スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ふらいぱんじいさん

2008-05-01

ふらいぱんじいさん   神沢利子/作 堀内誠一/絵
ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)
神沢 利子

あかね書房 1969-01
売り上げランキング : 94845

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
ふらいぱんじいさんは まっくろな おなべの じいさんでした。
金色のおひさまみたいな目玉焼きを焼くのが大好きでしたが、奥さんが新しい目玉焼き鍋を買ってきたので、もう目玉焼きを焼かせてもらえなくなったのです。
しょんぼりしているじいさんに、ゴキブリが、くよくよしないで旅に出ることをすすめます。
「そうだ、 ひろい よのなかに でれば、 この わしだって、 なにか やれそうなものだ。 よし、でかけよう。あたらしい せかいで、 だれかが わしを まっているかもしれない。」

こうして、旅に出た、ふらいぱんじいさんは、ジャングルでヒョウや猿に出くわしたり、ダチョウやらくだの子どもと出会います。
ある日、海で気持ちよく泳いでいると突然嵐になり、巻き込まれてしまいます。ようやくおさまったところに、溺れている一羽の小鳥を見つけました。じいさんの足につかまって、羽を休ませ元気になった小鳥はまた飛び立っていきました。
その後じいさんは、たこに足をねじまげられ、砂浜に打ち上げられ動けず寝たきりになります。
そこへ、あの嵐の日に出会った小鳥がやってきて、じいさんを見つけると、仲間の鳥と協力して、じいさんを木の上に運び枝に結わえてあげました。
じいさんは、大好きなおひさまを見上げ、落ち葉を胸に抱き、その上に鳥が卵をうみ、ひなが孵ります。毎年渡り鳥がやってきてはいろんな国の話をきかせてくれ、いつも小鳥が遊んでいます。

<初めて読んだ3才8ヶ月のヒメの反応>
 ヒメにとっては、『いやいやえん』に続いて2作目の幼年童話。全90ページを全部聞くのがなかなかできず、いつも50ページくらいで夢の中・・
 続きから読もうとすると「最初から読んで!」というのですが、途中でふっと見ると、すやすや
 らくだの坊やが迷子になっているシーンにハラハラするようです。

<おすすめポイント>
 主人公がフライパンで、しかも、おじいさんという設定の面白さ。自分はフライパンとして台所でのみ使われるものだと思っていたのに、世間に出てみたら、いろんな見方をされることに気づき、最後は好きなものに囲まれて暮らしていくというストーリーに、人生観がみられます。
 挿絵は、木、草花、雲、波にまで目鼻をつけて擬人化して描かれることで、ふらいぱんが主人公であることの違和感を全く感じさせないどころか、子どもは、無邪気に世間を楽しむ「ふらいぱんじいさん」に心をよせて楽しめると思います。

<現在4才9ヶ月のヒメの反応>
 最近は、睡魔も襲ってこないようで、完読できるようになりました。オスのだちょうに向かって「たまごをうんでくれ」と叫ぶナンセンスな場面に笑っています。
「おじいさんは、卵が大好きだから幸せなんじゃない?」と、この結末にすっかり満足したコメントをしています。

<まつりかの感想>
 子どもは絵本を読むときに、とかく主人公に共感し、自己同一していくものです。その多くは、読み手と同じ、子どもが主人公であるけれど、この本は、「ふらいぱん」であり「じいさん」であり、読み手とはかけ離れすぎていて、共感できないのではないかと思っていたのです。
 ところが、この本は初版が1969年。長年、幼年童話の代表としての地位を継続していることをみても、多くの子どもの共感を得ているわけです。
 このふらいぱんじいさんは、年をとってはじめて広い世間に出たので、未知のことばかりで、まるで子どものようにいろんな体験をしていきます。出会うものに驚き、喜び、ときには励まし、助け、おじいさんでありながら上から目線で説教するわけでもなく、素直に生きていく様子に子どもは自分と同じ目線であると感じるのかもしれません。

 実は、ふらいぱんじいさんの行動、生きざまには、私も啓発されることが多いのです。
たとえば、
今の地位に安住せずに思い切って外の世界を見てみる(ゴキブリに促されて旅にでるのを決心)
自分が思っているのと違って、人の見方は様々である(鏡、たいこ、おばけ、おたまじゃくしなどに間違われる)
世の中には、知っているようで知らない世界がたくさんある(海を初めてみて、今まで水と言えば水道の蛇口から出てくる細いものしか知らなかった・・)
自分が大好きなものを心に抱き続けていると、その夢が思わぬことで叶うことがある(じいさんは、おひさまと、目玉焼きが大好き。最後は、おひさまに近い木の枝に落ち着き、巣として卵をかかえいつも小鳥たちに囲まれて暮らす)

な~んて、ちょっと、いい過ぎかもしれませんが
「どうせ・・・」「わたしなんて・・」とすぐに言い訳をしてしまい、なかなか一歩を踏み出せない私にとっては、このふらいぱんじいさんの行動は輝かしくうつるわけです。

 あとがきには、作者の神沢利子さんがこの物語を構想するきっかけになった話が書かれています。ヨットで世界旅行をした時に立ち寄った、ある島の木のうえにフライパンがあり、ことりの卵が13個並んでいたのを見たそうです。そこからこんなナンセンスでかつロマンのあるファンタジーを考えたというのですから、さすがですね。 
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

はjめまして

はじめまして。
コメントありがとうございました。
色々な可愛い絵本が紹介されていて、参考になります。
これからものぞきにきますね。
よろしくお願い致します。

ファービーさん
訪問ありがとうございました。
偏った内容のブログかもしれませんが、よかったら時々覗きにきてくださいね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。