スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 100まんびきのねこ

2008-05-31

100まんびきのねこ  ワンダ・ガアグ/作  石井桃子/訳
100まんびきのねこ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)100まんびきのねこ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
ワンダ・ガアグ いしい ももこ

福音館書店 1961-01
売り上げランキング : 117406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
年をとったおじいさんと、おばあさんは二人きりの生活で、とてもさびしく、ねこが一匹いたらいいな、という、おばあさんのために、おじいさんは、丘を越えてねこを探しにでかけました。
長い間歩いていくと、とうとう、ねこでいっぱいの丘に出ました。
そこにも ねこ、あそこにもねこ、どこにも、かしこにも、ねこと こねこ、ひゃっぴきの ねこ、せんびきの ねこ、ひゃくまんびき、一おく 一ちょうひきの ねこ。 

おじいさんは、どのねこを見てもかわいく思えて、とうとう、そこにいるねこを、みんな連れて帰ることになりました。
おばあさんは、あまりのねこの数に驚き、これだけのねこを養うと自分たちが食べていけなくなると言い、どのねこを家に置くか、ネコ自身に決めさせることにします。
「おまえたちの なかで、だれが いちばん きれいな ねこだね?」
「わたしです!」「ぼくです!」「いいえ、わたしです!」


どのねこも自分が一番だと思っていたので、大変な騒ぎになり、家に逃げ込んだおじいさんとおばあさんが、しばらくして窓の外を見てみると、あたりは静かで、草の間に一匹だけやせこけたねこがいました。他のねこは、みんなで食べっこしてしまったのです。
一匹だけ残ったのは、自分のことを、みっともないねこだと思っていたので、だれもかまわなかったから。
おじいさんとおばあさんは、このねこをきれいにして、ミルクを飲ませ、大切にかわいがりました。
「この ねこは、やっぱり とても きれいですよ!」・・・
「いや、この ねこは、せかいじゅうで いちばん きれいな ねこだよ。わたしには、ちゃんと わかるんだ。だって わたしは、ひゃっぴきの ねこ、せんびきの ねこ、ひゃくまんびき、一おく 一ちょうひきの ねこを みてきたんだからねえ」と、いいました。


<初めて読んだ4才3ヶ月のヒメの反応>
ねこたちが食べあう・・・ということ=殺し合いをした、ということに、しばらく考えてから気づき、それを想像して「こわいね~こわいね~」と繰り返していました。
最後のページにある、おじいさんとおばあさんの結婚式の写真?と思われるものが壁にかけられているのを見て、「この人たちも、若い頃があったんだね」と、何やら感慨深げな発言をしています^_^;

<おすすめポイント>
全編モノクロで、細密な筆使いで、数えきれないほどのネコや、風景が描かれています。
横長の判型をうまくつかって、おじいさんが、長い道のりを経てネコを探しに行く動きをあらわすなど、画面の連続性に注意をはらって作られています。
「ひゃっぴきのねこ、せんびきのねこ・・」のリフレインは、おびただしい数のネコがいる様子を、リズミカルにうたっています。
1928年に初版。原題は『MILLIONS OF CATS』
見開きをいっぱいに使い、奥行きのある構図で描かれた絵は、文章でなく絵そのものが物語っているという点で、近代絵本の草創期の代表とも言われる作品。

<現在4才10ヶ月のヒメの反応>
「ひゃっぴきのねこ、せんびきのねこ・・・」のフレーズになると、ここぞとばかりに声高らかに唱和しています。
おじいさんが長い道のりを歩いていく様子を描いている場面では、その道のりを指でたどって楽しんでいます。
白黒で描かれた絵は、よ~く見ると、なんだか気持ち悪く感じるところが多々あるようで、とくに山肌や草を細かく描いている絵には、「わーこれ気持ち悪い」と叫びながら手で覆っています。

<まつりかの感想>
 今から80年も前の作品でありながら、全く古さを感じさせません。色味は全くない、モノクロの絵は、子どもを最後まで飽きさせず、むしろぐいぐい引き込んでいく力があります。
そして、訳はやっぱり・・石井桃子さん。意表をつくシュールな展開の物語でありながら、美しい日本語使いに、読後は後味も良く、余韻を感じられます。
 見開きの使い方や、構図、文章ありきの挿絵ではなく、絵で物語を運び、絵そのものを楽しむという点など、それまでの絵本では考えられなかったといわれていますが、今では当たり前に思われることでも、当時の人にとってはどんなに斬新に感じられたことでしょう。
 
 絵本の冒頭にある文章↓
ふたりはこぢんまりした きれいな いえに すんでいました。そして、いえの まわりには、ぐるっと はなが さいていました。それでも、おじいさんと、おばあさんは、しあわせでは ありませんでした。ふたりは、とても さびしかったのです。
 そして・・ 絵本の最後のページには↓
 おじいさんが葉巻をくゆらしながら椅子にすわり、おばあさんも椅子に座って靴下を編みながら、足元で毛糸とじゃれているネコを眺め、壁には二人の結婚式の写真が飾られているのです。

 そこには、「ねこのおかげで、昔のような幸せが訪れました」とでもいうように、晩年を迎えた老夫婦が、ねこを飼うことで幸せを感じているのがわかります。
 きっと、ねこが来るまでは、こんなふうに二人でテーブルをはさんでゆっくり時間を過ごすことが、何年もなかったんじゃないかと想像させるような。
 「かわいくてちいさくてふわふわしたねこ」が欲しいというおばあさんのオーダーに、おじいさんが必死でこたえようとする様子、そしてとんでもない数のねこを連れて帰ってしまうところに、おばあさんが、少し怒っているような言葉を発するのをみても、おじいさんとおばあさんの力関係をうかがえたりして。。80年前も、妻の方が夫より強かった
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

^^;;
共食いですか、ちょいエグですね。

お話の中では、
ちょっと醜くて、引っ込み思案なネコが幸運を手にするんですね。
現実は少々図々しいくらいじゃないと
数にも入れてもらえず、忘れ去られるって気はしますが。
謙虚なことが美徳の一つであってもいいのにな~と
考えちゃう今日この頃です。

この絵本はそんなに昔の絵本だったんですね。
最初読んだ時、ネコが好きなのに、共食いさせるの?と単純に思ったのと、世界中どこでも奥さんは恐いんだなと同じ事を思いました(笑)
ルーには絵的にも内容的にも恐いかなと思いましたが、フレーズを楽しんでいたり、あまりのネコの多さに笑ってました。
私がえーなんでーと思う感情とは違い、ルーは理解してなかったのか、ふふふと終わってました‥あれ?

ご無沙汰です。
この絵本を一時期何回もせがまれたことがあります。
モノクロでも鬼気迫る臨場感のある絵本ですよね。
ヒメチャマ中々鋭いですね、「…若い頃があったんだね…」って!
石井さんの訳だったのですね、気づきませんでした。
因みに我が家は夫が強いので、羨ましいですv-406

各務史さん
そうですね、エグいです(^<^)
容姿でなく心の美しいものが、本当の美しさなんだってことなんですかね。
現実の競争社会では、この本のねこの共食い以上のすさまじさがあるかもしれませんね。


ルーリーママさん
うちのヒメも、一度ではなかなか理解できなかったみたいですね。何度も読むうちに、徐々に読み方が変化していって。今では、もっぱら「ちょっと怖いけど気になる」本なのですが、少し前は「ねこがいっぱいでとにかく面白い」という感想でした。回数を重ねるごとに味わいがでてくる魅力がありますよね。


アテナさん
ごぶさたしていました
何度も読まされた時期があったんですね(^○^)
地味だし、かわいくないし。。って大人は思っても、子どもはそんな基準では選んでいないってことがよくわかります。
アテナさんのところは、ご主人さまが強いのですか。うちは・・・夫のほうが強いと思いますが、自分では何も動かずに文句ばかりいっている、絵本のおばあさんと私がとても似ていて、笑えます。

>「わーこれ気持ち悪い…」(ヒメちゃん、正直i-237うふふ)

この絵本は、やっぱり外せないですね(笑)
あと、ルーリーママさんも大好きな「かしこいビル」。。。そうだ、「はなのすきなうし」もねi-265
挙げれば切りがないけれど、子ども時代に触れた作品は、今の自分の礎に・・・ソウルフレンドi-229

石井桃子さんの訳は好きです。

昔から好きな本の訳は 何故か石井桃子さんの訳でした。

そういえばえぐい話ですね、でも、ずーっとそんなこと感じずに読んでいました。それが当然のように思って。

私もえぐいのかもね。

RENEさん
お返事がおそくなってごめんなさい。
ソウルフレンドですか・・・(*^_^*)
RENEさんは小さいころから、素敵な絵本にたくさん触れておられたんですね。
「かしこいビル」は兵隊さんの動向にハラハラして聞いていた覚えがあります。今みると、もっと見どころはあるんですけどね。


はなもようさん
お返事が遅くなりましてすみません。
私も今までこの本を読んでいて、えぐいなんて思わなかったんですけどね。ヒメが、「食べちゃったの?」っておののいていたものですから、そこで気づいて。
意外に子どもってこういうことをさらっと受け流すものだと思っていたのですけどね。なんか引っかかってしまったみたいで・・
ネコといえば、ミヤちゃん。
子育てに励んでいることでしょうね。

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。