スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ぶっくぱる2回目(柴田愛子氏講演会)

2007-10-10

10月4日(木)に、ぶっくぱる主催の家庭教育学級2回目を行いました。(ぶっくぱるとは・・・以前の記事→コチラをご覧ください)
今回は、柴田愛子先生をお招きして、絵本作家の立場と、保育者の立場から見た、子育てと絵本についてお話をいただきました。

 先生は、中川ひろたか氏や市川雅美氏らとともに、「りんごの木」を創設。りんごの木子どもクラブの代表として、現在も保育に携わっておられるほか、『母の友』などの育児雑誌や新聞のコラムなどに、子育てについて寄稿されています。
 また、ご自身も育児書を数多く書かれ、絵本『けんかのきもち』では、日本絵本大賞も受賞なさいました。
けんかのきもち (からだとこころのえほん)けんかのきもち (からだとこころのえほん)
柴田 愛子

ポプラ社 2001-12
売り上げランキング : 13834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぜっこう (からだとこころのえほん)ぜっこう (からだとこころのえほん)
柴田 愛子

ポプラ社 2002-07
売り上げランキング : 106570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 私は以前から、先生の育児書やコラムを拝見して、その独自の子育て論に励まされていました。そして、絵本『けんかのきもち』『ぜっこう』を読んだ時に感動し、そしてそれは実際の現場、つまり「りんごの木」を舞台にしたノンフィクションだと知り、いつか先生のお話を聞いてみたいと思っていました。
 ですから、自分たちで先生をお招きできたことは、このうえなく幸せなことでして・・・

 もちろんお話も楽しく、先生のお人柄に触れ、受講者、スタッフ共々わが子との向き合い方を反省したり、勇気づけられたり、前向きな気持ちになったりと、あっという間の2時間が過ぎていきました。
 先生曰く、「わたしは絵本作家ではない。」と。それは創作でなく、人物は実名だし、実際の出来事を少し言葉を変えて物語にしただけだからと・・。
 男の子の物語には、伊藤秀男氏が、女の子の物語は、長野ヒデ子氏が挿絵を描いています。 絵の素晴らしさに助けられて・・というようなことをおっしゃっていましたが、どの絵本にも子供たちの、生きた会話、みなぎる力があふれ、それを見守る「あいこ先生」は、子どもと真剣に向き合い、愛情のある言葉で語られています。

 ヒメが『けんかのきもち』初めて読んだのは2歳10か月。友達とけんかといっても、おもちゃを取った取られた程度のもので、それは意地悪でやったものではなく、お互いの好奇心をとめられなくて起こるようなもの。つまり実体験では、「けんかのきもち」なんてまだ未知のものだったであろうに、この絵本は大好きでした。そして、今、4歳になり、この主人公である「こうた」と「たい」のお互いの気持ちをわかるようになってきたようです。
 
ともだちがほしいの (からだとこころのえほん)ともだちがほしいの (からだとこころのえほん)
柴田 愛子

ポプラ社 2004-03
売り上げランキング : 319778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今ヒメのお気に入りは『ともだちがほしいの』です。これは「ふうこ」という女の子が、引っ越してきてなかなか友達ができないまま夏休みを迎え、夏休みが終わるとまた「あそび島」に通うのが嫌で仕方ない。お母さんは「ひとりで遊んでもいいし、絵本もあるしおもちゃもあるからだいじょうぶ」というけれど、ふうこは、「そうじゃない、ともだちがほしいの」というのです。実はヒメのクラスにも9月から転入してきた女の子がいるようで、最近はよくその子の名前を口にします。絵本の「ふうこ」は、勇気をだして「はるこ」ちゃんに声をかけ、友達になれました。それを読んでヒメは、「ふうこちゃんは○○ちゃん(ヒメのクラスの転入生)みたい。はるこちゃんは、私(ヒメ)みたい」と言っています。
 
 こんなふうに、先生の絵本は、子どもが実体験とほぼ同じ感覚を持って読めるところが魅力なのでしょう。登場人物を自分の友達の○○ちゃんに似ていると感じたり、もしも自分だったらこういう時どうするかな?と考えたりと、心を寄せることができる本だと思います。

 2時間余りの講義の中で、印象に残った言葉を書きとめたものを、いくつか挙げてみますと

・「どんなに思っても相手を変えられない。思うようにいかないと思ってイライラせず、そういうときはあきらめることも時には大切だ」
・「正しい子育てをしようとしても、正しくはならないものだ」
・「わかっちゃいるけどできないのが人間。」
・「子どもの言葉にごまかされないこと。言葉以前の内面の変化をキャッチすることが大切。」
・「自分の内面をえぐりだされるのが子育てだ。」


もちろんこれら一つ一つの言葉には、エピソードがあり、笑い、時に涙しながらの素敵な講義をいただけました。
 
 近々新作絵本も出版予定だそうです。こちらもぜひ楽しみにしたいと思います。
 「あそび島」の舞台になっている「りんごの木」の詳しくはこちらのHPで。
 
  




関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

たまたま先週、久し振りに「けんかのきもち」を手に取る機会があったので、あっ!と思った。
そうか、この本かかれた方が、今回の講師でらしたのね。
初めて手にした時、インパクトのある絵に驚いたものでした・・・特に顔のアップが(笑)

さて、今日はバトンのご案内v-222
お忙しいとは思うけれど、もし気が向いたらトライしてみてください。
では、残りの講座もお仲間と力を合わせてね!ファイト~

RENEさん
あら、それは偶然にも・・・
画家は伊藤秀男さんなんですが、「りんごの木」に泊まり込んで、シャベルひとつから忠実に写生して帰ったそうです。表紙の絵も、けんかをして悔しくてごろんと寝ころんでいた女の子の姿を実際に見て、「そうか、悔しいときはこんなかっこうをするもんだな」ということで、描かれたそうです。それに、絵本の「あいこ先生」はご本人そっくりなんですよ。
バトンのちほどやってみたいと思います。

羨ましい!私も柴田愛子先生のお話聴きたかったです。
子どもの幼稚園を探すときに「りんごの木」も選択肢に入っていたんですよー。
結局通うには遠く、HPでいいなぁと思っていただけなんですけどね^^;
でもHPの先生のお話は読んでフムフムと勉強させていただいています。

ぶっくぱるの活動順調ですね。また活動後ご報告くださいね。
こちらで勝手に参加させていただいていますので^^

huuyuuさん
コメントをいただいていたのに、またまたお返事が遅くなってすみません。
そうですか^りんごの木も候補に入っていたとは。
りんごの木のような保育園が近くにあればわたしも間違いなく通わせていたでしょうね。柴田先生にお会いして、子供を見守る温かさに触れ、よりそう思うようになりました。
ぶっくぱる活動。。直前になってレジュメの書き換えなどバタバタと段取りのわるい私です。応援してくれてありがとう!
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。