スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ねえ、どれがいい?

2007-12-17

ねえ、どれがいい?  ジョン・バーニンガム/作  松川真弓/訳
ねえ、どれが いい?ねえ、どれが いい?
ジョン・バーニンガム まつかわ まゆみ

評論社 1983-12
売り上げランキング : 15126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
 もしもだよ、
 きみんちのまわりが かわるとしたら、
 大水と、 大雪と、 ジャングルと、
 ねえ、どれがいい?


究極の選択を迫られる質問の数々。ねえ、どれがいい?

<初めて読んだ3才6ヶ月のヒメの反応>
 日常でも、自分の意思で「選択する」こと、そしてその選んだものに責任をもてるようになったころ。そして、「もしも・・だったら」という想像を楽しめるようにもなってきた頃。ただ、その言葉を知らなかったり経験がまだまだ未熟なことで、想像の世界を存分には楽しめないことも多いようで、「おかあさんと一緒じゃないからどれも嫌だ」などと、半泣きになることも。
 
<おすすめポイント>
奇抜な内容の質問は、バラエティーに富んでいてどれをとっても面白い。
どこに住みたいか?どこで食事するか?どれなら食べられるか?いくらの金額でならこれをするか?・・などなど。
その究極の選択に、いつの間にやら読み手を真剣にさせ、どうしてそれを選んだのか話してみたり、子どもとの価値観の違いに気付いたりと、空想を親子で楽しめます。
原題は「WOULD YOU RATHER」
  
<現在4才5ヶ月のヒメの反応>
 イマジネーションの世界を楽しめ、「もしも・・」の選択をおもしろがれるようになり、やっとこの本を心底楽しめるようになったみたいで、しきりに読みせがみます。どうしてそれを選んだのかという理由も、納得できるものも多く、ちゃんと自分の意見で話せるようになりました。
ただ、相変わらず「どこでなら まい子に なっても いい?」の質問に対しては、「どれも嫌だ」と言いますが・・・

<まつりかの感想>
ここに挙げられている質問の中で、ヒメの反応が面白かったものを二つ。

一つ目は、
おとうさんが 学校で おどっちゃうのと、
おかあさんが きっ茶店で どなるのと、 どっちが いや?


これに対してヒメは迷わず「おかあさんがどなるのが嫌だ」と。
じゃあ、お父さんが幼稚園で踊り始めてもいいの?と聞くと、
「あの人お父さんじゃないよ。知らない人だよ、ってごまかす」といって自ら爆笑していました。

そしてもう一つは、
二千円で トゲのある いばらに とびこむのと、
一万円で 死んだ かえるを のみこむのと、
二万円で お化けやしきに とまるのと、
どれが いい?


お金の単位や価値について、理解できない4歳児に、わかるように説明するのも至難の業。
二千円、一万円、二万円で、どんなものが買えるのかを例えるのは難しい・・

その日たまたま食べたマックのハッピーセット。おもちゃのケロロを気に入って見ていたので、
二千円なら、ハッピーセットが5個、ケロロは5個もらえるよ。一万円ならケロロは25個もらえる・・・、するとヒメは「そんなにたくさんケロロはいらない」と言い始める。

ヒメの身近なものを使って、おかねの価値を示すのは、難しい。悩んだ末、絵本を使うことに。
二千円なら、この絵本が2冊買えます。一万円なら10冊、二万円なら20冊買えるよ・・そういいながらそれぞれ、本を積み重ねたうえで、
「トゲトゲの上に飛び込んで一瞬痛い思いをしたら、絵本2冊あげるよ。
死んだカエルをのみ込んだら、10冊あげるよ。
お化け屋敷に一人で泊まったら、20冊あげるよ。どれにする?」

そういうと、「夜一人でおとまりするのは怖いしお化けが出るかもしれないから嫌だ。トゲトゲだと本が2冊だし、だからカエルを飲み込む」と・・・
死んでるんだよ、死んだカエルを飲み込むんだよと、うちにあるゴム製のカエルを飲む真似をしたらようやく、「じゃあトゲにとびこむ」というヒメ。
ムムム・・お金の価値が本当にわかるようになってから、もう一度この質問をしてみたい。

子どもが成長過程で、いろんな経験をしていくなかで、選択するものも、選択理由も変わってくることでしょう。そういう意味で、長い期間楽しく読めて、本の中に子どもの発達を知ることができるんじゃないかと思います。

<お知らせ>
ジョン・バーニンガムの絵本原画展が、いよいよ東京にやってきます。
2008年1月31日(木)→2月18日(月):大丸東京店
 
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

これも人気のある絵本のようですね。
さすが、バーニンガムさん。
でも、レビューを拝見するたびに、
”ど、どれも選べね~よ~”
と、思っている軟弱者の史です。^^;;

んふ。
ヒメちゃんの
”あの人はお父さんじゃない、知らない人”発言!
笑ってしまいました。
もうそう言う知恵も使うんですね~。
でも、実際他人の振りしたくなる時、あるある!!

♪Happy Birthday~!!
遅ればせながら。。。おめでとう♪

今日の記事、ヒメちゃんのリアクションがとっても楽しいi-237
この絵本は、ちょっと意地悪チックな質問もあるからなぁ~
このフワフワした感じの絵が堪らない作家さんでもあります。
これから経験値の上がっていくヒメちゃんとのやり取り、きっと益々楽しくなりますよ(うふふ)

各務史さん
そうそう、どれも選べないよっていいたくなるのが多くて・・難題だからこそ、子どもの意見を聞くのがたまらなくおもしろかったりします。


RENEさん
バーニンガムさんの絵の雰囲気に、シュールな内容の組み合わせがとても面白いですよね。
幼い子供の心を揺さぶる珠玉の本って気がします。

これ、我が家でもよくやりました!!
本当に究極の選択ですね。
お父さんが学校で踊っら…
のところヒメチャマなかなか賢い!
その手があったか…
この絵本、三女に試したことがありませんでしたので、早速やってみたいと思います。

アテナさん
文句なしに面白い本ですもんね。
ぜひ三女さんの反応をお聞きしたいわ☆
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。