スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 テーブルモンキーのココモ

2011-02-11

テーブルモンキーのココモ  ミヤハラヨウコ/作
テーブルモンキーのココモテーブルモンキーのココモ
ミヤハラ ヨウコ

理論社 2003-10
売り上げランキング : 1381787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
てのひらに乗るくらいの小さなサル。
名前はココモ。ココモは、喫茶店でココアを作っています。
ココモは4人兄弟。
長男コモは、コーヒーが得意。妹のティモは紅茶が、末っ子のエスモはエスプレッソが得意。
みんなオーダーが入れば、テーブルにのりお客さんの目の前で、ドリンクを作るのです。

ある日、一人の先生と11人の生徒、犬が一匹お店にやってきました。
全員がココアを注文したので、ココモは大忙し。他の兄弟たちも手伝います。
ところがココアと一緒に出すはずのビスケットが足りません。
そこで、末っ子のエスモが紅茶と一緒に出すはずのスポンジケーキを丸くくりぬいてお皿に乗せて出してしまいました。
ところが、そのあとにきたお客さんが、紅茶のオーダを。ティモは大慌て。
一緒に出すはずのケーキが穴だらけだから。
さて、4匹はどうするのかな?

<はじめて読んだ4才5ヶ月のヒメの反応>
「このお話すごくかわいい!」というのが最初の感想でした。穴あきケーキにうまく対処する場面では「よく考えたよね」と感心し、ほのぼのとしたハッピーエンドにほっとしていました。

<おすすめポイント>
淹れるのが得意なドリンク名が名前になっているというところや、テーブルの上でサーブするという発想、店内のわくわくするような作りなど、愛らしいキャラクターが設定されています。
実は人間のお店のオーナーがいるんだということも、奥付のページに描かれた絵でわかるのです。とっても不思議なかわいいお店。中表紙見開きに描かれている、お店の見取り図を見ながら想像を膨らませるのも楽しいです。

<現在7才7ヶ月のヒメの反応>
「この本を読んだらココアが飲みたくなるなあ」というヒメ。実は4才にはじめてこの本を読んだときは、まだココアデビューをしていませんでした。「ココモのココアを飲んでみる?」といって初めて挑戦したくらい、ヒメとココアをつないでいるこの絵本。

<まつりかの感想>
ヒメはとってもこの絵本がお気に入り。一人読みするときにはよくこの本を手にしています。
私としては、何度読んでも正直なところ、ふ~んって感じの印象なのですが、どうしてそんなに気に入っているのか理由をヒメに聞くと、「こんな絵を描いてみたい」というのです。
なるほど、作者はイラストレーター。ミヤハラヨウコ氏(作者のHP
水彩のイラストが優しく、温かく、とくにこの本の表紙にも使われているピンク色はとてもきれいで、全体のかわいらしさを引き立てています。
それに、ちょっとしたハプニングを解決するという展開もいいみたい。
できるだけ現実のものが登場すること、できれば同年代の主人公であること、もし空想の世界のものが主人公であっても予想範囲内の展開をしていくもの。
そういう物語であれば、一人で読むのも平気なヒメ。
初めて手にした本でも、それが絵本ならば絵でどんな内容かの情報を推測できるので入りやすいと感じているようですが、児童書の場合は、挿絵に頼るには情報が少なく、全体的な内容がわからないためお話の世界に一人で飛び込むのにかなり勇気がいるようです。
お話の世界から戻ってきたときに、誰もいないと不安だ、という気持ちがあるのかもしれません。
その点、この本は、「見るからに安心なお話」っていうのがヒメが好む理由なのでしょうね。

私は、学校で読み聞かせのボランティアと、図書室の貸し出しボランティアをしています。
子どもたちに人気のある本は「かいけつゾロリシリーズ」「ミッケ!」「怪談レストランシリーズ」「ルルとララシリーズ」「ダレン・シャンシリーズ」「おはなしドラえもんシリーズ」などでしょうか。中でも、ダレン・シャンや、怪談レストランは、残酷だったり不気味だったりします。一人で読むにはちょっと怖いと思うのですが、みんな平気なのかなあ?
ヒメも、お友達に薦められて「怪談レストランシリーズ」の「あの世レストラン」と「墓場レストラン」を借りてきていましたが、ランドセルからも取り出せないくらい怖がっていて・・(じゃあ借りなきゃいいのに)・・・友達に義理を果たすためか、私に「一応読んで」と言うので、1編ずつ読みましたが、あっという間に「もうそれ以上読まなくていい」と言って、それきり借りてこなくなりました。
怖いけれど、ちょっと読んでみたいという心理、私も小学生のころ怖いものみたさでそういう本を手にしたこともありますが、やはり苦手でした。ヒメも私に似ているかな。
ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「見るからに安心なお話」っていうのがヒメが好む理由

^^ この感覚、何となく分かる気がします。
所謂、予定調和ってヤツですよね?
落ちるべきところに話が落ちて終わるって
ほっとするというか、腑に落ちるというか。^^
ワンパターンと知りつつ、
時代劇見ちゃったりするのと同じかも?

私も、このイラスト、いいな~って思います。
優しい色彩で、日本人好みかな。
話とはまた別の次元で、ほっとします。
近頃、何に傷ついているのか分からないまま
でも、鬱々と心に青空が広がらない状態が続いていて…
そんな斜め~な気持ちを
い~こい~こされてる気がします。

No title

お久しぶりです。怪談レストラン読んでるよ。娘にお遊戯会でやる絵本を買ってあげるのに3駅もハシゴして、やっとみつけて・・。帰りに「なんで僕のはないの?」と言われると思って慌てて買った怪談レストランシリーズ。色々買うのに悩みたかったけど、水曜日だったので選らぶ時間もなく買いました。そんな裏話は秘密だけれど、息子は楽しそうに読んでます。(休み時間にも読んでるみたいだよー)

No title

各務史さん
お返事遅くなってすみませんでした。
史さん、ちょっと元気ないのかな?って思いながら訪問しながらもコメントもせずに・・ということが続いていました。
この表紙のイラストに「い~こい~こ」されてる気がする・・・ていうのを書いてくださって、ありがとうございます。
小さなおさるさんがテーブルにやってきて目の前で丁寧にココアを入れてくれて、おさる相手によもや話なんて、すごく癒されるかも。
史さんのおかげで、この本がより好きになれました。

予定調和って言葉も。そうそう私好きだもの、2時間ドラマのサスペンスとか。絶対解決してくれるのわかるから。


aqua-balloonさん
お久しぶり。
お子たちの体調がよくなくて大変だったね。
息子は「怪談レストラン」愛読しているのね~。ぜひ今度その魅力を語ってもらいたいわ。熱弁してくれそうv-410
娘ちゃんのお遊戯会のために選んだ絵本もぜひ教えてね。

ご挨拶

え~っと。
文中リンクさせていただきました。
ご報告まで…。 m(__)m

No title

各務史さん
史さんのすばらしいレビューにあらためて読み直したいと思いました。
ココモのようなかわいいおさるにほっとココアを淹れてもらえるゆとり。そんなひととき今はかなわない中でがんばっておられる被災地の皆様のことを思っています。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。