スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 追悼・・中川正文先生

2011-10-20

去る10月13日午後、大阪国際児童文学館特別顧問で、児童文学作家の中川正文先生が、肺炎でお亡くなりになられました。
90歳でした。

所属しておりますNPO法人「絵本で子育て」センターと、中川先生は深い深い関係がありました。
今年で8回目となる「絵本講師・養成講座」では顧問をつとめていただき、毎回開講日には、記念講演としてお話しいただいておりました。
ところが、今年はお体の具合が悪くご出席できないということで。
中川先生が直々に連絡をとられ、代わりに松居直先生のご講演となりました。

そういうわけで、私が中川先生のお話しを聞いたのは、昨年の5月が最後となってしまいました。
東京会場での開講式にご出席の際は、前日から奥様と都内のホテルに宿泊されていました。
会場の支度ができましたら、タクシーで先生のお迎えにあがるのは、ここ数年私がさせていただいていました。
ホテルから会場まではおよそ10分くらい。
ほんの短い時間でしたが、車中ではいろいろお話しくださいました。
私が、学生時代住んでいた京都のある町のすぐ近くに先生のご自宅があることもあって、町並みの変遷をお話しくださったり、自分の健康のことを心配されてのことでしょうが命についてのお話しをされたことも印象に残っています。

講演では必ず『すみれ島』(今西佑行/文 松永禎郎/絵)を朗読してくださいました。
小柄で細い先生は体をゆすり声を絞り出すようにしてお話しされます。
時々嗄れて小声になられますが、先生による『すみれ島』は、目を閉じて聞いていると、涙がこぼれてしまうのです。
ご自身のかかれた絵本『ごろはちだいみょうじん』を読んでくださったこともありました。
奈良弁で書かれた文章ですから、奈良ご出身の先生による朗読は一層味わい深かったのでした。

そのお声をもう聞くことができないのかと思うと残念でなりません。
お具合が悪かったことを知っていたとはいえ、胸にぽっかりと穴があいたような気持ちがします。
晩年は、当センターの活動を、力強くバックアップしていただきました。
2006年には『絵本・わたしの旅立ち』を、
2009年には『きつねやぶのまんけはん』を、当センターから出版されました。
絵本・わたしの旅立ち絵本・きつねやぶのまんけはん
『絵本・わたしの旅立ち』には、子どもに本を手渡す大人の姿勢が書かれています。

絵本は、親と子ども、先生と子ども・・つまり大人と子どもとが、共に楽しむもの、共に経験を同じくして、同じく成長していくものである。


本とは、一回よめば一回だけ、二回よめば二回だけ、新しいものを発見できるような、微妙な内容をもつものといえるでしょう。


人間は何のために、何をするために生まれてきたか・・いわば人生の真実を学びとらねばならない、学びとれるということに役立つ、そういう絵本そういう得難い絵本を選びたいと思うのです。

                         (『絵本・わたしの旅立ち』中川正文・著より)

あふれんばかりの情報の森の中をさまよい、なにをどう選択すればいいのか迷ったときにこそ、原点に戻る。そこにこの本はあるのだと改めて気づきました。

『きつねやぶのまんけはん』は、村人が自然を敬愛し共生していく風景が描かれています。今、世に出ている絵本から比べると、かなり噛みごたえを感じる本だと思いますが、奈良弁の味わいを感じながら、ゆっくり読んでもらえたらと思います。

我が家には、先生のサイン本が3冊あります。これらの言葉を大切にしながら、読んでいきたいと思います。
『ごろはちだいみょうじん』(梶山俊夫/え)には、「わがこころの故里の香り」
『ねずみのおいしゃさま』(やまわきゆりこ/え)には「ランプの灯のごとく こころやさしく」
『きつねやぶのまんけはん』(伊藤秀男/画)には「故郷を失いしものたちよ わが童話の村にきて心を清め給えと誰がいうたか?」
2011102100300000.jpg2011102101180000.jpg2011102100300001.jpg

この他にも多くの絵本を出しておられます.
しかし残念ながら、絶版になっているものも多いのですが、わかる範囲で先生の作品(絵本)をあげてみたいと思います。ご冥福をお祈りいたします。
『がんばれさるのさらんくん』  長新太/絵
『きつねのおはなはん』  二俣英五郎/え
『おはがきついた』  村山知義/絵
『つきよのばんのさよなら』  太田大八/え
『ムッちゃん』  四国五郎/絵
『かげはすてきなともだち』  太田大八/え
『ゆびきりげんまん』  金沢祐光/絵
『うつる』  飯田四郎/え
『たろうがるすばんしていると』  夏目尚吾/画
『かげ』  堀内誠一/え
『いちにちにへんとおるバス』  梶山俊夫/絵
『あひるのホテル』  ながよしかよ/画
『うさぎのでんぽうや』  多田ヒロシ/絵
『22ひきのかにのはなし』  清水耕蔵/画
『ひとりでるすばん』  富山妙子/絵
『松もいっぽん葉もいっぽん』  田島征彦/絵
『ごおん』  かまたのぶこ/絵
がんばれさるのさらんくんごろはちだいみょうじん(こどものとも絵本)ねずみのおいしゃさま(こどものとも絵本)いちにちにへんとおるバス (ひかりのくに傑作絵本集 (1))
スポンサーサイト

 がちゃがちゃどんどん

2011-10-11

がちゃがちゃどんどん   元永定正/作
がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ)がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ)
元永 定正

福音館書店 1990-04-10
売り上げランキング : 21344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
耳に聞こえる音を、絵に描いたらどうなる?
がちゃがちゃ
どんどん  
かーん  
ざー 
ごー 
ぴーいっ
ぷすん

<はじめて読んだ8ヶ月のヒメの反応>
この本を読むときは、他の本を読むときと違って、ヒメは明らかに私の口元を注視していたのを覚えています。
私が、書かれている言葉(音)に合わせて、絵本をたたいたり、ひっかいたり、つまむようにしながら読んでいたので、次第にヒメも私の真似をして本をバンバン叩いていました。

<おすすめポイント>
絵を見ただけで、その音がイメージできます。
「がちゃがちゃ」は、いかにも色々な色味のギザギザが「がちゃがちゃ」しているし、「どん どん」は、オレンジの丸の片方が地面に、もう片方は空中に浮いていて交互に音を出すんだろうなと予測させる。
お家の中にある、擬音を探してみたり、絵になっているものと似た形状のもので音遊びをしてみたり、感覚の言葉を豊富に獲得させてくれます。

<現在8才3ヶ月のヒメの反応>
「読むって感じじゃないなあ」なんて言っています。ラストの「ぷすん」がお気に入り。

<まつりかの感想>
作者の元永定正氏が、10月3日 午後9時42分、前立腺がんのためお亡くなりになられたそうです。
赤ちゃんとママ向けに、読み聞かせをする機会が多いため、音や色などで表現した感覚絵本の代表として元永氏の作品は頻繁に読んでいました。
もちろんヒメにも、知らず知らずに元永作品を手にしてきました。
読むたびに「何がいいたいのかわからんなあ」という私の気持ちをよそに、ヒメが食い入るように見ていたり、声を発する姿を見ながら、かつては私も子どもだったはずが、こういう面白さをすっかり忘れていることに気づいたり、子どもの好きな世界に近付ける喜びを感じられたものです。
このブログでは、以前に『もこもこもこ』と『ころころころ』を取り上げています。
『きたきたうずまき』『カニツンツン』『もけらもけら』は、ヒメも楽しんだので、追々このブログに書けたらいいな~と思っています。

10月8日付の日本経済新聞の36面に、元永定正氏の「き、みどりあか き、みどりあか」というタイトルの絵と、元永氏を追悼する記事が掲載されていました。
日本経済新聞が紙面に掲載する予定で依頼していたものが、10月4日に郵便で届いたのだそうです。
お亡くなりになられたのは、3日なので、まさに最後の作品かと思われます。

墨をにじませたと見られる画面の上部に、数体のカラフルなクラゲのようなモチーフが漂っている。


長方形の下にクラゲのように足がついたものが、黄、緑、赤、黄、緑、赤と規則的に次第に形を縮小させて並んでいます。
この記事によると、生前「もともと絵本に興味はなかった」と氏は話されていたそうですが、作品が多くの子どもの心をつかみ、以降、本人も喜んで描くようになったのだそう。

いつもメモ帳を持ち歩き、思いついた形を描いては、段ボールに放り込んでいたそうで、何万枚もたまったメモを時々取り出して眺めると、形が頭の中で成長を始め、虫とも宇宙人とも知れぬ姿に変容する。


88歳にしてなおこの自由な心を持っておられたことに感服し、素敵な作品を残していただいたことに感謝し、ご冥福をお祈りいたします。
きたきた うずまき (0・1・2・えほん)もけら もけら (日本傑作絵本シリーズ)カニ ツンツン (こどものとも傑作集)いろ いきてる! (こどものとも絵本)ココロのヒカリ (みるみる絵本)
ブログパーツ 


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
10月号、只今配布中です。
お届け希望の方は下記までメールくださいね。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 9月にヒメと読んだ本(8才2カ月)

2011-10-06

秋風の冷たさを感じられますね。
果物もおいしい季節ですねえ。
先日、実家から大量に梨が送られてきました。
わたしの実家は山口県なのですが、二十世紀梨のような青梨をよくみかけます。
小さいころから梨といえば、このような青梨のほうがなじみがあったのですが、
こちらではあまり二十世紀にお目にかかることもなく。
よく目にするのは、幸水、豊水、南水のような赤梨でしょうか。
先日、知人から、「生水(イクスイ)」という梨をいただきました。
川崎市多摩区の生田でうまれたので、イクスイというんだそうです。
ナマミズではありません
豊水と二十世紀をかけ合わせた品種のようで、大きさもあり、甘くてみずみずしい梨でした。
これからは、柿や栗も美味しくなる季節ですねえ。

さて、ヒメが9月に読んだ本を、記録がてらご紹介

『なまくらトック』 (東京子ども図書館/編 大社玲子/絵)
『ほんなんてだいきらい』 (バーバラ・ボットナー/ぶん マイケル・エンバリー/え さんべりつこ/やく)
『小さな小さな七つのものがたり』 (リリアン・ムーア/作 福本友美子/訳 高桑幸次/絵)
『これだからねこはだいっきらい』 (シモーナ・メイッサー/さく 嘉戸法子/やく)
『ねえママ』 (こやま峰子/作 平松恵子/絵)
『トランプおじさんとペロンジのなぞ』 (たかどのほうこ/作 にしむらあつこ/絵)
『とうちゃんのトンネル』 (原田泰治/作・絵)
『どろんこおおかみと7ひきのこやぎ』(柴田愛子/文 あおきひろえ/絵)
『そして、カエルはとぶ!』(広瀬寿子/文 渡辺洋二/絵)
『あかいくま』 (中脇初枝/作 布川愛子/絵)
『おれはねこだぜ』 (佐野洋子/文・絵)
『イチジクの木のしたで』 (二宮由紀子/作 あべ弘士/絵)
『おどるカツオブシ』 (森絵都/作 竹内通雅/絵)
『ぱんだいすき』 (征矢清/ぶん ふくしまあきえ/え)
『おつきみどろぼう』 (ねぎしれいこ/作 花之内雅吉/絵)
『ハナンのヒツジが生まれたよ』 (井上夕香/文 小林豊/絵)
『やまんばあかちゃん』(富安陽子/文 大島妙子/絵)

これらの中でも気にいっていたのは・・・
小さな小さな七つのおはなし (シリーズ本のチカラ)やまんばあかちゃんどろんこおおかみと7ひきのこやぎ (いっしょにあそぼ)そして、カエルはとぶ!あかいくま (わくわくライブラリー)おどるカツオブシ

ブログパーツ 


ブログ 『おひさまからの手紙』
も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
10月号が完成しました!配布中です。
お届け希望の方は下記までメールくださいね。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

 おにぎり

2011-10-01

おにぎり     平山英三/文   平山和子/絵
おにぎり (幼児絵本シリーズ)おにぎり (幼児絵本シリーズ)
平山 英三 平山 和子

福音館書店 1992-09-15
売り上げランキング : 70656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
ごはんを たいて
てのひらに みずをつけて
しおを つけて
・・・

手の平にのったあつあつご飯。
梅干しも入れて、ぎゅっぎゅっと握っると、おいしいおにぎりができあがり。
最後に海苔をまくよ。

<はじめて読んだ8ヶ月のヒメの反応>
「ぎゅっぎゅっ」「くるっ、くるっ、くるっ、」のページがお気に入り。
そのページになると、少し大げさに読んでいたから、面白かったのかな。
ラストの「はい、どうぞ」の言葉には、頭をさげます。

<おすすめポイント>
てのひらに、たいたご飯をのせるところ、うめぼしを埋めるところ、にぎってくるくる回すところ、できあがったおにぎりをお皿にのせるとことは、見開きで大きく描かれ、じっと見ていると、絵が動きだしそうなくらいに臨場感があります。
手の動き、お米の粒粒、巻いた海苔の描写もとにかくリアルで、思わず本に手をのばして口にもっていきそうです。
表紙をめくると、もう一度タイトル、作者ページには、お弁当箱に、3つのおにぎりの絵があります。
これは、本文ラストで、ナフキンで包んだお弁当を開いた場面ということになります。
裏表紙には、うめぼしが中心点に一つ。
そういう意味で、構成のおもしろい絵本です。

<現在8才2ヶ月のヒメの反応>
「おひざで読んで~」と甘えてきながら「おいしそうだねえ」と、赤ちゃんになりきっていました。
お皿にのったおにぎりを見て、「この小さいのは、子どもが作ったんだね。」と。
なるほど、よく見ると小さいおにぎりが3つあります。

<まつりかの感想>
離乳食完了期を過ぎると、食が描かれた絵本が大好きになる子が多いように思います。
食べ物という身近な題材は、絵本の体験を、実生活にも生かしやすいですよね。
先日も、この本を0歳~3歳台の赤ちゃんとママに読み聞かせをしました。
2、3歳のお子さんが前まで出てきて、
「おいしそうだねえ」「○○は、おにぎり大好きなんだ~」などのかわいい声をかけてくれました。

ヒメくらいの年になってきて、おにぎりが握れるようになると、この絵本は、料理本へと変貌するみたい。
絵を見ながら、手の動きを確認しているようです。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
10月号が完成しました!配布開始しまーす。
お届け希望の方は下記までメールくださいね。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2011/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。