スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ぐりとぐらのおきゃくさま

2008-12-11

ぐりとぐらのおきゃくさま  中川李枝子/文  山脇百合子/絵
ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))
やまわき ゆりこ

福音館書店 1967-06-01
売り上げランキング : 641

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
森で雪合戦をしていた、ぐりとぐらが、雪の上に穴をみつけます。
これは、足跡だと気づいた二人は、後をつけていきました。
自分たちのうちの前で、足跡は消えています。
ぐりとぐらは、ドアを あけました。
すると、おおきな ながぐつが あります。
「だれのだろう」と ぐりが いうと、
「なんだか こわいなあ」と、ぐらが いいました。


そして、その主は、ひげのおじいさん。
「クリスマス おめでとう」 おじいさんは ぐりとぐらのまえに、ケーキを おきました。・・・・・・
「では、よいおとしを!」おじいさんは、ながぐつを はいて、でていきました。
・・・・・・・
そのよる、ぐりと ぐらの ところへ、おおぜい ともだちが やってきました。


<初めて読んだ2才4ヶ月のヒメの反応>
この頃毎日のように読んでいた『ぐりとぐら』。クリスマスに合わせて、この本を手にしました。
大きな足跡の主をみつける、ぐりとぐらの気持ちになっているのでしょう、「いないね」「誰かな」と言って、次のページを見たくて仕方ない様子
 
<おすすめポイント>
 大きな足あとのなぞ、家の中におかれている服や帽子のなぞ、カステラのいい匂いのなぞ・・・ページごとに展開される謎に対する、ぐりと、ぐらの会話は、子どもが新しいものに出会ったときに一つ一つ答えを見つけていく過程で発する言葉そのもの。
 一作目の『ぐりとぐら』を共通するカステラのにおいや、わけあって食べる動物たちなどに、「これ見たことある!」という既知のものに対する喜びを子どもは感じられるでしょう。
 
<現在5才5か月のヒメの反応>
 去年のクリスマス時期には読まなかったこともあり、すっかりお話をわすれていました。久々に読むと、2歳の時のように「だれかな?」という無邪気な反応と違って、「勝手に入ってきてて怖いね」などと言います。

<まつりかの感想>
 サンタクロースは、夜みんなが寝静まったときにそっと来て、プレゼントを置いて帰ってくれる。トナカイに乗ってやってくる・・・というような本を読んでいるためか、このお話にでてくる「ひげのおじいさん」はサンタクロースじゃない、とヒメは言うのです。
 「だって、昼にやってきているし、お願いしていないのに勝手に台所でケーキを作っているし、トナカイもいないよ」 
 5才にもなると、講釈をいいますね。(今ヒメは反抗期(?・・っていうのかしら、5才で)。わざと意地悪なことを言ったり、ふてくされたり・・・絵本の解釈までがなんだか意地悪??

 「ぐりとぐらのおきゃくさま」というタイトルの付け方も素敵です。
大きな足跡の謎の人物を家中探すときに
「おきゃくさまは、いったい どこだろう」
「もしかすると、とっても とおい ところから きたので、くたびれて ひるねを してるんじゃないかな」

そんな ぐりとぐらの言葉がとても優しくて、ほっとします。

 ぐりとぐらの冬服バージョンや自宅公開されているっていうのも、この本の魅力です。 
ブログパーツ
関連記事

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぐりとぐらのおきゃくさま

ぐりとぐらのおきゃくさま  中川李枝子/文  山脇百合子/絵ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))やまわき ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪先日はご訪問とコメント、ありがとうございました。

ヒメちゃんの講釈、笑ってしまいました。
ウチの次男(5歳)は、ちらりちらりとおきゃくさまの正体が
わかっていくのがいいようで、何度も読んで知っているくせに
読みたがって…。去年はそんな感じでしたけど、今年はどうかしら。

また記事拝見しにまいりますね。では。

訪問&コメントしてくださりありがとうございます♪
私もトラックバックさせてくださいね。
ぐりとぐらのコート姿がかわいいですよね。
また遊びに来ますね。

なずなさん
コメントありがとうございます。
絵本を読んでいると、そのときの子どもの状態がよくわかって楽しいですね。
よく知っている本だからこそ、茶化して読んでみたいっていうのもあるのかもしれませんが・・親としては、もっと子どもらしい反応をしてほしい、なんて思ったりして・・・。いや、そういうおしつけがいけないってこと、よくわかっているんだけど。。


ひとやすみ・ひとやすみさん
遊びにきていただいてありがとうございます。
同じ本でも、それぞれのブロガーさんによって紹介の仕方が違っていて、楽しいですよね。これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。