スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 読み聞かせって難しい

2009-10-28

お家で子どもに絵本を読むのは楽だけど、大勢の前で読むのって大変です。
気を使うことがたくさんありますから。
絵本を持つ手、目線の高さ、ページの開き方、声の出し方・・・選書、プログラム構成・・・・などなど。

私は0才~2才の赤ちゃん&ママへの読み聞かせをする機会が多いのですが、毎回プログラムを考えるのに頭を悩ませています。
選書以上に、本と本とのつなぎが難しいんですよね。

赤ちゃんの集中時間は短いです。
お話会も20分を目安に。
絵本3~4冊に、手遊びやわらべうたを盛り込んで。
そして、絵本講師としての、お母さんたちに伝えたいこともちゃんと言わねばね。

赤ちゃんを子育て中のママにとって、お話会はママのリラックスタイムにもなってほしいと思っています。そして、読んだ本をぜひお家でも実践してもらうきっかけになってもらい、絵本の読み聞かせのよさをじんわりと感じてもらえればいいなと。

赤ちゃんはママの感情を反映しているって思うんです。
ママが楽しそうにその場を過ごしてくれていると、赤ちゃんも笑顔になってくる。
一方、お話を読んでいる間中、わが子の顔いろばかりうかがって「ちゃんと聞きなさい!」ってオーラを出せば出すほど、お子さんが嫌がっている場合が多い気がすのですが
聞けなくっても大丈夫。
子どもがぐずっても、泣きだしても、暴れても私はいっこうに構わないって思います
「手はおひざ~」っていう歌で落ち着かせてから始めるけれど、途中で飽きちゃうのは仕方がない。だから「手はおひざね」とか「出て行ってもらえますか」「静かにしてね」とは言いたくない。
赤ちゃんだもの。幼稚園児以上で、ある程度場の状況のわかる年齢の子がうるさくするとは違いますから。

だから、ママ自身に楽しんでもらいたいし、家庭で実践してもらえるお土産をもって孵ってもらいたいと思っています。
だから場づくりには気をつかいます。
手遊びやわらべ歌の数を知っているのはもちろんなんだろうけど、集まってくれたお子さんとママの顔ぶれを見て、とっさに頭の引き出しから出せるようになるには、場数を踏むしかないのかな。

ヒメやヒメのお友達に、手遊びやわらべ歌をやってみて反応をうかがってから本番でトライ。
6才になっても、昔と同じように、きゃっきゃっと喜ぶヒメを見ると、本当にうれしくなってきます。
そして、わらべ歌や手遊びの持つ力を実感するのです。

最近では、ヒメの方から
「今日幼稚園で面白いのを教えてもらった」とネタ収集に協力してくれることも。

こちらヒメから教えてもらった手遊び歌の一つです。歌詞を紹介しますと・・

のらねこが(ハイ!) ないている(ハイ!) まゆげをピッとたてて(ピッ!) ≪両人差し指を眉毛にもっていき、指を立てる≫
のらねこが(ハイ!) ないている(ハイ!)  垣根のすきまから(ピッ!)  ≪人差し指と中指をチョキの形で目元にもっていき目玉をのぞかせる≫
のらねこが(ハイ!) ないている(ハイ!)  ヒゲをととのえて(ピッ!) ≪3を示す指で頬にあてて≫
のらねこが(ハイ!) ないている(ハイ!)  耳をピッとたてて(ピッ!) ≪4を示す指を頭にあてて猫の耳に≫
のらねこが(ハイ!) ないている(ハイ!) ねずみをつかまえた(ニャー!) ≪5本指を猫がひっかくように曲げて≫

タイトル、出所ともに不明なので、どなたかご存知なら教えてください
メロディーは、ドドドミソ( 手拍子) ドドドミソ(手拍子) ファファーミレレドシド

赤ちゃんの指をもって動かすのは難しいかもしれないけれど、お母さんが目の前でやってあげたり、赤ちゃんの顔をなでながらやってみたりとアレンジはききますね。
1歳後半からの子どもなら、たどたどしくもそれなりな感じで真似してくれます。

ママに妙にうけてその後リクエストをいただくこともある
「なっとう」の歌は、ヒメも納豆を食べる時にはとりあえずこれを歌うという我が家の定番。

なっとう なっとう ねーばねば(ハイ) ねーばねば
大粒なっとう 小粒なっとう おかめなっとう 水戸納豆
なっとう なっとう ねーばねば(ハイ) ねーばねば


手の動きを加えるとさらに楽しい歌です。伝えられなくてごめんなさい。

他にも、おすすめのわらべ歌や、手遊びがあればぜひ教えてくださいね。
関連記事

tag : 読み聞かせ

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本を読んでもらう=ちゃんとすわって聞いていなさい! の言葉は
聞いていてもつらいときがありますよね。
わたしも、他の子のじゃまになっていないときは、
耳には届いているから・・・とお話することがあります。

プログラム以上に、合間の手遊びやわらべうたのことも
考えてしまうところも一緒ですよー。

少し前に、margaretさんに教えてもらったのでよかったのが、
『ビタミンC』という体遊び。

お母さんが子どもを抱っこした状態で、
 お肌にいいのは レモン汁 (子どもの顔をさする)
 体にいいのも レモン汁   (子どもの腕をさする)
 ギューっと しぼって     (ギューっと抱きしめる)
 ギューっと しぼって
 ビタミンC           (手でCの字を作る)

節はないので、適当にしていますが、どこでも好評ですよー・笑

どらねこが・・・ の歌は、谷口國博さんオリジナルです。
絵本だけじゃなくて、もともとは、おもしろい歌を作っては
ギター片手に園児と歌っていた方で、うちの園にも年3回
来てくれるんですよ。

NHKで有名になった バスにのってゆられてる・・・も、
谷ちゃんオリジナルです。
どらねこが・・・は、『たにぞうのおやこでぽっかぽかあそびうた』という
CDに入ってますよ。
遊び方も、絵入りで載っています♪

No title

こんばんは。「なっとうなっとうね~ばねば」は私も大好きデス!
「のらねこが」も楽しそう♪詳しく書いて下さったので、覚えてやってみますね。

おかえしに…「おおきなおやまがあったとさ」 知ってます?

おおきなおやまが(両手をぐるっとまわして)
あったとさ あったとさ(肩を上げ下げ、上げ下げ)
ねずみさんとねずみさんが やまのぼり(両手の人差し指をたてる)
ちゅちゅちゅちゅちゅ ちゅちゅちゅちゅちゅ(両側からのぼっておりるように動かす)

そのつぎ、「**さんが~」のところを変えてくりかえします。
うさぎさん(チョキ)…ぴょんぴょんぴょん、
くまさん(グー)…ドシドシドシ、
最後の魚さん(パー)は「のぼれない、のぼれない」
「のぼれない、のぼれない」というのをちょっと困った感じでやるのがポイントです…笑
肩を上げ下げ、も、何だかユーモラスで、子どももお母さんも笑顔になります~!

No title

琴子さん
早速ありがとうございます。
そうですか~たにぞうさんでしたか~
しかも「のらねこ」でなく、「どらねこ」なんだっv-398
たにぞうさんが「うちのかぞく」という絵本を出され、「バスにのって」もNHKで流れ始めたころ、トークライブに行ったことがあります。もともと保育士さんだったんですよね。
ビタミンCの手遊び、なんだか楽しくなっちゃいますね。
子どもは意味がわからないでしょうが(笑)


なずなさん
「おおきなおやまがあったとさ」は初めて聞きました。
指の動きと繰り返し要素がつまっていていいですね~
この前後の絵本もいろいろ考えられそうで。
またいろいろと教えてくださいねv-345

No title

まつりかさん!ごめんなさい。
間違えてしまいましたよー。

どらねこが、じゃなくて、のらねこが が
正しいです!!
怒られちゃいますね。

なずなさんのご紹介の手遊び、わたしも おはなしかごで
教えてもらいました。
納豆、手ぶりを忘れてしまいましたよー。
水戸のところは、3と10でしたっけ・・・(汗)

No title

琴子さん
「のらねこ」ですね、了解でーすv-407
しかしこの歌、一度きいたら頭の中をエンドレスで流れちゃう。なっとうもそう。
考えた人ってすごいなあと感心しながらやっています。
水戸納豆のところは、「み」のとき指3本。「と」でグーにして、なっとうの「とう」で10にするってききました。
水戸の「と」の時に10だと、手の動きがあわただしいからっていう理由を聞きましたが。

ちいさいこ

ごぶさたです
2歳児さん以下のこどもたちへの絵本はたしかに難しいですねー
自分が今担当しているところでは絵本は二冊であとの時間は
おかあさんと語る絵本の時間にしてもらっています
絵本についての質問やら絵本談義やらで30分くらい使っています
その間子ども達は自由にしてもらっています、絵本を見るのも自由
みないのも自由、お母さんが話に加わるのも自由・・
気楽につきあってもらっています。少しずつ「絵本が好きになりました」
と言ってくれるお母さんが増えて来ています、嬉しい限りです

No title

ふくちゃんさん
そうですね。ふくちゃんは毎回2冊にしぼっておられますよね。
雰囲気としては、私のやっている会と似た感じですね。
この前読んだ絵本を買いましたよ!、気にいって読んでいますよ!なんて言われるとやっぱり嬉しいですよね。
というか、その声を聞きたくてやっているというか・・
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。