スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 めっきらもっきらどおんどおん

2007-08-08

めっきらもっきらどおんどん  長谷川摂子/作 ふりやなな/画
めっきらもっきらどおんどんめっきらもっきらどおんどん
長谷川 摂子 ふりや なな

福音館書店 1990-04
売り上げランキング : 3519

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
 かんたは遊ぶ友達を探していた。遠くの神社まで来たのに誰もいない。しゃくだからめちゃくちゃな歌を大声で歌った
 ちんぷく まんぷく
 あっぺらこの きんぴらこ
 じょんがら ぴこたこ
 めっきらもっきら どおんどん

すると、奇妙な声が大木の根元の穴の奥から聞こえてきた。頭を入れると、その瞬間穴に吸い込まれて・・夜の山に。
遠くから丸太に乗って飛んできた3人のばけもの。
もんもんびゃっこ・しっかかもっかか・おたからまんちん
3人とも、かんたと遊びたくて仕方がない。
じゃんけんをして、勝った順に遊ぶ。そして、今度は4人一緒に遊ぶ。おなかがすくと、おもちのなる木を見つけて食べる。おなかがいっぱいになって眠った3人のお化けたちの横で、かんたは次第に心細くなってきた。我慢ができずに
「お・か・あ・・・・」
3人のお化けは、その先を言ってはならないと慌てて口をおさえにかかったけど間に合わず
「おかあさーん」と、かんたの声とともに日の光が差し込み、気がつくと、かんたは元の場所に立っていた。
「かんちゃーん、ごはんよー」と、お母さんの声。
あれから何度も神社に行ったけど、あの声は聞こえない。歌も忘れてしまって思い出せない。
-きみなら おもいだせるかな?

<初めて読んだ3才11ヶ月のヒメの反応>
「これ読もうか」と差し出すと、ヒメは表紙をみてすぐに「嫌だ!」というくらいこのおどろおどろしい雰囲気の絵を嫌がっていました。 3人の化け物が見開きいっぱいに登場する場面に本気で驚いていました。
   
<おすすめポイント>長谷川摂子氏と降矢なな氏のコンビ作品
降矢氏の迫力のある絵が、ストーリーのおもしろさをより引き立て、ぐいぐいと最後まで読み進めさせてくれます。闇を深い藍色で描いているところも印象的。
「めっきらもっきらどおんどん」という不思議な歌をうたうと、穴にすいこまれて異空間に。そこで出会うユニークな化け物たちと、少年「かんた」が存分に遊びながらもふと家を恋しく思うところなど、『かいじゅうたちのいるところ』にも似ています。
 「行って帰る」の典型的な形の、冒険ファンタジー
 
<現在4才0ヶ月のヒメの反応>
 相変わらず苦手な一冊。そのわりにはふとしたときに「ちんぷくまんぷく・・」と口ずさみ、「ねえ『じょんがら』って何?」と答えにくい質問をしてきます。
 絵本の最後にある、「めっきらもっきらどおんどん」のフレーズを「きみは思い出せるかな?」という言葉に「覚えてるよ~」といって調子よく歌っています。
 私が「これを歌えたら、もんもんびゃっこたちに会えるかもね」と言うと、「嫌だ。じゃあもう歌わない」と・・

<まつりかの感想>
ヒメにはいくつか苦手な絵本があります。鬼や狼、お化けが出てくるものはとくに。しかし、この本に登場する化け物たちはとても滑稽で、お話もおさまりのいい安心して聞ける内容なのに。
 また、ヒメは主人公が一人暮らしだったり、一人きりで旅に出たりという設定のものを読むときには「この子のお母さんはどこ?お父さんは?」と尋ねてくるくらい、不安でたまらないようなのです。
  だから、この絵本のように、突然見知らぬ世界に吸い込まれてしまうなんていうお話は、ヒメにとってはドキドキどころではなく、ありえない世界なのでしょう。
 ヒメはこういう絵本を読むときは必ず私に体を寄せてきたり、ひざの上で聞きたがります。ワクワクしながら読めるようになるには、しばらくヒメの心の成長を待たねばならないかもしれません。

 ただ、ある意味ヒメ自身にとっても印象的な本であることには間違いありません。「怖いもの見たさ」から、読むのが嫌だというわりには、「ちんぷくまんぷく・・」と口ずさんでいるし。
 現実に戻った「かんた」が部屋で歌を思い出している場面には、ビー玉ふろしきなわとびが描かれています。これらは3人の化け物と一緒に遊んだ物。それを見つけたヒメは「あっ、持って帰っている!」と笑っていました。

 これは夏の日の話。何だか妖気を感じる場所というのが私の小さいころにもありました。この本を読むとその場所を思い出します。蒸し暑さと妖気・・ぜひ夏によんでもらいたい一冊です。
 
関連記事

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

わかりますv-222
我が家の三女も怖がりで、オバケの話とか大嫌いです。
せなけいこさんのおばけの話も三女は、
「怖いから捨てて~v-399
というくらいです。
でも、この絵本の反応は良かったです。
あの呪文がリズミカルで好きなようです。

こんにちは。
この絵本、長女が年少のときに幼稚園で読んでもらった1冊。
怖がりの長女が自分で選んで先生に読んでもらった絵本なので、どんな絵本なのか気になって、図書館で探すのですが、いつも貸し出し中。
記事を読ませてもらって、長女がこの本のこと気になる1冊だという意味がわかりました。

うちの娘も少々恐いながらもかなり気になる絵本なようで、何度も借りて読んでいます。
この呪文、化け物の名前、ふざけてる?ってくらいに、大人も笑えますよね。
ちんぷくくまんぷく、おたからまんちんの言葉が特にお気に入りなようで、かなり復唱していました(笑)

「行って帰る」そのかたちが、子供に恐さだけを残さないって事なんですね。
納得です!!

アテナさん
「捨てて~」ですかi-179・・ヒメも時々言いますね。最近では『ぶたのたね』を読むと「捨ててほしい。このオオカミ大っきらい」といいます。


jaune-brillant さん
それはぜひ読んでみてくださいね。
大勢での読み聞かせでは気付かなかった絵の細部の発見を楽しめるでしょうし。v-392


ルーリーママさん
子供ってこういう呪文のような言葉が大好きですし間違わずによく覚えていますよね。
行きっぱなしになってしまう本・・・『ねないこだれだ』は、そのままお化けと一緒にとんでいってしまいますもんね。あの本を怖がる子が多い一つの理由かもしれませんね。

こんにちは、お久しぶりです!

めっきらもきらどおんどん、暑い夏にちょうどいい絵本ですよね!
じょんがらぴこたこ…絵本が読んだ後、つい口に出していってしまいたくなるセリフですよね。

今日はちょっとお知らせが!
そらいろ絵本日記サイトにて絵本グッズのカウプレやっています。
もし良かったらご参加下さいませ♪
お待ちしております~。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。