スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 うめぼし

2013-08-18

うめぼし  石橋國男/指導 辰巳芳子/料理 山本明義/写真
うめぼし (フレーベル館だいすきしぜん たべもの)うめぼし (フレーベル館だいすきしぜん たべもの)
石橋 國男 山本 明義 辰巳 芳子

フレーベル館 2007-10
売り上げランキング : 637826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
梅から梅干しにしていく過程が語られた写真絵本。
以下のような見出しで構成されています。

・すっぱい み
・うめの はな
・はなから みへ
・うめぼしを つくろう
・しおを まぶして・・・
・すきまが ないように つめて・・・
・みずが でてきたよ!
・あかい うめぼしは・・
・つゆが あけたら・・・
・うめの ひなたぼっこ
・しわしわに なった み
・おにぎり ぎゅっ ぎゅっ!


<はじめて読んだ5才0ヶ月のヒメの反応>
梅干しを漬けてみたいなあ~と思っていたときに、料理本ではなく、絵本でなら子どもと一緒に楽しめるかも、と思って読みました。しかし、結局、青梅をジュースや梅酒にしただけで、黄梅を購入するタイミングを失い梅干し作りは断念しました。

<おすすめポイント>
この絵本は、「だいすき しぜん たべもの」のシリーズのうちの1冊。
絵本から自然へ。
自然から絵本へ。
身近な自然に親しみながら、科学する心が育つ絵本です。

という前書きのとおり、絵本を通して好奇心をもたせ、実体験のきっかけとなると思います。

「おうちのひとといっしょにみるページ」は、役に立つことがたくさん。梅を漬けるときの注意点や、梅酢の利用のしかた、梅干しを使って魚や野菜を煮る方法なども。レンコンを煮るときに、梅干しをいれると、シャキシャキ感が残ると描いてあります。(実際やってみると、本当にシャキッとした歯ごたえがありました。)
なんたって、お料理研究家の辰巳芳子さんが携わっておられるのですから、間違いない。

<現在10才1ヶ月のヒメの反応>
今年こそは・・と、梅干しを漬けてみました。私の方がこの本に夢中。ヒメは、赤紫蘇をもみこむところと、土用干しのお手伝いだけだったので、この本の中でもその場面だけは丁寧に読んでいました。

<まつりかの感想>
039_convert_20120305031950.jpg黄梅を購入したのが、もう梅のラスト!!!という時期。わずかに残っていた1キロの梅。
7月の半ばにさしかかった、梅雨明け宣言はまだだけど真夏日が続いているというころでした。
塩漬けをして、そろそろ梅酢があがってきたころかなというころには、今度は雨模様。
3日続けて干すことなんて難しい、ぐずついた天気が続いていました。
結局土用もすぎて、7月最終週になり、快晴を待つことも限界・・ということで、時折のぞかせるお日様を頼りに、干してみました。
できあがりはね・・・うん、しょっぱいけど、こんなもんかな。

カビが生えないか、泡が出ないか心配しながら梅酢が上がるのを待ち、いざ干すとなると空とにらめっこ。
夕立にあうのではないかと思うと、干したまま出かけるのもままならず。
わずか40数粒の梅が気がかりで仕方なかった数週間でした。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

 絵本のお話@新米ママ講座

2013-08-10

8月9日(金)高津市民館で開催されている、新米ママのための連続子育て講座の1コマということで、
「赤ちゃんとの絵本のたのしみ」のお話をさせていただきました。

講座の企画担当者からは、「今回は、絵本の話だけでなくて、どうして地域の子育て支援活動をすることになったのか、子育て中だからこそできることはあるか?というところでのお話してほしい・・」とのことでしたので、絵本講師をきっかけに、子育て支援活動にいたった経緯なども少し交えてお話しました。
受講者の中には、支援センターで出会ったことのあるママもちらほら。おかげで緊張もほぐれました。

この講座、10回連続講座ということですが、私が担当したのが5回目。
「暑いね~今日はバスで来たの。」とか、「最近つかまり立ちができるようになったんだよ~」なんていう会話が聞こえてきたところをみると、何度か顔を合わせる間に、交流が深まっているんだろうなと、感じました。

わたしは、ヒメの出産前後1年は、転勤が続き、孤独を感じる子育てでしたから・・・
今日は一度も大人と会話をしなかったな・・・っていう日が、続くこともありました。
「おなかすいたの」「おむつかえようね」と話しかけても、子どもは「うん、おなかすいた」「早く替えて」なんて言ってくるわけでもないし(^_^.)。とはいっても、とても人にはお見せできないようなテンションで、いっぱい話かけていました。

児童館などで見聞きした手遊びをやってみたり、歌をうたったり、絵本を読んだり。
アーアー、ウーウー言っているだけの赤ちゃんに向かって、読んでもなにか意味があるのかな?いいことあるのかな?なんて思いながらも、
「いないいないばあ にゃあにゃあが ほらほら いないいないばあ」(『いないいないばあ』童心社)
「なにか かくれてるよ でてこい でてこい」(『でてこい でてこい』福音館書店)
「すいか さあどうぞ もも さあどうぞ」(『くだもの』福音館書店)
これらの言葉を声に出していると、普段使ったことのないような、心地の良いしらべと、丁寧な日本語に、ゆったりした気持ちになれたものです。同時に、普段自分が使っている言葉や生活の中で耳にする言葉が、忙しく、乱れているということにも気づかされました。
子育てをしていると、世間から置いてきぼりになったような、自分を見失ったような気がして息が詰まると感じることも、もしかしたらあるかもしれません。でもそんなとき、絵本の言葉を声に出すと、遠い記憶の中の子ども心が目覚め、子どもの時間に付き合ってみようか・・・って思えるかも。絵本を子育ての味方にして、子どもとの時間が豊かになれたらいいですね。
なんていいながら・・・このころに戻ってゆったりした時間をもう一度持ちたい・・・ガミガミ母さんVSヒメの「熱い」夏休みはまだまだ続く

ブログパーツ

theme : 行事・イベント
genre : 育児

 7月にヒメが読んだ本(10歳0か月)

2013-08-06

子どもへのよみきかせは10歳まで・・・
なんて言葉をよく聞きます。
その「10歳」になった、7月。
これまでは記事タイトルも「●月にヒメと読んだ本」としていましたが、
今月からは「●月にヒメが・・・」にしようかと。
「ヒメと」と「ヒメが」の違いですが。
とはいえ、ずいぶん前から、私と一緒に読んでいる本よりも、ヒメが一人で読んでいる方が多いんですけどね。

ヒメと読む本は、絵本ばかり。
もう児童書を一緒に読み合うこともなくなりました。
一人の世界で読み進めたいのでしょうね。
絵本って、絵をじっくりみたいから、読んでもらうほうが子どもにとっても楽なのでしょうか。
ヒメが絵本を「読んで」と持ってくる理由は、絵をじっくり見たいかららしいです。

というわけで、
10歳最初の月に、ヒメが読んだ本たちをメモ

『こおり』 (前野紀一/文 斉藤俊行/絵 福音館書店)
『ガラスめだまときんのつののヤギ』 (田中かな子/訳 スズキコージ/画 福音館書店)
『はだかのサイ』(ミヒャエル・エンデ/作 ヨッヘン・シュトゥーアマン/絵 佐々木田鶴子/訳 フレーベル館)
『うみのおまつりどどんせ』(さとうわきこ/さく・え 福音館書店)
『れいぞうこのなつやすみ』(村上しいこ/さく 長谷川義史/え PHP研究所)
『おかえし』 (村山桂子/さく 織茂恭子/え 福音館書店)
『たったひとつのねがいごと』 (バーバラ・マクリントック/作 福本友美子/訳 ほるぷ出版)
『ひっこしだいさくせん』(たしろちさと/作・絵 ほるぷ出版)
『せみとりめいじん』 (かみやしん/作 奥本大三郎/監修 福音館書店)
『あさがお』(荒井真紀/文・絵 金の星社)
『はなびドーン』(カズコ G.ストーン/さく 童心社)
『ちいさな1』(アン・ランド/作 ポール・ランド/作 谷川俊太郎/訳 ほるぷ出版)
『はじめての旅』(木下晋/文・絵 福音館書店)
『どでかいワニの話』(ロアルド・ダール/著 クェンティン・ブレイク/絵 評論社)
『したかみ村の牧師さん』(ロアルド・ダール/著 クェンティン・ブレイク/絵 評論社)


なかでもお気に入りだった本たち・・
こおり (たくさんのふしぎ傑作集)はだかのサイひっこしだいさくせん―5ひきのすてきなねずみはじめての旅 (日本傑作絵本シリーズ)どでかいワニの話 (ロアルド・ダールコレクション 8)


ただいま実家に帰省中。
今年は短い滞在ですが・・海に行ってきました。

海にわんさと人がいて、音楽が鳴る中で過ごすのって苦手です。
今日の海は、私の両親とヒメと、他に3家族のみ。
波の音と、人の声と、鳥の声・・ただそれだけ。田舎は、ほっとします。
ブログパーツ

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
07 ≪│2013/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。