スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 音読の宿題と、本読みの宿題

2010-05-24

今春小学校入学をしたヒメ。
31人のクラスメイトの中、同じ幼稚園出身が、8人。
知り合いがいるというのは、さぞ心強いだろう・・というのは、母の意見か?
子どもって、新しい友達を自然と作れちゃうもんですね。

今週末にある運動会に向けて、毎日応援の掛け声と、踊りの自主練習に励み、
「今日は何があった?」というと、まずは給食のメニューについて答え、
「○○ちゃんは、△△君が好きなんだって~」と、人のコイバナに浮かれています。

そして、宿題をするというのも今のところは「うれしい」ことのよう。
ちょっとお姉さんになった気分なのでしょうか。

その宿題とは?
①毎日ひらがなを一文字ずつ習ってくるのですが、その文字を使った言葉がいくつか書かれたプリントを一枚。
②国語の教科書の中から、好きなページを音読し、親が感想をひと言記す。
③自分の好きな本を読み、ひと言コメントを書く。

これにプラス、算数のある日は、ものの数を数えたり、どちらが多いか少ないか?というような内容のプリントが出されます。

今年から学習指導要領が一部改訂されています。
ヒメの学校の一年生の時間割を見ると、毎日「国語」があり、一日2時間組まれている日もあります。
つまり、まずは国語を徹底的にというところでしょうか。

自分の好きな本を読む宿題は、もっぱら絵本。
でも、今まで私が読み聞かせをするばかりで、ヒメが自分で声に出して読むことなんてほとんどなかったので、聞くのがとても新鮮です。
そして、意外にも、結構スラスラ読めるもんなんだなあと感心しているところ。
耳で聞いた体験が先行するのでしょう、文字を追うのもあまり苦にならないようです。

この宿題が出されるようになってから、ヒメが選んで読んだものは、
『ぼくだけのこと』( 森絵都/作 スギヤマカナヨ/絵 理論社)
『天使のかいかた』 (なかがわちひろ/作 理論社)
『かくしたのだあれ』( 五味太郎/作 文化出版局)
『うさこちゃんとたれみみくん』 (ディックブルーナ/作 松岡享子/訳 福音館書店)
『くまのコールテンくん』 (ドン・フリーマン/作 松岡享子/訳 偕成社)
『ぜっこう』 (柴田愛子/作 伊藤秀男/絵 ポプラ社)
『ピッツァぼうや』 (ウイリアムスタイグ/作 木坂涼/訳 セーラー出版)
『ちょっとだけ』 (滝村有子/文 鈴木永子/絵 福音館書店)
『バルボンさんのおしごと』 (とよたかずひこ/作 アリス館)
『おこりんぼママ』 (ユッタ・バウアー/作 橋本香折/訳 小学館)
『マドレンカのいぬ』 (ピーター・シス/作 松田素子/訳 BL出版)
『さるのオズワルド』 (エゴン・マチーセン/作 松岡享子/訳 こぐま社)


これら一冊ずつを読んでのヒメのコメントも面白い。
かなり的外れなものが多いけれど、担任の先生も子どもの素直な感想を尊重してくれて、たくさんの花丸をつけて、やる気を出させてくれている様子です

学校図書のカードも作ってもらい、先日、3冊借りて帰ってきました。
『ミッケ!6 ゴーストハウス』(小学館)と、『むらさきの妖精ヘザー』(レインボーマジックシリーズ ゴマブックス)と『はいしゃさんにきたのはだれ?』(トム・バーバー/作 ひろはたえりこ/訳 小峰書店)
最初の二冊は、上級生に薦められたらしく、歯医者さんのお話は、担任の先生が読んでくれて面白かったからなんだそう。
しかし、残念ながら最初の2冊は2、3ページ読んですっかりあきらめてしまった
ミッケは、見つけられなくてイライラしているし、『むらさきの妖精ヘザー』は、1人で読むには内容が難しすぎて、登場人物の関係が全く理解できない様子。(かわりに読んであげて、半分くらいまでいったけれど、もうそれきりリクエストをしてきません)。

子どもが本を選ぶときの基準って、そのときの気分や興味によるんでしょうね。
どうしてこれを選んだんだろう?って聞くのも面白い。
そうして選んだ本を読んでみて、これはいいな、これは好きじゃないな。。などと、いろんな経験をしながら、心から友達になれるような本に出会ってくれたらいいな~って思って見ています。

子どもに絵本を読んでもらうのは、とてもうれしいさて、明日は何を読んでくれるかな?ブログパーツ 
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

覚えていらしゃらないかもですが・・・(^。^;)2年ぶりくらいにブログ復活しました!うちの三女も、1年生になりましたよ!
三女の場合、年長さんのときのクラスメイトが多く、未だに、幼稚園の延長のような感じです。
本読みの宿題と言えば、5年の次女のクラス。毎週1冊読んで、紹介文を書くというものです。本の嫌いな次女は、それが苦痛のようですよ。(^▽^;)
1年生から、こういう宿題が出れば、感想文が上手になりそうですね♪

No title

はじめまして。
新潟のふくちゃんからURLを頂いて、訪問しました。
先日の「絵本講師養成講座」に参加した、新潟県の者です。

よろしければ、次回の講座の時、お声を掛けていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

No title

saboさん
ごぶさたしております。
覚えていますよ~。お元気でしたか?
三女ちゃんも楽しく学校に行かれていますか?
またブログをおたずねしますね。これからもよろしくお願いします。


まちままさん
はじめまして。
土曜日はお疲れ様でした。
新潟からおいでになってるんですね。
次回もお手伝いにうかがう予定ですので、お話させていただければなと思います。よろしくお願いします。レポートがんばってくださいね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。