スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 報告『エリック・カール展』

2008-05-15

4月29日から5月12日まで、松屋銀座で開催されていた
「絵本の魔術師 エリック・カール展」に行ってきました。
母の日のこの日、あいにくの雨にもかかわらず、会場内は、とにかく人・人・人・・・
松屋で行われる展覧会に行くのはこれで4回目ですが、毎回人ごみに悩まされます。
平日に一人でゆっくり~~なんて思うのですが、ヒメも大好きな『はらぺこあおむし』の作者ともなれば連れて行かないわけにはいきません。

 まず入館すると、エリック・カールが今回の展覧会のために描いた、「あおむし」の製作過程がビデオ上映されていました。ティッシューというやわらかい紙にアクリル絵の具で色を塗って作った紙が、棚に色ごとに仕分けされています。そこから、選び出し、下絵にあわせて切り抜き貼っていくのです。
あおむしの胴体の緑色も、色調の違いのある紙を選びバランスよく配置していっていました。
目や鼻、足などのパーツも貼り絵にすると、最後にクレヨンを取り出して胴体にあおむしの毛をチョンチョンっと描いて。。。最後に「For My Friends In Japan」とメッセージ付きのサインを添えて、できあがり。この実物も、ちゃんと展示されていましたよ。
絵本の、「あおむし」に比べると、胴体も短く、毛の数も少なくて・・かなりの簡略化された「あおむし」ですが(この絵が、展覧会のチケットに採用されています。松屋HP)">

この制作過程を見ると、原画の見方もまた変わってきます。
カールが初めて一人で手がけた絵本『1,2,3どうぶつえんへ』(1968年)では、その細やかな作業ぶりがうかがえて思わず足を止めてしまいました。
ティッシューに幾重にも重ね塗りした絵の具の質感や、色調の微妙な違い、台紙に張られた糊の感じなどを間近に見ることができ、感動も一入です。
ヒメは、この原画を最も気に入り、「この本買って欲しい!」と、あまりに言うので購入しました。動物たちが汽車にのって動物園に行く様子を描いてある、文字なしの絵本です。
1,2,3どうぶつえんへ―かずのほん (かずのほん)1,2,3どうぶつえんへ―かずのほん (かずのほん)
エリック・カール

偕成社 1985-01
売り上げランキング : 90532

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原画の他にも、絵本制作のあとに残ったティッシューを使ってつくったアッサンブラージュのアート作品も展示されていて、偶然の産物だというインディペンデントアートとしての立体作品では、アーティストの存在感を示しています。

私が、とくに興味深かったのは、『はらぺこあおむし』の前身となった絵本が存在していたということ。
「A WEEK WITH WILLI WORM」(虫のウィリーの一週間)という題名で、中には、りんご、なし、オレンジ、バナナ、すももに、それぞれ虫食い穴もあり、チョコレートケーキやぺろぺろキャンディーなどずらりと並ぶページもほぼ現在のとおり。ですが、食べ過ぎて、緑色の太った丸い虫になるというところで終わり。
ところが、女性編集者とディスカッションをしているうちに、主人公をあおむしにして、チョウに変身するというドラマティックな結末を思いついたのだそうです。
 このことについての、インタビューの様子も上映されていて、「どうして原案にあったバナナが、なくなったのか?」という質問をされていたのですが、「そんなこと今まで考えたこともなかった」と、笑いながら答えておられました。どうしてバナナは不採用になって、いちごに変わったのでしょうね?ご本人の回答は聞けなかったけれど、どう考えても、いちごの方が丸くて小さくて、あおむしがかじるというイメージがありますもんね。

DSCF2380_convert_20080513135900[1]
展覧会会場を抜けると、ショップには、書籍のほか、「あおむし」グッズがずらり。
「はらぺこあおむしカフェ」というのも併設されていましたよ。
私は、一日限定200個という「まるごとリンゴぱん」(699円)を買ったのですが、持ち歩きの状態が悪く、家に帰った時はすっかり変形しておりました。

 ヒメが小さい頃よく読んだ『ごちゃまぜカメレオン』も購入。
この本は、同じ内容で絵がクレヨン画のもの(ほるぷ出版)と、コラージュのもの(偕成社)と2種類あり、以前このブログで紹介したのは、クレヨン画のほう(過去の記事をご覧くださいコチラ)ですが、今回はコラージュ版を購入。こちら、13㎝×10cmのミニエディションで、外出用にもとっても便利なコンパクトサイズ。
ごちゃまぜカメレオン (ミニエディション)ごちゃまぜカメレオン (ミニエディション)
エリック カール Eric Carle 八木田 宜子

偕成社 1992-10
売り上げランキング : 232253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そして、同時に、こちらのぬり絵絵本も購入しました。ヒメは、帰宅後まっしぐらに色鉛筆をとりに行き、ミニエディション版を参考にしながら、塗り絵をはじめていました・・・が、一つ仕上げると力尽きたのかぽいっと放置し・・まったく~飽きっぽいんだから完成にはしばらくかかりそうです。
ごちゃまぜカメレオン 塗り絵本ごちゃまぜカメレオン 塗り絵本
エリック カール 八木田 宜子

偕成社 1991-07
売り上げランキング : 110022

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

会場には、エリック・カール氏のメッセージが書かれていて、そこには「子どもたちに創作の楽しさを感じてほしい」とありました。
子どもの工作感覚で作られるカール氏の作品からは、元気・希望・快活・・・というものを受け取ることができます。色を塗るのも、紙を選ぶのも、切ったり貼ったりするのも、何よりもカール氏本人が楽しみながらワクワクしながら制作しているのが存分に感じられる展覧会でした。

 2年前、恵比寿ガーデンプレイスにて「はらぺこあおむしエリック・カールの世界」がありました。
あおむしの絵が描いてあるバルーンに、好きな色を塗ることができるコーナーがあり、当時2歳のヒメが一人で塗り塗り・・ヒメ流のあおむし君、とってもかわいく出来上がっていました。(そのときの記事はコチラ
このときもガーデンプレイス全体が、「はらぺこあおむし」の世界でいっぱいになっていて、カール氏の言う「創作の楽しさ」が生かされた素敵なイベントでした。
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりのコメントになってしまいました。

素敵なイベントですね♪
まつりかさんのように、何度か足を運べる機会に恵まれると、
お子さんの創作の成長ぶりも確認できてうらやましい!
気持ちもおなかも満たされたのでしょうか?

makkoさん
ごぶさたしていました。
東京近郊に住んでいると、さまざまなイベントに行くことができるというメリットがありますね。
でも、普段の生活は・・・もっと自然が欲しいなあって、田舎育ちのわたしはいつも思っています

母の日に行かれたのねぇ~♪
ヒメちゃんも、楽しめて何よりでしたi-184

ミレニアムの年だったかしら?来日なさった時に渋谷のこどもの城などでの日本の子どもとの時間を番組にしたものを娘達とTVで観ました。
触発されて、例のあの色鮮やかなペーパーに挑戦して、長女と色々な貼り絵を試してみたのi-236
エリック・カールもどき!?の素敵な作品が出来たんだった、確か(笑)

講座も始まり、忙しくなりますねi-220
またご報告頂けると嬉しいわ、よろしくi-265

RENEさん
エリックカールのまねをしてコラージュ作品もつくってみると面白そうですね。
創造には想像が必要ですものね。
わたしも童心にかえって、娘となにか創作してみようかな。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。