スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 赤ちゃんのはなし

2010-11-17

赤ちゃんのはなし  マリー・ホール・エッツ/文・絵  坪井郁美/訳
赤ちゃんのはなし (福音館のかがくのほん)赤ちゃんのはなし (福音館のかがくのほん)
マリー・ホール・エッツ 坪井 郁美

福音館書店 1982-06-01
売り上げランキング : 162920

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
はじめは、とても目のいい人でも やっと見えるか見えないくらい小さなものでした。
ほこりのように風にまう干し草のたねより もっと小さなものでした。
さらさらの塩のひとつぶより もっと小さく、浜べの砂のひとつぶより もっと小さなものでした。


これは「卵」についてかかれた冒頭の文章。この卵の中に、生命のもとが入っているということ、そして、その卵と、別の種類のおとうさんからきた生命のもととが一緒になることが書かれています。

ふたつがふれあったとたん、あることがおこりました。あること・・それは、だれにも、だれにもわからない、ふしぎなことでした。卵の中のあの小さなものが、新しい生命になったのです。

目に見えないくらいの小さな生命が細胞分裂をし、胎児となり、誕生、そして生まれて数週間たった赤ちゃんまでの様子を、約60ページにわたって描かれた絵本です。

<はじめて読んだ5才4ヶ月のヒメの反応>
長い物語に、は退屈がって聞かないので、要所を端折って読んでいましたが、胎児の絵が登場すると、釘づけ。いよいよ生まれる・・という10か月目の胎児のページの、産道をとおってでてくる場面の比喩に緊張しながら聞いていました。

<おすすめポイント>
全ページモノクロでリアルに描かれた絵。胎児が育つ子宮を「家」と呼び、週数ごとにどのくらいの大きさになりどんな器官がつくられていくのかということを科学の面から絵に起こすと同時に、生命の歓びをやさしい語りで描かれています。妊娠中に、自分の週数にあったページを読むのもおすすめです。

<現在7才4ヶ月のヒメの反応>
『さっちゃんのまほうのて』(田畑精一、先天性四肢障害児父母の会/著)【過去の記事】にでてくる母親がさっちゃんに言う「さいしょ いのちのつぶだったの・・・」という言葉が、ヒメにとって生命の原点をあらわす印象的な言葉なのでしょう。『赤ちゃんのはなし』でも、「目に見えないほど小さな生命のもと」という言葉であらわされ、それは、誰しも生まれてくるまえからすでにからだの中にあり、まだ赤ちゃんの形にならないうちに、もう次の生命のもとを用意していて、何年も何十年も何百年もつづいていく、とあります。それを読んだときに、「わたしも、おかあさんから命をバトンタッチされたんだね」と言っていました。
そろそろ、全部聞くことができるかな?と久しぶりに読んでみたのですが、「この本は長いなあ」と言って、やはり全部読み終わるまでに飽きてしまいます。

<まつりかの感想>
 市民グループが問題を提起し、行政と協働で市民の利益になる学級を運営していく活動に、手をあげて4年。「ぶっくぱる」という名前で今年はプレママ、プレパパのための学級を開催しています。先週末に、バースセンス研究所のバースコーディネーターの先生をお招きしてお話をうかがいました。
 誕生とは?そして、やさしいお産とは?をテーマに、夫婦のありかたなどについても様々なデータをもとにたお話をきくことができました。
 スライドに映し出された、胎児の発達の絵には、参加者みなさん「お~」という声が。生命のつぶの大きさを週数ごとに、ゴマ粒、米粒、小豆、ピーナッツ、ソラマメ・・・などと豆にたとえて大きさを表してくださり、妊娠週数の少ないプレママさんたちはおなかをじっとみつめ、胎児が羊水を飲んでおしっこをしている、指しゃぶりをしている・・・などのお話をされると、週数のすすんでいる方はパートナーと目くばせしながらおなかをなでていらっしゃいました。
 出産は怖くない、素晴らしい瞬間を迎えることを楽しみにしてほしい、そしてパートナーの思いやりが出産前後だけでなくこれからの育児においても大切になってくるというお話に、みなさん前向きになれたのではないかと思います。私も、生命の神秘にあらためて気付かされ、今自分がここにいることを感謝したい、そんな気持ちになりました。

この本を読んだときもそう。
生きるってどういうことなんだろう?自分とは何だろう?そういうものを考えるきっかけになる科学絵本です。「おかあさんから命をバトンタッチされた」というヒメの言葉にハッとさせられました。そうだ、命をつなぐことができたんだ、と。
ヒメはこの本の科学的なことについて語られる部分にはあまり関心がないけれど、全体を見て何かを感じることはできたようで、それを共有できたことが私もうれしかったのです。
ヒメが一人でこの本を読むのは、もう少し先かな。保健体育で体について学ぶときか?中学、高校になってからか?もしかしたら1人では読みたいと思わないかもしれない。でも、もしヒメが愛する人と出会い妊娠することがあれば、本棚にこの本があることを伝えてあげたいと思います。
ブログパーツ 
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。