スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 絵本のお話@ママカフェサロンDE絵本(52回目)

2013-04-27

4月26日(金)に、52回目となる、ママカフェサロンDE絵本を開催しました。
今回は、新規で訪れてくださったかたがたくさんいました。
おひさしぶり~で来てくださったママさんが、お友達をたくさん連れてきてくださったんですよ。
ありがとうございました。

ここに来るとき、よつ葉のクローバーを見つけた!といって手渡してくれたK君もありがとう。
ちっちゃな手で摘んできてくれました。
会場となっているところには、狭いながら自然があふれています。
タンポポ、カラスノエンドウ、オオイヌノフグリ、シロツメクサ、ハルジオン、カタバミ・・春の植物を見つけられる長閑さがあります。

さて、今月は「ねこが登場する絵本」を読みました。
あたたかくなって、のらねこちゃんが、日なたでお昼寝をしているのも見かけるようになってきましたから。
子どもにとって、身近な動物、ネコ。
でも、「ニャンニャン」は、「ワンワン」にはかなわないですよね~。
初語段階においては、イヌもネコも、「ワンワン」。
ゾウやキリンだって、「ワンワン」だったりする。
それが、いつの段階からか、「ワンワン」=イヌで、ネコに対して「ワンワン」とは言わなくなるんですもんね。子どもが言葉を獲得していく過程って興味深いです。

11ぴきのねこ「今日読んだ本で印象に残った本は?」とお尋ねしたところ、
もっとも多かったのが『11ぴきのねこ』(馬場のぼる/作 こぐま社)でした。

「子どもの頃に読んだ」「懐かしかった」などの理由で挙げてくれた方もいました。
他にもシリーズがあるんですよね?という質問もいただきました。
「あほうどり」に出てくるおいしそうなコロッケや、「ふくろのなか」に登場する化け物ウヒアハの存在は、ヒメも好きだったなあ。
11ぴきのねことあほうどり11ぴきのねこふくろのなか11ぴきのねことぶた11ぴきのねことへんなねこ (11ぴきのねこシリーズ)11ぴきのねこ どろんこ
数年前、銀座の教文館にて開催された、馬場のぼる没後10年記念展で見た、『11ぴきのねこマラソン大会』の原画はおもしろかったです。壁一面に貼られている中での絵さがしは、大人も夢中にさせてくれました。
11ぴきのねこマラソン大会 (絵巻えほん)

そして、今月の親子工作では、こいのぼりを作りましたよ。
過去に何度か、こいのぼりを作ってきましたが、今回はトイレットペーパーの芯を使って。

ケーキは、抹茶のシフォンでした。ふわっふわで、おいしかった~。

さて、次回は5月23日(木)10時半~12時
ご連絡は、画面右の「メールフォーム」からお願いします。
もしくは、以前取材をしていただきました、「リトルママ」さんのHP、もしくは、高津区チャレンジ事業のサイト内に記載の連絡先へお願いします。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : 行事・イベント
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

 いただきまあす

2013-04-24

いただきまあす  わたなべしげお/文  おおともやすお/絵
いただきまあす (くまくんの絵本)いただきまあす (くまくんの絵本)
わたなべ しげお おおとも やすお

福音館書店 1980-06-01
売り上げランキング : 132354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
くまくんは、これからお食事。
ひとりで椅子にのぼって、食卓につきます。

すーぷを のもうっと。
あら あら!

ぱんを たべようっと。
あいたっ!


フォークや、スプーンを使うのだけど、なかなかうまく食べられない。

とうすれば いいのかな?

<はじめて読んだ1才4ヶ月のヒメの反応>
このころから、ようやく自分で食べようという意志が出てきて、食べる量も増えてきたと記録してあります。
それまでは、自分でスプーンを持っているにもかかわらず、私が口に運ぶのを待っているような子でした。
もっとワイルドに手づかみ食べをしてほしいという欲もあり、私がこの絵本に出会わせてやりたかったのです。
(本人がどんな反応だったかの記録は書いていなかった・・)

<おすすめポイント>
なんでも自分でやりたがる、だけど、うまくいかない・・・、そんなイヤイヤ期の子どもの姿?は、共感をよぶと思います。
くまくんは、スプーンやフォークを上手に使って食べてみたい。
だけど、うまくいかない。そこで、「どうすれば いいのかな?」と考えます。
そこから、場面は急展開。食卓にある食べ物を、一つのお皿に全部まとめて、ぐちゃぐちゃ・・それを、手で食べていくのです。
場面ごとの短い文章は、絵が物語る余地を十分に残していて、イメージすることを喜びにしてくれるような本です。

<現在9才8ヶ月のヒメの反応>
自我が芽生える1才児から、2才のイヤイヤ期のお子さんが集まる場でよく読んでいる本。
今回も、机の上に置いていたこの絵本を、ヒメは自分で読んで「かわいいねえ!」と言っています。

<まつりかの感想>
ちゃんとスプーンを持って、口に運んで、手でつかまないで、こぼさないで!。
子どもが小さいときは、子どものやりたい!という意欲を重んじることなく、汚されたくなくて、こちらのペースで食事をさせることを続けていました。
コップ飲みについて、1才5か月のころの日記には、「自分でコップを持ちたがって、かんしゃくを起こす。」と。
私はこの時、ヒメにやらせてあげたのかなあ?
それとも、「こぼれるからやめて!」といって、私が飲ませたり、ストローをさしたりしたのかなあ?

今になって思うこと・・・子どもには失敗体験をさせてやったほうがいいってこと。
失敗させまいと先回りして手を出してしまう、とくにうちは一人っ子だから、目が行き届いてしまうというのもあるのでしょうが。

この絵本のくまくんの姿を見て、当時は「なんてしつけに悪い絵本だろう」って思っていましたが、それは大人の考え。
子どもは、絵本の主人公を見て、心をスカッとさせているかもしれないですね。
やってはいけないこと、親にダメでしょ!といわれることを、堂々としちゃっているくまくんを見て、心を開放して読んでいるんじゃないかなあ。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ 

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : おひさまからのてがみ 絵本講師 読み聞かせ

 3月にヒメと読んだ本(9歳8か月)

2013-04-06

気が付けば・・4月。
ヒメの学校は、5日に始業式があり、4年生になりました。

「わたし、まる子より大きくなったね!」とヒメ。
あらま、ほんとだ
まるちゃんは、小学3年生だもんね。
ということは、ワカメちゃんも超えたというわけだ。
こんなふうに、自分よりも上だと思っていた人が下になっていくということを経験していくんですね。

では9歳8か月、平成25年3月にヒメと読んだ本をメモ、メモ

『宿題ひきうけ株式会社』 (古田足日/作 長野ヒデ子/絵 理論社)
『ぼくのだ!わたしのよ!-3びきのけんかずきのかえるのはなし-』 (レオ=レオニ/作 谷川俊太郎/訳 好学社)
『ちくわのわーさん』『うどんのうーやん』 (岡田よしたか/さく ブロンズ新社)
『極楽-絵本-』(西川隆範/文 桝田英伸/監修 風濤社)
『地獄-絵本 千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵-』(白仁成昭/ほか 構成 風濤社)
『ギルガメシュ王ものがたり』 (ルドミラ・ゼーマン/文絵 松野正子/訳 岩波書店)
『いそっぷのおはなし』 (いそっぷ/〔原作〕 降矢なな/絵 木坂涼/再話 グランまま社)
『ふきまんぶく』 (田島征三/文・絵 偕成社)
『動物と話せる少女リリアーネ 4』『動物と話せる少女リリアーネ 5』 (タニヤ・シュテーブナー/著 中村智子/訳 学研教育出版)
『ぎょうれつ』 (中垣ゆたか/作 偕成社)
『ポテト・スープが大好きな猫』(テリー・ファリッシュ/作 バリー・ルート/絵 村上春樹/訳 講談社)
『ふわふわしっぽと小さな金のくつ』(デュ・ボウズ・ヘイワード/作 マージョリー・フラック/絵 羽島葉子/訳 Parco出版)
『ねずみとくじら』(ウィリアム・スタイグ/作 せたていじ/やく 評論社)
『ながいかみのむすめチャンファメイ』(君島久子/再話 後藤仁/画 福音館書店)
『三月ひなのつき』(石井桃子/さく 福音館書店)

なかでもお気に入りだった本たち・・
笑うチンパンジーのひみつ (動物と話せる少女リリアーネ)新版 宿題ひきうけ株式会社 (新・名作の愛蔵版)ねずみとくじら (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ふわふわしっぽと小さな金のくつぎょうれつ三月ひなのつき (福音館創作童話シリーズ)絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵絵本 極楽

春休みに、フィリピンのセブ島にいってきました。フィリピンの人の温かさ、おいしい食べ物。きれいな海。素敵なところでしたよ。
PIC_0070 (640x360)

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
03 ≪│2013/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。