スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ねえとうさん

2010-06-21

ねえとうさん   佐野洋子/作
ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)
佐野 洋子

小学館 2001-10
売り上げランキング : 139002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
もりのくまの子は、今はおかあさんと二人暮らし。おとうさんは、こぶしの花が咲くころ、もうすぐ帰ってきます。
こぶしの花が咲いて、とうさんが帰ってくると、くまの子は抱き合い、かあさんはとうさんにキスをします。
とうさんは、ベッドで眠り、起きるとくまの子と散歩に出かけます。
くまの子は、とうさんに手をつないでもいい?かたぐるましてくれる?泳いでくれる?とおねだり。
とうさんは、そのたびに「よしよし」と答えてくれます。
川に橋が流されていたので、大きな木を折って渡してくれました。
「すごい!とうさん」
「ねえ とうさん、ぼく、とうさんの子どもでうれしいよ。すごくとうさんらしいもの。」
「おれは ただ、くまらしいだけさ。くまだからね。」


<はじめて読んだ5才6ヶ月のヒメの反応>
家族構成といい、仕事でなかなか会えない父親という設定といい、共通するところが多かったのか、とても気に入っていました。くまの子がお父さんと触れ合う場面が3回繰り返されるところを、そのつど面白がって聞いていました。

<おすすめポイント>
子どもも母親も、父親のことを尊敬している様子が、なにか特別ドラマティックなことが起こるわけでもない、日常の淡々とした場面を通して描かれています。
家族の在り方、親が子どもに伝えることは?ということが物語られています。

<現在6才11ヶ月のヒメの反応>
父の日だなあ~ということで、久しぶりに本棚から取りだしてみました。
「いいなあ、このとうさんは」とのコメント。
最近とくにまた忙しい夫。完全に一日休みのときがほとんどなく、小刻みな時間でヒメとかかわっています。
ヒメは「ねえおとうさん」と、じゃれつくけれど、しっかり相手をしてもらっている様子でもないので、ヒメなりに不満があるんでしょう。本の中の父子関係を羨ましがっています。

<まつりかの感想>
育児を積極的に楽しむ男性を「イクメン」というそうですが、ほんとうにこの言葉をよく耳にします。
私は、子育て支援のボランティア活動をしているのですが、あらゆる場面で父親が積極的に参加しているようすがうかがえますね。
パパがベビーマッサージの講習を受けていたり、離乳食の話を真剣に聞いていたり、ポリオの予防接種に子どもと3人で並んでいたり・・5年前には見られなかった光景ではないでしょうか。
しかし、父親が子育てを楽しむこと、ママだけに任せるのではなく、負担は分け合い、楽しみは共有していきたいという流れには大賛成です。男性の意識があがり、社会に反映される仕組みが作られることを願ってやみません。
我が家は、ハードワークの父親に育児を求めることが不可能です。しかし、その分精神的に助けてもらたいし、ヒメの様子もちゃんとわかっていてもらいたいなと思うのですが、「父親不在」に慣れてしまっている面が多々あり・・。

この本を読むとき、実は私は母熊のことが気になるのです。子どもに、お父さんを尊敬するように日頃から話をし、帰ってきた父親を子どもと一緒になって喜んで迎えている様子が描かれています。
子どもが、父親を尊敬できるかどうかは、もちろん父親自身が誠実に人として堂々とした背中をみせているかにかかっているのでしょうが、母親の父親に対する態度も大きく問われるんでしょうね。
と、自省しながら、子どもに将来に希望を持ち、自信をもって生きていける力を与えられる大人になりたいという思いでこの本を読んでいます。ブログパーツ 

関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供たちが小さいときは、平日母子家庭だった我が家。たまにしか家にいないのに、私よりはるかに厳しいパパ。仕事で部署が変わって今となって、早く帰ってくるんですよ。(^。^;)三女たちは、全くパパになついてません。(ーー;)
 私の母は、お父さんは毎日、働いててえらい、とか、お父さんのお陰でご飯が食べれるのよとか、何度も私に言っていました。そのせいで、父親と喋る機会が少なくても尊敬できた気がしてます。
私が大人になってから、父と母があまり仲良くなかったことを知ってびっくりしたんですよ!
まだ、ひめちゃんは、パパを必要としてる感じで、羨ましい!うちのようにならないように・・・!(^。^;)

No title

> 「おれは ただ、くまらしいだけさ。くまだからね。」

この台詞一つにきゅんとしてしまいました♪
気負ってなくて、でも、自分がちゃんとある。
いいですね、こう言うの。理想的です。

さて、高校1年と小学6年の娘たち。
少々親が、それも特に父親が鬱陶しい頃です。
それはそれで、必要なんだと思いますが、
鬱陶しがる理由が一々もっともで、
完全否定できないダメ母の私。σ(^^;)

一応、家族を養ってるってことの偉さを説いてはみるけど、
それだけで払拭でききれないものってのも
確かにあるんですよね…。あは。
ちょっと困ってます。

No title

saboさん
こんにちは。saboさんのお宅もほぼ母子家庭状態だったんですね~。それに慣れていると、早く帰宅することに身構えてしまうんですよね~妻は(^^ゞ。夕ごはんだって、パパがいるときといない時では、メニューが違いません?
お嬢さんたちも年齢的に、パパになつかない時期なのかもしれませんね。
子育てはいつの時期にも悩みはつきものですね~


各務史さん
史さんの長女さんも高校一年になられたんですもんね。
親をうっとうしいと感じる時期なんでしょうね。
パパをうっとうしがる理由がもっともで否定できないっていうのもおかしいですね。なんとなくわかる気もする。だって、女はよく見てますからね~。父親としてという以上に、男性として、人間として・・・と考えると、いろいろと「アラ」が見えてくるものかもしれないですね。
また大人になると父親と仲良く話せるものなんでしょうけどね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。