スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 わゴムはどのくらいのびるかしら

2008-04-18

わゴムはどのくらいのびるかしら   マイク・サーラー/文  ジェリー・ジョイナー/絵  岸田衿子/訳
わゴムはどのくらいのびるかしら?わゴムはどのくらいのびるかしら?
マイク サーラー Mike Thaler Jerry Joyner

ほるぷ出版 2000-07
売り上げランキング : 138930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
あるひ、ぼうやは、わゴムが どのくらい のびるか、ためしてみることに しました。  

わゴムのはしを、ベッドの わくに ひっかけて、へやの そとへ でてみよう。
自転車にのって、バスにのって、汽車にのって、飛行機に乗って・・・・
とうとうロケットに乗って、月に行って・・・
月に降り立とうと思ったとたんに・・・・

<初めて読んだ4才0ヶ月のヒメの反応>
 ページをくるたびに、「エーッ、エーッ・・」とずっと小声で言い続けていました。読み終えると、「終わり?」と、きょとんとしながら言ったかと思うと、「すごいね。ねえ、わゴムちょうだい」と。
    
<おすすめポイント>
わゴムがどのくらい伸びていくのか、という素朴な疑問に、予想をはるかに超えた壮大なスケールでもって答えてくれるその奇想天外さに、純粋に面白いと感じ、想像力をかきたてられます。 わゴムが伸びる様子を強調するために、時には枠をはみ出るほど、大きく描かれています。飛行機に乗ったり船に乗ったり、やがて月に行くという展開につれて、ぼうやの姿は小さく、背景を大きく描くことで、スケールの大きさを描いています。
ぼうやのお部屋にある、おもちゃ(自転車、汽車、バス、ヨット、らくだ、ロケット、飛行機)と、月の模様の壁紙が、物語に登場しているということが、見返し部分と、物語の最後のページでわかるようになっていて、その絵探しの楽しみもあります。  

<現在4才9ヶ月のヒメの反応>
「ぼうやは ベッドに ちゃくりくしたのさ」という、最後のページで、ベッドの端に、わゴムが垂れ下がっていることと、部屋のおもちゃが物語の伏線に使われていることに気づいて面白がっています。

<まつりかの感想>
 4月13日(日)に表参道のクレヨンハウスで、作者のマイク・セーラー氏のトークショー&サイン会が行われました。
 日本では、この『わゴムはどのくらいのびるかしら』と『ぼちぼちいこか』(過去の記事はコチラ)が有名です。

 まずは、「わゴム~」のお話。ひとりの男の子が(この子がとっても英語が達者で驚きましたが)前に出て、セイラー氏の言葉に合わせて、わごむをひっぱりながら自転車に乗ったりバスに乗ったりする、まねごとをして、ストーリーを紹介。「ボーンとはねたらわゴムが空からふってくるよ」とセイラー氏が言うと、そこにいたみんなで、見えないわごむを取って、ビヨーンとひっぱって・・・大人も子供も空想遊びを楽しみました。

 続いて『ぼちぼちいこか』。セイラー氏が英語でお話を読みながら、「消防士になれるかな?」「ふなのりになれるかな?」という質問にみんなで「NO!」を斉唱。同時にスタッフの方が、関西弁が魅力の訳をつけてくださいましたが、やはり「NO」だけでは物足りないなあ~と感じたのはわたしだけでしょうか。(ご本人を目の前に申し訳ないのですが、訳者の功績あってこそだと思ってしまいました)

 最後は未邦訳の『Black Lagoon』シリーズを紹介。内容は、新学期を迎えて担任の先生が誰になるのか気になっていると、モンスターのグリーン先生に。騒いでいる子を食べちゃったり、先生に物申す子は消してしまったり、頭が痛いという子の頭を小さくしちゃったり。とにかく恐ろしくてどうしよう・・・と思っていたら、それは夢で、本当のグリーン先生はとてもやさしい女の先生でしたというお話。(アメリカではベストセラーだということです) 
 ヒメは、というと、この未邦訳のお話が一番印象に残ったらしく、「グリーン先生ってさあ・・」と帰りの電車でそればかり言っていました。

 また、訳者の今江祥智氏からセイラー氏におくられたお手紙が紹介されました。お互いに70歳を超えておられるそうですが、まだまだこれからもいい作品をつくりたいですね、そして面白いものができあがりましたら、ぜひ訳をさせていただければ嬉しいです、というような内容でした。「ぼちぼち・・」のかばくんの絵が、直筆で添えられたとても素敵なお手紙でした。

BLOG2326.jpgそしてサイン会。ヒメは、例の如く(過去のジョンバーニンガム氏来日サイン会の様子コチラご覧ください)「Hello !」と言って本を差し出していました。名前を聞かれたようで、かろうじて「My name is ○○」と返答していました。
 セイラー氏は、浮世絵風に波が描かれたシャツに、黄色いキャップと黄色いスニーカーという出で立ち。キャップには、ピンがさしてあり、それについてお尋ねすると、「これはイマジネーションペンシルだよ」とおっしゃっていました。ペンに羽が生えたモチーフ。想像力をかきたてて物を作っていきたいという意味をこめた、セイラー氏オリジナルのピンなのだそうです。

セイラー氏の2作品は、どちらも絵がとても印象的で、お話が絵の力にひっぱってもらっているという感じがしていました。
 『ぼちぼちいこか』の主人公のかばくんは、何をやっても失敗ばかりします。でもこの作品で伝えたかったのは「No Perfect」(誰しも完全ではない)ということなのだそうです。
 『わゴム・・・』では、「あなたがた一人一人が、頭の中で想像したわゴムを取ることは、誰もできないんだよ」と言われていました。
 イメージすることは自由であり楽しいことなんだ、そして自分らしくあること、それぞれが特別な存在なんだということなのでしょう。そういう思いで子どものための作品をつくり続けておられるということを知り、子どもに対して真剣な作り手としての姿勢に尊敬の念を抱きました。
 セイラー氏は幼いころから、芸術家になりたいと思っておられたそうです。そしてそのために努力をしてこられたそうです。「何か大きな夢を持って、その目標に向かってあきらめずに努力してください」と会場の子供たちにメッセージをくださいました。

 ヒメの頭の中の、わゴムはどのくらいのびているのかしら?その頭の中のゴムを決して取ることはできない、見ることもできないけど、空想を楽しむキャパシティを広げてあげることは、できるかな。絵本の力を借りながら。
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。私も「わゴム~」の絵本大好きです。ぼうやのぷっくりおなかがいい!
以前4年生に読んであげたら、各ページごとに「ありえへ~ん」と全員で大合唱して突っ込みいれてくれました。
セイラーさんご本人の「ぼちぼちいこか」いいですね!聴きたかったなあ。

・・・fc2に引越しました。閑古鳥が鳴いてます。
また覗いてやって下さい。

楽しいイベントに参加出来てよかったですねぇ~
ヒメちゃんの傾げた姿が、おしゃまな感じで可愛いゎ~♪
作者本人に読み聞かせて貰えるなんて、スゴイi-184

「アニマルラバーバンド」って、知ってる?
機会があったら、ヒメちゃんに1つ買ってあげると喜ぶと思います(うふふ)

こんにちわ。
ヒメちゃん再びやったね!

わごむーもぼちぼちーも同じ作者とは・・・
しらなかった!

作者に読んで貰うのっていいよねー。
今江さんの訳も 関西人の私はきにいっているんだけれど。

るるる☆さん
「ありえへーん」ですか。関西弁で子どもにつっこまれると、なんだかしてやったり!って気分になりますね~(*^_^*)
超現実主義のいまの子供たちには、とってもいい本かもしれませんね。


RENEさん
すごくかわいい!アニマルラバーバンド。使うのがもったいない感じもしますけどね。こんなわごむなら、絶対にむげに捨てたりしないわ~


はなもようさん
2冊の本で、マイク・セイラーと、マイク・サーラーと表記が違うので同一人物だと思わないかもしれませんよね。2度目の来日だそうです。貴重な場に出会えてとてもラッキーでした。

ヒメちゃん、またまた作者さんとツーショットですね!
いつもかわいらしくて、ヒメというのがぴったりだな。
うちの昭和な雰囲気の人とは、ずいぶん違って、おしゃまさんに見えます。

この絵本のありえない展開がおもしろくて、一時はまって読みました。
ご本人は、こんな方なんですね!
拝見して、とても新鮮な感じです。

琴子さん
ヒメは、外国人の方が苦手なんですよ。顔をひきつらせながらの笑顔に写す私も毎回苦笑いしているんですけどね。
だって、作家さんとの出会いに興奮しているのは私だけですから。ヒメは無理やり連れてこられているって感じが否めなくて。。大きくなったときに、好きな絵本にその作者からのサインが書かれてあることでいつまでもその本を大切にしてくれることを願って・・
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。