スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ぼくだけのこと

2010-10-08

ぼくだけのこと  森絵都/文 スギヤマカナヨ/絵
ぼくだけのことぼくだけのこと
森 絵都 スギヤマ カナヨ

理論社 2003-06
売り上げランキング : 121204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
きょうだいでぼくだけがえくぼができる。家族で、ぼくだけが蚊にさされる、なかよしのお友達の中でぼくだけ逆立ち歩きができる。

あさ、まちのむこうから たいようが のぼって、
よる、まちのむこうに しずんでいく。
ぼくは めを あけて、
あさごはんを たべて、はを みがいて、
いろいろして、
ゆうごはんを たべて、
はを みがいて、めを とじて、ねる。
そのあいだに、きょうも みつけよう。
ぼくだけの こと。

<はじめて読んだ3才6ヶ月のヒメの反応>
ヒメがこのころにプレゼントでいただいた本です。主人公のぼくと同じことがないかを探していました。ヒメには、えくぼがない、でも蚊にはよくさされる、さかだちはできない、芸能人のサインもない・・・「朝礼で倒れる」の意味がよくわからなかったりと難しかったけれど、細かく描かれた絵を見て楽しんでいました。

<おすすめポイント>
が、家族の中で、クラスの中で・・と、自分だけのことを紹介していく。蚊に刺されやすかったり、逆立ちで歩けたり、貧血で倒れたり・・うれしいぼくだけのこと、悲しいぼくだけのこと・・。幼い読み手にも、「こんなことなら、私も自分だけのことをみつけられそう」と思わせてくれる。自分を見つめ、ちょっと自分を好きになれそうな、自分探しをしてみようというメッセージが、ほどよい加減で投げかけています。
世界にはいろんな国の人がいる・・というページに描かれた細かい絵を、じっくり止まってみると面白い。
話し手が替わるので、それを絵に吹き出しをつけていることでわかりやすくしてあるのだけれど、今どの立場で語られているのかというのを理解するのに、ある程度の子どもの年齢と、理解力があってこそ楽しめるかも。

<現在7才3ヶ月のヒメの反応>
自分とは何か?みんなの中でわたしの立場は?というものを考えるようになれたのでしょう、この本の面白さがわかってきたようです。家族の中で、友達の中で、クラスの中で、学校の中で、近所の中で・・どんどん枠が広がる中で主人公の「ようた」がぼくだけのことを見つけていけているのを感心しているよう。
そして、世界中を探せば似たような子がいるかも?というページでは、「(ヒメと)似たような子はどこの国にいるかなあ?」と想像して楽しんでいます。

<まつりかの感想>
わたしだけのことって、どんなものがあるのかしら?と、私自身考えてみました。
自分自身のswot分析ってところでしょうか。しかし、弱点ばかりが目について、「自分だけ●●できない」「●●が足りない」ということばかりが浮かぶのです。
その点、ヒメは違う。全てがポジティブ。自身にあふれている。
大きな声で、わたしはこれがすごい!こんなことができる!と言える。なんの遠慮もた謙遜もなしに・・
小学校高学年になればなるほど、「自分のことをだめだと思う」と自尊感情が低い子どもの率が高くなっていくそうです。
子どもが、自尊心を持てるようになるためには、身近な信頼できる人が、ありのままを受け入れて、励ましてやることなのでしょうね。

今日は終業式でした。(2学期制なので・・)
今は「通知表」って言葉を使わないんですかね。事前にあった懇談会では担任から評価についてこんなお達しがありました。
「十分達成している・おおむね達成している・努力が必要であると3項目がそれぞれの科目にありますが、どの子にもおおむね達成しているのところに○を入れています。ですから、うちの子はテストで100点取っているのに、どうして中ぐらいの評価なのかというのではなく、みんながそうであるということをご理解ください。」とのこと。
実際に全ての項目において「おおむね達成している」に○をつけられていましたが。
これを見たヒメは、自分ではがんばったと思っていたのでしょうか、中程度の評価を下されたと思い、「くやしい!次はがんばる!」なんて言っていましたけど。
日々の生活を意欲的にとらえているのは素敵なこと。そのなかから、「わたしだけのこと」を見つけて自分を好きでいてほしいものです。
ブログパーツ 

関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

久々にコメントします

最近読み聞かせする時間がググっと減りました・・・。
読み聞かせからピアノの練習に付き合うことにシフトチェンジしてしまったような・・・。娘は相変わらず(時間に余裕がない時に限って)「これ読んで」と来るけれど。この本、一緒に読んでみたくなりました。

わたくしも、ブログをはじめまして・・・。グーグルでaqua balloonヤフーブログと検索してもらえると見れると思うので、よかったら是非v-238

No title

aqua-balloonさん
ピアノの練習につきあうのってすごいなあ。
ピアノって子どもの出来不出来が左右するじゃないですか。
我が家は、とりあえず今日の目標をヒメにたてさせてそれができたら終わりっていう練習にしているけど、自分で設定する目標なんて楽なものにしちゃうんでね~。そこにまた腹が立ったりなんかして(^_^;)
読み聞かせは出来不出来はまったく関係なしだしね。
あ~あと何年一緒に読めるのかなあって思いながら、最近は読んでいます。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。