スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 オリバーくん

2007-05-15

オリバーくん  ロバート・クラウス/文 J.アルエゴ、A.デュウェイ/絵 長谷川四郎/訳
オリバー

<どんな絵本?>
ふくろうのオリバーくんは、お芝居が大好き。みなしごのふりをしたり、他の鳥たちを真似て遊んでみたり。
そんな、オリバーくんを見て、お母さんはお芝居の勉強をさせ、タップダンスも教えました。
でも、お父さんは、医者か弁護士にさせたいと思っています。お父さんはお医者さんごっこと弁護士ごっこができるおもちゃを買い与えました。

こうして オリバーは パパも ママも よろこばせました。
「オリバーは おおきくなったら いしゃか べんごしに なるだろうよ」とパパが いいました。
「オリバーは きっと はいゆうに なるでしょうよ」とママは いいました。


でも、オリバーは大きくなって何になったと思いますか?
(ヒント・・

<初めて読んだ0才9ヶ月のヒメの反応>
人に薦められ、自分のために読みました。ヒメの反応は??当時の記録にも私の感想だけが記されていました。「子どもは大人の思い通りにならない」と。。

<おすすめポイント>「早期教育」、「親の過剰な期待」などについて考えさせられる。ふくろうの親子のユーモラスな表情が楽しい。繊細な線画は、カラフルに色づけされびっしりと描きこまれているページがあるところと、余白がたっぷりとられ、見開きにふくろう2匹だけというページがあったりと、内容にあわせて緩急のつけられた絵が印象的。
 
<現在3才10ヶ月のヒメの反応>
お芝居が好きなオリバーくんに負けず劣らず、ヒメは絵本を見ながらふくろう親子のひょうきんな表情を真似しています。大きくなったら何になりたいかと質問すると、「幼稚園の先生になる」と言っています。

<まつりかの感想>
 原題は『OWLIVER』。ふくろう=owl だからでしょうね。
子どもには将来どんなふうになってもらいたいか、子どもに期待すること・・それはどの親でも考えることです。
 「将来いろんな選択肢を持てるように、親はできるだけのことを子どもにさせてあげたい。そのためにいろんな習い事をさせています。」・・そういう人も多いでしょう。
 かくいう私も、ヒメには1才の時から、英語とリトミックを習わせています。将来役に立つからとか、できるだけ小さい頃からやったほうが習得しやすいからという思いは、ほとんどありません。しかし、やっていると、ヒメが上手にできれば嬉しいし、できなければ「どうして?」と思うし、他の子とも比較してしまうし、「ちゃんとやりなさいよ。せっかくお金を払っているのに」みたいなことも言ってしまうし・・
 早期教育開始の低年齢化が年々進み、いまや胎児の時からなんていうのも珍しいことではなくなってきました。子育てに不安ももつ親の心理を煽るように、幼児教育の業界は不況下でも伸びているといわれます。不況だからこそ、将来子どもには自分で食べていける何かを、特技をみにつけさせようと思いさらに早期教育熱に拍車をかけているのかもしれません。
 オリバーくんは、親の期待にこたえてなんでも器用にこなしていき親を喜ばせます。しかし皮肉なことに、結局親の願うものとは全く違う職業につくという結末になんだかほっとして笑ってしまいます。
 現実は、オリバーくんのように親の期待にすべてこたえられるばかりではありません。応えられなくなると親から見離されてしまったように感じ、子どもは自分の存在理由を見失いかねないと思います。
 子どもは親の期待を多々裏切るものだということと、親が明確な目的をもって軸をぶれさせずに子どもに接することを思っていることで、結果や効果に対して一喜一憂することもないのかなと思います。
 
 週2回の習い事は、幼稚園がはじまった今、結構つらくなってきました。しかし、幸いなことにヒメ自身は今のところそれも楽しんでいる様子。疲れているのは送り迎えのために、自転車をこいで体力を消耗している私だけか・・
 将来は幼稚園の先生になりたいとヒメは言い始めました。「でも、ダンサーもいいなあ。ふたつやりたいなあ。」だって。そんな会話を聞きながら、夫は横で「外交官になってほしいなあ」と言っている。「外交官ってなに?何するの?」と質問され、「いろんな国の人と仲良くし、助け合うために働く人」って説明すると、「よくわからん」と一言でバッサリ。身近にいる幼稚園の先生に憧れをもつということは、園生活を楽しんでいる証拠かな?
 
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

ふくろうさんの絵だったんですね~。
最初、よく分かりませんでした。
自分を貫くのは、自分を持っているからですよね。
では、どうやってその自分の核を見つけるのか?
それは生涯にわたっての課題かなぁと思ったりしてます。

トンビは滅多に鷹を産まない!と思ってるので
娘たちに期待してません。(おいっ!)
とにかくとにかく、元気である程度マナーを心得てくれれば、
それでいいっかな~なんて。^^;
何しろ、なんも出来ない母親なもんでぇ。^^;;;
大きなこと言えないのです~~~~(泣)

これ、かなり私に耳が痛い絵本かも‥。
自分では何にも特技も才能がないから、子供には‥って。
ずるいですよね。
習い事も、1つの事を続ける事に意義があるから!!なんて口では言いながら、ひそかに期待していたり‥
まぁ、でも最終的に、鳶が鷹を産むとは思ってないので、元気に幸せな人生を送ってもらえればとは思ってます(笑)
ぜひこの絵本、買いたいです。

消防士って事かな?

この絵本、大好きな絵本です!
オリバーくん、最高っ♪ 大人なんですよね~。
やるなー、おぬしって感じです。

親の思い通りにはいかない・・・ほんとその通りです。
過度の期待はとうにやめ、口やかましく言うこともやめ、自分の好きなことを見つけてくれればそれでいいと・・・ずいぶんわたしも成長したものです・笑

そういえば、今日ぎりぎりセーフで、堀内誠一絵本原画展へ行ってきましたよ。
思ったよりもたくさんの原画が展示してあって、よかった♪
スウェーデン大使館には結局行けなくて残念でした。

各務史さん
とんびは鷹をうみませんよね~たしかに、うん、そうだ。
私自身幼い頃親の期待を一心に受けて育ち、非常に苦しかった思い出があります。
そのわりには、「で、結局こんなもん??」っていう人生なので(^^ゞ・・娘には同じような思いをさせないようにと気をつけているところです。


ルーリーママさん
子どもには、自分の力で強く生きていく力をもってほしいと思っています。福島で少年が母親の首を切断するという痛ましい事件がおきましたね。進学校に通う生徒だとか・・
何かに挫折したとしても、それが全てではなく、その先に新たな目標をもてるような精神をもてれば良かったんでしょうけどね。
オリバーくんがなったもの・・はい、正解です(^_^)v


フラニーさん
堀内氏の原画展、よかったでしょ~
さすが教文館という感じの展示でしたよね。
わたしもスウェーデン大使館には行けませんでしたよ~
また何か情報があったら教えてくださいね。

オリバーくん、ほんと、やるな~って感じですよね。彼が人生のどの段階で、消防士になるのを決意したのかを想像すると楽しいです。

こんにちは お久しぶりです

うちの赤ちゃんも生後3ヶ月半になりました
最近のお気に入りの本は”かおかおどんなかお”です
最後の<おしまいさよならのかお>のところで必ずニヤリとしています ^^

私ももちろん少なからず子供には”いい道”を歩んで欲しいと期待をしています

でも子供を内心あきらめていた頃に出来た赤ちゃんなので”私達のところに来てくれたことだけでありがとう”と思い続けたいと思ってます
名前を決めるときも呼ぶたびに私達がその事を思い出すように そして子供にも”あながたただいてくれるだけで私達は幸せなんだよ”という気持ちが伝わるように ”親の期待の入っていない名前”にしたいと旦那さんと相談して決めました
候補としては”福太朗”とか^^ 実際はもっと簡単な名前ですが・・・

でもきっとこの先 大きくなるにつれて親の欲が出てきたり他の子供と比較したりしてしまうでしょうね ^^;

今の気持ちを忘れないようにしたいですね ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほぅほぅ。
まつりかさんの感想をいろんな思いで読ませてもらいましたわ。
うちの娘は年末から習い事はすべて白紙状態に。
お友達と遊ぶ機会が増えたり、家族で過ごせる時間がたくさんもてたり。
そんな期間で娘にまた変化が。なりたいものは「パン屋さんかケーキ屋さん」
ヒメちゃんの「幼稚園の先生」ってステキね~!

chiffon huaさん
そうですか~3ヶ月半になりましたか。
育児が楽しくなってきてるでしょうね。
「かおかおどんなかお」・・・すでにこの月齢の子にうけてるなんて。秀作ですな。
親の期待・・こどもの成長と共に欲が出てしまうんですけどね。でも、おっしゃるとおり、最初の気持ちをわすれないようにしなければ、と思います。


りんごさん
たしかに、習い事にとられる時間ってけっこうありますもんね。
こどもに負担をかけないように気をつけたいと思います。
パン屋さんかケーキ屋さんか~~。ママの器用さをいつも見てるからじゃない?身近な人がお手本になってるっていいなって思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

習い事、親の悩むところですよね。ほとんど幼稚園の年中さんで何か1つはしている世の中。
うちの子もそろそろと、体験に行きまくってます。
何がいちばん楽しそうか。と思ったけど、結局体験では緊張し通しでよく分からないんですよね^^;
結局、ずっとしたいといっていたことをさせてみようかと思います。
なるようになる!
親は子どもの通過点ですから。どんどん踏み台にしてもらいたいものです。

huuyuuさん
春の体験実施中!という広告をしょっちゅう見かけますね。なにか始めようかなという気持ちになる季節なんでしょうけどね。
ところで、ずっとしたいといっていたこと・・それって何なんでしょう?(^_^)
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。