スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ジェインのもうふ

2008-07-01

ジェインのもうふ   アーサー=ミラー/作  アル・パーカー/絵   厨川圭子/訳
ジェインのもうふ―アメリカのどうわジェインのもうふ―アメリカのどうわ
Arthur Miller Al Parker

偕成社 1971-03
売り上げランキング : 69799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
ジェインというおんなのこが いました。
やっと はいはいができる あかちゃんです。
ジェインのもうふは、ピンクで、ふんわりして、あったかーい あかちゃんもうふです。

このピンクのもうふがありさえすれば、ご機嫌。寝るときはいつもこのもうふを抱きしめています。

一センチ、一センチ、ジェインのせいは、たかくなって いきました。
かくれんぼやおにごっこができるようになり、ドアに手が届くようになっても、このピンクのもうふを「もーも」と呼んで、寝るときはやはりこの「もーも」を探します。

 もっともっと大きくなって、ある日ジェインは、目をさますと「もーも」がなくなっているのに気がつき泣き始めます。お母さんは、すりきれてぼろぼろになり、体をくるむこともできなくなった、「もーも」を終いこんでいたのでした。

 小学生になったある日の夜、寝ようとしときにはっと「もーも」がないことに気づきました。
「あたしの もーもは どこ?」
「あら、ジェイン、あのもうふは、もう ずっと まえから、 つかって いなかったじゃないの。」

お母さんが引き出しにしまいこんでいた、「もーも」は、ほんの小さな切れっぱしになっていました。

 ジェインはそれをもらって、部屋の窓のところに置いていました。ある朝、窓辺に青い鳥が1羽、「もーも」から糸を引きぬいています。
 ジェインは驚いて、お父さんとお母さんを呼びにいきますが、
「あのとりはね、もうふの いとを つかって、とりのすを つくっているんだよ。」と、鳥の赤ちゃんがやわらかい巣の中で暮らせるように、糸をしいているんだと、お父さんがいいました。

 「もーも」がここにないさみしさはあるけれど、その代り、どこかの木で、「もーも」の中で眠っている鳥の赤ちゃんがいると思うと「もーも」をあげてよかったと、ジェインは思うのです。
そして、
ジェインは、じぶんが おおきくなって、もう、あのちいさな「もーも」が いらなくなったことを、ほんとうにうれしいと おもいました。

<初めて読んだ3才8ヶ月のヒメの反応>
 ヒメは、この本を読んで、自分にはお気に入りの毛布というものがないことに気づき、「わたしのもーもってどれ?」と聞いてきました。仕方がないので、肌身は出さなかったわけではないのだけれど、赤ちゃんのころ使っていた、ピンクのタオルケットを渡すと、「もーもだ」と、満足げに、それを抱いて寝ていました。
  
<おすすめポイント>
 劇作家であるアーサー=ミラー(マリリン・モンローの3番目の夫でもありました)が子どものために書いた初めての童話。ジェインにとって、どれだけ毛布が不可欠なものだったかや、赤ちゃんがから少女への成長過程の描写は、劇作家ならではの繊細さと巧みさがあります
 挿絵は、モノクロの中に、唯一毛布だけがピンク色で描かれています。特に、小さくぼろぼろになった「もーも」をしげしげと眺め、いとおしく思っている場面の挿絵は、その唯一のピンクが効果的です。
 原題は『JANE'S BLANKET』

<現在4才11ヶ月のヒメの反応>
 ジェインが、しばらく使っていなかった毛布のことを突然思い出し、「もーもはどこ?もーもを出して」とだだをこね、それに対しておかあさんが戒める場面のセリフを読むときに、ついつい、いつもヒメを叱るときのように強い語気で読んでしまうのを、「お母さん怖い読み方しないで~」と悲しげに訴えてきます。
ごめんごめん・・つい力が入ってしまうのよ。
 「あかちゃんのときには できなかったことが いまではたくさん できるようになりました」という言葉がお気に入りです。

<まつりかの感想>
 赤ちゃんのころから、これだけは手放さないお気に入りのもの、というのは、ヒメにはありませんでした。あえていうなら・・3歳まで、離せなかったのが、左の親指。そう、指しゃぶりです。
 私自身は幼いころあるバスタオルがお気に入りだったようで、どこへ行くにもそのバスタオルをずるずる引きずって歩いていたそうです。
 そう言われても、自分のことは漠然としか思い出さないのですが、2歳下の妹が、ミッフィーのタオルケットの角に異様に執着していたことは、よく覚えています。4角あるけれど、一つの角を自分の鼻の下に押し当てて、においをかいでいるのか、ふわふわを楽しんでいるのか??。その角は真っ黒になっていました。あまりに汚れがひどいので、母が洗って干していると、その下に座りこんででも、鼻に押し当てていたのを思い出します。妹が、いつそのタオルケットを卒業したのか、手放すときにどういう気持ちだったのかはわかりませんが、きっと、「気がつけばなかった」というのが一般的なのではないでしょうか。

 しかし、ジェインは、お気に入りの毛布と素敵な卒業をすることができました。ジェインが自分の毛布を小鳥に持っていかれてしまいさみしがっているときに、お父さんがいう言葉「ジェインが心の中でもうふのことを思い出すと、もうふはまたジェインのものになるんだよ」。この言葉に納得し、毛布が自分には不要になり、鳥にあげることを喜びに思えるのです。

 過去と比較して、自分がどれだけ成長しているか、たとえばピアノが弾けるようになった、鉄棒ができるようになった、自転車に乗れるようになった・・などなど。「以前はできなかったことができるようになった」ということで子ども自身、成長を実感していきます。
 また、過去に使っていたものが小さくなったり古くなったのを見ることで、「ものが小さくなって必要なくなった」、つまりそれだけ自分が大きくなったことなんだと感じるでしょう。
 この本では、ジェインの成長描写が、この2つを交互に使ってあらわされています。あんなことも、こんなこともできるようになったけど、だからこそ使わなくなったりいらなくなったりするものがあるんだということ。
 ヒメが使っていたおもちゃや、洋服なども、あっさり人に譲ったり捨ててしまうことがあるのですが、手放す前に、ヒメ自身があらゆる意味で納得し、大きくなったことを喜べるような働きかけをしてみようかなとも思いました。

 「ジェインのもうふ」と同じくらいの価値は、「ヒメの左手の親指」。指しゃぶりをしている子どもを見かけると、自分の親指を見つめながら、「前はね~、ここに吸いダコがあったんだよね。でも今はきれいになくなったね」と言います。吸いダコも、今となってはとても懐かしく貴重なのです。大好きだった親指と、決別した2年前。現在の、タコのないきれいな親指こそが、ヒメにとって成長を実感するものなのかもしれません。
 
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

>「お母さん怖い読み方しないで~」と悲しげに訴えてきます。
あは。よほど”リキ”が入っているんでしょうか?
うちも、これがなくちゃ絶対ダメって言うものはないですね…。
下の子は、ぬいぐるみが大好きで、未だに日替わりで
”一緒に寝てあげている”(笑)んですけどね。
でも、1体に限ってないし…。
指しゃぶりも両方ともしたことがないし…。
もしかして、そう言うものがあるほうが、
自分で成長とか分かりやすいんでしょうか…。
決別する時に大人になるのかなぁ…。
うむむ。一個くらいそう言うものがあっても良かったなぁなんて
今日の記事見て、今更思ったりしてます。

懐かしい話です。うちの娘はジーパンをひきずっていました。始めは私のジーパンの裾を持って寝ていたのが、自分の小さなジーパンになり、どこへでももていっていましたよ。
息子は中学生になっても私の作ったライオンのぬいぐるみを置いており、捨てても捨てても、ひらっておりました。二人ともおじさん、おばさんですわ。

今日はとよたさんの日でしたか?理事長のメールに食事会ですとありました。いいなあ。芦屋はなかったのよ。

各務史さん
ごぶさたしていました。
早々にコメントいただきありがとうございます。
小姫ちゃんは、ぬいぐるみ派でしたか。
不公平にならないよう、順番にいっしょに寝てあげているのかもしれませんね。
うちはぬいぐるみにもあまり執着しなかったですね。
子どもによってそれぞれ違いますね。


はなもようさん
ごぶさたしておりました。
お二人のお子様の懐かしい思い出がよみがえったようですね。
しかしながら・・ジーパンを愛していたとは(笑)面白い!お孫さんはいかがですか?

このお話、上の子のお気に入りでした。
とっても親近感がわいていたようです。
なんとうちは、2人ともちょうど同じようにムチュムチュするタオルがあるのです。
おねえちゃんはタオルケット、妹は、バスタオル。
そして内緒ですけど、おねーちゃん!今だにムチュムチュするんですよぉぉ(笑)
下の子は、左親指に、立派なすいだこもあり(笑)
今日は何味?というと、メロン味とかチーズ味とか・・・言っています。
よっぽどおいしい指らしいです。

とよたさんの件は間違いでした。ごめんなさい。

福岡の話だったの。東京は今週ですね。

琴子さん
うふふ☆とてもかわいい姉妹のエピソードをありがとうございます。
いつまでそのタオルとお付き合いするのか、楽しみですね。お嫁にもっていっちゃったりして。


はなもようさん
東京は19日なんですよ。
とよた先生のお話、とっても楽しみなのに~~だのにだのに・・わたしはまた午前しかお手伝いできないのです。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。