スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 なかえよしを氏講演会

2007-04-26

すっかりご無沙汰しておりました。
娘の入園により、早起きしてお弁当を作って・・という生活に体がなじめず、PCを立ち上げることさえままならない日々でした。
またぼちぼち更新してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、過日(4月21日(土))に、県立神奈川近代文学館にて、絵本作家なかえよしを氏の講演会がありました。
そう、なかえよしを氏は、ねずみくんシリーズの作者です。奥様の上野紀子さんが挿絵を担当されています。

演目は、「私の本について話そう『ねずみくんのチョッキ』」
 実際は、『ねずみくんのチョッキ』について語られることは殆どありませんでした。
 なかえ氏が絵本を作るときに心がけていることは、テーマを絞ることだそうです。そのテーマとは・・ということについて話は進められました。 まず最初は、『星の王子さま』を例に挙げて。
少年の頃絵描きになる夢をもっていた「ぼく」は、いつしかその夢をあきらめ飛行士になり、砂漠に不時着したときに少年(王子)と出会います。目に見えないものを想像すること、本当に大切なものは目に見えないんだということを王子様は言います。
この本には、「一番大切なものは目に見えない」「肝心なことは目に見えない」「心で探さないと」「心でみえなくちゃ」・・・
など、文中に何度もテーマが繰り返されているというのです。

 目に見えない大切なものということについて、次に紹介されたのが金子みすず氏について。
『ほしとたんぽぽ』という、みすずさんの15編の詩に上野紀子氏が絵を描いた絵本を紹介されました。misuzu彼女の詩には、目に見えないものへのいたわりや優しさがある。例えば、海のお魚をうたったものでは、大漁を喜び浜では祭りが行われている一方で、海の中では魚の弔いがおこなわれているだろう・・・、と、海の中のことを想像し詩にしている。積もった雪をうたった詩では、上の雪は寒いだろう、下の雪は重いだろう、でも中の雪は空も地面も見えなくて寂しいだろう・・・と、中の雪を想像している。

 つまり、なかえ氏は、表面に見えるものだけでなく、目に見えないもののを想像すること、心で感じることの大切さをテーマにした絵本を作っていきたいとおっしゃっていたのだと思います。また、大人の在り方についてもおはなしされていました。子どもに示す態度について、また子どもの心を理解していこうという大人であることなど・・
 絵本の選びかたについても、子どもがキャラクターものだったり、かわいいだけの絵本を選んだら、大人が嫌な顔をするべきだと。しかし、実際はそういう絵本が売れているのが腑に落ちない・・とおっしゃっていて会場の笑いを誘っていました。
 また、本当の大人の人に出会うことの素晴らしさについても。なかえ氏がまだ若い時に出会った、シュルレアリストの瀧口修造氏の人間性に大きく影響を受けたという事でした。
 子どもの頃に、大人に言って欲しかった事は誰にもあるんじゃないか。あのときあんなふうに導いてくれれば、教えてくれればということ。
 なかえ氏が装丁し、奥様の上野紀子氏が挿絵をかいた『おとなのひとにいってほしかった24のこと』という本が紹介されました。これは、インターネット上でヨゼフ・パイオンという人のホームページ(日本語訳あり)に載っていたものを多田文子氏が訳したものです。
おとなのひとにいってほしかった24のことおとなのひとにいってほしかった24のこと
ヨゼフ パイオン Joseph Pion 多田 文子

詳伝社 2005-06
売り上げランキング : 170912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

24の項目の中で、私が共感したものをいくつか挙げますと・・
・「いま見ているものは見えているとおりではない」
・「何をしていいのか分からないといってはいけない」
・「友だちはいらない」
・「マイペースでやってはいけない」
・「自分ひとりでできることは何ひとつない」
20070426221508.jpg20070426221452.jpg
最後に、なかえよしを(中江嘉男)氏、上野紀子氏ご夫妻によるサイン会がありました。お2人の最新作『ねずみくんのきもち』は、会場であっという間に売り切れてしまい、上記の『おとなのひとにいってほしかった24のこと』にサインしていただきました。
 『ねずみくんのきもち』は、これまでのシリーズよりも版型が小さく文章も長いのですが、この講演で語られたことが凝縮されていると思いました。テーマを絞り込んだ、作者の強いメッセージが伝わる感動作です。
ねずみくんのきもちねずみくんのきもち
なかえ よしを 上野 紀子

ポプラ社 2007-03
売り上げランキング : 74789

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

この春から、お弁当生活ですか。
あはは。おそろです。
が、が、が、頑張りましょうね♪
慣れないうちは、あちこちのお弁当ブログさんに
伺うと凹みます。
ご用心です。(って、それは私だよ~^^;)

各務史さん
おひさしぶりですぅ。
そうか~史さんも頑張っているんですね。
うちは通園バスが9時前に来るので余裕といえば余裕なのですが・・でもでも、なれないことをするのは大変です。
お弁当の本はたくさん持ってるんですが、同じようにできなくて。。お弁当ブログをみるとやはり凹みそうですね。

朝早くからおべんとう作り、ご苦労様です。
アメリカでは、みんな簡単なお弁当(サンドイッチ)しかもっていかないので私にとっては楽です、
娘は最初、おりぎりなど持っていくのをいやがったのですが、最近は大丈夫。
でもお友達はみんな’のり’のことを知らないので、何を食べているのか聞かれるそうです。

これまた良いお話を聞かせてもらいました。
『おとなのひとに‥』の本も読みたいし、うちの娘はねずみくんシリーズが大好きので、『ねずみくんのきもち』をぜひ購入したいと思います。
『1番大切なものは目に見えない』
そうですね‥
「心で感じる良い絵本」
子供には良い絵本だけを読んであげたいので、良い絵本を選ぶ眼力がすごく欲しいです!!

るんるんママさん
海苔って食べないんですね~アメリカ人は。そりゃそうか(^_^;)お寿司の軍艦巻きなどで目にすることも認知されているかと思っていたんですが、アメリカの子ども達は、まだ口にしたことがないかもしれないですしね。
日本ではキャラ弁が流行っていますよ。ぜひ今度アメリカ人をびっくりさせてあげてください。


ルーリーママさん
娘が幼稚園に入ってから、ぐっと絵本をよむ時間が減ったような気がします。それだけに、良書をできるだけたくさん読んであげたいなって思いますね。大人のありかたを問われた、いい講演でしたよ。

お弁当作りご苦労さまです。
ヒメが楽しく幼稚園に行っている様で
安心しました。
絵本をたくさん読んでいるせいか、
ヒメは心やさしくお話が上手です。
これからたくさんお友達が出来るでしょうね。
絵本講師も頑張ってください

mocoさん
連休をはさんで、幼稚園にいきたくないモードになったら・・と思っていましたが、大丈夫そうです。むしろ早く休みが明けてほしいと願っているようで。
私も絵本講師のほうをぼちぼちがんばっていこうと思います。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。