スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 かいじゅうたちのいるところ

2006-02-07

「いい絵本」といわれているけれど、自分はちっともいいと思わないから2,3回読んでやめてしまった本ってありませんか?
最初なぜいい絵本といわれるのか全く理解できないと思っていたのですが、現在、ファンタジーとして最高の絵本と思えるようになった本を紹介します。

かいじゅうたちのいるところ  モーリス・センダック/作
かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ
モーリス・センダック じんぐう てるお

冨山房 1975-01
売り上げランキング : 8,506

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>オオカミの服を着て大暴れしたマックスはお母さんに怒られ夕飯抜きで部屋に閉じ込められます。すると部屋の中から木や草が生えてきてたちまち森の中に。そこへ波がうちよせ船がやってきて一年と一日航海すると「かいじゅうたちのいるところ」に到着。マックスはそこで怪獣の王様になりますが、ふと寂しくなって家が恋しくなるのですが・・

<おすすめポイント>少年マックスの奔放な行動と、お母さんのさっぱりした対応。いたずらをして怒られて、それでも反省するわけでもなく、ひとりで旅に出て、王様になり怪獣を従え、寂しくなったらさっさと別れを告げ家に帰る。勝手気ままだけれど、おいしいにおいにさそわれてお母さんを思い出すところは子どもらしくとてもかわいいのです。

<2歳半のヒメの反応>「一しゅうかんすぎ、二しゅうかんすぎ一年と一日航海するとそこはかいじゅうたちのいるところ」この小気味良いリズムがお気に入り。そして、「かいじゅうおどり」をするマックスの表情をまねして喜んでいます⇒
かいじゅうおどり
<まつりかの感想>
上記のように、最初この本の良さを実感できませんでした。なんといっても絵が夢にでてきそうなくらい気味悪く、マックスの生意気な言動と表情も嫌いでした。ところが、何度も読んでいくと一見薄気味わるい怪獣も、よくみるとどこか間抜けな表情で愛嬌があり、かわいらしく思えてくるのです。そして、オオカミに変装して気が大きくなったマックスが、怪獣の王様になって征服する行動は、「なんでもひとりでできるんだ」と、子どもが抱く自立心をあらわしている気がして、自分が少女時代にいろんな空想をしていたことを思い出しながら読むととてもおもしろく読めるのです。まだ体は小さいけれど、空想の世界では大きく強くありたい。でも寂しくなったときに帰る家があるんだという安心感。このお母さんのように、さっぱりとしていてでも温かい対応を子どもにしてあげられるようになりたいと思いました。
関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ神宮 輝夫、Maurice Sendak 他 (1975/01)冨山房 この商品の詳細を見る読み込むほどに味がでる絵本です。あるひマックスはかいじゅうのぬいぐるみを着ておおあばれ(←息子大うけ)そ

『かいじゅうたちのいるところ』

今日,とてもあたたかかったので ファンヒーターをつけずに カーテンを全部開けて 部屋に太陽の光をたくさん入れました。部屋の中ぽかぽかでしたよ。これもエコライフねそ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
私は元の職業柄で絵本の魅力は良く知っているつもりです。
毎日300冊の絵本に囲まれていましたから・・・
やはり、子供にも好みはありますよね。読み手にも。でも、こちらから、「呼んであげたいな?」という本ばかりではなく、たくさんの絵本の中から「どれ読んで欲しい?」と毎日聞いているうちにひとりひとりの趣味がわかったものです。
私は昔話が好きでした。「さんまいのおふだ」「どろぼうがっこう」「からすのパン屋さん」など・・かこさとしさん・長新太さん。五味太郎さんは大好きです。早く「泣いた赤鬼」が理解できるようになるのが楽しみですね。
「かいじゅう~~」がOKなら、長谷川さんの「めっきらもっきらどおんどおん」なんかよいかも?
長くなりました・また ひめちゃんの反応楽しみにしてます。

娘さんの様子、可愛らしいですね^^
私もこの絵本、最初は表紙だけで避けていたのが
改めて読んでみたら、これはすごい本だ!と
衝撃を受けたのを覚えています。
あの文章のないページ…ものすごい力で
こどもの世界に引き込まれる感じがします。
駄文ですがTBさせてください。

姫のおもしろ顔がかわいいですね。
この絵本の表紙を見る限り子供が泣き出しそうですが
内容が子供の成長過程のほんの小さな一部分を
うまく捉えてありますね。
姫の怪獣踊りが見れる日を楽しみにしています。

分かります。
こどもが好きでも自分はイマイチって本ありますよね。
世間の評価と自分の評価が一致しないこともあります。
そして、読んでるうちに評価が変わることも。
だから絵本って面白い?!

yoshieさん
コメントありがとうございます。
めっきらもっきら・・はいつか読んでみたいと思っている本です。いかにもおどろおどろしいタイトルが私を遠ざけている(^^ゞ

新歌さん
TBありがとうございます。
読ませていただきました。韓国語で訳せるなんて素敵。この本、余白がうまく使われていてよく計算されてるなって思います。

mocoさん
近々かいじゅうおどりをお見せできるでしょう

美穂さん
そうそう、だから美穂さんのブログで紹介されている本を参考にさせてもらうと新しい出会いができます。
これからもよろしくおねがいします

まつりかさん、こんにちは。
この絵本は私もはじめは大好きというわけではなかったのですが(ちょっと怖いし)、こども達がすっかり気に入ってしまい、何度も読んだ本です。怖いながらもユーモラスなのはyoshie110さんが↑でおっしゃってるように、めっきらもっきらに通じるようで、やはり同じような感じでこども達のお気に入りでした。
その後、私もすっかりセンダックファンになって
先日も「そんなときなんていう?」を手に入れました。センダックの絵本はユーモアのセンスが培われる気がします^^

すずめさん
そうなんですか。
ぜひセンダックの他の作品もよんでみたくなりました。
ありがとうございます(^^)/

こちらからもTBを送らせてもらいました。
そうそう、めっきらもっきら~に通じる絵本ですよね。
私も他のブロガーさんがめっきら~について書いていて
それでなんとなくこの絵本をアップしてみました。
どちらも怖いんだか愛嬌があるんだか・・・。ですね。

マックスが息子にそっくりなんです。センダックの絵は好き嫌いがあると思うけど、これは物語とともにとても素敵な絵本だと思います。TBさせてくださいね。

うっちゃんさん
TBありがとうございました。
めっきらもっきら・・まだ読んでないんですよね。
ぜひぜひ近々読んでみたいとおもいます。

まつりかさん、はじめまして!
【Enjoy!読み聞かせ@えほん】という絵本紹介ブログの管理人、わかな と申します。
まつりかさんが記事に書かれた「子どもの自立心と安心感」について、まったくもって同感です。
こんな風に言葉にできるなんて・・イイなあ♪

それと。
過去記事の殆ど(?)が、ウチの本棚にある
あるいは お気に入りの絵本なので、
すごくびっくり!!でした。
好み、めちゃめちゃ似ているかも!
などと勝手に喜んじゃっています。
これからもじゃんじゃん遊びに寄らせていただきますね☆
TB打たせてください。
よろしくお願いします。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。