スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 しょうたとなっとう

2009-01-30

しょうたとなっとう   星川ひろ子・星川治雄/写真・文  小泉武夫/原案・監修
しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)しょうたとなっとう (ふしぎいっぱい写真絵本)
星川 ひろ子

ポプラ社 2003-11
売り上げランキング : 228743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
しょうたは、なっとうが だいきらいです。
初めて食べた3才の時、手についたねばねばが体中に広がったように感じて、5才の今でも大嫌いなのです。
しょうたのおじいちゃんの仕事は農業です。
夏の初め、しょうたは、おじいちゃんと一緒に畑に青大豆を蒔きました。
やがてぐんぐん大きくなり、しょうたが楽しみにしていた枝豆になりました。
秋の終わり、久しぶりに畑にいったしょうたは、大豆が枯れているのを見ます。
さやを割ってみると、蒔いたのと同じ、青大豆が入っていました。
刈り取って、むしろに並べられた青大豆。
来年蒔くのに取っておくだけでなく、煮たり煎ったりして食べ、みそや しょうゆ、とうふにもなるということを、おじいちゃんは教えてくれます。
「へえー、だいずって なんか にんじゃみたい!」
「そうだな。でも、まだ とっておきの へんしんがあるんだかんな」

冬の朝、おじいちゃんはかまどで大豆をゆでました。
ゆでた大豆を何粒も頬張る、しょうた。
おじいちゃんは、おばあちゃんといっしょにアツアツの大豆を稲の藁苞(わらのいれもの)に詰め込み縛って、もみ殻の山に埋めました。
二日がたち、おじいちゃんに呼ばれたしょうたが行ってみると、わらの中には納豆が入っています。
「めには みえないけどもよ、わらの なかに すんでる なっとうきんが はたらいてな、だいずを なっとうに へんしんさせたっつうわけだ。」
しょうたは、自分のためにおじいちゃんが作ってくれた納豆を、息をとめて口にいれました。
「うまい!じいちゃん、なっとうって うまいんだ!」

<初めて読んだ3才9ヶ月のヒメの反応>
表紙の写真を見た時から、「何?この本」と興味津々。方言をたどたどしく読む私の言葉を聞いて、「ねえ、これも日本語なの?」って。しょうたが納豆を嫌う表現が、面白くてしかたないようです。

<おすすめポイント>
納豆ができるまでを、しょうたとおじいちゃんとの交流をからめながら描いた写真絵本。季節を追って物語は進みますが、フォントの色も3つに分かれています。青大豆を蒔く初夏は色、枝豆がみのった盛夏は、かり取りの秋と冬は色。
おじいちゃんと孫の会話と、二人が笑顔で寄り添う写真がとても温かい背景に、大豆が成長し、納豆に加工されるようすを描いています。

<現在5才6ヶ月のヒメの反応>
枝豆と大豆が同じものだということが驚きだったようです。また、納豆は本来このように作られているものだというのも知って、市販のパック入り納豆はどうやってつくられているのかとか、わらに包まれている納豆を食べてみたい、と好奇心はつきないようです。

<まつりかの感想>
実は私も、枝豆と大豆が同じものだというのを知ったのはこの本からなのです
節分もちかくなり、いり豆をあちこちで見るたびに、ヒメは、「ゆでて、わらづとにいれて納豆に変身させたい」といい、「わらってどこに売ってるの?」「もみがらって何?」・・・

納豆を食べる時も、かきまぜながら、「なっとうきんはよ、目に見えないけどもよ・・・」とぶつぶつ。そういいながらも「なっとうきん見えたよ。ほらほら、伸びてきた~ネロネロ~」と言いながら楽しそうに食べています。

こういうのを食育っていうのかしら?
絵本で何かを教え込むのはつまらないと思っているけど、聞いている子どもは、自然と何かを感じ取って日常に取り入れて楽しんでいるのでしょうね。

この本を監修している小泉武夫氏は東京農業大学教授です。
あとがきにはこう書かれています。「わたしがこの写真絵本づくりに参加したのは、納豆をはじめとする豊かな日本食を、子どもの頃からしっかりいただき、心身ともに健全な日本人に育ってほしいとのねがいからです。」
食に対する興味、自然や科学にたいする興味を持ってほしいという、教授の想いをおしつけがましくなく伝えることに成功している本だと思います。
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とってもとっても昔
『エイリアン通り』ってマンガの中で
豆腐とか、あんことか、味噌とか醤油とか
日本人の女の子が料理出すシーンがあって
「日本人は、豆しか食わんのかーっ!」って
言われる場面があったんですよね。
その時に
大豆の変化ぶりを知りました。
(あんこは小豆だけど。^^;)

この『しょうたとなっとう』も
そういういい意味での衝撃を含んでいるんでしょうね~。
なんか、ドキドキしちゃうわ♪

No title

各務史さん
こんにちは。大豆⇒納豆から、『エイリアン通り』を思い出されるとは。懐かしいですね。花とゆめでしたっけ?ちゃんと読んだことがないのですが、何巻か友達に借りて読んだ記憶が・・

納豆も最近はいろいろありますね。我が家は、豆の味がしっかり感じられる大粒豆派です。

納豆がたべたくなりました(笑)

私が勤めている保育園は、有機農法のグループからお米をとって
給食つくっているんですけど、その有機農法の方たちの手作りの納豆、
というのがこれまたおいしくて。
食育、というと、どこか堅苦しくなるけど、おいしいものを食べて
舌が満足すること、それがどうやってできるか知ること、実際に
作ってみること…大事ですね~。

こんにちは。

食べ物の好き嫌いって意外と子供の頃の
トラウマが原因だったりすることも
多いですよね。
子供の頃に無理に食べさせられたものとか。
その影響でほうれん草は嫌いだけど、
何も言われなかったゴウヤは大好物っていう
人も聞いたことがあります。

No title

育った地域が、大粒のしっかりした納豆だったので、
結婚して関東に来たら、豆が小さくてびっくりした覚えが
あります(笑)
納豆に、砂糖をまぜて食べる地域があるのにも、また
びっくり!
でも、我が家はみんな納豆好きで、あげを半分に切った中に
納豆とねぎをいれて、じゅーじゅー焼いて出すと、いつも
わたしの分はないほどです。

ヒメの好奇心と探究心、頼もしいですね。
納豆ができちゃったら・・・ 感激ですね。
そうそう、『だいず えだまめ まめもやし』という、
かがくのとも特製版、とてもおもしろいですよ~。

No title

なずなさん
お返事がおそくなって申し訳ありません。
なずなさんは、保育園におつとめなんですね。
園でも食材にこだわりをもって、それを保護者にも公開されていると、預ける方もすごく安心ですよね。
その納豆・・おいしそう。もちろん園児もみんな納豆好きですか?


君平さん
お返事が遅くなってもうしわけありません
そうそう、無理食べなさいといわれたものは、トラウマになってしまうというのは、よくわかりますね。
ゴーヤは、祖母が庭でうえていまして。小学生のころ、そのイボイボのものを食べはじめたときには、かなり驚いたことを覚えています。


琴子さん
関東の納豆はほんとに小粒ばかり。
ひきわりもよく見ますよね。
お砂糖をまぜるとは・・ちょっとひきますねえ。
義母は、納豆ごはん茶漬けを食べていまして・・これまた、目の当たりにしたときには、かなりひきました。
『だいず えだまめ まめもやし』、さっそく読んでみます。

またまた娘に授乳しながら覗きに来ました~(^^)

今度、是非貸して欲しいな~♪

娘は納豆大好きだけど、息子は、いつからか臭いが嫌だ~とか言って食べなくなっちゃった。。。

好き嫌いは、いつの間にか無くなる事もあるし、周りの友達が食べてたら一緒に食べたり。。と左右される事もあるから、絵本がきちけになつら良いなぁと…勝手な親の希望です。

畑があるって羨ましい環境だなぁ…と思うので、この周辺でも体験できる場所とかあれば、探したいものだね。

夢パとか、どうなのかな。

修正

『絵本が“きっかけ”になったら良いなぁ~』と書きたかったのに、授乳しながらだと急いでしまい、誤字脱字…失礼しました~!

No title

沖縄ちゃん
コメントありがとう♪
そして毎度ながら、遅くまでおじゃましちゃいました。
早速読んでくれたかしら?
ぜひこれをきっかけに、息子くんの、納豆好きが復活するといいね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。