スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 おおきなおおきなおいも

2006-10-18

おおきなおおきなおいも  赤羽末吉/作・絵
おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践によるおおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による
赤羽 末吉

福音館書店 1972-10
売り上げランキング : 2494

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
新宿区鶴巻幼稚園という実在する園での教育実践の中で生まれた絵本。

いもほり遠足は雨が降ってしまい、一週間延期されることになりました。それでも行きたいとだだをこねる子ども達に、先生はこういいます。
だいじょうぶ だいじょうぶ おいもはね
1つ ねると むくっと おおきくなって
2つ ねると むくっ むくっと おおきくなって
3つ ねると むくっ むくっ むくっと おおきくなって
4つ ねて 5つ ねて 6つ ねて 7つ ねると
いっぱい おおきくなって まっててくれるよ
 

それをきいた子ども達は、「こーんなにおおきくなっているかな?」と体をつかって表現します。それから、先生から紙と筆と絵の具をもらい、紙をつなげて、おおきなおいもの絵を描きはじめ・・
出来上がった絵のお芋のあまりの大きさに先生も尻もちをついて驚きます。
こーんな おおきな おいも どうやって ほりだすの?
先生の質問に、子ども達はあれこれ考えて、今度は掘り出したおいもをどうやって運ぶのか、そのあとそのお芋をどうやって洗うのか・・・次々話は発展していき、プールにうかべて舟にして、そのあと恐竜いもざうるすにして・・いっぱい遊んだあとは、みんなでお料理して食べて、おなかいっぱいになったから、おなかにガスがたまり、おならで宇宙まで飛んでいく。夕焼け雲をみつけた子ども達は
ゆうがただから かーえろ
くもに のって かーえろ


<初めて読んだ2才9ヶ月のヒメの反応>子ども達が、紙をつなげて大きなお芋の絵を描く場面と、できあがったお芋の絵が、「まだまだ」「まだまだ」とページをめくってもめくってもつづくところに笑い転げていました。
みんなで「おいもパーティー」をしている場面も、絵をじっくりみて楽しんでいました。

<おすすめポイント>子どもの考えがそのまま反映されたストーリー。おいもひとつで、どんどん発展していく空想の世界。それを、まるで子どもが描いたかのような線画であらわされています。サツマイモの赤紫色だけに色がつけられ、22×16㎝で88ページという絵本とは思えない冊子でまとめられているのも珍しいです。

<現在3才3ヶ月のヒメの反応>秋になり、サツマイモを頻繁に見かけるようになってからは益々この本が好きに。おならで体が宙に浮くという話がツボにはまったみたいで、「いもらす1号」「いもらす2号」に笑っています。

<まつりかの感想>
 子どもの想像力と創造力の素晴らしさを、存分に楽しめる絵本だと思います。
 幼稚園の実践から生まれた本ということですが、このような子どもの創造力は、先生の素晴らしい誘導がなければここまでの話にはならなかっただろうと思うのです。
 この絵本には、先生の上手い引き出しもありますが、1人の子が何かをいうと、別の子がまた違うアイデアを出すといった流れの中でどんどん話が発展していくということが多々あります。「もしもこんなふうになったら楽しいだろうな」そういう空想が集団の中で行われると、こんなにもダイナミックなものになるということも伝えてくれているのでしょう。
 今後芋ほりをするときには、この絵本を思い出すことでしょうし、そこから独自の創造をしていくかもしれませんね。

関連記事

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おおきなおおきなおいも

おおきなおおきなおいも  赤羽末吉/作・絵おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による赤羽 末吉 福音館書店 1972-10売り上げランキング : 2494Amazonで詳しく見る by G-Tools<どんな絵本?>新宿区鶴巻幼稚

おおきなおおきなおいも

おおきなおおきなおいも  赤羽末吉/作・絵おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による赤羽 末吉 福音館書店 1972-10売り上げランキング : 2494Amazonで詳しく見る by G-Tools<どんな絵本?>新宿区鶴巻幼稚

おおきーーーぃ!

『おおきな おおきな おいも』作・絵 赤羽末吉  福音館書店おっきーーーぃ!子供たちから歓声が上がるのは保証します。表紙は何やらちょっぴり怖いような魚? 怪獣?いえ、これはおいも。楽しみにしていたお芋堀りが雨で延期になってしまった

コメントの投稿

非公開コメント

これをブログに載せようか検討していたところだったのですv-237
小学校のとき、担任の先生が読んでくれて思い出の1冊です。
去年小学校でも読み、大好評v-345
図書館には大型の絵巻物もあるらしく、来月長女の学年集会でこれを借りて読み聞かせようと予定を立てているところです。
本当に一押しの1冊ですねv-363

まつりかさん、おじゃましまぁす♪
この本は、保育士時代に出会って憧れました。
おっしゃるとおり、おとなの子どもの気持ちに沿った言葉や導きがなければ、ここまでの活動はできないですものね。
子どもの幸せ感って、こういうことだなぁって今でも思います。
この時期にピッタリの絵本ですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アテナさん
大型の絵巻物があるんですか・・なるほど、「まだまだ」・・・の部分・・おおきなおいもが絵巻物になってると楽しいでしょうね。
この時期になると、読みたくなる1冊です。


わかなさん
わかなさん保育士されてたんですか。どおりで記事からうかがえる雰囲気とぴったりですね。以前保育士だったというお友達がいるんですけど、日々の子育てにおいても手作りのものがあったり、生活の要所要所に歌を取り入れたり工夫があって、感心してるんですよ。
子どもの目線で物を考えることのできる保育士さんってすごく尊敬します。

私も大好きな絵本です。
何と言ってもスケールの大きさが◎。
幼い頃に読んで、おならで飛べるなんて素敵!と思ったことがあります。
そして、大学芋の美味しそうなこと。
今でも大学芋を食べると、この絵本を思い出しちゃいます。

この絵本、息子が保育園から持ち帰ったとき「厚っ!」ってびっくりしましたが、
そのつぎにいものでかさにびっくりしました。
めくっても、めくっても、いもなんですよね。
出てくる子供達が小さいながらも活き活きとしてて楽しい絵本ですよね。
赤紫色だけというのも好きです。
ワタシも記事にしようか迷ってるところです。
もし記事にしたらTBおくらせてくださいね。

京女さん
そうそう、おならで空をとべたらどんなに楽しいか・・・この本を読むとそう思いますよね。
大学芋、やきいも、てんぷら・・この本を読んでから一通り作ってみましたよ。大学芋って何?ってずっとヒメに聞かれていたので。


うっちゃんさん
「厚っ!」か(笑)ほんとそうですよね。何かの間違いやないかと思うくらい、この絵本・・
あのサイズだからこそ、めくってもめくっても芋という面白さがあらわされるってのがよく分かりますけど。
うっちゃんさんの記事も読みたいな。そのときはこちらこそTBお願いします。

この絵本読んでから1年が経ってしまいました。
昨年の長男のおいも掘りの頃に初めて読んだ一冊です。
子どもたちとても気に入っていたので、また借りてこようと思います^^

仰るとおり、先生が素晴らしいのでしょうねぇ。子どもの持つ可能性をいかに引き出してあげられるか。
私たち親もですが…・この絵本を読んでいると、本当に子どもって素晴らしい存在だな、って思います^^
そのパワーに圧倒され、尊敬しちゃいます。

駄文ですが、TBさせてください。

新歌さん
TBありがとうございました。
今年も芋ほりされました?うちは、いもほりの機会に恵まれず、今年は無理かな。
これを読んで実際においもほりをしたら楽しいでしょうね~~

まつりかさん、はじめまして!
うちのブログでもこの絵本を紹介しました。
わがやで一番人気だった絵本です。
何度読んだかわからないぐらい・・・元取りました(笑)
秋になると読み継がれていく名作だと思います。
よかったらTBさせてください。

saraさん
はじめまして。ようこそ。
元取りました・・・そうそう、うちも元がとれそうですよ
TBうまくいかないですか?
またsaraさんのブログのURLも教えてくださいね。

遅くなりました~ブログのアドレスもお知らせしてなくてすみませんi-201
TBは以前一回やったきりで、やり方をすっかり忘れていました・・・
なんとかできたのですが、2回もやってしまったみたいで。1つ削除していただけると助かります。
同じ35歳ですがおっちょこちょいで・・・ご迷惑おかけします。

これからも遊びに寄らせていただきますねv-238
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。