スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 おこりんぼママ

2011-05-08

おこりんぼママ  ユッタ・バウアー/作  小森香折/訳
おこりんぼママおこりんぼママ
ユッタ バウアー Jutta Bauer

小学館 2000-11
売り上げランキング : 48063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
きょう、ママが、ものすごく どなった。
あんまり すごくどなるもんだから、
ぼくは、バラバラになって とんで いっちゃった。


足だけになったペンギンの子は、元通りにしたくてもバラバラになっているからどうにもならない。
くたくたになって歩けなくなったとき
大きな影が・・・ママが船に乗ってやってきた。
そして、体のかけらをひとつひとつ縫いあわせて元通りにしてくれた。

「ごめんね」って ママが いった。
そして、ぼくを だきしめた。
やっぱり ママが いちばんさ。


<はじめて読んだ5才3ヶ月のヒメの反応>
怒鳴りつけるママぺんぎんの顔に大笑い。
そして、ばらばらになって飛んで行っちゃった!のくだりに、「え~っ」と大声をあげて、心配そうに読んでいました。
ひとつひとつのボティパーツを集めて縫い合わせていく場面に「痛そうだね」とも。

<おすすめポイント>
シュールに描かれていますが、大人にとっては、フフフと笑えてしまう?それとも、泣けるかな?
子どもにとっては、大笑いする?それとも、ドキリとさせられ、のちにほっとする感じでしょうか。
読み手によって、感情表現はさまざまになることでしょうが、親子の絆を実感できることは必至。
表紙のママペンギンは、子どもの手をぐいぐいひっぱって歩いています。
なんだか怒りにふるえているようにも見えますが、もしかしたらこの強引さで、理不尽な怒られ方をしたのかもしれないペンギンのぼく。
ショックでバラバラになったぼくは、一人では何もできないことを知って、不安になるけれど、ちゃんとママは元通りにしてくれる。
ママは決して子どもを見捨てないし、「ごめんね」と子どもに謝るラストには、潔さと温かさを感じて読後が気持ちいい本です。

<現在7才10ヶ月のヒメの反応>
「おかあさんもあんまり怒ると、わたしもばらばらになっちゃうかもよ」と脅しをかけてくるようになりました(怖っ!)

<まつりかの感想>
「怒る」と「叱る」は違うということを言われますよね。
以前、ある講座できいたのは、
「怒る」=自分のため、自分の感情を相手に向かって吐き出す
「叱る」=相手のため、相手をよりよくしようと働きかけること

私がよくヒメに言う言葉
「早くしなさい」
「何やってるの?」
「いい加減にしなさい」
などなど・・・
どれも、自分の怒りをぶつけて終わり、ということが多いからでしょう。ヒメからも反感をかってしまうのですね。
冷静に、冷静に、あなたのためを思って「叱る」を実践してみても、子どもからは「おこりんぼ」と言われてしまうことも。
「あなたのために」といいながら、親の期待を押し付けているだけ?
自分もできていないことを、子どもがやっていたらそれが妙に腹立たしく思えたりも。

「叱るときには、それ以上に褒めることを忘れずに」とも教えていただきました。
だけどなかなか実践できないのですね。
褒めておいて、ポイントで叱りましょう・・・
だけど「この前もそうだった」なんて昔のことを掘り出してきちゃったりして、ポイントで叱るはずが、だらだらと説教したりして

うまく叱れない私は、おこりんぼママになっちゃうけど、フォローを忘れずにを心がけるようにしています。
どんなに怒っても、あなたが嫌いなわけじゃない。だけど、怒りすぎてごめんね、と。

今日は、母の日。
朝から夫と「レンタルビデオを返してくる」と出かけたきり、戻ってこない。
さては??
と期待していたけれど、昼過ぎに帰ってきて昼食を食べ、ヒメはお友達と遊びに行き、夫は自宅で仕事。
私は夕方買いものに。
すると、「おかあさん、母の日だからケーキ買ってきて」と電話が。
朝から出かけていたのに何しに行っていたのだろう?、ただ二人で散歩でもしていたのか?と期待していた自分が恥ずかしく。
しかし、夕飯時に「これ、母の日のだよ」とプレゼントを渡されました。
・・・ふん、おぬしたち、なかなか戦略を練っておるのお。

心理作戦にまんまとひっかかったのもありましたが、夫とヒメからのそれぞれの手紙の文面も嬉しくて、ちょっと涙が出てしまいました。
私からの返事は、「ありがとう、これからもお母さんをがんばります」
ブログパーツ 
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お母さんだろうが、お父さんだろうが
大人だろうが、
面白くないこともたくさんあって、
それをコントロールできなくて八つ当たりすることも
そりゃありますよね。
だって、未熟な人間なんだもん。
そう、開き直ってる私って、いけない母かしら~(笑)

先日、小姫が国語の授業で
「具合どう?」
をさまざまな感情を込めて言ってみましょうってのを
やったそうです。
その中で、「怒って」と言う課題も出たとか。
大姫がそれを横で聞いていて実践してくれました。
どうやったと思います?

極上の笑みを浮かべて、でも目は笑ってなくて
とっても静かな声で、でも心配は欠片も入ってない声で
「具合はどぉうぉ~?」
で、「うん、これが一番怒ってる感じだな。」ですって。

私が物凄く怒り狂ってるときって
こんななのかと、ぞ~~~っとしました。
私ってこわぁ~~~~い。^^;;;

No title

各務史さん
史さんの、人間臭いところ(なんか表現がいまいちですが)、私大好きですよ。
小姫ちゃんの「具合どう?」の「怒るバージョン」。
たしかにそれは一番怒っている感じが出てるわ。
真似してやってみましたが、あれ?わたしもこんな表現、はじめてじゃないな、うまくできるなあ~って(^^ゞ
あまりに怒りの沸点が高いと、人は静かになっちゃうのですね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。