スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 つきのぼうや

2012-09-30

つきのぼうや   イブ・スパング・オルセン/作・絵  やまのうちきよこ/訳
つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ・デンマークの絵本)つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ・デンマークの絵本)
イブ・スパング・オルセン

福音館書店 1975-10-20
売り上げランキング : 12413

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
夜空にのぼったお月さまは、池の中にうつっているもうひとりのお月さまが気になりました。
おつきさまは それが きになって きになって しかたがありませんでした。
そこで あるばん おつきさまは つきのぼうやを よびました。


つきのぼうやは、池にむかって下へ下へを降りていくのでした。
そして、とうとう見つけて、空のおつきさまへ持って帰ったものとは・・・?

<はじめて読んだ4才11ヶ月のヒメの反応>
「細長いね」とか「ほかの本の半分だ」とか、判型のほうに関心がいっていました。つきのぼうやが、煙突の近くに来て顔が真っ黒になるところが面白かったよう。

<おすすめポイント>
つきのぼうやが空から降りてくる時間の長さや、空の高さを、縦細長の判型を生かして描かれています。
途中は部分部分しか描かれていないけれど、最後に全景がかかれていることで、つきのぼうやの旅を全体としてみることができます。
丸いものをみるたびに、お月さまかな?と疑問に思ったり、人間の子どもには、つきのぼうやだ!と発見気づかれるのに、大人には見えなかったり。
水に落ちて行ったつきのぼうやが、手鏡を拾ってそこにうつる自分の姿に、「なんてかわいいんだろう」といって空に持ち帰り、渡されたお月さまも、鏡にうつる月と仲良くお話をしているという結末にほのぼのします。
デンマークの絵本。

<現在9才2ヶ月のヒメの反応>
つきのぼうやが、雲をぬけていくときに、びしょぬれになる様子をみて、「雲って通ったらふわふわなんじゃないの?」って。おっとっと、小3になってのこの発言。かわいいというか・・・
「つきのぼうやって、お月さまの息子?」とも。

<まつりかの感想>
とってもかわいらしいお話。「読んであげるなら3才から  自分で読むなら小学校初級向き」と書いてありますが、小学生になって読むと、理屈がわかったうえでの面白さを見つけてくれるので、こちらも一緒に読んでいて楽しいです。
幼稚園のころには読んでも対して反応をみせなかったヒメも、つきのぼうやが下に降りていくごとに出会う人や、丸いものに対して見せる表情にも細かに反応。そして、手鏡にうつる自分に満足しているお月さまをみて「かわいいね~」と、すっかり上から目線で読んでいるところからすると、その年齢によっていろんな楽しみができる絵本だなと思います。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
10月号を配布中!
「かんたん短歌」も絶好調。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 いちじくにんじん

2012-09-28

いちじく にんじん    大阪YMCA千里子ども図書室/案  ごんもりなつこ/絵
いちじく にんじん (0.1.2.えほん)いちじく にんじん (0.1.2.えほん)
ごんもりなつこ

福音館書店 2012-09-05
売り上げランキング : 231059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
いちじく にんじん さんしょに しいたけ ごぼうに むぎ なす はす きゅうりに とうがん

昔から語り継がれる「かぞえうた」が絵本に。

<はじめて読んだ5才6ヶ月のヒメの反応>
読み聞かせ会で読んでみようと、図書館で借りて読んだのがきっかけ。
「6って、麦(むぎ)なんだね~」と妙に感心していました。

<おすすめポイント>
左ページに文字、右ページには絵。本物かと思うくらいのリアルな絵が大きく描かれています。
いちじくや、山椒や、麦、冬瓜などは、幼い子どもにとってなじみが薄いものだけに、数え歌として意味はわからないけれど口ずさんでいる、というものだと思いますが、これらを絵であらわしたことで、より記憶に残りやすいものになれると思います。
小さい子の読み聞かせ会の、手遊びのときによく読ませていただいています。

<現在9才2ヶ月のヒメの反応>
この本のおかげで、すっかり口馴染みになった数え歌。
ひさしぶりに読みましたが、「6が麦って、なんか変だな」と言っていました。
いまでも6に、なんかひっかかるものがあるのか??

<まつりかの感想>
地方によってさまざまな数え歌があるようです。
この本の内容紹介を読むと、ここにラインナップされたものは、今の子どもにもなじみのある、リズムのいい野菜を選んだのだそうです。
6は、「むかご」や「むくろじゅ」だったり、7は「ナツメ」や「七草」だったりする地方もあるみたい。

私も幼いころ、こういう数え歌を歌っていたような気がするのに・・思い出せない。
「一、二、さんまの・・・」なんだっけ?ゴリラがなんとか・・ってのもあったような。

それよりも私の記憶に残っている数え歌は、ふるさと山口県では大変メジャーな老舗和菓子屋「豆子郎(とうしろう)」という会社のCMで流れていた歌。

♪ひーとつ ふたつ みーつけた 豆子郎さん とおりゃんせ
4つ 5つに いせおおじ
6つ 向こうは るりこうじ
7つ 懐かし じょうえいじ
8つ ・・・♪

このあたりで、ナレーションが入ってしまうため歌詞がわからない。
ああ、結局わからないままにこんな年になってしまったなあ~
と、この機会に調べてみようと思ったら、豆子郎のHPに歌詞が楽譜付きでありました。
そうか~、そういう意味だったのか。

♪一つ二つみつけた
豆子郎さん通りゃんせ
四つ五つに伊勢大路
六つ向こうは瑠璃光寺
七つ懐かし常栄寺
八つ八坂さん通りゃんせ
九つここは洞春寺
十で豆子郎さん通りゃんせ♪

CM画像はないかな?と探していたら、ありました、ありました。
YOU TUBE(豆子郎CM)に。うわっ!なつかしい、この画像。夕方のニュースの時間に流れていたのよね~?
なんだか絵本とは、すっかり関係なくなりましたが・・・ついでに・・・豆子郎さんの生外郎(ういろう)は、抜群においしいです

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
10月号完成!!配布開始いたしました。
「かんたん短歌」もますます絶好調!。
絵本の欄は、世の中を真摯に見つめる2冊を紹介しています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 絵本のお話@ママカフェサロンDE絵本

2012-09-22

9月22日(土)2か月ぶりに、ホームグラウンドにもどってのママカフェサロンDE絵本でした。
今月は、平日に都合がつかず、土曜日開催に。
15組のご参加のうち、6組がパパもご参加いただきました。
そして、そして、おなかに新しい命が宿っているという方が3組。
二人目の出産をして、9か月ぶりに来てくださった方も。
ご主人の転勤で遠方にお引越しをされるため、今日が最後だから・・と、参加してくれた方も。
「また戻ってきたときも、やっていてくださいね」なんて声をかけられましたが、
え~っと、う~んと、がんばってられるかな~。わたし。

でも、もしまたこちらに戻ってこられたときに、出会えたらそれはなんて嬉しいんだろう。
そう思って、がんばろうと思います。
新しい出会いもあり、別れもあり。

絵本のおかげで、わたしもたくさんの人とつながれていることに感謝です。

今月は、おつきさまの絵本を4冊。
工作も、紙皿をつかって、お月見飾りを作りましたよ。

次回は、10月12日(金)10時半~12時ご連絡は、画面右の「メールフォーム」からお願いします。
もしくは、以前取材をしていただきました、「リトルママ」さんのHP、もしくは、高津区チャレンジ事業のサイト内に記載の連絡先へお願いします。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
9月号を配布中!10月号ももっか編集中です。
新企画、「かんたん短歌」がはじまりました。
いつも以上に、華やかな誌面になっています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

 本日、ラジオ出演!(・・わたしが・・・)

2012-09-21

9月21日(金) わたくし、ラジオに電話出演します

ラジオ局は、FM茶笛(チャッピー)
埼玉県西部地域・東京都多摩西部地域のホットな情報をお届けしているコミュニティFM局です。

12時~14時57分までオンエアーされている、
くらっしい という番組内で、13時20分からのコーナー。
NPO法人「絵本で子育て」センター絵本講師が5月から毎月1回出演させていただいておりましたが、わたしもお世話になることになりました。

風邪をひいてしまい、咳が出ているんですけど。。
大丈夫かな。

インターネットでも聴けますよ
コチラから入り、「FMチャッピー(埼玉県)」の「listen」をクリックしてくださいね。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
9月号を配布中!
新企画、「かんたん短歌」がはじまりました。
いつも以上に、華やかな誌面になっています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

tag : 読み聞かせ 絵本講師 おひさまからのてがみ

 絵本らいぶ

2012-09-19

9月17日(月)におこなったママフェスタ
800名ほどの人が来場してくださったとのこと。

絵本らいぶも、およそ15分間の持ち時間でやらせていただきました。
昨年同様、サウンドクリエーターのお友達mionちゃんとコラボして。
ピアノ生演奏&iphoneを巧みに操って効果音を出してくれて、楽しい時間になりました。

今回読んだのは
『やさいのおなか』 きうちかつ/作
やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)
『なにをたべてきたの?』 岸田衿子/文 長野博一/絵
なにをたべてきたの?
『せんろはつづく』 竹下文子/作 鈴木まもる/絵
せんろはつづく

手遊びを2種類と、絵本のよみきかせについて・・・ちと語らせてもらうというMCをはさみながらの構成となりました。
絵本は、ただ読むだけではなく、問いかけを多くして、子どもたちとの掛け合いを楽しみました。
元気いっぱいに「キャベツ!」「れんこん!」なんて言ってくれた子どもたち。
最初は遠くで見ていたのに電車の本になったから前にやってきたという子もいたそうで。
いろんな姿勢で絵本を聞いてくれてありがとう。
また11月ごろに、mionちゃんと一緒にできるかもしれません。
そのときはまたよろしくお願いします。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
9月号を配布中!
新企画、「かんたん短歌」がはじまりました。
いつも以上に、華やかな誌面になっています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

tag : 読み聞かせ 絵本講師 おひさまからのてがみ

 かずあそび ウラパン・オコサ

2012-09-17

かずあそび ウラパン・オコサ  谷川晃一/作
かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)
谷川 晃一

童心社 1999-02
売り上げランキング : 211320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
1と2だけで かずあそびしよう
1は ウラパン
2は オコサ
さるが1ぴきで ウラパン
バナナが 2ほんで オコサだよ


<はじめて読んだ6才10ヶ月のヒメの反応>
小学1年になって、数もしっかり理解でいるようになっていたから、こういう遊び絵本が楽しくてしかたがないようす。自慢げに「オコサオコサウラパン」などなど、声をはりあげていました。

<おすすめポイント>
絵がはっきりしていて遠目がきくし、対話ができる本として、読み聞かせにもおすすめ。最初に1(ウラパン)か、2(オコサ)のみで数えられるものが描かれ、数がふえたら、オコサを先に数えて、ウラパンを数えるというルールを説明して、徐々にステップアップ。「ウラ、いや、オコサ」なんていいながら、言い間違えないように、大人もつい必死になってしまう楽しい絵本。

<現在9才1ヶ月のヒメの反応>
わーっ、うごかないで かぞえられないよー
という場面では目をあちこちに配りながら必死で数えていますが、「オコサオコサオコサオコサ・・・もう、オコサばっかり何回いえばいいんだ」と一人つっこみをいれながら読んでいました。

<まつりかの感想>
小学校の読み聞かせで、導入として使うことが多いです。
2,3年生が一番盛り上がるかな?(あくまでも個人的見解・・・高学年は、はずかしいのか声が小さめだったかなあ。)
挿絵も、アボリジニアートを思わせるようなタッチで、おしゃれです。
「鉛筆ウラパンとって~」「じゃがいも、オコサとって~」と、日常で使って遊べます


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
9月号を配布中!
新企画、「かんたん短歌」がはじまりました。
いつも以上に、華やかな誌面になっています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 サーカス!

2012-09-16

サーカス!  ピーター・スピア/作  ほずみたもつ/訳
サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
ピーター スピア

福音館書店 1993-06-30
売り上げランキング : 319213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
サーカスがやってきました。
32人もの職人さんたちが、たった12時間でサーカス小屋をたてます。
動物をはこびいれ、獣医さんが動物の体調を管理し、サーカス団のための店もつくり、各トレーラーハウスには団員の家族が住み、本番をむかえるために稽古をし、化粧をし、お客さんを迎え入れ、そしてショーのはじまり。

<はじめて読んだ4才1ヶ月のヒメの反応>
絵の隅々までを見ていました。いろいろな国からきているサーカス団員、登場する動物たち、それらの舞台裏までがびっしり書かれていて、ページをめくっては戻り細かく見て楽しんでいました。
読み終えたあとは、必ず「サーカスにいきたい!」と。

<おすすめポイント>
ピーター・スピアといえば、この描写の細やかな絵。読むたびに新しい発見があり何度読んでも飽きません。
見返し、扉の見開きをつかって空き地→サーカスの道具が運び込まれる→動物を運搬と、本文に入るまでにたっぷりと絵だけで物語られています。
この絵本を作るにあたり、ニューヨークのビッグアップルサーカスに協力してもらったそうです。
サーカス小屋が立ち、動物の見守り、サーカス団の生活、移動生活をしている子どもたちの様子、演目紹介、一連の流れがとぎれることなく、実際に体験できたかのような楽しさがあります。
最後にサーカスが撤収し空き地にもどったシーンには、せつなさがこみあげますが、
・・・・でも みんな がっかりしないで!らいねんも また サーカスは やってくるのですから。
に、安心して本を閉じることができます。

<現在9才1ヶ月のヒメの反応>
昨年、小学2年のときに、自分の好きな本を紹介することがあり、悩みに悩んでこの絵本をあげていました。この本が好きだというのは、4、5歳からずっと変わらずのよう。
最近は、ごぶさたでしたが、ついにヒメの人生初サーカスを見に行ったので、それとリンクしてますます興奮しています。

<まつりかの感想>
2012091515120001.jpg
世界三大サーカスのひとつといわれている、木下大サーカスの埼玉公演(川口市上青木SKIPシティ特設会場)がはじまりました。
9月15日(土)から11月18日(日)まで(休演日は毎週木曜日と、10月17日)
わたしが小さいころには、よく木下大サーカスが巡業にきていたんです。
サーカス小屋がたてられはじめると、いつもはがらんとしている緑地公園が華やかになり、多くの人が集まる。学校の課外活動のひとつとしてみんなで見に行っていたわけです。
そういうわけで、サーカスといえば木下大サーカスだな~という思い入れもある。
動物に芸をさせることに反発の声もあり、パフォーマンスのみ、芸術性重視というほうにシフトしているのかもしれないです。
しかし、木下は110年の歴史がある日本のサーカス団。
すごい芸に慣れすぎてしまった今、逆にあまりハイテクではないものに対してほっとできました。
およそ30年ぶりに見てみると、ああ~なつかしい。バイクパフォーマンスも健在だし。
こういう小屋の手作り感のある雰囲気もいいです。
シマウマ、キリン、ホワイトライオン、ゾウなども登場するので、小さい子も楽しめると思います。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
9月号を配布開始!
新企画、「かんたん短歌」がはじまりました。
いつも以上に、華やかな誌面になっています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 9月17日(月・祝)ママフェスタをやります

2012-09-10

2012年9月17日(月・祝)に、
川崎市高津区の「てくのかわさき」にて、ママフェスタを開催します。

普段活動しているサークル、「子育て支えあいネットワーク満」の主催です。
13時~は、サウンドクリエーターのお友達といっしょに、絵本らいぶをする予定です。
15分ばかりですが、ぜひ応援に来ていただければ嬉しいです。

ほかにもリトミックや、キッズダンスも。
そして、お菓子や、パン、ハンドメイド作品などのショップも出ていますし、お子様も楽しめる工作コーナーも充実。
3連休の最終日ですが、お近くの方ぜひお立ち寄りくださいませ

開催日:平成24年9月17日(月・祝)
会場:てくのかわさき 2Fホール
時間:10時~15時
入場料:無料(イベント内容により有料の場合あり)


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
9月号を配布開始しています!
新企画、「かんたん短歌」がはじまりました。
いつも以上に、華やかな誌面になっています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 行事・イベント
genre : 育児

tag : 読み聞かせ 絵本講師 おひさまからのてがみ

 8月にヒメと読んだ本(9才1か月)

2012-09-09

9月になっても、まだ日中は暑いですね。
とはいえ、いつの間にか蝉から、秋の虫の鳴き声が聞こえるようになってきました。

さて、8月にヒメと読んだ本を記録、記録。

夏休みこそたくさん本が読める???と、思いきやそうでもなく。
これまでで一番少ない月間読書量かもしれません。
小学生はいそがしいなあ。

『きらきらひりひり』 (薫くみこ/作 川上越子/絵)
『こいぬのうんち』 (クォンジョンセン/文 チョンスンガク/絵 ピョンキジャ/訳)
『みどりの船』(クェンティン・ブレイク/作 千葉茂樹/訳)
『ひろしまのピカ』(丸木俊/え・文)
『ちいちゃんのかげおくり』(あまんきみこ/作 上野紀子/絵)
『コドリーロのおやつ』(ロベルト・アリアーガ/文 ちばみなこ/絵 宇野和美/訳)
『もっかい!』 (エミリー・グラヴェット/さく 福本友美子/やく)
『ワニばあちゃん』 (おくはらゆめ/作)
『ないしょのおともだち』 (ビバリー・ドノフリオ/文 バーバラ・マクリントック/絵 福本友美子/訳)
『ドオン!』(山下洋輔/文 長新太/絵)
『だるまちゃんとかみなりちゃん』(加古里子/作)
『ぐるんぱのようちえん』(西内みなみ/文 堀内誠一/絵)
『のはらひめ~おひめさま城のひみつ』(なかがわちひろ/作)
『ナルニア国物語~ライオンと魔女』(長谷川摂子/文 英伸三/写真)

なかでもお気に入りだった本たち・・
こいぬのうんちワニばあちゃんちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)ないしょのおともだちのはらひめ―おひめさま城のひみつライオンと魔女 (カラー版 ナルニア国物語 1)

『ちいちゃんのかげおくり』に大号泣したり、小さいほど何度も何度も読んでいた『だるまちゃんとかみなりちゃん』や『ぐるんぱのようちえん』を、突如「これ読んで~」と持って来たり、なにか思うものがあるのかしら。
今回はナルニア国のライオンと魔女を、ちょっとずつちょっとずつ読んでいったことで冊数は少なかったのでしょう。
「一人で読んだら~?」というのだけど、この冒険に一人で旅立つ勇気はないようです。とはいえ、先が気になって読んでいるのを目撃するも、「だめだ、白い魔女がいつ出てくるかと思うと怖くて読めない!」といっていました。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
9月号を配布開始しています!
新企画、「かんたん短歌」がはじまりました。
いつも以上に、華やかな誌面になっています。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 読んだ本の紹介
genre : 本・雑誌

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。