スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 どれがぼくかわかる?

2006-10-22

どれがぼくかわかる? カーラ=カスキン/文・絵 よだしずか/訳
016020860000.jpg

<どんな絵本?>
ウィリアムの おかあさんは
ウィリアムのことなら
なんでも しっています。


お昼ご飯のパイを準備しているお母さんに、ウィリアムはたずねます。
ね、おかあさん ぼくが みんなのなかに いたら、 どれが ぼくか わかる?

お母さんは、「わかるわ。」と答えます。
ウィリアムは、馬のいる野原へでかけ、馬になってみんなと一緒に遊びます。一頭だけ帽子をかぶっている馬がいて、お母さんはすぐに見つけます。
「ウィリアム、おかあさんには わかるわ。
だいすきな ぼうしを かぶっているんですもの。」


「みつかった。」

 スカンク、ひつじ、あひる、ねずみ、とり、うさぎ、いぬ、ぶた、とウィリアムは9種類の動物になって一緒に遊びますが、お母さんはウィリアムの服装や、好きな乗りものなど全て知っているので、すぐに見つけてしまいます。
 ウィリアムは、もとのウィリアムに戻ってお母さんの作ったパイを食べるのでした。

<初めて読んだ2才9ヶ月のヒメの反応>
「これが、ウィリアム」と言いながら絵さがしを楽しんでいます。「とり」と「ぶた」が少し探すのが難しくて戸惑っていましたけど。
お母さんの「わかるわ」という言葉が気に入って、「わかるわ」を日常で使っていました。

<おすすめポイント>
色鮮やかな背景に、単純な図柄。9種類の子どもになじみのある動物を用い、絵さがしの楽しさとリズミカルな繰り返しの文章が低年齢の子どもにも理解しやすいと思います。
 母親がわが子をどんな場面でも見つけだすというストーリーや、「もしも・・」という空想は、子どもに安心感とイマジネーションの楽しさを与えてくれます。

<現在3才3ヶ月のヒメの反応>
 あまのじゃくなヒメは、「どれがぼくかわかる?」の文を読むと「わからないわ」と言い返します。ウィリアムが実際に動物に変身したわけではないということを理解できなくて、「ウィリアムはどうやって馬になったの?すぽっとかぶったの?」とまるで着ぐるみで変身しているかのような想像をしているようです。空想的現実というのが理解できてないようです。

<まつりかの感想> 母親に愛情確認をしたくなった子どものことを描いているのでしょう。「もしもぼくが・・・」動物にまぎれたらということを9回も繰り返して、そのたびにお母さんが子どもの特徴を思い出しながら答えてあげるという丁寧さにも感心します。
 最後に「もしもぼくがぶたになったら」、というウィリアム。そこでお母さんが「食事をしていないぶたなんてあなただけ」だからというと、次のページで、ウィリアムはもとに戻ってお昼のパイを食べるのです。食事をしたがらない子どもが、お母さんの見事な切りかえしにより、食卓につく様子がかかれているという見方もできるのかもしれません。
 愛情を試したくなる子どもに対し、母親が上手くそれに答えてあげることで、安心し、信頼していく様子が全体に伝わっています。

 ヒメの愛情確認は毎度、「お母さんのことキライ」と先制攻撃してくるところから始まります。これは、酒井駒子氏作「ぼくおかあさんのことの冒頭の文からきているのですが、それに対して、私が「ああ、お母さんはヒメのこと好きなのに~悲しいなあ」というと、ニヤニヤして喜んでいるわけです。
 まだまだこのウィリアムのように空想の世界を持ち出してくるという高度な技は使えませんが、いつかこんな風に尋ねられることがあれば、ウィリアムのお母さんのように、粋な答え方ができればいいなと思っています。
 
 訳者の與田静氏によるあとがきによると、
「単純化された絵にくらべて、原文にはこまかなニュアンスのある描写がありましたが、日本の幼児の感受力、理解力を考えに入れ、また原画の図がらと文の内容が一致するようにと思い、簡潔な日本語の再現につとめました。」とあります。
 原文がどんなものだったのかも気になるところ。原題は「WHICH HORSE IS WILLIAM?」
 
関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

「わからないわ」と返してしまうヒメちゃんに笑ってしまいました。ある意味、ボケと突っ込み的で高度な技ですね。
ウチではふたりに読み聞かせるというスタイルも影響しているのだと思いますが、文章の内容よりも絵探し的な楽しみ方をしています。
どれがウイリアムかな~?、「コレ、コレ!!」というように。ふたりが競って絵本を指差しています。
お友達と一緒に読むとまた違った楽しみ方もできるかもしれないですね~

我が家にも、この絵本があるけれど、チビには難しいみたい。
それでも、本棚から時折、ひっぱり出して見ているから、
絵に魅力があるんでしょうね。
ヒメちゃんのような、答えが返ってくるのが待ち遠しいな。

京女さん
なるほど、兄弟で読むととっても楽しそう。
なんだか京女さんの読み聞かせの時間を想像して微笑ましく思いましたよ☆


makkoさん
うちもまだまだこの絵本の本当の楽しみはわかってないんでしょうけどね。
でも、3才過ぎて、「ねえねえ」と言いながら質問してきたり甘えてくることが多くなってきました。こちらの答え方もいい加減なものでは許されなくなってきたというか・・この本はそんなヒメとウィリアムが重なってとてもいとおしく読めます
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。