スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 はじめてのおるすばん

2010-06-04

はじめてのおるすばん   しみずみちを/作  山本まつ子/絵
はじめてのおるすばん (母と子の絵本 1)はじめてのおるすばん (母と子の絵本 1)
山本 まつ子

岩崎書店 1972-04-01
売り上げランキング : 23589

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
3歳のみほちゃんは、おかあさんにお留守番を頼まれます。
お母さんが出掛けてしまうと、部屋の中が急にしーんとして、心細くなりました。
そんなときに玄関のチャイムが鳴ります。
お母さんだったら、「み ほ ちゃん」とチャイムを3回鳴らすはず。
一回しかならないチャイムのあと、ドアをどんどん叩く音が。
怖くなって、おかあさんのエプロンを頭からかぶって、くまのぬいぐるみを持って、お返事します。
それは、小包を持ってきた郵便屋さんでした。
ポストに紙きれをいれて帰った郵便屋さん。
しかしまたチャイムが。
今度は、新聞の集金です。部屋の中をのぞく大きな目玉。
子どもの留守番と知ると、まだ出直そうといって帰る新聞やさんですが、みほちゃんは不安で涙があふれそうになります。

そして、またチャイムが。
しかし今度は3回鳴りました。お母さんです。
留守中のことについて、みほちゃんはちゃんと報告できました。

<はじめて読んだ2才6ヶ月のヒメの反応>
ドアのポストからのぞく大きな目玉の場面が恐ろしいようで、そのページになると目をふさいでいました。
この本を読んでから、私がマンションの下のゴミ捨て場に行く程度の時間も待てなくなってしまいました。

<おすすめポイント>
何でも自分でやりたい!できる!という自信とうらはらに、やっぱりどこか頼りい3歳児ならではの姿がうまく表現されていると思います。
ぬいぐるみと、お母さんのエプロンを握りしめ、不安と戦う様子が胸をうちます。
それだけに、3度目にやっとお母さんが帰ってきたときの喜びがひとしおとなる、豊かな感動体験ができる絵本。

<現在6才10ヶ月のヒメの反応>
はじめて読んでから4年たった今も、やはり同じ場面がこわいらしいです。
「こ、づ、つみ いりましぇん」、「かあちゃん いましぇん」などの、つたない言葉の真似をして、みほちゃんになりきって一緒にドキドキして読んでいます。

<まつりかの感想>
小学生になって、カギを持たせるようにしました。
私が用事で遅くなり、本人が学童に行きたくないときは、お家でお留守番を。
帰宅したら、私の携帯に電話をしてきて、どうやって過ごすかを報告。
遊びに出かけたくなったらもう一度電話をかけてきて行先を告げ、施錠して出かけている。
1人娘ということもあり、これまでほとんど冒険させていなかったのですが、こちらが思うよりもヒメは、小学生なんだから!ということでの自信が大きいようで、入園してから夏休み明けてもまだ登園するのに毎日大泣きしながら園バスに乗っていたヒメとは別人のように大きくなっています。

学校の連絡帳には、日々の出来事を先生に書いて提出するようになっています。
その日は、「きょうは おかあさんが ようじ だったから ひとりで おるすばんを しました。ピアノをしたり しゅくだいをして まっていました。そのあと おともだちと あそびました。こわいことは なにもなかったです。 おかあさんが ポテトを かってかえってきてくれました。そして たくさん だっこしてくれたから うれしかったです」と書いてありました。

お留守番をするというのは、結構な勇気がいります。
私自身、幼いころに留守番をして不安だったという記憶が鮮明にあります。
でも、同時に「ひとりでできた!」という自信をもって、母に得意げに報告をしていた記憶も。

この本は、ハラハラ、ドキドキしながら留守番をした幼少期を思い出せると同時に、今の娘の心情にも沿うことのできる、世代を超えた不変のテーマ。1972年に初版されながらも今もなお増刷を重ねていることに納得の絵本です。
ブログパーツ 

関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

泣きそうになりましたァ

おひさしぶりです。お元気ですか?

我が家も最近カギデビューしました。
といってもまだ1回だけですが。

「キンチョーする~」と言いながらもうれしそうに学校に行き、
お留守番の予定だったのに、お友達とお約束してきて、
ちゃんと施錠して遊びに行っていました(^^)

うちもあの頃とは別人のようです。

ヒメちゃんの「、、、そして たくさん だっこしてくれたから 
うれしかったです」の思い。

私はだっこしなかったなー、、、と反省。
今度は見習ってだっこいっぱいしよーと思います。
もぅ足いっぱいはみ出ちゃうけどネ。

No title

りんごさん
うわっ!うわっ!りんごさんじゃないですかあ。
お元気ですか?ありがとうございます。
時々お宅の前を車で走っていますよv-363
あれからずいぶん時がたちましたね。
次女ちゃんも大きくなっていることでしょうねえ。
私も年をとりました・・ハイ。
そして、子どもの抱っこも結構腰や肩にきます・・・
だから座って抱っこですけどね。
いつまで抱っこ~って言ってくれるのかなあ?と思いながら、時々抱っこを楽しんでいます。
そうそう、今もくるみボタンの髪ゴム使わせていただいていますよ~。

No title

ヒメちゃん、鍵デビューですか、ふふ。
ちょっと、不安で、ちょっと、ほこらしいのよね。

我が息子は小学3年まで毎朝おんぶで二階から降ろしましたよ。

くっつける時にはくっついておきましょう!
じきにくっつかしてくれなくなるよ。

No title

はなもようさん
ヒメは背伸びをしたい時期のようですね。
お友達の影響もあるのだと思いますけど。
朝は、「ちょっと~だっこしてよ~」という生意気な言葉から始まります。
小学3年までおんぶをして2階からおろしていたっていう思い出、母としていつまでも残っているものなんでしょうね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。