スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 絵本コンサート

2006-12-14

「対話式読み聞かせ」というのをご存知ですか?
多くの読みきかせ会では、読み手の話は静かにきくものとされています。
この「対話式」では、子どもに静かにしなさいということを強制せず、子どもの声は、絵本を読んでもらうことで心が動くことによって発せられるものであり、その子どもの言葉を逃さず心を引き出して育てるというものだそうです。

この「対話式」読み聞かせをこどもから大人まで一緒になって楽しんでみようという「絵本コンサート」が開かれる事になりました。
今年で5回目で、テーマは「やさしい 心」。
舞台の大きなスクリーンに映し出される絵や、読み聞かせ、生演奏、参加型コーラスなどのプログラムです。

「対話式」読み聞かせを指導されている浜島誉志子先生は、絵本講師の養成講座にて講師のお1人としてお話を伺った方です。
『えほん育児学のすすめ』の著者でもあります。
えほん育児学のすすめ―知力と心をぐんぐんのばす絵本の活かし方えほん育児学のすすめ―知力と心をぐんぐんのばす絵本の活かし方
浜島 代志子

偕成社 1984-12
売り上げランキング : 260119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


劇団天童主宰、日本おはなし教育連合会長、財団法人松戸市おはなしキャラバン理事、絵本読み語りアカデミーグランドマスター、脚本家、俳優といろんな顔をおもちの方。
養成講座の中でも、その読み語りを少ししていただいたのですが、迫力満点で浜島ワールドに魅了されました。
今回の「絵本コンサート」でも、もちろん、浜島先生による読み聞かせが行われるそうです。
新しい読み聞かせの世界を体験できると思います。
わたしもぜひ見に行きたいと思っています。

こどももおとなも絵本コンサート
 Vol.5「やさしい 心」


プログラム
白雪姫と七人の小人(グリム童話)
神の道化師(イタリアの民話)
あかずきんちゃん(ドイツの昔話)
ねずみのすもう(日本の昔話)
エリーゼのために(ベートーベン)
ノックターン(ショパン)
クリスマスソング
ほか
出演
浜島誉志子
安藤由布樹
城之内修治
ほか

日時
 2006年12月23日(土)14時(開場13:30)
場所
 浜田山会館ホール(京王井の頭線「浜田山」駅下車 徒歩5分)
会費
 大人(高校生以上)2500円(前売り2000円)
 子ども(3才~中学生)1200円(前売り1000円)

※2才以下のお子様のご入場は原則としてお断り

主催・後援
こどもの成長を護る杉並ネットワーク
絵本読み語りアカデミー
劇団天童

お問合せ
杉並区下高井戸2-10-21-611
FAX:03-5301-2757
info@kodomo-net.org
http://www.kodomo-net.org


関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

あるいみ我が家は脱線がおおいかもです
ので最後までいかなかったり
作り話をしたりして
本が元で遊びになるので
本で寝るってことにならないんですよねぇ
のである意味本が大好きなんです

こんにちは。

>多くの読みきかせ会では、読み手の話は静かにきくものとされています。

これ、どうなんでしょうか?
わたしはおはなし会で、全く静かに聞かれたなら、とても読みづらいです。
子供は(幼稚園でも「小学校でも)先生などに静かに聴きましょうと言われているのか、面白くても笑っちゃいけないと思っている子もいるんですけど、やはり笑うべきところで笑ったり、意外な展開ならそのような反応の声が出て自然だと思うのです。
自分が知っている本で話の筋をいいたがる子がいれば、たしなめますけど。

まあ家庭でも、おはなし会でも、子供の反応を受け入れながら自然に読めばいいんじゃないかと思います・・・。

はろー! るんるんママです。

はじめまして。

絵本コンサートって楽しそうですね。近くに住んでたら私も是非行ってみたいです。

私の娘もどちらかと言えば静かに聞く方ではありません。読んでる本に関しての質問がたくさんでてきたり、本の絵などから自分が想像した事を話したり。。
私が本を読んでいるときに娘がその物語の劇をしていることもあります。
家での読み聞かせはそれでもいいとも思います。

ふぃーささん
こんにちは。
子どもによってはなかなか真剣に聞いてくれない事もありますよね。脱線しそうになったときこそ、親の力量が問われるのかなって。
また本線にもどすように導く事・・この対話式っていうのもいいかもしれません。


めーべるさん
わたしが行くよみきかせの会では、うるさい子は出て行くように促されています。見ていると、なんだかその子の親も気の毒で・・
浜島先生の対話式よみきかせは、家庭ではちょっと真似できないですね。だからこそ、こういう舞台で見てみたいって気がしています。


るんるんママさん
はじめまして。訪問ありがとうございます。
そうですね、子どもから発信されることにたいして、親が受け止めてあげるっていうのは大切だと思います。むしろ、早く読みすすめたいからと、「黙ってききなさい」などと言ったり、反対に「これは何でしょう?」と親から質問したりしないようにしたいものですよね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。