スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 むのたけじ氏講演 第10期「絵本講師・養成講座」第2編

2013-07-30

 第10期「絵本講師・養成講座」東京会場の第2編が、7月27日(土)に行われました。
 むのたけじ先生は、御年98才。
「あと1年あまりで100歳になる、爺です。一期一会という言葉があるけれど、あなたたちと縁あって出会えた、今日、精一杯お話させてもらいます。」そう切り出された、むのたけじ氏はおよそ2時間もの間、太く力強い声で、時おり机を手で叩き、主張される迫力あるお姿に、胸が熱くなりました。
 東京外国語学校をご卒業され、報知新聞社を経て、朝日新聞社に入社。戦争中、朝日新聞の記者として従軍し、日本は負けるという事実を知りながら国民に伝えることが出来ずに敗戦の日を迎えたことに反省し、責任をとる形で退社され、その後うまれ故郷の秋田県で、週間新聞『たいまつ』を創刊。

 70年近いジャーナリストとしての人生の中で、講演活動も行っておられますが、近年、保育士の勉強会などに招かれる機会があるそうです。そして、今回は、「絵本で子育て」。どういうことなのだろうか?と、ご自身でも思うとのことですが、「これも今の世の中のめぐりあわせかもしれない」ともおっしゃられました。
 これまでは、「死ぬ時こそが一生のてっぺん」とあらゆる場面で発言なさっていたそうです。高齢化社会の日本、敬老だ、年寄りは大事に・・とはいうものの、実際は老醜・老愚・老痴などという、老人を卑下する言葉も多い。しかし、「老いた醜さがあるのなら、老いることで身に付く美しさもあるはずだ。年をとることには意味がある。」
 このように、人生の後半の部分に目を向けておられた氏ですが、保育分野からのお声がかかるようになったことなどをきっかけに学び、「乳幼児期は人間の生命の根幹となる時期である」ということに気づいたのだとおっしゃられました。そして、ご自身の子育てにおいても、子どもに対して、一人の人間として接していなかったのではないかという反省があるのだとも。
 その乳幼児期において、絵本の存在を語るうえで、人類のはじまりにまでさかのぼることができるのではないかとおっしゃいます。洞窟に描かれた壁画や、歌。二足歩行で歩き始めた人類の祖先が、相互伝達のためのツールとして用いたのは、絵と歌であろう。そう思うと、絵本を幼い子どもの遊び道具としてみるのではなく、もっと深く考える必要があるのではないか。
 「人類の命脈を守る、命の土台として守るための絵本。文化の本流である絵本。人間が人間らしく生きていけるために必要な絵本」このように語ってくださいました。
 
 今の若い子たちのことや、地球の今後についても言及されました。「これから必要なことは、平々凡々な人間が自分の知識をもって動き出すこと。自分をもっと大事にすること。自分はかけがえのない存在であり、自分を大切にできる人は、人を大切にすることにつながっていく。」平和と民主主義を唱えつづける、むの氏の言葉。世論と違っていたとしても、己をたいせつにし、己を信じていたからこその行動をとってこられたジャーナリスト精神は、この念なのかと思いました。

 数多くの著書の中で、私は「詩集たいまつⅥ」を手にしました。「わたしからのラブレターです。」とまえがきに書いてあります。このラブレターは1、2度読んだくらいで理解できるものではなさそうです。人生を重ねていくうえで、ことあるごとに手にとって読み返すことで、少しずつ理解できてくると思われます。
詞集たいまつ〈6〉

 「絵本講師・養成講座」も今年で10年。それを記念し、むの氏に講壇をお願いしたというのを事務局(NPO法人「絵本で子育て」センター)から昨年聞いておりましたが、私は氏のことを全く存じあげておりませんでした。それが、昨年秋に「完全版」として出版された『いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ』(朝日新聞社・編)の執筆者の中に、「むのたけじ」の名前をみつけたのです。完全版 いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ
むの氏の言葉を引用抜粋しますと・・

「私は最近小、中学生のみなさんと話し合ってみて、みなさんに共通する特徴があることに気がつきました。話す相手の年齢や社会的地位、お金持ちか貧乏かなどに関係なく、対等の立場で向き合う。考え方がしっかりしていて、不確かなものはあてにしない。友達を大切にする。相手の気持ちを思いやる。もちろん友達の命の尊さを知っています。そんなすてきな素質をそなえたみなさんの姿を知ったとき、これまでの日本人の歴史の中で最高に素晴らしい世代だとわかりました。」


 詳しくはぜひ本を手にしていただいて・・わたしのつたない言葉では到底真意がお伝えできないでしょうから。
この本で初めて出会い、その後テレビ朝日の報道ステーションで拝見し、そして、今回、直接お話をお聞きすることができて。冒頭に先生がおっしゃったように、「一期一会」の言葉をありがたく噛みしめた一日でした。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : 行事・イベント
genre : 育児

tag : 読み聞かせ 絵本講師 絵本講座

 絵本のお話@ママカフェサロンDE絵本

2013-07-29

今日は55回目となる、ママカフェサロンDE絵本を開催。
キャンセルが相次ぎまして、11組の参加となりました。
お子さんが手足口病になっているというかたや、ママが体調を崩されていたり、みなさんどうぞお大事になさってくださいね。

今回のテーマは「夏を感じる絵本」ということで、また4冊読みました。
中でもみなさんの反響があったのは『ありとすいか』(たむらしげる/作)
ありとすいか (名作絵本復刊シリーズ)
こちら、我が家でもヒメが小さい頃ずいぶんと楽しんだ絵本です。
ありの巣の中にめいっぱい入っていくスイカが面白い。
集団のよみきかせには、大型絵本がおすすめです。
今日は夏休みということもあって、幼稚園児も数人参加してくれたのですが、私が持っている大型絵本の前に立ちはだかり、くいついてくれていました。

工作は、牛乳パックとストローで作った、竹とんぼ。(竹ではないけど。)
1才児にはやはりママの手が必要でしたが、2,3、4才児たちは、上手に飛ばしていました。

ケーキは、パンプキンパウンドケーキ。
野菜が苦手~というお子さんも食べてくれていたようですね。ごちそうさまでした。

さて、次回は9月20日(金)10時半~12時
。8月は夏休みということでお休みです。
ご連絡は、画面右の「メールフォーム」からお願いします。
もしくは、以前取材をしていただきました、「リトルママ」さんのHP、もしくは、高津区チャレンジ事業のサイト内に記載の連絡先へお願いします。

ブログパーツ

theme : 行事・イベント
genre : 育児

tag : 読み聞かせ

 絵本のお話@すみれカフェ

2013-07-25

 関東は、梅雨が戻ってきたかのように、連日雨が続いています。
 24日に、すみれカフェにて、絵本で子育て教室「基礎編」を行いました。

 当日の朝にキャンセルが出てしまい、受講者がおひとりになってしまい・・・
どうしましょう、お天気ならまだしも。しかも遠方からお越しの方ですし・・ご本人に直接ご相談したところ、「じゃあお友達に声をかけてみます!」と言ってくださって、ご友人を誘い、さらにご自分のお母様もご同伴してくださっていました。

 というわけで、今回参加のお子さんは、10か月の男の子と、1才5か月になったばかりの女の子。
 男の子のママは、今からどんどん読んでいきたいけど、何を選んでいいかわからないんだそう。でも、おやすみ前に読む絵本はすでに決まっていて、その一冊を読んだら寝ましょうねというリズムがついているんですって。すごいな、10か月で。このおやすみ前に読む絵本と決めているのを、日中にも読んでもいいのかな?という質問をいただきました。ママは、おやすみ前の絵本と決めておきたいけれど、子どもは日中でもその本をママに持ってきて読んでほしそうにしているのであれば、断ることはないだろうと思います。いつもママがおやすみ前に読んでくれる、その心地よさを、日中にも体験したいのかもしれないし・・。
「もしかしたら、眠いから持ってきているのかしら」とママ。子どもがどんな気持ちなのかわからないけど、そうやって、この子は今なにを考えているのかな?と関心をもって接することが大切なのかもしれないね~という話になりました。

 女の子のママの方は、おうちに40冊くらいの絵本を持っていて、毎日読んであげているということでした。わたしが持参した絵本の中にも、お子さんお気に入りの絵本が何冊かあったようで、見知った絵本を手にとっては、ママに「はいどうぞ」をしていました。
 中でも絵さがし絵本がお気に入りのようで、『うずらちゃんのかくれんぼ』(きもとももこ/作)『きんぎょがにげた』(五味太郎/作)を読むと、得意げに指さしで絵を見つけてくれていました。
うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

 お二人がお友達同士だということもあり、和気藹々、3人でおしゃべりするような感じで過ごしました。お二人ともお天気の悪い中、ありがとうございました。おばあちゃまも、お子さんたちと遊んでくださって、ありがとうございました

 さて、次回は、【応用編】
9月25日(水)の開催となります。
 「基礎編を先にうけなきゃだめですか?」という質問をいただくこともありますが、大丈夫です。
応用編のあと、基礎編で、具体的な絵本に触れていくというのもいいかなと思いますので、お子さんの体調や、ママのご都合に合わせてアレンジなさってもいいかとおもいます。

25年度予定
【基礎編】絵本の選び方・読み方
        やってみようかな、それならできそう!のヒントを
      5/22(水), 7/24(水), 10/23(水), 1/22(水)
【応用編】読み聞かせがくれる贈り物
        読み聞かせを続けたくなるヒントを
      6/26(水), 9/25(水), 11/27(水), 2/26(水)

●参加費:1回 1,000円(資料代込)+カフェ代100円(セルフで飲み放題♪)  

   お子さん連れの方は、参考までにお子さんの月齢を教えてください。
   読み聞かせをとりいれながら、お話しをすすめていきます。

お問合せは 
    右にあります、メールフォームよりどうぞ。
※9月25日(水)の回のお申し込みは、前日の24日までにお願いします。  

ブログパーツ
 

theme : 行事・イベント
genre : 育児

 絵本のお話@ベビママひろば

2013-07-23

横浜市港北区大倉山で活動されている、子育てサークル・ベビママひろばさんにお招きいただき、絵本講座を行ってきました。

かれこれ3年?4年?のおつきあいなのですが、サークル運営をされているE先生と、一年に一度お会いして、お互いの近況報告をするのも楽しみ。
これまでのスタイルを継続しながらも、改善しつつ、新たなことに挑んでいかれているE先生のお話は学ぶところが多いですね。

さて、絵本講座の様子は、ベビママひろばさんのブログで、丁寧にご紹介してくださっています。

絵本を読みたいんだけど、聞いてくれない!時期のお子さんたちでしたから、講座中も、歩き回ったり、泣いたり、ぐずったり・・も多かったですが、そんな中でも、ママたちは耳を傾けてくださり、お子さんたちも、絵本を読み始めたら私の近くにずずず~っと寄ってきて、指さしをしてくれたりして、かわいかった
ママもお子さんも、がんばってくれてありがとうございました。
ざわざわして聞けないだろうな~の部分は、レジュメに書いているつもりなので、お家でご覧いただけたらと思います
印象に残った絵本があれば・・お書きください、とアンケートをとったところ、
講座の最後に読んだ『あなたがだいすき』(鈴木まもる/作)を選んでくださった方が多かったですね。
あなたがだいすき

講座の中では紹介しなかったのですが、持参していた『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』(バージニア・リー・バートン/作)を挙げてくださったかたも。電車好きのお子さんには、将来的に読んであげたい本かもしれないですねえ。
ちなみに、うちのヒメは、SLに乗ったことをきっかけに、この絵本に興味をもちました。
実体験を経て、絵本という仮想体験をすることで、体験が深まる。そして、その印象がいいものであれば、その子の原体験となっていくかもしれないです。(過去ログはコチラ
いたずらきかんしゃちゅうちゅう (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

みなさんの絵本で子育ての時間に、お役に立てそうなお話が少しでもあったなら幸いです。
どうもありがとうございました。

ブログパーツ

theme : 行事・イベント
genre : 育児

tag : 読み聞かせ 絵本講師 絵本講座

 夏休み・・読書感想文に挑戦してみるぅ?

2013-07-20

またまたご無沙汰していました。
あっという間に、夏休みに突入!
宿題のプリントもたくさんもらってかえってきていましたが、プリント以外にも、自由研究や工作、絵画、読書感想文という課題の中から、なにか1つは取り組みましょうということらしいのです。

今夏も読書感想文に挑戦してみたいというヒメですが、課題図書になった本では『メガネをかけたら』と『こおり』だけは以前読んだことが。
課題図書に選ばれると、図書館の予約が殺到するようで。
ちなみに、わが町の図書館で、今日現在予約件数が150件越えしている課題図書は、『メガネをかけたら』『くりぃむパン』『ジャコのお菓子な学校』でした。

第59回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書小学生の部は・・・
メガネをかけたら
メガネをかけたら
なみだひっこんでろ (おはなしトントン)
なみだひっこんでろ (おはなしトントン)
わたしのいちばん あのこの1ばん (ポプラせかいの絵本)
わたしのいちばん あのこの1ばん (ポプラせかいの絵本)
いっしょだよ
いっしょだよ
くりぃむパン
くりぃむパン
ジャコのお菓子な学校 (文研じゅべにーる)
ジャコのお菓子な学校 (文研じゅべにーる)
こおり (たくさんのふしぎ傑作集)
こおり (たくさんのふしぎ傑作集)
ゾウの森とポテトチップス (そうえん社写真のえほん)
ゾウの森とポテトチップス (そうえん社写真のえほん)
オムレツ屋へようこそ!
オムレツ屋へようこそ!
有松の庄九郎
有松の庄九郎
はるかなるアフガニスタン (講談社文学の扉)
はるかなるアフガニスタン (講談社文学の扉)
永遠に捨てない服が着たい―太陽の写真家と子どもたちのエコ革命
永遠に捨てない服が着たい―太陽の写真家と子どもたちのエコ革命

個人的には、低学年の部で選ばれている、『なみだひっこんでろ』。岩瀬成子さん作というのが惹かれます。。
ノンフィクションの『永遠に捨てない服が着たい:太陽の写真家と子どもたちのエコ革命』も読んでみたいなあ。

ブログパーツ

 6月にヒメと読んだ本(9歳11か月)

2013-07-08

ごぶさたしています。
なんだか、毎日があっという間にすぎて・・・
パソコンに向かっていても、ブログに向かうことができない日々。

そうこうしている間に、ヒメは10歳になりまして(^_^.)
とうとう、「つ」が付く年齢ではなくなったんですね。
ヒメにそのことをいうと、涙ぐみながら「もう戻れないんだねえ」なんていっていましたが、
こんなかわいらしいところもあるかと思えば、
生意気な発言でわたしの怒りに火をつける。
最近は言い負かされることも
それもこれも、成長の大事な過程なんだということにしておきましょう。

というわけで、9歳最後の月に、ヒメが読んだ本たちをメモ

『しましまとぽちぽち』 (ダーロフ・イプカー/作 やましたはるお/訳 BL出版)
『おならゴリラ』 (もりやしげやす/作 北村直子/絵 偕成社)
『さかな1ぴきなまのまま』(佐野洋子/さく・え フレーベル館)
『みんなの家出』(藤田のぼる/作 早川純子/画 福音館書店)
『夜のスイッチ』(レイ・ブラッドベリ/文 マデリン・ゲキエア/絵 北山克彦/訳 晶文社)
『とくんとくん』 (片山令子/文 片山健/絵 福音館書店)
『ねこのくにのおきゃくさま』 (城ノ内まつ子/作 大畑いくの/絵 岩崎書店)
『おそらにはてはあるの?』(佐治晴夫/文 井沢洋二/絵 玉川大学出版部)
『にげだしたひげ』 (シビル・ウェッタシンハ/さく のぐちただし/やく 福武書店)
『おじいさんのハーモニカ』(ヘレン・V・グリフィス/作 ジェイムズ・スティーブンソン/絵 今村葦子/訳あすなろ書房)
『歯いしゃのチュー先生』(ウィリアム・スタイグ/ぶんとえ うつみまお/やく 評論社)
『おとうさんをまって』(片山令子/さく スズキコージ/え 福音館書店)
『ホーキのララ』(沢木耕太郎/作 貴納大輔/絵 講談社)
『あたしもびょうきになりたいな!』(フランツ=ブランデンベルク/作 アリキ=ブランデンベルク/絵 ふくもとゆみこ/訳 偕成社)
『おどりトラ-韓国・朝鮮の昔話-』(金森襄作/再話 鄭【スク】香/画 福音館書店)
『しろいかみのサーカス』(たにうちつねお/作 いちかわかつひろ/写真 福音館書店)
『魔法のゆび』(ロアルド・ダール/著 クェンティン・ブレイク/絵 評論社)
『ながいながいペンギンのはなし』(いぬいとみこ/作 山田三郎/画 理論社)
『月の輪グマ』(椋鳩十/著 小峰書店)
『チームふたり』(吉野万理子/作 宮尾和孝/絵 学研)


なかでもお気に入りだった本たち・・
おならゴリラ歯いしゃのチュー先生 (児童図書館・絵本の部屋)みんなの家出 (福音館創作童話シリーズ)おどりトラ―韓国・朝鮮の昔話 (こどものとも世界昔ばなしの旅)魔法のゆび (ロアルド・ダールコレクション 3)チームふたり (学研の新・創作)

映画『玄牝』(げんぴん)を、10歳になったヒメと見ました。
河瀬直美監督・撮影の2010年の映画ですが、川崎の市民ミュージアムでは、「かぞく」そして「いのち」を想う-というテーマで、この映画が上映されています。
愛知県岡崎市にある吉村医院は、自然分娩を行う産院。江戸時代のような暮らしをすることで、つまり妊婦であってもゴロゴロ、ダラダラしないで、よく動く。薪割をしたり、スクワットをしながら壁の雑巾がけをして、自然の中で自分と向き合うことで、お産が痛い、苦しいという思い込みや、初産での医療行為での辛い記憶を少なくし、命と向き合う妊婦たちのドキュメント。出産場面で、「生まれてきてくれてありがとう」と赤ちゃんを抱き、涙を流す母親の姿に、感動します。母親が命を生み出す映像を見て、ヒメがどう感じたかは定かではありません。
でも、これから思春期へと向かっていくヒメが、生や死というものを考え、悩むようなことがきたときに、私と一緒に映画を見に行ったときのことを思いだして、前を向いて生きていってくれたら・・と願います。

ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
06 ≪│2013/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。