スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こりゃまてまて

2013-02-25

こりゃまてまて  中脇初枝/文  酒井駒子/絵 
こりゃ まてまて (0・1・2・えほん)こりゃ まてまて (0・1・2・えほん)
中脇 初枝 酒井 駒子

福音館書店 2008-05-15
売り上げランキング : 89324

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
こりゃ まてまて
ひら ひら ひら
こりゃ まてまて
しゅる しゅる しゅる


とことこと、まだ走ることは危なっかしいくらいの子が、
目に留まったものを追いかけていきます。
こりゃ まてまて・・・と。

<はじめて読んだ3才0ヶ月のヒメの反応>
「こりゃ まてまて」のフレーズを、すぐに気に入っていましたが、「りゃ」がいいにくいようで、「こら まてまて」のようにしか言えていなかった

<おすすめポイント>
幼い子が、ちょうや、とかげや、鳩を追いかけています。
言葉をはっきりと話せる年齢ではないように見えますが、「こりゃまてまて」の心理で夢中で追いかけているのだろうということが伝わります。
背景をほとんど書き込まず、色味も無彩色が中心で、シックな絵ですが、子どもと生き物の動きや、構図によって、物語られていると思いました。
性別がどちらとも判断がつかないような、顔だち、服装も、おそらく計算ずくなのでしょうね。
「うちの子にそっくり!」と思い入れを持って読むこともできるかも。
タイトル表示も含め、本文の文字の配置も、動きをもたせてあり、足元のおぼつかない子の歩き方を表しているかのようにも思えます。

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
「この子は女の子だよね?」「いや、男の子かな」「どっちにも見えるな」とぶつぶつ言いながらページをめくっていました。知り合いの3才の女の子は、もっと小さい頃からお父さんに肩車をしてもらうのが大好き。かたぐるまという言葉を上手に言えなくて、「かたま」と言っていたのが、はっきり言えるようになった今も、「かたま」といえば、お父さんが肩車をしてくれる、その子の姿を、ヒメはこの本から思い出すようで、「●●ちゃんみたい」と言っています。

<まつりかの感想>
小さい子どもって、自分の体よりも大きな犬やねこにも、平気で近寄っていったりします。
動くものを見ると、つい追いかけたくなるのでしょうか。
触れよう、捕まえようとしても、生き物はすばやく、子どもの思い通りになんていきません。
お散歩しても、目にとまるものに興味を示すので、なかなか前に進まないという悩みもあったなあと。
でもその頃って、子どもに合わせてゆっくり周りを見ながら歩いているので、空の様子や、草木の様子、新しい建物や、看板や、そういうものに気づきやすかったかな。

今は、目的のために、行動しているだけになってしまってますから。
早く歩いてほしいなあ、用事が終わらないんだけどなあと、ヒメの歩みの遅さに、イライラしていたころ、実はわたしの心に豊かさを与えてくれていたことに、後になって気づくのでした。二度と戻らないあの時期を懐かしく思いながら、この本を読んでいます。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ 
スポンサーサイト

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 こどもえほんをとどけるうんどう

2013-02-23

アジアの子どもたちに、日本で出版されている絵本に翻訳文を印刷したシールを貼り付けるという活動って、どこかで聞いたことありませんか?

以前からすごく気になっていたんです。
でも、なかなかその機会がなくて。

ところが、このHPの左側にも貼っていますが、
ツイッターでフォローさせていただいてる、
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会さんのツイートで、
「こどもえほんをとどけるうんどう」というのを見つけました。
小学生のボランティアとして、翻訳シールを貼った絵本が、カンボジアの子どもたちに届くというものです。

まずは、カンボジアの公用語、クメール語で自分の名前を書くのに挑戦。
文字というよりも、絵のような。2013022322310000.jpg
南インドから伝わった文字を改良したものだそうです。
ちなみに、ヒメの名前をクメール文字であらわすと
書き順は??左から右、上から下へという日本語の書き方に準しては、到底かけないような形。

次に、カンボジアにまつわるクイズ、そして歴史となぜ絵本を届けるという活動をするのか?という説明が行われ、いよいよ翻訳シールを切って、貼る作業。
2013022314530000.jpg
ヒメは『わたしのワンピース』にシールを貼っていきました。
ちゃんと日本語が隠れるように、上下を間違わないように、シールがだぶつかないように・・
結構神経を使いながらの作業でしたが、がんばりました。
裏表紙見返しに、自分の名前をクメール語と日本語で書いて完成。
(作業工程に関してHPに説明がありますよコチラ

わたしのワンピースねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本)
ほかには『ねないこだれだ』『どうぶつのおかあさん』もありましたね。
小さいころに読んだ本だけに「懐かしい」っていいながら。

ほんの少しのボランティアでしたが、カンボジアという国を身近に感じられ、
学びたくても学ぶ権利を奪われ、識字能力を持たない子どもがいるのだという現状を知ることができたいい機会になりました。
シールを貼った絵本は、来年発送されるそうです。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

 絵本のお話@ママカフェサロンDE絵本(50回目)

2013-02-17

15日(金)は、50回目のママカフェサロンDE絵本を行い、12組が参加してくださいました。
午後から雪に??というお天気でしたので、
いつもは、自転車で訪れてくださる方も、今回は電車は徒歩で来てくださるかたが多かったです。

実は、最寄りの駅には、エレベーターもエスカレーターもないんですよねえ。
子連れには、厳しい条件なんで、ぜひぜひ設置をお願いしたいです。
JR南武線、津田山駅

今月は「トイレ・パンツ」に関係する本を読みました。
2、3才のお子さんは、大うけしていましたね。
トイレトレーニングに関する考え方はさまざま。
案外うまくいったわ~という方もいれば、ずいぶん時間がかかってストレスになりました、という方もいます。

我が家は、夜のおねしょがとれる方に時間がかかりましたが、
お昼は、お友達がパンツになったのに刺激されて
「じゃあ、パンツにする」といって、ヒメ自らのやる気でおむつが取れたのを覚えています。

2013021512170000.jpg
工作は、木のぼり人形。
2本のヒモを交互に引っぱると、上に登っていく人形を、牛乳パックで作りました。
子どもがやりたい!という気持ちがあるなら、できるだけやらせてあげてほしいと思っているので、
ママが描いた絵の上から、クレヨンやペンで、かきなぐっている子どもたち。2013021512150000.jpg
3親子の力作と、夢中で遊んでくれている3才児

トイレにかけておいて、「じゃあ、お人形をひっぱりに、トイレに行こうか」
なんていう会話につながればいいなあと思って考えた工作です。
実用してもらえるかなあ?

前日がバレンタインデーでしたので、ケーキはチョコレートシフォンカップケーキでした。
しっとり、ほろ苦の大人の味で、今回も大変おいしゅうございました。

ママカフェには、二人目を出産後連れてきてくださる方も増えてきました。
今回一番小さかったのは、3か月の男の子。
この子の、お姉ちゃんも、最初に来てくれたのは4か月のとき。
あれから2年半の間に、20回も来てくれています。ささやかなプレゼントをお渡ししました。
今回で50回を迎えたママカフェサロンDE絵本に、20回も来てくれているんですから

ちなみに、最多記録は30回。現在も更新中。ともに歴史を刻んでくださっている親子さんです。

さて、次回は3月21日(木)10時半~12時
ご連絡は、画面右の「メールフォーム」からお願いします。
もしくは、以前取材をしていただきました、「リトルママ」さんのHP、もしくは、高津区チャレンジ事業のサイト内に記載の連絡先へお願いします。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 こねこのチョコレート

2013-02-14

こねこのチョコレート  B・K・ウィルソン/作 小林いづみ/訳 大社玲子/絵
こねこのチョコレートこねこのチョコレート
B.K. ウィルソン 大社 玲子

こぐま社 2004-11
売り上げランキング : 24799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
4才の女の子ジェニーには、3才の弟クリストファーがいます。
クリストファーのお誕生日の前に、ジェニーとお母さんは、買い物に行きました。
お母さんは、ヘリコプターのおもちゃを買い、ジェニーは、自分が持っている100円で、こねこのチョコレートを買うことにしました。
箱には、毛糸玉で遊んでいるこねこの絵が描いてあり、中には8つのチョコレートが入っていました。
その猫の絵は、ジェニーのうちで買っている黒ねこが小さかったころの姿によく似ていました。
うちに帰ると、お母さんはヘリコプターを食器棚の中に、ジェニーは、自分の部屋のたんすにチョコレートを隠しました。

その晩、ジェニーは、たんすの中のチョコレートが気になって眠れません。
「はこの中には、八ひきも こねこが いるのよ。あたしが ひとつくらい たべたって、クリストファーは、気にしないとおもうな」

さて、ジェニーはどうするのでしょう・・・?

<はじめて読んだ7才3ヶ月のヒメの反応>
チョコレートが苦手なヒメは、「そんなに食べたいの?なんでだろう?」と。ジェニーが結局全部たべてしまって、ちょっと気持ちわるいなと思いながら眠りについたという場面に、「え~!!」と声をあげていました。

<おすすめポイント>
弟にプレゼントするはずのチョコレートを、ひとつだけ、ひとつだけ・・といっているうちに、とうとう全部食べてしまうという物語のおもしろさ。
夜ベッドの中で、こねこのチョコレートのことを思って、自分と葛藤していく場面。また、暗闇でこっそり食べるときのジェニーの満足げな表情の挿絵がなんともいえずいいのです。
(大社玲子さんの絵、大好き!ちなみに、ひとつ前の記事の「なぞなぞのすきな女の子」の挿絵も、大社さんです。)

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
久しぶりに読もうとすると、「これね~、女の子が食べたいのを我慢できなくて、結局弟が泣いちゃうんだよね」と結論を言うもんだから、あまり好きではないのかと思っていたら、
この本のラストシーン、
「かしこい ティブルが、ちゃんと うまく やってくれたじゃないの」
と、ネコのティブルが赤ちゃんを産んだという結末に、「ネコが赤ちゃん産んでよかったね。もしこれがなかったら、このお話は、ホッとできないんだよね。」なんて言っています。

<まつりかの感想>
4才となれば、自分と他者の区別がはっきりしてきて、相手の立場からも考えることができ、感情をコントロールする力もついてくる頃。
ジェニーは、弟を喜ばせたいという気持ちでプレゼントを買うという点では、相手を思いやる気持ちがありました。
ところが、こねこのチョコレートが気になって眠れないという場面でも、少し食べてもクリストファーは気にしないと思う、という都合のいい解釈のもと、自分の気持ちを抑えることができずに食べてしまいます。そして、翌朝には、おばあちゃんから指摘され、そこで自分がしてしまったことを悔やんで泣くのです。

この物語には、4才児の等身大の姿が描かれていると思います。
「快」と「不快」の情緒が分化し尽くすころの年齢だけに、小さいながらも一丁前の人間として感情を揺さぶります。ですから、ジェニーと近い年齢の子は同化、共感しながら読み、ヒメのような小学生になると、幼い子の行動を客観して、笑いながら、つっこみながら読んでいくと思います。

ところで、今年のバレンタインも、ヒメは友チョコを配る!といいますので・・
一緒に材料を買いに行きはしましたが、「一人で作る!」というので、全部おまかせ。
チョコを溶かして型に流して、アラザンなどでトッピングするという簡単なものですけどね。
台所でもくもくと一人で作って、きれいにラッピングをしていました。
なかなか器用な手つきでね。よかった、私に似ないで


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 なぞなぞのすきな女の子

2013-02-12

なぞなぞのすきな女の子  松岡享子/作 大社玲子/絵
なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)
松岡 享子 大社 玲子

学習研究社 1973-02-10
売り上げランキング : 75063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
なぞなぞのすきな女の子は、毎日おかあさん相手になぞなぞをしていました。
とうとうある日おかあさんから、もうくたびれたので表へいって誰か別の人を探してやりなさい、と言われました。
なぞなぞ遊びをしてくれる相手を探しに森へ出かけると、オオカミに出会いました
オオカミは、おひるに食べる子どもを、探していたところでした。

女の子は、舌なめずりをしているオオカミに向かってなぞなぞを出します。
しっぽ ふとくて、口 ぱっくり。
しろい は ぎざぎざ とがってて、
まっかな したべろ ぺろりと たらし、
耳も くろけりゃ、 手も くろい。--なーんだ?


オオカミは答えが出せません。
女の子はオオカミに、難しい問題を考えるときには、頭に手をあてて目をつぶればいいのだといいました。
オオカミがいわれたとおりにすると、その隙に女の子はその場を逃げ出してうちに帰りました。

女の子は、森でオオカミに会ったことをおかあさんにいいます。
いっぽうオオカミは、頭に手をあて目をつぶったままの姿勢。
うさぎに声をかけられたので、女の子が出したなぞなぞのことを教えてあげると・・・・・

<はじめて読んだ6才3ヶ月のヒメの反応>
オオカミが登場する場面には終始息をのみながら聞いていました。
オオカミが考えた、答えが「女の子」というなぞなぞ、
「しろくて、やわらかくて、おいしいもの なあに?」
に、ヒメは「怖いこというねえ」と言いながらも、面白がっていました。

<おすすめポイント>
登場人物は、女の子と、そのおかあさん、オオカミ、ウサギの4人ですが、一場面に、登場するのは、二人だけ。
女の子+おかあさん女の子+オオカミ女の子+おかあさんオオカミ+ウサギ女の子+オオカミ、という場面展開です。

作者の松岡享子さんは、当時、指人形を手作りして文庫でお話をしておられたそうです。ある日、知人からいただいた、茶色のウール地でオオカミを作り、古いラクダ色のシャツで女の子とおかあさんを作りました。では、この3人を使ったお話を・・・というので、こちらのお話ができたのだそうです。

ですからお話のほとんどは、会話文です。一見おっとりしていそうだけど理髪な女の子の冴えた知恵で、まぬけなオオカミをもってやっつける内容が小気味いいです。

表表紙の見返しには、8つのなぞなぞ。裏表紙側の見返しには、その答えも書かれています。(けっこう難問)

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
「久しぶりに読んでみよ」と本棚から取り出し、一人で読んでいました。「この女の子、少しぽっちゃりしてて、おいしそうにみえる」だって。

<まつりかの感想>
絵本から幼年童話へ、そして、児童書への移行は難しいんだなあというのを実感しています。
読み聞かせから、一人読みの読書へということも。
ヒメは、本をそこに置いていたら手に取るという、本への抵抗はまったくないけれど、学校の図書室で借りてくる本は、場面がゲームのごとくかわっていくような展開の物語だったり。
ですから、今もヒメのための読み物も数冊借りてきて机にそっと置いておくことにしています。

脇明子さんの『読む力は生きる力』には、こんなことがかかれています。

映像メディア相手に育った子どもたちは、イメージを作る仕事は全部映像がやってくれますから、自前のイメージを作ることができません。そのために、絵本なら楽しめても、絵がなくなると立ち往生してしまうのです。そうなると、本を手にとる場合でも、なるべく絵が多いものを選びがちで、絵を手がかりに物語の世界に入り込んで楽しむのではなく、絵を次々に見て、せいぜいその説明として文字を読むだけになります。


 この「なぞなぞのすきな女の子」は、文章量はあっても、各ページに挿絵もあり、絵に頼って物語を楽しむことができます。もちろん、書き込みすぎてあるような絵ではなくあくまでも挿絵であり、物語の力で牽引していってくれるという点では、絵本から物語へという移行にいい本だといわれていることに納得です。
 大人が、挿絵に頼らずとも本が読めるのは、実体験の経験値があるからこそです。とはいえ、大人でも、読み進めていくエンジンが始動するための、最初の数ページには、時間がかかってしまいます。
そういう意味でも、子どもが絵にたよることなく、物語だけで想像をはたらかせるためには、最初に背中をおしてあげる力が必要なのかなという気もしています。

そうそう、今年、この「なぞなぞのすきな女の子」から40年のときを経て、「じゃんけんのすきな女の子」が出版されました。じゃんけんのすきな女の子 (キッズ文学館)
じゃんけんのすきな女の子 (キッズ文学館)
なにを決めるにもじゃんけんをする女の子のおはなし。なんと「なぞなぞのすきな女の子」の主人公とは、姉妹なんですって。お姉さんは、なぞなぞ好きで、妹はじゃんけん好きなんだなあ。おかあさんも、にぎやかな子どもたちの相手が大変だあ。こちらのお話には、お父さんも登場しています。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 おしくら・まんじゅう

2013-02-09

おしくら・まんじゅう かがくいひろし/作
おしくら・まんじゅうおしくら・まんじゅう
かがくい ひろし

ブロンズ新社 2009-04
売り上げランキング : 1618

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
そーれ
おしくら まん じゅう
おされて ぎゅー 
おされて ぎゅー
ぎゅー ぎゅー ぎゅー
おされて~


表紙にある紅白まんじゅうが、おしくらまんじゅうをしますよ。
でも2人でやるわけではなくて・・・間にお友達をはさんで、ぎゅーぎゅーぎゅー。

<はじめて読んだ8才7ヶ月のヒメの反応>
読み聞かせ会用に借りてきたものを、置いていたら「なにこれ」といって一人読み。
「読んでもらったほうが楽しそうだから、読んで~」と。うん、よくわかっているな。

<おすすめポイント>
かがくいひろしさんの絵本は、テンポのいい言い回しと、かわいくて、ユーモラスな絵が特徴。
集団読みに適したものが多いと思います。
ページをめくるタイミングや間合いを感じながら読むと、とても気持ちよく、読み進めるにつれて読み手との一体感の高まりが感じられる本です。

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
「あ、ひさしぶり」といってまたおもしろがって読んでいました。
おされて ひゅー おされて ひゅー ひゅー ひゅー ひゅー♪鼻歌をうたっています。

<まつりかの感想>
おしくらまんじゅうって昔はよくやりましたけど・・。
今の子どもはやらないのかな。
休み時間、寒い季節でも容赦なく校庭に出かければならなかったので、
円を描いてその中にみんなで入って背中合わせに腕を組み、
♪おしくらまんじゅう おされて なくな♪
と、押し合いへし合いしているうちに体が温まる。
誰かが円から出てしまうか、倒れこんでしまうかで決着するというだけの遊びだけど、
楽しかったなあ。大人になってからではやれない遊びです。

先日、この本を読み聞かせしたときにいてくれた1、2、3才児。
3才児は展開をじっとながめて結末のおもしろさに笑うという反応。2才児は、お母さんのお膝にすわってお尻を上下させて自らリズムを刻み、1才児はお母さんに抱っこで体をゆらしてもらっていました。
ある、1才2か月の女の子が、会がおわった後、わたしにむかってこの本を差し出してきました。
「読む?」と聞くと、体を左右にゆらして待っています。
読み始めると、他の1才児もやってきて、ふたりで体を揺らして聞いてくれていました。
今度は自分のお母さんのところに絵本を持っていき、お母さんの声に合わせて揺れています。

この子は「これ気に入った!」という本に出会えたんだなあと思いました。
そして、「読んで~」というサインに「はいはい」って応えてあげられる、その時間が持てるママたちがうらやましく感じられる一日でした。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 1月にヒメと読んだ本(9歳6か月)

2013-02-06

立春を過ぎ、寒さの中にも、春のにおいを感じることがあります。
今朝は、大雪か?の予報に、完全防寒で外出したかたも多かったのでは?
わたしも、相当の覚悟のもとに、みの虫さながらに体を包んでいましたが、かなり恥ずかしかった(^_^.)

 では9歳6か月、平成25年1月にヒメと読んだ本をメモ、メモ

『パパとわたし』 (マリア・ウェレニケ/作 宇野和美/訳 光村教育図書)
『富士山うたごよみ』 (俵万智/短歌・文 U.G.サトー/絵 福音館書店)
『よっつめの約束』 (高野優/著 主婦の友社)
『パパはジョニーっていうんだ』 (ボー・R.ホルムベルイ/作 エヴァ・エリクソン/絵 ひしきあきらこ/訳 BL出版)
『もりのおるすばん』 (丸山陽子/さく 童心社)
『ぼくとかあさん』 (いもとようこ/作・絵 金の星社)
『おにたのぼうし』 (あまんきみこ/ぶん いわさきちひろ/え ポプラ社)
『すみ鬼にげた』 (岩城範枝/作 松村公嗣/絵 福音館書店)
『アンナのうちはいつもにぎやか-アンナ・ハイビスカスのお話-』 (アティヌーケ/作 ローレン・トビア/絵 永瀬比奈/訳)
『まめのかぞえうた』 (西内ミナミ/さく 和歌山静子/え)
『韓国のごはん』 (銀城康子/文 いずみなほ/絵 星桂介/絵)
『十二支のしんねんかい』(みきつきみ/文 柳原良平/画 こぐま社)
『北風ふいてもさむくない』(あまんきみこ/文 西巻茅子/絵 福音館書店)
『となりのたぬき』(せなけいこ/作・絵 鈴木出版)
『ぎゅうぎゅうかぞく』(ねじめ正一/作 つちだのぶこ/絵 鈴木出版)
『泥かぶら』(眞山美保/原作 くすのきしげのり/文 伊藤秀男/絵 瑞雲舎)

なかでもお気に入りだった本たち・・
よっつめの約束もりのおるすばん (絵本・こどものひろば)パパはジョニーっていうんだすみ鬼にげた (福音館創作童話シリーズ)アンナ・ハイビスカスのお話  アンナのうちはいつもにぎやか富士山うたごよみ (日本傑作絵本シリーズ)泥かぶら


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 かえるをのんだととさん

2013-02-03

かえるをのんだととさん  日野 十成/再話  斎藤 隆夫/絵
かえるをのんだ ととさん(こどものとも絵本)かえるをのんだ ととさん(こどものとも絵本)
日野 十成 斎藤 隆夫

福音館書店 2008-01-25
売り上げランキング : 13388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
日本の昔話の再話。

むかし あるところに、 なかのいい ととさんと かかさんが すんでおったと。
あるひ ととさんの はらが いたくなったんだって。
そこで かかさんに いった。
「かかさん かかさん、はらが いたくて たまらん。どうしたら いいかのう」
「ととさん ととさん、 おてらの おしょうさまに きいてみなさると いい」


腹の中に虫がいるせいだから、カエルを飲むといいぞと、和尚さんは言うのです。
それを聞いたととさんは、カエルをつかまえて、ぺろっと飲みました。

でも、今度はそのカエルが腹の中をぺたらくたら歩いて気持ち悪い。
「かかさんやあ」
「おしょうさまに ききなされ」

和尚さまに聞くと・・
「ととさん、へびを のむと いいぞ」といった。

<はじめて読んだ4才0ヶ月のヒメの反応>
いろんなものを飲み込む場面に「え~っ」と言いながら、身を乗り出しながら次を待ちます。
ととさんが、「かかさんやあ」と尋ねたあとに、必ず「おしょうさまに ききなされ」というので、そのセリフを言うのを待ち構えています。

<おすすめポイント>
軽快なテンポですすむお話のおもしろさにぴったりの、滑稽な様子を表現した版画絵。
頼りなくちょっととぼけているととさん、きっぱりとしたかかさん、なんとも無責任なアドバイスをくれるおしょうさん。三者の特徴をとらえながら、読み方も工夫するとより面白いと思います。
おなかの痛みをおさえるために、カエルを飲み、そのカエルが悪さをするからと、へびを飲み、きじを飲み、猟師を飲み・・・と、「ありえない」けど、「理にかなっている」ということが、待ったなしで展開していきます。
そして最後は、飲み込んだ鬼を節分の豆で追い出す。おあとがよろしいようで。

<現在9才6ヶ月のヒメの反応>
「きじを飲むところが一番気持ち悪いんだよねえ」「鬼は出て行ったけど、それまでに食べたものはどうなったんだろう?」と。そうだね。どうなったんだろうなあ。

「図書ボでこの本読んでくれたら、絶対みんな喜ぶと思うよ~」とアドバイスされちゃいました。私もそう思う。でもね、残念ながら、毎年この時期の図書ボのシフトに入れていないの。

<まつりかの感想>
そもそも、どうしてととさんはおなかが痛くなったのか?
中表紙で、ととさんとかかさんが、縁側で串団子を食べています。
そう、そこから物語は始まっているんですね。
同じ団子を食べているけど、かかさんはおなかが痛くはなっていないわけで。
「おしょうさまに ききなされ」と、一言で言い放つ様子からして、ととさんが食い意地をはってしまったことにでもあきれたのか?いつものことだわ~と思ったのか?
理由を想像するのも楽しいけれど、いずれにしても、かかさんのこのセリフでもって、ページをめくり、次の展開にうつるという流れの繰り返しが、とても楽しい。

全部読み終えた後に、表紙の絵に戻ると、なるほど~。
おなかの中で、鬼、猟師、きじ、へび、かえるが走っていて、なんとも困った様子で首をかしげるととさん。
口承伝達の昔話を、絵本にするのは大変なことだと思いますが、この挿絵はイメージにぴったりです。
斉藤隆夫さんの挿絵では、『ずいとんさん』や『まほうつかいのでし』も好きですが、『かえるをのんだととさん』はとくにイイ!大好き!って思えます。
ずいとんさん―日本の昔話 (こどものとも傑作集)まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる (日本傑作絵本シリーズ)

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 だっこして

2013-02-01

だっこして   にしまきかやこ/作
だっこして (にしまきかやこ あかちゃんの本)だっこして (にしまきかやこ あかちゃんの本)
西巻 茅子

こぐま社 1995-05
売り上げランキング : 324219

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
だっこして と カンガルーの あかちゃん
はい だっこ 
よし よし と
カンガルーの かあさん


ひよこのぼうやも、くまのこちゃんも、「だっこして」。
うさぎのぴょんたは、ななこちゃんに「だっこして」。
ななこちゃんは・・?

<はじめて読んだ1才8ヶ月のヒメの反応>
この本は、ヒメを抱っこしながら読んでいました。「はいだっこ」というセリフがとても気持ち良くて、ヒメも「だっこして」よりは、「はいだっこ」の言葉を真似して言っていました。

<おすすめポイント>
「だっこして」、「はいだっこ」の繰り返し。
カンガルーは、おかあさんのおなかの中に、ひよこは、めんどりのおなかの下に、くまのこは、お父さんのたかいたかい。そしt、えうさぎのぴょんたは・・・あら、名前がついている?どうして?と思ったら、ぬいぐるみのよう。ぴょんたは、ななこちゃんに抱かれて、さらにななこちゃんは、おかあさんに抱っこされる。
うさぎのぴょんたの登場で、流れに変化が生じているところが、赤ちゃんの注意をひきよせます。

<現在9才6ヶ月のヒメの反応>
「かわいい本だね」といった後に、「ねえ、わたしもだっこしてよ」と強い口調で。(おお怖っ!)

<まつりかの感想>
現在ヒメの体重は・・おっと、乙女心を傷つけるかしら。でも言っちゃおう、28キロです。
この28キロが、なにかと「だっこして」とやってくる。
というか、「ちょっと、だっこしてよ」と、命令口調でやってくる。
そして抱き上げたら、お尻のところで持ち上げてほしいのだというので、私の腕もぷるぷる震えながら、「勘弁して!」と叫んでいます。
抱っこしてほしがるときは、彼女が疲れているときや、イライラしているとき。
自分の心を落ち着かせようとしているのでしょうか。
わたしも、面倒だなあ、重いしなあと思うのだけど、抱っこしていると、なんとなくこちらも落ち着いてくるのが不思議です。
なにより、どうしてイライラしたのか、どんないやなことがあったのかを、抱っこの時間で話してくれるのはありがたいなあと思っています。

この本のように、「だっこして」「はいだっこ」と言ってあげられているのって意外と短い期間なのかもしれませんね。
そのうち、「抱っこさせて」「いやだ」と言われちゃうかもしれないし。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2013/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。