スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 なにをたべてきたの?

2006-09-13

なにをたべてきたの? 岸田衿子/文 長野博一/絵025188670000_s.jpg

<どんな絵本?>
おなかがすいた「しろぶたくん」は、何か食べものを探しています。そして・・
りんご りんご
おいしそうな きれいな りんご
いただきまーす


すると、りんごを食べた「しろぶたくん」の体に赤い○がほわっと浮かびます。
おや しろぶたくんかい いつもとすこしちがうみたい

まだおなかがすいている「しろぶたくん」
レモン、メロン、ぶどうを見つけおいしそうに食べると、そのたびに体に黄色緑色紫色の○が・・
仲間の豚くんたちにも、
なんだか きれいになったみたい
といわれます。

まだおなかがすいている「しろぶたくん」は、
石鹸をみつけて
これを たべたら もっと きれいに なるかな?
でも、石鹸を食べたとたんおなかのなかは泡だらけ・・
つるんとすべって転げ落ちて、疲れて動けなくなった「しろぶたくん」の鼻からはシャボン玉がぽわ~ん。
せっけんが おなかの なかから にげていくう!
お友達の豚たちに出会った「しろぶたくん」は、自分がいつもとちがうか尋ねます。
いつもと おんなじだよ
でも まえより おおきくなったみたい
なにと なにを たべてきたの?


<初めて読んだ2才10ヶ月のヒメの反応>大きく描かれたりんごやメロンを見て、「いただきまーす」と本にかじりつきます。石鹸を食べるしろぶたくんが、疲れて地面にべたっとのびて、「ふーっ うごけないよ」という場面がお気に入りです。

<おすすめポイント>ストーリーの発想と組み立てに感心します。食べたものと同じ色が体を淡く染め、そのたびに仲間の豚くんに「なんかちがう」「きれいになった」といわれることの繰り返しも次はどうなるの?と期待させてくれます。
 「しろぶたくん」は自分の体がカラフルになっているのが見えないため、どこがどうきれいになっているのか分かっていません。褒められると、もっときれいになりたくて、石鹸を食べてしまうのだけど、結局色が落ちてしまって元の体の色に戻ってしまうという結末も面白い。
 優しい線画と淡い色使いで、愛らしく滑稽に描かれた豚。食べ物を食べる場面の豚と食べ物の構図は迫力満点。余白をたっぷりつかい、全体的にしろっぽさを強調しているため、しろぶたくんを染めていくカラフルな○がひきたって効果的でうす。

<現在3才2ヶ月のヒメの反応>食べ物をたべるときの「しろぶたくん」の表情に大笑い。「いただきまーす」を一緒に大声でいい、むしゃむしゃ食べるマネをしています。とくに酸っぱそうに目をぎゅっととじてレモンを食べている顔が大好きです。「なにとなにをたべてきたの?」で終わる文章に対して、「りんごと~レモンと~・・・で、最後に石鹸食べたのよ」と答えています。

<まつりかの感想>
 先日ヒメとシャボン玉をしているとき、光りの当たり方で何色も輝いて見えるのを見て、岸田衿子さんがこのお話を思いついたのは、もしかしたらシャボン玉を見てなのじゃないか・・・なんて思いました。
 最初読んだときは、豚が食べるシーンの幸せそうな顔が印象に残るくらいで、それほど面白さを感じなかった本ですし、ヒメもそれほど反応はなかったのです。しかし、繰り返し読んでいくうちに親子共々お気に入りの本になりました。
 しろぶたくん以外に、いろんな種類の豚がでてくるところや、色、果物も色々出てきます。「なにをたべてきたの?」という質問に子どもの思考が働きますし。
 つまり、教材のように使おうと思えばその要素がたっぷりの絵本かもしれません。でも「食べたものを順番にいってみよう」とか、「どうして元のしろぶたになったのでしょう?」なんてことを聞くのはナンセンス。そんなことを尋ねなくても、子どもは自然に絵本から感じ取って楽しんでいるんだと実感しています。
 

 

関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

おひさしぶりです~こんにちわヾ(@⌒∇⌒@)ノ
まつりかさんのヒメちゃんももう3才になったんですねぇ~
早いなぁ
3才になったらいろんなことぺらぺらじゃべるようになって自分でも大抵のことはできるんだけど、できないこともしたがったりして大変でしょv-410
ヒメちゃんはそぅないかな?i-179
絵本たくさん読んであげてますね~すごーぃ。
私。。。今は忙しくて読んであげてないんですv-13時間ができたら読んであげないとなi-229

まつりかさん、こんにちは!
わぁ~~♪
この絵本もぜひTBさせていただきたいです!
私、この絵本の記事が上手くかけなかったんです。特にいろの部分は、やっぱり色字が
使いたいナv-16と思いました。
いつも、まつりかさんの記事ですっきりさせて
もらってます。

“りんごりんご”になぜか惹かれてしまうわ~(^^)
この絵本以前他のひとに薦められて、、、
本屋で探してはいるんですけど、、、
最近絵本熱が下降ぎみだったけどやっぱりほしくなっちゃったデス(^^)

わたしも最初は、この絵本にはまれませんでした。
でも、こどもたちが結構好きで、読んでいくうちに愛着が湧いてきました。

そうそう、質問はだめですね。
子どもはお話の世界に浸っているわけだから、それを壊す行為はナンセンスですね。
そういうことをされると、絵本嫌いになってしまいますね。

リンクありがとうございました。

まりあさん
そう、もう3才ですよ。
今はイヤイヤが多くて手を焼いています(~_~;)まあ、おもしろいことも沢山あるけどね。
忙しいとは思うけど、まりあさんも絵本読んであげてみてくださいね。
気合いをいれようと思ったら億劫に思うかもしれないけど、5分もあれば読めと思うので。


わかなさん
TBできなくてまたまたごめんなさいね。
たしかにわたしもこの本の記事書くの難しかったです。
他の方がどんなふうに紹介されてるのか見てみたいなあ。そのためにもTB・・・なんとかしたいよ~~


りんごさん
そうそう、「りんごりんご」の部分・・りんごちゃんのことわたしも思い出してましたよ。
絵本熱が下がってきたときは、自分や子どもの興味のあるものや、季節にあったものを手にするのもいいかも。


アテナさん
私は一回読んだだけで「これいいな」って思うものとそうでないものの差がすごく大きいんですよ。一回でよさのわからなかったものをしばらくたって読むと、いいと思えたりすることもあるってことが最近わかるようになりました。

楽しそうな絵本!!
食べたものによって色が追加されていくのが面白いですね。
読み聞かせをしながら子供との会話も広がりそうですね。

京女さん
そうですね。どっと笑えるわけでもなく、感動するわけでもないけれど、なんとなく癒される本です

子供は自然に絵本から感じ取って楽しんでいる←いい言葉ですね。
お勉強的要素が入ると子供はとたんにつまらなくなりますもの。
シャボン玉からこの絵本を連想するなんて、まつりかさん素敵!

うっちゃんさん
最近、ある幼児教室のパンフレットに「教材に絵本をとりいれました」という文章を見たんです。
ああ~~この考えは違うよな~~って。

こんばんは。
この絵本息子たちが大好きでよく読みました。
今でもフレーズを覚えているほどです。

絵本を教材に使うなんてナンセンス!ですね。。。

ところで、わかなさんのコメントを読んで気がついたのですが、
こちらのブログはFC"のブログ以外からはTBできないのですか?
以前TBさせてもらおうと思ったら、URLのコピーがどうしてもできなかったのですが、そういうわけだったのですね??

めーべるさん
本当に申し訳ありません。
FC2の方はTBいただいているのですが、なぜかそのほかのブログのかたからはエラー表示が出るみたいで。

まつりかさん、おひさしぶりです。
しろぶたくん、懐かしくて思わずコメントしちゃいます。
くいしんぼの長男の大のお気に入りの本でした。
もう、表紙もはずれてクタクタになるまで読みました。
たぶん今でも全文暗唱できますよ(^^ゞ
まつりかさんの文章がいつも素晴らしくて、
自分の好きな本を紹介してもらえると妙に満足してしまって、
自分では書かなくなっちゃう私です(笑)

まつりかさんはじめまして、こんにちは。
うちにも同じ年頃の子供がいるので、紹介されている絵本いつも楽しみにしてます。この本は読んでみたいのですが、先日図書館に行ったらなかったです。今度本屋さんで探してみまーす。

riruさん
こちらこそご無沙汰しています。
そうですか、そんなに息子さんのお気に入りの1冊だったとは。
私の回りくどい文章は、後で読み返して恥ずかしくなるくらいなんですけどね。
でも、こうして最後まで読んでくださってコメントをいただけることを励みに、文章力をつけていけたらと思っています。
わたしもriruさんの記事楽しみにしてますよ

みっちゃんさん
はじめまして。
ごらん頂いていて光栄です。
これからもコメント残していってくださいね。
図書館ではよく貸し出し中になっている本の一つだと思います。
書店にあるといいですね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。