スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 わたしはだいじなたからもの

2008-04-09

わたしはだいじなたからもの  カール・ノラック/文  クロード・K・デュポア/絵  河野万里子/訳
わたしはだいじなたからものわたしはだいじなたからもの
カール ノラック Carl Norac Claude K. Dubois

ほるぷ出版 2000-11
売り上げランキング : 295550

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
 新学期の最初の日、ロラは新しいお友達のルルに、「うちではなんと呼ばれているの?」と聞かれました。
 ちびちゃんとか、かわいいようせいさんとか、だいじなたからものとか」
 すると、そこに居合わせたみんなに笑われてしまいました。
誰にでも外とは違う、うちでの呼び名があるはずだ、と、ロラは町の人に「こどものころ、おうちで なんてよばれていましたか?」と聞いて回り、その結果、誰にもうちでの呼び名があるということを確認しました。
 ところが、出くわしたお友達に
 「あははは、ようせいさんだってさ! やーい、ちびちゃん」とからかわれます。
 しょんぼりとうちに帰ったロラを見て、パパは「おかえり、ちびちゃん」。ママは「おかえりなさい、かわいいようせいさん」と声をかけますが、ロラは素直になれません。
 パパもママも心配そうに「いったいどうしたの、うちのだいじなたからもの?」と言うと、ロラは歓声を上げて抱きつきます。そう呼ばれるのが一番好きだったのです。
 翌朝、学校に行くとルルが来て、自分もおうちでそう呼ばれたいとロラのことが羨ましかった、そして、ルルも、パパとママに話して自分もそんなふうに呼んでもらうことにしたんだと言います。
 ロラはそれを聞いて、「だいじなたからもの」は、自分だけの呼び名なんだとむくれてしまうのですが、考えなおしてどの子も家族の大事な宝物なんだと納得するのです。
 ロラとルルは大の仲良しになりました。

<初めて読んだ4才2ヶ月のヒメの反応>
 「お母さん、ヒメも大事な宝物?」と聞いてきます。
 「お父さんは●●って呼ぶし、お母さんは△△って呼ぶ。先生は☆☆って呼ぶけど本当は言ってほしくない・・・この前、お友達に◆◆って呼ばれて、それもいいなって思った・・・」などなど。
 
<おすすめポイント>
 「呼び名」を題材にして、成長とともに、人と交わり社会が広がっていく様子が描かれています。
 家族だけが使う愛称に、呼ばれた時の居心地のよさを感じる様子や、お友達とのやりとりの中で嫉妬したり、落ち込んだり、喜んだりという感情の変化など、子どもの内面を、愛くるしいハムスターを主人公に生き生きとかかれています。
 ロラのシリーズは、他に『だいすきっていいたくて』『だきしめてほしくって』『いそがしいっていわないで』(過去ログはコチラ)『ねえ、わたしのことすき?』など。

<現在4才9ヶ月のヒメの反応>
 うちでの呼び名を、ロラがお友達にからかわれる場面では、「人にそんなこと言ったらダメなんだよ」と怒っています。
 以前(4才2か月のとき)と違うのは、ロラとルルが仲良くなったという結末に喜びを感じているよう。お友達と言い合いになったり謝ったりしていく中で、相手の気持ちを理解できるようになるというのを、実生活で体験していることに共感しているのだと思います。

<まつりかの感想>
 ヒメの名前は、私が考え、字画などを調べた上で、文字は夫が考えました。出産前には決めていた名前だけど、いざ産まれてみると「○○ちゃん」と呼ぶのはなんだか堅苦しいと感じるわけで、そこで初めて呼び名というのを考えます。
 すると、夫と私とでは、ヒメをこう呼びたいという意見が違う。圧倒的に一緒に過ごす時間の長い私のほうが有利に働き、ママ友達もその愛称でヒメを呼んでくれていたのですが、言葉を発するようになった時、ヒメは、自分のことを話すとき、夫がつけた愛称を使うではありませんか。そして、1才半の時に現在のところに転居したこともあって、私は自分のつけた愛称を頑なに言い続けるのにも疲れ、結局ここでは、その呼び方を封印し、ふつうに「○○ちゃん」とみんなに呼んでもらっています。
 赤ちゃん時代を過ごした所に遊びに行ったときにだけ、蘇るその愛称。でもヒメは、なじみがないため「みんなが変な呼び方をする」とご不満です。

 訳者の河野万里子さんも、あとがきに書かれているのですが、愛称のつけ方は、日本では名前の音をもとに呼びますが、欧米では小動物やかわいいものにたとえて呼ぶことが多いようです

 抱っこでないと寝かしつけられなかったヒメを、長時間揺さぶり続けるのに腰痛との戦いでした。自分の気持ちも楽になるので、歌を歌いながら抱っこをするようにしていました。
 子守唄や童謡に飽きたら、流行りの曲を歌ったり、それにも疲れたら「眠くなれ~早く寝よ~」とイライラをぐっと抑えて即興で鼻歌を。おかげで創作曲はたくさん出来上がりましたが、その場限りのものばかり。一曲だけ、それなりの歌に仕上がったのが、「○○(ヒメの名前)ちゃん~、○○ちゃん~、おかあさんのたからもの~」というもの。抱っこでの寝かしつけの時期にしか歌っていなかったのに、3歳のときにぬいぐるみを相手にこの歌を口ずさんでいたのには驚きました。 
 この本で、ロラが「だいじなたからもの」とパパとママに言われて歓声をあげ抱きつくシーンになると、「たからもの~の歌、歌って」と言われます。

 子どもが大きくなるにつれて、なんだか照れくさくて、大好きだよ、とか、たからものだよ、って言えなくなってくるけれど、本を通してこんな言葉をかけてあげることで、愛は伝わり、「わたしはだいじなたからもの」と、家族に必要とされている存在意義を確かにすること思います。
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

”私は大事な宝物”
そう思いながら育てば、きっと道は誤らないんでしょうね。
でも、そう実感するって、結構難しかったりもしません?
大人と言えども、親と言えども、不機嫌な時はありますもんね…。
そうすると、やっぱり多かれ少なかれしわ寄せが子どもに行っちゃったりなんかして。^^;

でも、本当は、どの子も等しく、親の宝物であるはずです。
(この頃は、違うように思える事件も増えましたけど…。)
日本語の”子宝”と言う言葉は、的を得ていて
いい言葉だな~って今更ながらに思います。

さ~っ!
今日も帰って来たら、娘二人とも抱きしめ攻撃だぁ~~~っ!
なんちって。迷惑がられるので止めときます。^^;

はじめまして

はじめまして
昨年の「上野の森 親子フェスタ」の記事が充実した記事でとても楽しそうでしたので、今年度のフェスタについてのブログ記事中でご紹介させていただきました。事後報告ですみません。

今年も行かれるようでしたら 是非報告してくださいね。

この絵本、好きかも~チェックしてみますi-234
まつりか家のヒメちゃんのお名前に絡むエピソードが何だか楽しくて、読み入ってしまったわ(笑)

でも、自分に置き換えてみても色々な思い出があるから、うん立ち止まって考えてみると何だか面白い。。。
かくいう我が家も、というか私から娘達への呼び方が定まっていなくて複数あって(その日その時の気分でかわるの・笑)、たまに娘達に出来れば絞って貰えない?って言われちゃうi-237
ちなみに長女が嫌がるのは○○兵衛、次女は○○先生・・・変かしらね、やっぱり(クスクス)

各務史さん
私は大事なたからもの・・そういつもいつも思えないですけどね。でもこの本のロラが、あまりに純粋に訴えかけてくるので、読むたびに子どもとのかかわり方について考えさせられます。
子宝・・ほんとにそうですね。
私はなかなか子どもが授からなかったので、「子宝」という言葉のものに随分頼みましたね。産まれてきてくれて、やはり宝だと実感しています。


makomamaさん
御縁があってこちらにたどりついてもらってうれしく思います。
上野の森フェスタ・・今年も行ってみたいと思っています。お会いできるかも?ですね。


RENEさん
ホホホ~面白い。いろんな愛称で呼ぶときってわりと親の機嫌もいいときですよね?お嬢さんたちも、そんな風に呼ぶときのRENEさんを楽しんでいるでしょうね。
今日の新聞で、「子供が親をどう呼ぶか」というものが掲載されていました。名前や愛称で子どもに呼んでもらいたいという親が増えているようで。理想は友達親子だそうですね。

ほんとにね、子供って何時までも親にとっては大事で心配な宝物ですね。
うちにもひげもじゃの大事な宝とおしりのおっきくなった大事な宝がいます。
でも、その宝にも大事な宝ができて、私は宝持ち!

いよいよ芦屋では第5期の養成講座が始まります。
なんとか人が増えて、福岡でも開くそうで よかった!

はなもようさん
あら、ほんと、すごい宝持ち♪
ときどきブログに登場するお孫さんも、こんな素敵なおばあちゃま(そう呼ばれたくないですよね?^_^;)がいて嬉しいでしょうね。
福岡、開催決定おめでとうございます。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。