スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 くれよんのくろくん

2006-11-17

くれよんのくろくん  なかやみわ/作
くれよんのくろくんくれよんのくろくん
なかや みわ

童心社 2001-10
売り上げランキング : 12853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
新品のくれよんたち。退屈になって飛び出した「きいろくん」が、真っ白な大きな画用紙を見つけました。
思わず、画用紙に蝶を描いて最高なかきごこちに大喜び。
そうだ。ちょうには、おはなが ひつようだね
きいろくんは、「あかさん」と「ピンクちゃん」を呼んできて、お花を描くと、葉っぱが必要だと「みどりくん」と、「きみどりさん」を呼んび、次は地面と木を作ろうと「ちゃいろくん」「おうどいろくん」を呼び、空と雲を描こうと、「あおくん」と「みずいろくん」を呼んで来ました。
1人残った「くろくん」ですが、みんなは仲間に入れてくれません。
そのうちに、画用紙の上はみんなが好き勝手に描いたためめちゃくちゃな絵になってしまいます。
シャープペンのお兄さんが、なにやらくろくんに耳打ち。
くろくんは、みんなが描いた画用紙の上を真っ黒に塗りつぶします。
みんなは、びっくりしてくろくんを責めます。
すると、シャープペンのお兄さんが、そのうえをすべり、黒を削ると・・
ぼくらのえが、はなびになった!
くろくんがいなかったら、こんな絵はできなかったということに気付いたみんなは、
くろくん、さっきは ごめんよ
くろって、すごいね


<初めて読んだ2才9ヶ月のヒメの反応>
「そらまめくんのベッド」が好きだったヒメは、同じ作者だということに気付き、「これも大好き!」とすぐにお気に入りの絵本になりました。シャープペンで黒を削ると、下に書いた絵が浮き出るということは全く理解できていません。自分の持っているクレヨンに、黄土色や水色が無いので、「なんでないの?」を連発していました。

<おすすめポイント>
主人公が、クレヨンであることで、子ども達は親近感をもって読めると思います。色に対する認識が深まるでしょうし。クレヨン同士の会話がいきいきしているし、クレヨンたちがそれぞれの擬音語を発しながら登場するのも楽しめます。
仲間というテーマも、子ども達に訴えるものがあると思います。

<現在3才4ヶ月のヒメの反応>
くろくんが、仲間はずれになり落ち込んでいるときにシャープペンのお兄さんが励ましてくれる場面と、最後に他のクレヨンたちがくろくんを認めている場面が好きです。1人でお絵かきをするとき、「今度は私が描く番よ」などと独り言をいいながら、いろんな色のクレヨンを並べて遊んでいます。
 
<まつりかの感想>
くろくんの「なんで、ぼくって、こんないろなんだろう・・」という言葉は、すっかり自信をなくしています。しかし、シャープペンのお兄さんは、くろくんにしか出来ない個性を見つけて発揮する場を持たせてくれます。それによって、仲間はくろくんを認め、くろくんも自分を知ることができ、自信を持てるようになりました。

最近ヒメは、友達とのかかわりの中で、仲間意識というのが生まれてきました。なんとなくですが、自分と気があう子と、そうでない子とがあるようです。他の子ども達を見ていても、「仲間はずれ」という実際の行動にでることは、3才児にはないように思います。
しかし、3才の子どもにとっては、自分の知っている世界が全て。それと違うと「なんで?」「どうして?」と困惑するようで・・

この本のシャープペンのお兄さんは、子どもの導き方を説いてくれているようです。子ども達が、それぞれの個性を発揮できるようにしながら、子ども達同士がお互いを認め合うことを促す。
個性個性と、「自己」を尊重する世の中だけど、「他」があっての「自」だということを忘れてはならないと思います。人を思いやり認めあうことをしながら、個性を持って生きていくこと。口で言うのは簡単だけど、とても難しいですね。

この本を初めて読んだ時から、ぜひこの絵本の遊びを実践してみたいと思っていて、ようやく実現しました。おかげで、ヒメもやっと「花火」の意味を理解できたようです。
20061117003521.jpg20061117003536.jpg20061117003552.jpg

でも、うちで使っているのは、汚れても水で落ちるというくれよん。油分が少ないのでしょう。私が幼少の頃にやったときとは、随分違いました。厚く塗れないんですよね~~いわゆる「クレパス」(商品名ですかね?)の方が、これは成功しやすいと思います。
関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。
故意じゃなくても、仲間はずれができるんだと言うことを
そっと教えてくれているかのような本ですね。
こういうことをみんなが小さい頃から、身につけていけば、
イジメ、相当減るでしょうにね。

私も、幼稚園の頃、やりましたよ、この遊び。
結構感動しますよね♪

私もこの遊び、大好きでした。
手が真っ黒になるのにもかかわらず、ぐりぐり塗りたくって、釘でやっていた覚えがあります。
本当に綺麗なんですよね。

この絵本の制作秘話を出版の人から聞いてちょっと複雑でした。
でも、2作目が出たことで、子どもたちは楽しめたようだし、これからも期待される絵本ではありますよね。

くろくんシリーズうちの娘も好きです。
個性を持ちつつ、お互いを認め合う。
むずかしいけど大事な事ですよね。友達に関わらず、家族にも。
この間、つまようじを頂戴といわれ、あまりに静かなので部屋をのぞいてみると、手も机も服の袖も真っ黒!!
幼稚園でこれを習ったようで、1人で実践してました。
あまりのそこらじゅうの黒さに、目が‥になりましたよ(笑)

各務史さん
史さんにいわれて気付きましたが、「故意じゃなくても仲間はずれができる」ってこと・・そうですね。それに気付かず、面白おかしくからかっているつもりが、人の心を傷つけることもあるってことを知っておく必要がありますよね。


ひとときさん
なんですか?その出版秘話って。とっても気になります。教えてください!!


ルーリーママさん
そうですか~~。幼稚園では思いっきりやらせてくれるんでしょうね。うちもついつい、家を汚されたくないなんて思って、あまり思い切った遊びをしていないんですけどね。そのせいか、うちの子は汚れるのを嫌がる子になっちゃって・・あまりよくないですね。

この本を初めて読んだ時、練られた話だなぁと思いました。
くれよんから手足が生えているのが好きになれないという方もいるようだけれど、私はそういうの全然平気(笑)
なかやみわさんは、絵本作家になる前、サンリオで商品企画制作のデザイナーをされていて、その頃経験したことが、創作活動に大きく影響しているんですって。可愛いだけでなく、メッセージ性のある作品が多いですよね。

一体どれぐらい前から「個性のある子を育てよう」って、教育界が言い始めたかしら?
人と違ったところがあるのはおかしい…みんなと同じにしていないと心配…日本的には、そういう感覚が悲しいかな根強いように感じられて仕方ないのに。
私は、人はそれぞれみんな違うと思うし、その違い(個性)を認め合える環境を欲しています。はやり自分の中の太い柱育てかしら…と。

3歳くらいは、自分の世界で一杯だろうから、心の底からお友達と一緒に何かというのは、もう少し先かと思います。
そして、「どうして?なんで?」は、出れば出るほど素敵♪

『くれよんのくろくん』好きですv-87

RENEさん
なかやみわさんはサンリオにいらしたんだ~~なるほど、彼女の描くキャラクターはとても魅力的ですもんね。
ご自身も子育てしながらの作家活動なので、そういう意味でも、親としての子どもへの願いが込められたものになっているのかもしれないですね。
個性個性っていわれるようになったのは、ほんとうにいつからなんでしょう?「欧米か!」って気がしますけどね。
そのくせ横並び精神が根強い日本的社会が、突出した個性を叩いたり、それがイジメに繋がったりするのかもしれません。完全に欧米みたいに「個」を尊重できていない証拠だと思うんですが。

まつりかさん、おじゃましまぁす♪
そうそう、クレヨンとクレパスはちがうんですよね~。
クレパスの方がうまくいくんじゃなかったっけ?
とにかく。全然ちがう2種類、描く上では重要な気がします。
・・って。
絵本と違う話でごめんなさい。
なかやみわさんの元気と色と、アイディアがつまってますよね。

わかなさん
そうそう、クレパスはサクラクレパスのもってる商標らしく、パスってオイルパステルのパスらしいですね。つまり油分が多いってことで。クレヨンとオイルパスの中間ということで、クレパスって名前にしたみたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。