少々うるさくても眠い時は寝ているものだと。
こちらが、神経質になればなるほど、子どもは過敏になるのかもしれない。
少しでもゆっくり寝かしてあげたいという気持ちと、その間に自分も好きなことをしたいという気持ち。
だけど、神経をすり減らした末に疲労してしまうくらいなら、一緒にお昼寝してしまうとか、自分のやりたいことをするのに多少音が出ても気にしないって思っているほうがいいのでしょうね。

先日、新宿区にある和光堂(株)の親子のひろば「わこちゃん広場」で、絵本のお話をしてきました。
自分の活動について、ブログで触れたことは、ほとんどないのですが、
イベントに参加してくださったかたとお話ししていましたら、こちらを見てくださったという方がいらしたので・・・
この場を借りてお礼を。「先日はどうも、ありがとうございました

2カ月のベビちゃんから、もうすぐ3歳というお子さんまでいらしてくれました。
子どもの成長によって、聞き方も様々。ママの悩みも様々。
いろんなママとお話しできて楽しかったです。

子育ては、楽しいし、子どもはかわいいし。だけど、子どもと二人っきりの時間に、しんどいな、さみしくなるなっていう気持ちになることもありますよね。
すごく頑張っているのに、思うようにならないし。体は疲れるし。
そんなとき、この本の中のお母さんと男の子の姿を見ると、自分を客観的に見れて、くすっと笑え、気持ちが少し楽になるかもしれません。
5、6才から楽しめる本だと思いますが、主人公に共感するという意味では、大人向けの絵本といえるかも?
ブログパーツ 

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 しろくまちゃんのほっとけーき

2011-06-09

しろくまちゃんのほっとけーき   わかやまけん
しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
わかやま けん

こぐま社 1972-10
売り上げランキング : 563

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
わたし ほっとけーき つくるのよ

しろくまちゃんは、おかあさんと一緒に、ほっとけーきを作ります。
できあがった、ほっとけーきを、お友達のこぐまちゃんと一緒に食べて。
食べ終わったら、お皿を洗います。

<はじめて読んだ1才1ヶ月のヒメの反応>
(この頃の私は、詳細に記録をつけています・・初めて手にしたのは、耳鼻科の待合室だったらしい)
両手を頬に当てて顔をくしゃっとしながら、「おいちい」と言っていたヒメ。
ほっとけーきを食べる場面にある「おいしいね これしろくまちゃんが つくったの」のところで、「おいちい」の顔をしていました。

<おすすめポイント>
単純な線と、色鮮やかな絵の、こぐまちゃんシリーズは、幼児の日常を描いています。
冷蔵庫から卵を取り出すときに割ってしまったり、粉を混ぜるのにテーブルを汚してみたり。
こんなふうに、登場人物が失敗したり、うまくいかなかったりするところに、子どもは共感して読むだと思います。
ほっとけーきが焼ける場面の
「ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ やけたかな まあだまだ しゅっ ぺたん ふくふく くんくん ぽっ はいできあがり」
は、絵をじっくりながめながら、擬音を耳で楽しめます。
それに、絵をよく見ると、面白い発見がたくさんありますよ。

<現在7才11ヶ月のヒメの反応>
赤ちゃんの読み聞かせをし、帰ってきて、テーブルに置きっぱなしにしていたこの本を、帰宅後目にしたヒメは、「あ~、これ懐かしい。」と言って、おもむろにソファに寝ころび音読。
「かわいいなあ。もう一回読もう」といってまた読んでいました。

<まつりかの感想>
ヒメが1才半頃、何度も読まされたこの絵本。
日記にも、この本がお気に入りで、「おいしそう」「冷蔵庫」「つくったわよ」と言う、と書いています。
フライパンでほっとけーきを焼く場面では、私が指をさしながら、「ぽたあん どろどろ・・」と読むのを真似て、一緒に指をさしながら、言葉を発していたり、ホットプレートを卓上に置いて、ほっとけーきを焼きながら、「できたかな?」と私がいうと「まあだまだ」と返してきたり、この絵本での思い出はたくさんあります。

数年ぶりに読んだヒメは、続けざまに3回読んでいました。
声に出して読むと気持ちがよかったのだと思います。
なぜなら、語り口調が、丁寧で優しい日本語が使われているからでしょう。
音読するヒメも、普段よりワントーン高めの声

7才の子が、絵本を手に懐かしい!と言っているその表情は、とても柔らかいのです。
今は随分生意気になってしまって、「おこりんぼママ」の日々だけど、こういう思い出の本のおかげで、初心にかえれる、そんな気がします。
ブログパーツ 

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 5月にヒメと読んだ本(7才10カ月)

2011-06-07

平年よりも早く突入した梅雨ですが、湿度がそれほど高くはないのでしょうか。
まだ過ごしやすいですね。
とはいえ、体調も崩しやすい時。
心と体のバランスを保ちながら・・一歩一歩。

では、今月もヒメと読んだ本を、記録がてらご紹介します。
『うちのパパが世界でいちばん!』  (ハリエット・ジィーフェルト/文 アマンダ・ハーレイ/絵 きむらゆういち/訳)
『ますだくんの一ねんせい日記』  (武田美穂/作・絵)
『おおきなカエルディダリク』  (加藤チャコ/再話・絵)
『ふしぎなエレベーター』  (パウル・マール/文 ニコラウス・ハイデルバッハ/絵 関口裕昭/訳)
『りんごのき』(エドアルド・ペチシカ/文 ヘレナ・ズマトリーコバー/絵 うちだりさこ/訳)
『ほしになったりゅうのきば』  (君島久子/再話 赤羽末吉/画)
『はるにれ』  (姉崎一馬/写真)
『たけのこほり』  (浜田桂子/作)
『やさしいライオン』  (やなせたかし/作)
『さんねんねたろう』  (こわせたまみ/文 清水耕蔵/絵)
『リーリーとシンシン』  (中国パンダ保護研究センター/編著 日本パンダ保護協会/編著)
『ころころパンダ』  (宮川ひろ/作 こみねゆら/絵)
『ジオジオのかんむり』  (岸田衿子/作 中谷千代子/絵)
『ほたるホテル』(カズコ・G・ストーン/作)
『新幹線のたび』 (コヤマスカン/作)
『よーいどんけついっとうしょう』 (梅田俊作・佳子/作)
『大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる』  (プロイスラー/作 中村浩三/訳)


ようやく読み終えた『大どろぼうホッツェンプロッツ』シリーズ。
就寝前の読み聞かせをしているけれど、ヒメの睡魔が激しく襲いかかる日が多く、ちょっとずつ読んでいった結果、3か月以上かかってシリーズ完読。
「また読みたくなったら、お話しの内容がわかっているし、今度は一人で読めるね。」というと、「おもしろいけどやっぱり怖いし、一人じゃ読みたくない」んですって。

北京でパンダを見てきたことをきっかけに、パンダの絵本も。上野動物園にやってきた「リーリー」と「シンシン」の生態を追った写真絵本は、とても愛らしいです。まだ上野は混んでいるかなあ?
大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (3))リーリーとシンシンうちのパパが世界でいちばん!―パパのつかいかた33新幹線のたび ~はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断~ (講談社の創作絵本)やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)ますだくんの1ねんせい日記 (えほんとなかよし)ほたるホテル―やなぎむらのおはなし(こどものとも絵本)よーい どんけつ いっとうしょう (えほん・ワンダーランド (2))
ブログパーツ

 おっぱい

2011-06-03

おっぱい  みやにしたつや/作
おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)
みやにし たつや

鈴木出版 1990-05
売り上げランキング : 123823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
おっぱい  ぞうのおっぱい  たくさんのんでおおきくなあれ
ぶた、ねずみ、ゴリラ・・・

そして、これは何のおっぱい?
ちょっと前まで、ぼくが飲んでいた、おかあさんのおっぱいは、
今は弟のもの。
ちょっとかしてあげる。

<はじめて読んだ3才7ヶ月のヒメの反応>
「おっぱい!おっぱい!」と、うひゃうひゃと連呼。
「見せて~」と触ってきて大変な思いをしながら、毎度読んでいました。
おはなし会で、読んでくださった年配の方が、動物によって声色を変えておられたのが気にいったようで、その言い方を真似ていました。

<おすすめポイント>
最初に、おっぱいの拡大図、次のページでは、赤ちゃんが、おっぱいを飲んでいる様子が描かれているので、「なんの動物かな?」とクイズのようにも楽しめます。
「おっぱいのんで○○になあれ」という言葉が、絵の動物の赤ちゃんたちに声かけしているよう。
繰り返しの展開のあと、人間のおっぱいが。
お兄ちゃんが、弟のために、おっぱいをかしてあげてるんだ、という、上の子ならではの、ちょっと我慢しているせつない気持ちも含まれています。
裏表紙の幼稚園の制服を着たお兄ちゃんの姿が誇らしげです。

<現在7才10ヶ月のヒメの反応>
「懐かしい!。変な読み方をしていた、おばちゃん覚えてる?」って突然。この本といえば、あの、おばちゃまというくらいヒメにとっては印象深いのでしょうか。
うろ覚えで私が読むと、「違う、もっと低い声だったよ」なんて。
3才の頃のことを、ちゃんと覚えていることに驚き。

<まつりかの感想>
表紙の絵がなんとも言えず。おっぱいを両手で持って、吸いついている姿。
実際、ヒメも、大切そうにおっぱいを持って飲んでいました。
泣くから授乳しているのに、ちょっと飲んだら、休み、また思い出したように飲んでは休み。
一気にごくごく・・と飲んでくれる子ではなかったので、「片胸15分ずつ。授乳は30分程度」なんて育児書に書いてあるのを読んで、私は「30分じゃ終わらない、ず~っと、授乳しているんだけど。」って嘆いていました。
結局、母乳があまり出ていなかったということと、ヒメは37週で生まれてきているので、母乳外来でお世話になった助産師さんに「早く産まれてきたから、まだ夢の中なのよ」っていわれたことで、仕方ない、とことん付き合おう!と思えたのを思い出します。

授乳しながらメール?
ええ、私もよくやっていました。ここぞとばかりに。
だって、携帯は、外部との接触できる貴重なツールですから。

でも、こんなふうに、愛おしそうにおっぱいに触れて飲んでくれている赤ちゃんの顔を全く見ないでおくのはもったいないですよね。
ヒメも、おっぱいを飲みながら、ふと私の顔を見ることがありました。
目があって、「おいしい?」とか「もう飲んだ?」とか声をかける。
「おいしいよ」って答えてくれるわけじゃないけど、「そう、おいしいの~」なんて言葉を返して。
だけど、ヒメが目を合わせようとしてくれたときすべてに私が応えてあげているわけではありません。
私の目がヒメではなく携帯やテレビに夢中になっていたこともあったんでしょうね。
「お母さんはどこ見てるんだろ?」「めったに目が合わないなあ」って思っていたかしら。

結局授乳は1才の誕生日をもっておしまい!ってしちゃいましたけど。
寝る前の安心材料って感じで、ほとんど出ていなかったのでしょう、翌日から、おっぱいなしで寝ることができるようになったヒメ。

今、ボランティアで、ベビちゃんママと会う機会が多いですが、
卒乳、断乳の悩みはよく聞きます。
復職される方で、おっぱいが十分に出ているのに、保育園生活のことを考えてミルクに切り替えたため、ママがおっぱいトラブルで悩んでいたり。
下の子が生まれたことで、上の子もおっぱいを欲しがるようになって、タンデム授乳をしていいかどうか?っていう質問もあったり。

おっぱいにまつわるエピソード。みなそれぞれにありますね~。
ブログパーツ 
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。