スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 おどる12人のおひめさま

2010-11-27

おどる12人のおひめさま  グリム童話  エロール・ルカイン/絵  やがわすみこ/訳
おどる12人のおひめさま―グリム童話おどる12人のおひめさま―グリム童話
ヤーコプ・ルートヴィッヒ・グリム ヴィルヘルム・カール・グリム エロール・ル・カイン

ほるぷ出版 1980-02-15
売り上げランキング : 9272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
むかし、ある国の王さまのところに、12人のすばらしくきれいなおひめさまがありました。
まいばん、おひめさまたちは、ひとつ部屋に、12のベッドをずらりとならべてやすみます。
ドアには、王さまがかぎをかけます。
ところが、あさになると、おひめさまたちのくつは、まるでひとばんじゅうおどりあかしたみたいに、ぼろぼろになっているのでした。


おひめさまたちは、ただ眠っていただけだというのですが王様は謎を突き止めたいと思い、国中におふれをだして、姫たちがどこで踊っているのか、3日間で突き止められたものには、ほうびとして姫をひとり妻にとらせ、自分の死後は国をつがせようと告げるのでした。

何人かが名乗りをあげて、姫たちの寝室のとなりに泊まって見張りに挑戦するのですが、お酒をすすめられ寝てしまい、突き止めることができぬまま城を出るのです。
あるとき戦争でけがをしてお払い箱になった貧しい兵士が、王宮に通じる道を歩いていたときにひとりのおばあさんと出会い、この話を聞きます。そして、おばあさんは一枚の上着をくれました。それは、着ると姿が消える魔法の上着でした。
そして、兵士は王宮をたずね、姫たちの寝室の隣に寝て謎をとこうとするのです。お酒をすすめられても飲むふりをして、うそいびきをかいて寝たふりをすると、姿が消える上着を着て、おひめさまたちが出掛けて行く後をついていくのでした。

さて、兵士は謎を突き止めることができるのでしょうか?

<はじめて読んだ3才4ヶ月のヒメの反応>
お姫様、舞踏会といった絵本をそれまで読んだことがなかったので、「舞踏会ってなに?」「どうして眼鏡をかけてるの?」(仮面舞踏会なのです)と質問攻め。しかし絵の美しさと、物語のわかりやすさもあって、動作や情景をあらわす言葉には、それほどひっかからずに、最後まで聞いていました。

<おすすめポイント>
とにかく絵が緻密で美しく幻想的で、うっとりします。各見開きの片側一面に絵があり、もう一面に文章があります。文章を囲むように描かれている絵は、額縁のようでもあり、デザイン性も高く、12人のおひめさまの表情もドレスもひとりひとり違うなど、丁寧にしあげられている様子をうかがえる作品です。
物語は、あったらいいな~の願望のある魔法の上着や、謎を解き明かしていく過程のドキドキする展開、貧しいものが成功するという出世ストーリーなど、分り易いものになっています。
原題は『The Twelve Dancing Princesses』

<現在7才4ヶ月のヒメの反応>
ひとり読みでも手に取る絵本。最初は声にだして読んでいても、途中で絵に目を奪われるのか、沈黙しているなと思ったら、また声に出して読んでいるという感じです。
末っ子のお姫さまだけが、異変に気づいているというのを描写している部分の絵を楽しんでいます。

<まつりかの感想>
ヒメは、キャラクターにもほとんど関心がなく、ディズニーランドに行っても、着ぐるみ以上にアリスやベルに扮している外国のキャストさんの姿におびえ、お姫様ドレスなどにも全く興味がないような子です。
しかし物語としてのお姫様は好き。
ねむりひめ、白雪姫、シンデレラ・・・
ただ、お姫様の生活というものを実体験としてみることはできませんから、想像するには助けが必要。それが挿絵の役割なのでしょうが、エロール・ル・カインの絵は、読み手の頭にしっかりと想像させてくれる力があります。昔話は、再話のされかた、挿絵の違いで、同じお話でも受け取る印象が変わってきますから、読み比べてみるのも面白いですよね。
ブログパーツ 
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

おひめさま☆

わたしも大好き・・ ヒメちゃまと同じく、お姫様スタイルに興味があるのではなく、物語のなかのお姫様の存在。

>とにかく絵が緻密で美しく幻想的で、うっとりします

もうこの一言で、絵本、すっかりほしくなっちゃったよ!
眠りにつく前に、ぱらぱらと絵をみるだけでも楽しそうだな。

No title

y/modeちゃん
コメントありがとうe-266
私もいつかきっと素敵な王子様が迎えにくるはず・・なんてことを思いながら幼き頃は、おひめさま物語にふけっていたなあ。
あれから30年ちかく・・王子様・・・えっ?あれっ?って感じ。まあ夫も同じ感想でしょうけど。
y/modeちゃんは、素敵な現実的に王子様をみつけてる感じv-354
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。