スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 山脇百合子絵本原画展

2008-08-22

20日間もの長い間、帰省しておりましたが・・ようやく我が家に戻ってきました。

戻ってきて早々、浦和に行く用事があり、それならば是非に行っておかねばならないものが!!というわけでコチラ
DSCF2954.jpg
ぐりとぐらとなかまたち 山脇百合子絵本原画展
23タイトル、320点の原画や資料が展示されています。
『ぐりとぐら』シリーズの原画はすべて見られますし、その他、『そらいろのたね』『あひるのバーバちゃん』『もりのへなそうる』『いやいやえん』『どこでおひるねしようかな』『おひさまおねがいチチンプイ』などなど、もりだくさん。
細やかな筆使いや、水彩絵の具のみずみずしい色づかい、インクの滲みを消した修正液の跡もじっくりみることができますよ。
それになんといっても、未使用原画が見られる!
『ぐりとぐら』で、卵の殻を車にしますけど、おそらくこの前段階の絵でしょうか、ぐりとぐらが、殻をかぶっている絵があるんですよ。しかも、この卵の殻には、薄くクリーム色が塗られています。絵本だと真白になっているんですけれど。

展示作品も、5才のヒメ目線でも十分見ることができる高さに並べられ、中学生以下無料というのも気が効いています。

絵本がゆっくりみられるスペースもあり、親が原画を見ている間、子どもたちが絵本を読んでいるという光景も多くみられました。
また、ぐりとぐらのかるたの展示は、とてもユニーク。読み札がプラスチックの箱に入っていて、壁には絵札が、あいうえお順に並べてあります。箱から一枚ひいて、絵札を探す・・・ヒメは、3回チャレンジ。「め」と「く」と「や」をひいて、一生懸命探していました。

このほか、展覧会関連イベントとして、さいたま市立図書館の職員による絵本の読み聞かせも会期中毎週水曜と金曜にあるようですし、会場の外のギャラリーの部屋には、粘土を使ってのワークショップが無料で楽しめるスペースがあり小学生たちでにぎわっていました。

DSCF2950.jpgしかし、私たちには40分しか滞在可能時間がないため、原画をみるのが精いっぱいだったのです。
工作大好きなヒメが、「粘土やりたいよ~」と半泣きになっているのを振り切って、ロビーにある記念写真コーナーで写真を撮ろうと、ぐりとぐらの帽子をかぶらせたものの、ワークショップに参加できないことへの不満のため、相当むくれた顔で写っています。
帽子も、青と赤とそれぞれ大小置いてありましたから、きっと大人もかぶって写真をとっていいのよね~。でも「写真撮ってくれますか」と誰かに頼む勇気が出なかったわ。今になって後悔。だって、ぐりとぐらは、童心に戻らせてくれる愛らしいキャラですものね。

会期2008年7月5日(土)~8月31日(日)
会場うらわ美術館  さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3F
問合せ先:TEL 048-827-3215 http://www.uam.urawa.saitama.jp/news.htm
休館日:月曜日
入館料:一般500円(400円)、大高生300円(240円)、中学生以下は無料
※( )内は20名様以上の団体料金

過去に記事にした、「ぐりとぐら」や、山脇百合子さんにかかわるものをあげてみますね。よろしければぜひ、ご覧くださいませ。
こどものとも絵本の世界展(2006年5月)
『そらいろのたね』(2006年5月)
『ぐりとぐら』(2006年6月)
絵本のキャラをハンドメイド(2006年10月)→ぐりとぐらの人形を作っています
『あひるのバーバちゃん』(2007年5月)
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

が~~~~ん・・・・・・
こんな魅力的なことやっていたとはっ!
知らないと言うのは、罪ですね。
知ってれば小姫に教えといたのに!!
一週間も浦和に遊びに行っていたのにぃ!!
もったいなかった…。
あぁ、返す返すももったいなかったです。

各務史さん
あらら・・・そうでしたか。それは本当にもったいない。結構会期も長かったし残念ですよね・・でも図録は、うらわ美術館に問い合わせたら購入できますよ。ちなみに、私もこの日あまりにあわてていて購入できなかったので、いま取り寄せているところです。送料込みで1840円ですよ。

遠いところ、お疲れさまでした^^
もう少しゆっくり出来たら良かったのにねぇ~

比較的近いこともあり(笑)、周りでは大分前から話題になっていました。
タイムリミット迫っているけれど、行かれるだろうか、私?(笑)
先送りしている内に、8月も末になってしまったゎ。。。i-229

RENEさん
そうですか、RENEさんの所からは比較的近いんですね。残すとこあとわずかですね~
ぜひぜひお出かけください。
あいにくの空模様で、なかなか足が遠のきますけどね。

いいなあ、山脇百合子さんの絵好き!
ま、今から梅田先生のアトリエに行くんだからわがままは言いません。行ってきまーす。

はなもようさん
いよいよですね。
でもお天気が不安定で心配ですね。
どうぞお気をつけていってらっしゃいませ。

埼玉県民の方から、こちらのチラシをいただきました。
うちからは遠すぎて行けないです(笑)。
すごい、全展示だったんですね!
それはすごい壮観でしたでしょうね~。
原画展に行きたいと思いつつ、気づいたら終わっていた・・・というパターンを繰り返す私は、先日、長女に頼まれて、ちひろ美術館・東京に行ってきました。
久々の原画展でしたが、やっぱり生原稿はいいですねぇ。
迫力がなにより違いました。
ぐりぐらぼうし・・・私もかぶってみたいです(笑)。

ひとときさん
わたしもおよそ2時間の旅でした。幸いにもどうしても行かねばならない用事が入ったこともあり、ちょうどこの時期にこの展覧会があったことに感謝感謝です。
ちひろ美術館もいいですよね~あのお庭がいい。秋に茂田井武展がありますから、ぜひ行こうと思っているところなんですよ。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。