スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ヒメのお花体験

2008-08-13

相変わらず、実家におります。
私は、この街で高校生まで過ごしましたが、大学も就職も戻ってくることはありませんでした。
そのまま結婚し、気がつけば、外に出てからの人生の方が長くなってしまいました。

つまり、地元の友人とはすっかり疎遠になっているのです。
数人の仲の良い友達には、子供がまだいなかったり、かたやもう中学生になっていたりと、ヒメと遊んでくれる子がいない。

海・プール・川・公園・・せめて子供の声のする場所へと出かけてはいるんですけどね。
人口も少ないわりに、どこに行っても知人に偶然出会うということもなく、
かわいそうなことに、ヒメはこの2週間の間、ず~っと身内以外とかかわらずに過ごしています。

私の妹は、地元でプリザーブドフラワーの教室を開いています。
オーダーメイドでブーケを作ったり、ネットショップも開いています。
不器用な姉とは大違いで、昔から細やかな作業を得意としている彼女。

それならば、私が苦手とする領域は、妹にお願いしちゃいましょう。
てなわけで、ヒメは妹宅にお邪魔して、プリザーブドフラワー製作の体験をすることに。

DSCF2844.jpg麻をハート型にしたリースに、ポンポンダリアのプリザーブドフラワーに、小花とイチゴの模造やキラキラの星型を準備してもらい、ヒメはそれを、ちょいちょいと並べ・・・
ヒメの指示に従って、わたしがグルーガンを使って接着。
妹がリボンを結んでくれて・・
こうして、出来上がった作品はこちらなかなか、上手でしょ~。
もっとよーく見てもいいよ!って方は、妹のブログ記事(prier diary)をご覧くださいませ
こちらには、ヒメの3歳のときの作品もアップされています。


また、そんなお花とかかわりのある妹を連れだし、山口県柳井市というところにある「やまぐちフラワーランド」に行ってみました。こちらでは、押し花体験ができました。
コースターや、ランチョンマット、ストラップなどが作れるのですが、ヒメはコースターとストラップ作りに挑戦。BLOG2914.jpg

20種類近くある押し花から、自分の好きなものを選んで作っていくのですが、ヒメはリカチャンパンジーをメインに置いて、周りを小花であしらっていました。
迷うことなく花を選び、配置して、10分足らずで完成させたヒメに対し、私も妹も一枚のコースターを仕上げるのに20分近くかかってしまいました。

「うまく仕上げたい」という欲がないのでしょう、発想も豊かでのびのびした作品をつくるのが子ども。
このしなやかさを、いつまでも持ち続けてほしいなと思いました。
「6歳になったら、また作るからね!」と妹に宣言していたヒメですが、さてどんな作風に変化するのか楽しみです。それまでブログが続いていればぜひアップしたいと思いますが。

では、ここでちょいと柳井市のご紹介を。
柳井市は白壁の町として有名なんです。(柳井商工観光課ホームページをごらんください)
室町時代からの町わりが残っており、江戸の商家の家並みが約200メートル続いています。
毎年8月13日に「金魚ちょうちん祭り」というのが行われ、軒先には金魚がつるされているんです。
DSCF2897.jpg地元では夏の風物詩。とはいえ、私もはじめてこの町なみを訪れたのですが、とても落ち着く素敵なところでしたよ。
残念ながら13日のお祭りにはいけませんが、大きな「金魚ねぶた」の練り歩きが圧巻なのだそう。ぜひ来年帰省の折には参加してみたいなと思っているところです。

みなさまもぜひ一度、「おいでませ山口へ」
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

ヒメちゃんのリース、とってもキュートe-420
妹さんも、益々ご活躍のご様子、素敵ですねぇ~
余談ですが、私の妹はハンドメイドが大の苦手です(笑)

まつりかさんも、お家を出られてからの方が長くなったとのこと。。。地元に帰られるとノスタルジックになるのではない?
今住んでいる所が、今の所、人生で一番長居していることになるの(15年目)…夫も私も偶然なんだけど、幼少期から最長9年止まりだったから、こうして10年以上引越すことなく暮らしていると不思議な感じがするわe-515

RENEさん
あら、妹さんはハンドメイドされないのですか?姉妹でうまく棲み分けているものなのでしょうかね~。得意不得意は。
わたしは転勤族なのですが、実家以外で一番長く住んでいるのが今の所。でもまだ4年です。根無し草なんですよ~

素敵~☆
ヒメちゃんが作った押し花のコースターとっても可愛いね!
押し花と言えば小学生の頃、母と一緒に作ったことがあります。
私は、しおりにしました。
押し花は誰でも簡単にできるアートだよね!
でも、なかなか娘たちと作ったりすることもなくて
私も娘とこんな可愛いコースターを作ってみたくなりました。
小さい頃、体験したことは、大人になって楽しい思い出として心に残ります。
6歳になったらまた、作った作品を見せてください。
ヒメちゃんもずっと、こうして自分が作った作品を思い出すことができるので嬉しいね。

nao-yuuka-ayuchan5さん
繊細な押し花をピンセットでつまんで、自分の好きなように並べて・・いつの間にかこんな細かな作業もできるようになっているんだなって、子どもの成長に驚きました。
記念に残るしなかなかいい体験でしたよ。ぜひ来年までブログもがんばらねば。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。