スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 マコチン

2009-11-30

マコチン   灰谷健次郎/作  長新太/絵
マコチン (あかね新作幼年童話 14)マコチン (あかね新作幼年童話 14)
長 新太

あかね書房 1975-07
売り上げランキング : 347712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
まことくんの あだ名は マコチンです。
先生や、ほかのお友達にも、いろんなあだ名がついています。

まことくんは、マコチンの ほかに マコギャングという あだ名も あります。
すねると げんしばくだんみたいに はれつするからです。

お昼にすねたら給食を食べず、食器を投げたり、掃除の時間には、床に大の字になって転げたり。
「いまいちばんしたいこと」という題で書いた、まことくんの作文は
「ゆりちゃんの かみのけを 五ほん ぬいて はさみで みじこうに きる
そいで ゆりちゃんの はなの したに その けを ちょいちょいと つける
おんなの ちょぼひげや おへその とこにも まるく ならべて ひげ つける」

音楽の時間に、好きな歌を唄わせてくれと言って、エレキギターを弾く格好をしながら、「レッツゴー、ヤー、サンキュー、オーノー」とうたう。
絵を描けば、「ええ いろが でえへん」と言って大泣きする。

ある日、まことくんが大好きな担任の、とよこ先生が風邪をひいて学校をやすむ。
まことくんは学校から帰ると、お友達と一緒にお見舞いに行くことに。
ところが、途中で心細くなった友達は家に帰ってしまい、真っ暗な中、ひとりで駅二つ先の先生の家に向かった。
まことくんは、先生に抱きつき、先生は、指で背中に文字をゆっくり書いていく。
「う」「れ」「し」「い」

「わかる?」
わかったと、まことくんは、大きな こえで いいました。
そうして、とよこ先生の おなかの あたりに、 じぶんの かおを、 くりくり こすりつけました。

<はじめて読んだ4才7ヶ月のヒメの反応>
まことくんのあだ名、マコチンを、マコチンチンという人がいて、マコ・・・を口の中でむにゃむにゃいって、あとのほうは大声でいう、というくだりに毎度大笑いしています。
こういう下ネタを口にするのが楽しい時期でしたし、こっそり先生にいたずらをして、お友達と笑ったりということもするようになり、主人公まことくんの奔放な姿に、興奮気味で読んでいました。

<おすすめポイント>
 主人公のまことくんは、自由奔放であるけれど、温かく見守り、その個性をつぶさないとよこ先生の姿、息子に困っている母親に対して、おおらかに受け止める父親、兄を慕う小さな弟の存在など、登場人物がどれも光っていて、長新太氏の挿絵は、物語の面白さをより高めてくれています。 
 一人の人間のもつ様々な側面を、きちんと受け止める担任の先生と、そんな先生が大好きだという児童との心の通い合いに深い感動があり、全体的には、はつらつとした気持ちのいい作品。
 
<現在6才4ヶ月のヒメの反応>
ヒメは、最近クラスのお友達にあだ名をつけているのだという。ヒデオくんは、「ヒゲオ」。タンゴ君は、「団子」。トミタ君には、トミーと言ったら嫌がられたので、「ミートソース」になったのだそう。
人が嫌がるあだ名はつけないようにねっと、釘をさすものの、まだ悪意のあるあだ名をつける程の知恵はないのかもしれませんが。 
ですから、あだ名で人物紹介をするこの本の冒頭がやはり大好きです。
中盤まで、要所要所で大笑いするものの、ラストシーンには、しんみりし、言葉なく本を読み終えます。

<まつりかの感想>
灰谷氏がお亡くなりになったときに、再放送された追悼番組、NHKの人間大学アンコール「子どもから教わったこと」を見ました。それまでは、昔読んだ『兎の眼』の作者という認識しかなく、氏が、かつて小学校教師だったことさえも知りませんでした。
深夜の再放送のため、すべての回を見ることはできませんでしたが、小学校の教室で撮影されていて、子どもたちの作文や詩、絵をとりあげ、教育について灰谷氏が語る番組。
もう一度見たい番組の一つでもあります。あのころよりも、少しは成長し、子どもを見つめるということを体と心で理解できるようになってきたと思うので、灰谷氏の言葉から新たに学ぶことも多いのではないかと思っています。

この本に出てくる、まことくんの言葉は、素直でかつ重いメッセージがあります。
私がとくに印象的な言葉を二つあげてみす。

 まことくんの作文
「みんなは ちょいちょいよそのこの えや し まねするけど
おれは まねは だいきらいや
ひとが はつめい したことを そのまま まねするのは いやらしい
みんなの こころの なかには くろい ふく きた まねの かみさんが ひひひと いうて すんでんねんやろ」


そして、もう一つ、病気のとよこ先生に書いたお手紙。
「せんせい しんどいか。しんどかったら、 いつでも びょうきを ぼくに くれ。
ぼくは しんどかっても ええ。せんせいが げんきに なったら、 ぼくは それで むねが すーと する。」


クラスの問題児ともいえる、一見手に負えないマコチンは、大人や社会の矛盾をついています。こちらの浅ましさがえぐられるような。大人の言うことを従順にきくことを良しとすることで、子どもたちがのびやかに育たないのではないかといわれているようで。読みながら、ハッとさせられるフレーズです。

そして、私は今日も、わが娘の態度に叱り、諭し・・・ヒメの口から「ごめんなさい」「わかったよ」という言葉を聞くことで、「よし」と落ち着く。しかし、ヒメの内面では、マグマが沸々と音をたてているのかもしれない。寝る前にこの本を読み、マコチンの姿に笑い転げるヒメをみて、本の中では奔放でいられているのだろうな~と。そして、わが狭量を反省し、胸の内でヒメにそっと謝るのでした。
ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マコチン・・なつかしいなあ。私はむかーし灰谷氏にのめり込んでいた時がありまして・・ほとんどの本を持っております。今では「すこーし、違うかな、」と思うようになりましたが、やっぱり、好きなんでしょうね、もっと沢山書いて欲しかったなあと思います。

No title

はなもようさん
そうですか、すこーし違うかな?って感じなんですね。そう言われると、絵本や児童書以外の灰谷氏の著書を、ちゃんと読んでみたくなりました。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。