スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ぐりとぐら人形劇in学園祭

2006-11-13

今日は、うちの近くにある洗足学園音楽大学、洗足学園短期大学の学園祭にいってきました。
この大学、平原綾香さんが在校生。
また、月9「のだめカンタービレ」でロケ地にもなってるんです。

私がこの学園祭に行った目的は、『ぐりとぐら』の人形劇の観覧のため。
短期大学の幼児教育保育科では、ぬいぐるみ人形劇『ぐりとぐら』を授業に組み入れ、学生が子どもの理解を深め、また五感を駆使した総合的な表現を学習する機会をもっているとのこと。
そして、この試みは今年で16年目を迎えるそうです。

先日ぐりとぐらのてぶくろ人形をハンドメイドしたこともあって、ぬいぐるみ人形劇観覧を楽しみにしていました。
人形劇といっても、こちらは着ぐるみの人形劇ですから・・・
特大ぐりとぐらを目の前に、ヒメも少々驚きながらも大興奮
音楽は生演奏、歌も生歌と、音楽大学の学生さんたちですからもちろんすばらしさはお墨付き。
ぼくらのなまえは ぐりとぐら
このよでいちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐりぐら ぐり ぐら

この部分が歌になってるんですけど、今もエンドレスで頭の中をぐるぐる回るくらい耳に残っています。
もちろん、ヒメも今日一日寝るまでず~~っと歌っていました。

絵本に忠実に再現され、会場にいた子ども達が、絵本のフレーズを口にしたり、「つぎは○○するはず~」と言ったり、観客と一体になって楽しめました。
卵をわってボールにいれるときも、黄身と白身が中から出てきたし、たきぎにマッチで火をつけると炎をあらわす電飾が光ったり、からっぽのお鍋に蓋をしたはずが、開けるとカステラが入っていたりと、「ここはどう表現するのかな?」という部分も、「へえ~~」っとうならせる演出になっていて、そのつど会場からも感心する声があがっていました。

ちなみに、ぐり・ぐら・らいおん・おおかみ・くま・わには着ぐるみ。
うさぎ・りす・もぐら・へび・ふくろう・かたつむりetc・・・は、人形でした。
(撮影禁止だったため、劇の様子は洗足学園のHPをご覧下さい)

もちろん今日のおやすみまえの絵本は、『ぐりとぐら』
ヒメは今まで以上にこの本が好きになったはず。

この人形劇、学園祭以外にあと2回上演予定だそうです。
・12月6日(水)10時半~
・1月14日(日)13時~

詳しくは洗足学園短期大学幼児教育保育科 044-856-2743まで

関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

そうですか、洗足でこのようなことをしているとはv-237
楽しそうですね、着ぐるみなんて、子どもが大好きですものねv-10
うちの子をつれていったら喜ぶと思います。
後でHPをのぞいてみます。

すばらしい~~!!見てみたい!!
私もパネルシアターや絵本の読み聞かせのときにちゃんとぐりとぐらの歌をうたっていますが、
人形劇もたのしそう!!
みんなが知っている話だからこそ、会場が一体になって楽しむことができたのでしょうね。
まつりかさんに教えてもらえなかったから全然知らなかったです。時間が取れたらぜひ見に行きたいです。
いい情報をいつもありがとうございますi-178

まつりかさん、おじゃましまぁす♪
学校のHPを拝見しました。
素人だからこそイイ!っていう劇ありますよね。
未来の保育士さんとしてかつやくする上で、とっても勉強になる授業の実践、すばらしい~☆
いつもながら、とっても丁寧なレポート、ありがとうございました!!

うちもぐりとぐら大~好きなので、こういう機会があったらぜひ見せたですが、ここはすごーく田舎なので、こういう機会にはあまり出会えません(悲) 絵本の世界を目の前で見れるなんて子供は大喜びですね!!

まだまだ未完成な私のブログですが、まつりかさんのブログ、リンクさせてもらって良いでしょうか?

↓の北欧の絵本展も魅力的(すきなのです、北欧の絵本)ですが、こちらも楽しそうですね!
「のだめ」楽しみに見ているので、なんだかそれもうれしかったりします。
大きな着ぐるみちゃん人形なんですね。学生さんの表情がとても楽しそうです!
1月を狙ってみようかな。ご紹介、ありがとうございますー。

アテナさん
初々しい女子学生がやっているので、とても微笑ましく、子ども目線でつくられていていい舞台でした。


saraさん
ぜひ行ってみて下さいね。絵本をもとにアレンジすることは必ずしもいいことではないと思うけど、これは原作者と福音館書店からのお墨付きを得ているようで、原作に忠実でとてもいい仕上がりだと思いました。


わかなさん
この大学には附属幼稚園があって、現場を体験できるシステムにもなっているんですよね。16年もつづいている伝統ある人形劇だけあって、とても好印象をうけました


ルーリーママさん
たまたま近くでやっていたということもあるんですけど、たしかに嬉しい機会に恵まれたと思います。ルーリーママさんのお近くでも、絵本にまつわるおもしろいものがあればまた教えてくださいね。こちらこそリンクをお願いします。今後ともよろしくです!!


フラニーさん
ええ、ぜひ時間がとれれば行ってみてください。校舎もそれはそれは立派ですから。ちなみにこの大学の近くのイタリアンレストランでも、よくドラマの撮影に使われているそう。残念ながら私は目撃したことないけれど。

実写版いいですねぇ
子供は絵本の中と現実と
いい感じで楽しんでくれるんで
りっぷはパペットと
真剣に喧嘩になったりもしています
v-410
人形劇今度いってみたいものですね。

ふぃーささん
絵本でみたことを、こうやって別の形でみることでさらに認識が深まるっていうのはとてもいいことだと思いました。もちろん、原作をくずしていないってことが大前提ですけどね。
着ぐるみは近くでみると意外と怖かったりして・・
ヒメはオオカミのきぐるみに引いていました(^^ゞ

いいなあ。
私も観てみたいな『ぐりとぐら』の人形劇!
着ぐるみとは、またすごいね。
うちの子達だったら、どうかな?怖がっちゃうだろうか?
そうそう最近は、下の娘も『ぐりとぐら』が分かるみたいで
いろんなところで、ぐりとぐらの絵を見ると喜んで
近くまで走っていって見ているんですよ!
もし近くなら、見せてあげたいと思うくらいです。
ヒメちゃん、益々、ぐりとぐらが好きになれて、よかったね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

し、知らなかった~~~。すっごく楽しそう(^^)
来年の日曜日しか行けなそうだけど、行ってみたいな~!
それにしてもまつりかさん、よくいろんな所に足を運んでますよね~。
感心!感心!

ワタシも学校のHP見ましたよ!
着ぐるみなんて書いてあるから遊園地にいるようなものを想像してたら、まあ!きちんとぐりとぐらじゃないですか。かわいいっておもいましたよ。
ぐりとぐらの歌の部分のメロディーはどんなのだったのでしょう?
ワタシも自己流で歌ってしまいますが、みんなはどんなメロディーで歌ってるのか気になります。
そして、大学生達はどんなメロディー?
遠いので見にいけないのが残念です。

nao-yuuka-ayuchan5さん
ヒメも大喜びでしたよ。未来の保育士さんたちも、演じながら子ども達の反応の大きさに感激してたんじゃないかしら。
この本、3世代、4世代ときっと読み伝えられることだと思いました。


りんごさん
ぜひぜひ。。行ってみてくださいな。わたしも広報誌を見て応募し抽選で当たったんですよ。一般で並んだ人の大半は入れなかったんじゃないかな。


うっちゃんさん
ぐりとぐらの歌は、この学校の教鞭をとっていた先生(なくなられているそうです)が、作曲したみたいですけどね。一週間近く経ったいまでもヒメは口ずさんでますよ。

ぐりとぐらはまだ、息子には読ませていません。
でも、そろそろいいころ(2歳4ヶ月)かなって思ってます。
あの絵本、私はてっきり洋書の翻訳だと思っていたのですが、
日本人が作られたものだったと知って
へぇ~、と思ったことを思い出しました。

私も劇を見に行きたいと思いました。
教えていただきありがとうございました。

グリンデルさん
息子さんの今の月齢で読むと、楽しめると思いますよ。30年も前の本なのに、古さを感じないばかりか、何度読んでも新鮮な楽しみがあって。購入してぜ~~ったい損のない本かなって思います。

はじめましてv-16
実は先日我が家も見てきました!
パンフレットに次回公演予定みたいなものがあったので気になって調べていたらこちらに来てしまいました!
本当にあのうた頭からはなれませんよね。娘(2歳4ヶ月)はいまだにあの歌を歌ってます。また公演があったらいってみたいです。

娘は毎朝 大きいぐりとぐら 今日 行く?というので困っています。

なんだか同じものを見た方なんだと思うと思わずコメントさせていただきました。
突然ですいませんでした。

絵本大好き親子なのでまたこちらのほうに遊びに来させてくださいね。

よろしくお願いします。

ぐりらさん
そうですか~あの会場にいらしたとは。
楽しかったですよね。
こちらこそ、拙ブログが、ぐりらさんの目にとまった偶然を嬉しく思います。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。