スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 第4期絵本講師・養成講座 2回目

2007-07-21

 NPO法人「絵本で子育て」センターと、ほるぷフォーラムが主催する、「絵本講師・養成講座」が、今年も、東京・大阪・福岡の3会場で行われています。
 東京会場では、第2回目が、7月21日(土)に行われました。
(第一回目の様子はコチラをごらんください。)
 私はスタッフとして参加しているのですが、青森、香川、三重などなど遠方からの参加者もおられ、皆さんの熱意に圧倒されていました。

 さて、第二回目は、以前こちらでも紹介した『たましいをゆさぶる絵本の世界』の著者でもある飫肥糺(おびただす)先生と、絵本作家のとよたかずひこ先生の講演でした。

 午前中の飫肥先生の講演では、絵本が子どものための本とされるようになるまでの歴史的背景のお話や、現代の子どもや子育ての環境にこそ絵本の有意性について。そして、優れた絵本を見抜く方法などのお話がありました。
 お話に沿って、『ぼくおかあさんのこと』(酒井駒子作)・『きょうはこどもをたべてやる』(シルヴィアン・ドニオ作)・『ガンピーさんのふなあそび』(ジョン・バーニンガム作)の3冊の朗読と紹介があったのですが、先生の声の深みや温かさがとても心地よく、読み手によってこれほどまでに印象が変わるものかと驚きました。
 「絵本は1回読んだだけでは余裕ができない。何度も何度も読んで子どもに伝えるべき」というお話が特に印象に残りました。読み手がその絵本を何度も下読みし、いい気分で読んでいれば子どもにも本の楽しさが伝わるはずだが・・という言葉には、読み聞かせブームの中、読み手の姿勢はどうなのか?本当に子どもに向けられているか?ということを考えされられました。
 
 午後は作家のとよたかずひこ先生の講演。代表作『でんしゃにのって』にまつわるエピソードでは、このストーリーが、ものの10分で作られ、肩の力を抜いて自然に作られたということや、それまではご自身のお子さんのために作ったものが多く、結果的に、わが子にうけてもよその子に受け入れられない作品が多かったそうですが、これは先生がご自身のために楽しんで作ったというお話でした。
 ちなみに、『ボートにのって』は、井の頭公園が『さんりんしゃにのって』は、子育て真っ最中だったころに住んでいた東久留米の団地の公園がモデルになっているそうです。
 そのほかにも、バルボンさんシリーズや、ももんちゃんシリーズについての裏話もたっぷりと。シリーズ化の過程での、編集者とのやりとりや、キャラ設定の苦労など、絵本作家ならではのお話でとても面白かったですよ。
 10月出版になるという紙芝居『あかしろうんどうかい』は、できたてほやほや、今回初披露だそうで、先生自ら演じてくださり嬉しいサプライズに大満足です。
 そして、ももんちゃんシリーズ最新作『ももんちゃんあーん』にもサインをいただき、お留守番していたヒメにプレゼント我が家の、とよたかずひこ先生のサイン本は、これで5冊になりました。
ももんちゃんあーんももんちゃんあーん
とよた かずひこ

童心社 2007-04
売り上げランキング : 168759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この絵本講師・養成講座は、全6回のスクーリングがあります。第5期の募集は年明けになるでしょうが、どうぞ関心のある方はコチラにアクセスしてみてくださいね。

 先日ご紹介した(過去の記事はコチラ)飫肥糺著『たましいをゆさぶる絵本の世界』も、ぜひお手にとっていただきたい!絵本リストや書評というものではくくれない、奥深く読み応えがある読み物です。
たましいをゆさぶる絵本の世界 (「絵本で子育て」叢書 1)たましいをゆさぶる絵本の世界 (「絵本で子育て」叢書 1)
飫肥 糺

絵本で子育てセンター 2007-06-25
売り上げランキング : 244664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 200707221635000.jpg今回、飫肥先生にサインをしていただきました。そこには「絵本にあそぶ。ちょいといい気分」と書いてありました。そう、大人こそ絵本を楽しもう!という思いがこめられているのでしょうか。
 とよた先生に『バルボンさんとさくらさん』に、サインをもらい、「ほら、孫の名前でサインをもらったよ。いいでしょ、これ」と目を細め嬉しそうに本を見せて下さった飫肥先生。今頃7歳のお孫さんも喜んでいらっしゃるでしょうね。
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

遣り甲斐のあるお仕事、そして素敵な方々との出会いの場を多く持たれていて、とても羨ましいです。
とよたかずひこさんのアリス館から出ているシリーズ、おばさんだけど結構好きなんだなぁ~笑
『たましいをゆさぶる・・・』もタイトルからして、揺さ振られてしまうわi-184
男性の読み聞かせって、イイですよねi-234
女性には真似出来ない良さがある・・・逆も真なりなんでしょうけれどi-236

RENEさん
とよた先生は御年59歳だそうで。。。それでも子どもに向けたこんなに素敵な絵本を作り続けていらっしゃることに関心します。読み聞かせ活動を通じて子どもと接する機会を絶やさず、読者との距離を縮めておられるからこそなんでしょうね。実際とっても気さくな方で、数ヶ月前にお会いしたときのことを覚えていてくださり、感激のワタクシでございます。
飫肥先生の語りも味わいがあります。読み手の人生が伝わるというのでしょうか。自分はまだまだ浅いなあと実感しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。